一時期流行った韓国への修学旅行。なぜ韓国に行かなくなったのか?



1: 荒波φ ★ 2018/02/18(日) 15:38:19.41 ID:CAP_USER.net
韓国大手メディアの聯合ニュースは先月28日、韓国を訪れる日本の修学旅行生が激減していると伝えた。

記事内では修学旅行情報センター(全国就学旅行研究協会)のデータを引用し、2016年度に韓国を訪れた全国の高校生(国公私立含む)は3246人にとどまり、過去10年間で約2万人近く減少したと報道。各国別に参加生徒数を見ても韓国は全体のうちわずか1.4%(公立の場合)だった。中国(1.3%)と並んで圧倒的に低い数値だ。

一方、修学旅行先として人気急上昇しているのが台湾だ。台湾は東日本大震災時に200億円を超える義援金を送るなど親交が深い。2016年度には日本から4万人を超える高校生が台湾を訪れた。10年前と比較すると約12倍の増加である。国別の参加生徒数比では43.7%と半分に迫る勢いだ。日台は距離的にも文化的にも最も近い関係となったようだ。

◆発端はセウォル号事件?
 
韓国を選ばなくなった理由の1つに、同協会は2014年に起きたセウォル号沈没事件を挙げた。同事件は韓国を代表する大型旅客船が朝鮮半島の南西沖で沈没し、300人近い死者が出た大惨事だ。犠牲者のなかには修学旅行生も多く、一般客と合わせて500人近くが乗船していた。この痛ましい事件を機に日本の高校は韓国を避けるようになったのか、14年度には修学旅行生徒数が半減した。

◆慰安婦少女像設置、日本海呼称……外交問題も影響か
 
しかし最近の日韓関係を見ると、激減した原因は両国の外交問題による関係悪化も大きく影響しているようだ。

島根県の竹島(韓国名:独島)をめぐって領有権を主張し、韓国は65年間も実効支配を続けている。

日本海の表記問題では、韓国側は「東海」と呼称するよう国際的な抗議活動を展開している。

また、慰安婦問題では2015年、両政府は最終的かつ不可逆的な解決とすることで合意したが、文在寅大統領は見直す方針を表明したばかりだ。

協会は、こうした外交問題が立て続けに起きたことが修学旅行生の減少に拍車をかけているのかもしれないと説明する。

訪韓日本人が減少している現状について、韓国の検索サイト最大手「ネイバー(NAVER)」には、「(韓国は)PM2.5などの微細粉塵がすさまじく、物価も安くない。台湾は韓国よりきれいな空気だし食費も安い」「(五輪で便乗した)平昌のぼったくり問題を見ろ。観光するものも特になく、観光客を狙った一発主義ばかりだ」と嘆く声が多く寄せられた。

ただ一方で、「日本では、韓国と中国の悪い点を顕微鏡のように細かく分析して多く報道している。しかし自国の悪いニュースは報道が少ない。中国と韓国の信頼感を落として不信感を煽っている」と日本メディアの報道姿勢を問題視する意見もあった。

10年前では年間2万人以上の高校生が訪れた韓国修学旅行。政治的問題から日韓の文化交流が失われるのは大変惜しい。訪日韓国人が増加する一方で訪韓日本人も減少しているだけに、両国のアンバランスな文化交流はしばらく安定しそうにない。


Feb 18 2018
https://newsphere.jp/national/20180218-1/

★1の立った時間 2018/02/18(日) 10:19:04.18

★1
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1518916744/
★2
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1518924788/
★3
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1518928596/


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1518935899/続きを読む

平昌「史上最低五輪」に決定



1: ザ・ワールド ★ 2018/02/16(金) 18:23:57.94 ID:CAP_USER.net
「減少傾向にある。少し安心している」

 大会組織委員会は14日の記者会見で、猛威をふるったノロウイルスの感染状況について、こう見解を明らかにした。
13日時点で感染者は199人に増えたが、新たに確認された感染者は5人にとどまったからだ。

 感染拡大が収まりつつあるのはいいことだが、組織委の対応はお粗末だった。

 今月初めにノロウイルスに感染したと推定される食中毒症状が明らかになったが、「団体給食が原因とみられる」と発表されたのは、
13日のこと。しかも発生源となった警備員の宿泊施設で、調理用の地下水が、糞便に汚染されていたというのだから驚くしかない。

