FC2ブログ

【Facebook】  「習近平」 を 「ミスター・くその穴」 に誤訳、FBが謝罪



1: 荒波φ ★ 2020/01/19(日) 10:31:49.98 ID:CAP_USER
ミャンマーの首都ネピドーにある大統領府で、会談を前に握手する中国の習近平国家主席(左)とアウン・サン・スー・チー国家顧問(2020年1月18日撮影)
no title


【1月19日 AFP】

交流サイト(SNS)最大手、米フェイスブック(Facebook)は18日、盛んに喧伝されている中国の習近平(Xi Jinping)国家主席のミャンマー訪問中、ビルマ語から英語への翻訳で習主席の名前が「Mr Shithole(ミスター・シットホール=ミスター・くその穴)」と誤訳されていたことを謝罪した。

習氏は2日間の日程でミャンマーの首都ネピドーを訪問。中国国家主席のミャンマー訪問は、約20年ぶりだった。

しかし、フェイスブックの自動翻訳機能がビルマ語から英語への翻訳で、「習近平」を「Mr Shithole」と誤訳したことで、この歴史的瞬間もかすんでしまった。

このとんでもない誤訳は、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー(Aung San Suu Kyi)国家顧問の公式ページでとりわけ顕著に見られた。

18日には「中国の国家主席、Mr Shitholeが午後4時に到着」と発表され、続いて「中国の国家主席、Mr Shitholeが下院の芳名帳に記帳した」と投稿された。

こうした事態を受けてフェイスブックは謝罪し、技術的な問題が原因だと説明。同社の広報は、「フェイスブック上でビルマ語から英語に訳された際の誤訳の原因となった技術的問題を解決した。あってはならないことなので、二度とこのようなことがないよう対処していく」と述べた。

フェイスブックの説明によると、同社のビルマ語の翻訳データに習氏の名前がないため、システムは音節を表す文字が似た言葉を推測し、置き換えているという。

フェイスブックがビルマ語の似た単語で試してみたところ、同じ文字が使われる「xi」と「shi」で始まる単語も「shithole」と翻訳された。

世界に20億人以上のユーザーを持つフェイスブックだが、中国では規制されている。


2020年1月19日 9:45
https://www.afpbb.com/articles/-/3264130?cx_part=top_topstory&cx_position=1

関連スレ
【中国・習近平国家主席】ミャンマー重視 19年ぶり訪問、経済協力確認 スー・チー氏「偉大な隣国を持つことは誇り」[1/18]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1579347666/



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1579397509/続きを読む

韓国紙、「れいわ新選組」の山本氏にエールを送る「日本社会が変われば歴史問題も未来志向的に解決」



1: アメリカンカール(光) [EE] 2020/01/19(日) 09:55:51.24 ID:q32lEukK0● BE:201615239-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
「れいわ新選組」を率いる山本太郎氏を韓国・ハンギョレ新聞が取り上げ、「頑張れ」とエールを送っている。

 全国を回って人々との対話に取り組み、現場で日本の「新しい道」を探る姿勢を評価。「日本社会が変われば、韓日間の歴史問題も未来志向的に解決できるのでは」と期待を寄せている。

ハンギョレ新聞は「頑張れ、山本太郎」との署名記事を掲載。「日本のみならず、韓国でもSNSで注目を集めている日本の政治家がいる。
 結党9カ月の日本の新生政党・れいわ新選組の山本太郎代表だ。れいわ新選組は『令和時代(日本の年号)』を新たに導く組織という意味だ」と伝えた。
(以下略)

https://this.kiji.is/591421720435934305?c=49404987701575680



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579395351/続きを読む

朝日新聞、水族館の「生きた化石」の深海のサメにフラッシュを炊いてしまう。→その後死亡



1: ソマリ(ジパング) [US] 2020/01/19(日) 09:01:53.95 ID:znS4D6Of0● BE:842343564-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
「生きた化石」ラブカを捕獲 水族館で展示後に死ぬ
https://news.livedoor.com/lite/article_detail/17676752/