 大会運営のずさんさは、これにとどまらない。

「100人の宿舎に洗濯機が3台しかない」「居室の温水シャワーが出ない」などの不満がボランティアから続出。
1月末までに2194人が離脱したことが伝えられた。開会式のリハーサルが行われた今月3日にも、
式典進行の業務を担当していたボランティア100人超が組織委員会への不満を訴え、ボイコットする騒ぎが起きた。

開幕後も混乱は収まっていない。大会前から懸念されていた強風と極寒が、選手を苦しめているのだ。
大会第3日の11日には強風でアルペンスキー男子の滑降が延期となり、スノーボード女子のスロープスタイル予選が中止となった。
今では、競技実施時間の延期は当たり前となっている。

 劣悪環境は選手のコンディションにも影響を与えている。ジャンプの男子個人ノーマルヒルに出場した45歳の大ベテラン、葛西紀明ですら
「もう信じられない。気持ちがひるんじゃう。『こんなの中止でしょう』と心の隅で文句を言いながら寒さに耐えていた」と話したほどだ。

 韓国に精通するジャーナリストの室谷克実氏は「そもそも、IOC(国際オリンピック委員会)が平昌を五輪の開催地に選んだこと自体が間違いだった。
雪質が悪く、強風で競技に支障をきたすかもしれないし、しかも北朝鮮がシャシャリ出てきてどうなるか分からない。
そんなところを、スポーツの貴族集団はなぜ選んだのか」と疑問を呈する。

 そんななか、韓国国内では反日・反米的な騒ぎが起きている。

 韓国紙、中央日報(日本語版)によると、米NBCテレビの解説者が9日の開会式の中継で、
「すべての韓国人は、発展の過程で日本が非常に重要な文化・技術・経済的モデルになったと話す」と述べたところ、非難が広がった。

 この解説者は米コーヒーチェーン大手「スターバックス」の取締役を務めており、不買運動にまで広がる雰囲気というのだ。

 反日が過熱する恐れも浮上している。大会期間中の22日、島根県が定めている「竹島の日」を迎える。
竹島を「独島」と呼んで不法占拠している韓国では例年、この日に合わせて日本大使館前などで抗議活動が行われている。

今年は特に、反発が高まる理由がある。日本の文部科学省が14日に公表した高校学習指導要領の改定案で、
竹島が日本の「固有の領土」と初めて明記されたのだ。韓国外務省は同日、報道官論評で是正を求め、在韓日本大使館の水嶋光一総括公使を呼んで抗議した。

 前出の室谷氏は「新聞があおるだろうし、韓国世論が爆発する要素がある。そうなれば、騒ぎに目が行き、国内的には不手際が目立たなくなる。
日本人であるということだけで、嫌がらせをしてくる韓国人が出てくる恐れがある」と話した。

 やはり、最後は「反日」に行き着くのか。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180216/soc1802160010-n2.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180216/soc1802160010-n1.html?ownedref=not 176et_main_ranking
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/180216/soc1802160010-n3.html

続きを読む

【国際】IOCのバッハ会長、平昌五輪閉幕後に訪朝へ



1: たんぽぽ ★ 2018/02/12(月) 19:54:22.75 ID:CAP_USER.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180212-00050096-yom-int
読売新聞

 【ソウル=岡部雄二郎】国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長は12日、ロイター通信とのインタビューで、平昌(ピョンチャン)五輪が今月25日に閉幕した後に北朝鮮を訪れる方向で調整していることを明らかにした。

 バッハ氏は「一緒に議論し、交渉すれば、よい結果を得られるということを我々は示すことができる」と述べ、スポーツを通じた北朝鮮との対話継続に意欲を示した。

【TOCANA】「北朝鮮が4月に第三次世界大戦を起こす」 聖書に記されていた絶望的未来



1: 薬師神 ★ 2018/01/20(土) 21:07:51.42 ID:CAP_USER.net
昨年10月に「謎の惑星・ニビルが地球に最接近してこの世の終わりが始まる」と“予言”して世間を騒がせた聖書研究家のデイビッド・ミード氏がまたしても新たな“終末予言”を主張しているのだが――。

■「2018年4月の早い時期に第三次世界大戦が勃発」

CIA長官のマイク・ポンペオ氏は昨年10月に北朝鮮は現在、アメリカをミサイル攻撃できる能力を獲得する寸前にあるとコメントしている。
具体的には2018年の3月には北朝鮮が北米大陸を核攻撃できる戦力を持つということである。

そしてこの時期に注目しているのが昨年の“ニビル騒動”の中心人物であった聖書研究家のデイビッド・ミード氏だ。
ミード氏によれば、この時期は聖書的に「教会時代」が終わり「患難時代」に突入する時期であり、その時代の転換点としてキリストの再臨が起るという。
そしてこの時代の転換点こそが、北朝鮮が引き金となった第三次世界大戦の勃発に重なるというのだ。

「2018年4月の早い時期に教会時代が終わり、キリストによる携挙が起ります。
この後すぐにアンチ・キリストが誕生し、惑星X(ニビル)の出現と第三次世界大戦の勃発が続くでしょう」とミード氏は陰謀論サイト「PlanetXnews.com」に寄稿した記事の中で述べている。

この“終末の日”の具体的な日付は設定しないということだが、この聖書的な“終わりの始まり”の日は2018年の“春”であり“4月”であるとしている。
北半球では世界各地で記録的な寒波に襲われていることもあり、いつも以上に春が待ち遠しいとも言えるのだが、ミード氏の“終末予言”を知らされた今となっては本格的な春の到来が不吉に感じられてくるかもしれない。

■“終末の日”は4月5日なのか!?

ほかにもミード氏が注目しているのは、昨年12月にトランプ大統領が「エルサレムをイスラエルの首都と認定する」と宣言したことだ。
「ドナルド・トランプのエルサレムを首都に認定するという歴史的な発表が“タイム・マーカー”だとするならば、2018年4月初めまでの120日のカウントダウンが始まったと考えられます」(デイビッド・ミード氏)

このトランプ大統領の発言は昨年の12月6日であり、そこから120日後は今年の4月5日である。
日付までは設定しないというミード氏だが、気になった者なら誰でも“終末の日”の日付を算出できてしまうのだ。
そしてミード氏はその日に北朝鮮が火付け役となって第三次世界大戦が勃発すると言及している。

「2018年に北朝鮮が端緒を開くかたちで第三次世界大戦が起こります。
マイク・ポンペオCIA長官によれば3月に北朝鮮は核弾頭搭載ICBMの運用を開始します。
…(中略)…“ヨハネの黙示録の四騎士”はアメリカ、ロシア、北朝鮮、中国であり、この4カ国が真正面から対峙してこの世の終わりを迎えます」(デイビッド・ミード氏)

アメリカ、ロシア、北朝鮮、中国が“四つ巴”となった第三次世界大戦がこの春にも勃発するとすれば恐ろしい限りである。

■“終末の日”の後に7年間の“大患難時代”に突入

ほかにもミード氏は独自の解釈でユダヤ暦5777年が終わるのが2018年3月(一般的には2017年9月20日とされているようだ)であると算出しており、この時期に自らの予言が重なることや、2018年は1948年のイスラエル建国から節目の70年目であることなどを挙げて、この“終末の日”の時期との一致を指摘している。
そして第三次世界大戦によってこの世の終わりを迎えた後、ほんの束の間の平安な時期を経て残った人類は7年間の“大患難時代”に突入するということだ。

「イエスが再臨して教会時代の終わりから人々を救うためには、大患難時代の試練を回避することはできません」(デイビッド・ミード氏)

はたしてこの春にも“終末の日”と第三次世界大戦がやってくるのか。
いずれにしても現在の北朝鮮が現実の危険因子であることは間違いない。
しかしながら、ミード氏の“終末予言”はこれまで一度として的中していないのも事実であり、それが“一縷の望み”にならないことを願いたいものだが……。

no title

http://tocana.jp/2018/01/post_15737_entry.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1516450071/続きを読む

【自動車】1年間に売れた韓国車は1台!?日本車シェアほぼ100% 知られざる親日国パキスタンの素顔



1: みつを ★ 2018/01/15(月) 14:25:19.01 ID:CAP_USER.net
http://www.sankei.com/smp/premium/news/180110/prm1801100003-s1.html

2018/01/10 14:00
 南アジアと中東をつなぐ要衝に位置するパキスタン。国の歴史は70年ながら、かつてはインダス文明が栄えた歴史ある土地だ。中国が進める現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」の最前線である一方、日本車が圧倒的シェアを占める親日国でもある。一方で米国からは「テロリストの避難所」と名指しで糾弾もされている。多様な表情を見せる国の現状を探った。
(ニューデリー支局 森浩)

パキスタンの綿花が支えた日本の高度経済成長

 「日本という言葉は、そのまま高品質を意味する」

 2017年12月初旬にパキスタンを訪れた際、各地で異口同音にこうした言葉を聞いた。

 パキスタンは1947年に英領インドから東西パキスタンとして独立。その後東パキスタンがバングラデシュとして分離したが、冷戦時代から西側諸国と比較的友好な関係を維持している。