[画像] 「生きた化石」ラブカを捕獲 水族館で展示後に死ぬ
 生きた化石とも呼ばれる深海ザメ「ラブカ」が熊野灘で捕獲され、16日、串本海中公園水族館(和歌山県串本町有田)に引き取られた。

 館内の水槽で展示されていたが、17日午前11時半ごろ、死んだことが確認された。

 水族館によると、深海釣りをしている那智勝浦町浦神の遊漁船から、水深約550メートル付近で捕獲したと連絡が入ったという。体長は128・9センチで、体の特徴からオスとみられる。16日午後、水族館へ運ばれ、館内の水槽に入れられた。


騒ぎになって写真が入れ替えられる


no title



no title



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579392113/続きを読む

【元総務大臣・原口一博】 中国も民主主義国家です



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/01/18(土) 22:35:12.74 ID:CAP_USER
https://twitter.com/kharaguchi/status/1218017056634761216

全く異質の事を共有しようと言っているのではありません。中国も民主主義国家です。一党独裁ではないかとの私の問いに共産党一党独裁ではない、他にた6あると答えてくれました。彼らにも人権を守る姿勢があります。それを貫いてくれる事を期待しているのです。私と共に中国の友人と話されませんか?

19:47 - 2020年1月16日
https://twitter.com/5chan_nel (5ch newer account)



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1579354512/続きを読む

字幕【テキサス親父】 冗談はよせ!中国・五輪・国連



テレ東NEWS 韓国は「扶養家族にあらず」 米国が経費負担増を要求





さてどちらに付く

ムンジェイン?


【韓国】 米軍負担増要求、「圧力」と報道  交渉妥結は見通せず



1: 荒波φ ★ 2020/01/18(土) 17:26:16.21 ID:CAP_USER
【ソウル共同】

米国のポンペオ国務長官とエスパー国防長官が米紙への寄稿で在韓米軍駐留費の負担増を韓国に求めたことに関し、韓国メディアは18日までに「増額圧力」だと批判的に報じた。

負担交渉は両国の見解差が大きく妥結が見通せていない。韓国では南北協力事業を巡っても米国への不満が募っている。

聯合ニュースは、両長官の寄稿が2020年以降の駐留費を巡る6回目の交渉が妥結に至らなかった直後に米紙で掲載された点に触れ「露骨な圧迫」だと伝えた。

保守系紙、東亜日報は「韓米間に厳しい寒冷前線が広がっている」と報じ、米韓関係の今後の展望にも懸念を示している。


1/18 16:37
https://this.kiji.is/591166740466992225?c=39546741839462401



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1579335976/続きを読む

【韓国】 傲慢きわまりないハリス大使、国民に謝罪せよ



1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/01/18(土) 10:11:35.66 ID:CAP_USER
ハリー・ハリス駐韓米国大使が16日、「韓国が制裁を触発する可能性がある誤解を避けるためには、
南北協力のためのいかなる計画も、米国との作業部会を通じて協議した方がいいと思う」と語った。

政府が推進している「北朝鮮個別観光」に面と向かって待ったをかけた発言だ。

政府は即刻、「対北朝鮮政策は大韓民国の主権に該当する」とハリス大使の発言に反論したが、
今後、南北協力事業推進に米国が干渉に出る可能性が大きいだけに、より一層明確な対応が要求される。

北朝鮮個別観光は南北協力を通じた朝米対話促進の中心案の一つで、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が年頭記者会見で意欲的に提示した事業だ。
個別観光は国際制裁に抵触せず、米国の承認も必要ない。

個別観光を推進する過程で米国に説明して理解を求めることはできるが、基本的に米国がああしろこうしろと言う事案ではない。
米政府でもない駐在国大使が「制裁」という敏感な単語まで使ってこの問題に割り込むのは内政干渉だという批判を自ら招くことだ。

ハリス大使は越権的で傲慢な発言について韓国国民に謝罪すべきだ。
http://japan.hani.co.kr/arti/opinion/35510.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1579309895/続きを読む



アクセスランキング