 日本との交流の歴史も長い。英領時代の1918年に日本綿花(現双日)が南東部カラチに進出しており、パキスタンが成立した49年には日本に対していち早く綿花の輸出を解禁した。パキスタンからの綿供給に支えられた日本の紡績産業が、高度経済成長の原動力となった側面もある。

 「長い友好の歴史からパキスタンの誰に聞いても日本への好意を口にするはずだ。そして、この国に何台外国産の車があるのか数えてみてほしい」と話すのは、ナセル・ジャンジュア国家安全保障担当補佐官だ。

 その言葉の意味は、日本車のシェアにある。街を走っている乗用車はほとんどがトヨタや日産といった日本メーカー製だ。

 パキスタン自動車工業会のまとめによると、2016年7月~17年6月に販売された乗用車18万5781台のうち、現代自動車(韓国)が販売した1台をのぞくすべてが日本車だ。工業会に加盟していないメーカーもあり、完全に実態を反映した数字ではないというが、地元関係者によると「少なく見積もっても97%は日本車」だという。

 「1980年製のトヨタにいまだに乗っているが、壊れる気配もない」(パキスタン人大学教授)と話すユーザーも多く、他国メーカー製の新車よりも、日本車の中古の方が高値で取引されることも多いという。

米「テロリストに避難所提供」

 パキスタンは2000年代に入って、テロとの戦いが続き、パキスタン・タリバン運動(TTP)などイスラム過激派勢力に対する軍事掃討作戦が進められてきた。特に激しい戦闘が繰り広げられたのは、パキスタン北西部のアフガニスタン国境に近い連邦直轄部族地域(トライバルエリア)で、武装勢力に一時は20%ほどの地域が支配された。

 「武装勢力側との戦いはすでに落ち着いた。現地への旅行受け入れも始まっている」と話すのは、トライバルエリア中部にあるミランシャーの軍当局者だ。
(リンク先に続きあり)


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1515993919/続きを読む

ドイツ 「日本は非人道的な刑罰である死刑をさっさとやめろ」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:306759112-BRZ(11000).net
http://img.5ch.net/ico/kita1.gif
日本における死刑執行について

2017年12月19日

日本において再び死刑が執行されたことを受け、
ドイツ連邦政府の人権政策・人道支援担当委員を務めるベアベル・コフラー ドイツ連邦議会議員は本日(12月19日)、次の談話を発表しました。

「日本において死刑が執行されたと聞き、衝撃を受けている。
本日(19日)、2人の死刑が執行された。そのうち1人は、犯行当時日本法では未成年であった。
2012年12月以降の死刑執行は計21人となった。

死刑は非人道的かつ残酷な刑罰である。
ドイツ政府は、いかなる状況下であっても死刑制度に反対する立場であり、
今後もEU各国とともに世界における死刑制度廃止に向け積極的に取組んでいく。
犯行時に未成年だった元少年に対する死刑執行は、国際的な人権基準とは相容れない。

ドイツと日本は緊密なパートナーであり、多くの課題について信頼に満ちた協力を行っている。
日本国政府に対しては、従来の制度運用を見直し、死刑執行を停止するよう呼びかけたい。
日本においては、死刑制度廃止について市民社会による開かれた議論が行われている。
こうした議論は、対話の重要な契機となるものであり、これを歓迎する」





日本における死刑執行について(ドイツ外務省プレスリリース)
http://www.japan.diplo.de/Vertretung/japan/ja/03-Themen/032-Politik/Menschenrechtspolitik/05-Bundesbeauftragter/20171219-PM-todesstrafe.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1513934773/続きを読む

女様「強姦された」 裁判所「はい懲役12年」 女様「ごめんwやっぱ嘘やったわw」



1: 名無しさん@涙目です。 2017/12/19(火) 21:43:22.42 ID:n7Oqoxtq0●.net BE:284093282-2BP(2000)
http://img.5ch.net/ico/nida.gif
強姦罪で懲役12年の服役中の男性が冤罪とわかり釈放
http://www.j-cast.com/2014/11/19221229.html
強姦罪と強制わいせつ罪で服役していた男性は冤罪だったとし、男性の刑の執行を停止して釈放した。男性は懲役12年が確定していて約3年半服役していた。

男性は一貫して否認していたが11年に刑が確定、服役中の14年9月に大阪地裁に再審請求した。地検の再捜査によって女性被害者や目撃者の証言が虚偽だったことがわかったという。



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1513687402/続きを読む



アクセスランキング