FC2ブログ

日本代表の行いに感銘を受け中国代表がロッカールーム清掃、バナナ一房置いて「謝謝」



1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/07/18(水) 18:09:28.66 ID:JRK/wC100 BE:878978753-PLT(12121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
日本代表の真似をした中国のサッカーチームに辛辣な声、「表面だけ真似しても無駄」=中国

サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は決勝が行われ、フランスの優勝で幕を閉じた。日本代表は惜しくも
決勝トーナメント1回戦で姿を消してしまったが、その健闘ぶりは世界を驚かせ、また日本中を熱狂させた。

 決勝トーナメント1回戦で敗戦後の日本代表はロッカールームをきれいに清掃し、ロシア語で「ありがとう」
というメッセージを置いて立ち去った。これは世界中で注目を浴び、そして、高く評価されたが、中国メディアの快資訊はこのほど、
中国のサッカーチームが日本代表の真似をしたところ、中国のネット上では批判が殺到したと伝えている。

 記事は、日本代表の敗戦後の振る舞いは世界中で称賛されたことを紹介し、このニュースを聞いた中国のサッカー選手たちが
日本代表の真似をし、ロッカールームをきれいに清掃し、テーブルの上に「謝謝(ありがとう)」と書かれたカードを置き、
その写真をネット上にアップしたことを紹介。写真を見て見ると、テーブルの上にはバナナ1房が置かれている。
「謝謝」と書かれたカードはバナナの上に置かれていることから、バナナは感謝の印なのだろう。

 こうした行動は褒められるべきなのだが、中国のネットユーザーからは「話題づくりのためにやっているに過ぎない」
などといった辛辣な声が寄せられたと紹介。表面上だけ日本代表の真似をしても意味がなく、
日本人選手の内側にある精神やサッカーの技術を学ぶべきであると指摘した。

 すかさず日本代表の真似をするところは、さすが中国といった感じだが、記事も指摘しているとおり、
表面上の行動だけを真似しても仕方なく、その行動の真意を理解し、学ぶ必要があるのかもしれない

no title

http://news.searchina.net/id/1663437?page=1



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1531904968/続きを読む

中国人「キャプテン翼はマジだった!?」



1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [US] 2018/07/10(火) 05:43:43.20 ID:4Xm9+OTe0 BE:194767121-PLT(12001)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
2018年7月7日、中国版ツイッター・微博(ウェイボー)で、ある日本のアニメに関する動画が注目を集めている。

そのアニメとは「キャプテン翼」だ。2人が同時にシュートを放つ「ツインシュート」など、奇想天外な「必殺技」が数々登場する同作だが、微博上では「キャプテン翼は適当につくられた
ものではなかった。これらのプレーは現実の中でいずれも実現できる!」という書き込みが複数登場。添えられた動画には、キャプテン翼のシーンに続いて、
実際のサッカーの試合の中で同じプレーが起きた様子が映っている。

上述のツインシュートに加えて、2人の選手がオーバーヘッドで空中にあるボールを蹴り合うシーン、シュートがゴールネットを突き破るシーン、ヒールリフトで相手をかわすシーン、
ドリブルの中でタックルに来た相手をボールを浮かせてかわすシーン、ドライブ回転がかかり強烈に曲がって落ちるシュートが決まるシーン、3人の相手選手に囲まれながらもドリブルでキープするシーンなどだ。

この動画に、中国のネットユーザーからは「キャプテン翼はマジで神」「小さい頃よく見てたけど、全部うそだと思ってた。ある時、テレビのサッカーの試合でオーバーヘッドを見て震えた」
「ヒールリフトは小さい頃に見て、何カ月も練習したなあ」「日本のアニメはプロの作品。すべてがロジックの中にある」といったコメントが寄せられている。

また、「中国にはこんなアニメないからうらやましい。と同時に、小さい頃にスラムダンクとかキャプテン翼とか見られて幸せだった」「幼稚園の時、毎日家に帰るとすぐにキャプテン翼を
見ていた。本当にサッカーを広めた作品」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/北田)

https://www.recordchina.co.jp/b623651-s0-c30-d0052.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1531169023/続きを読む

【W杯】中国の反応「野蛮な韓国より日本がアジアの代表」



1: たんぽぽ ★ 2018/06/26(火) 17:07:27.61 ID:CAP_USER
中国ポータルサイト「捜狐」が「荒っぽく野蛮な韓国サッカーより日本が疑いようもなくアジアの代表」と明らかにした。

26日のサンケイスポーツによると、捜狐のニュースサイトは「韓国はファウルを連発し、日本はクリーンな闘魂サッカーをした」と伝えた。韓国の最多ファウル-日本の最少ファウルと共に、成績は日本が1勝1分け、韓国は2敗である点を評価したとみられる。

ロシアワールドカップ(W杯)のスウェーデン戦で韓国はファウル数が23回だった。メキシコとの第2戦でもファウル数が24回にのぼった。第2戦まで32カ国の出場チームのうち韓国はファウル数が47回で最も多い。24回は今大会で最多、23回は2番目だ。モロッコ(45回)、クロアチア(43回)もファウル数が多い。韓国はイエローカードも6枚と、パナマ(8枚)に続いて2番目に多い。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://japanese.joins.com/article/636/242636.html



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1530000447/続きを読む

【中国】いつもは手厳しい中国のネットが安倍首相を絶賛した理由



1: ザ・ワールド ★ 2018/06/22(金) 22:20:49.37 ID:CAP_USER
2018年6月22日、日本の安倍晋三首相のある行動に、中国のネットユーザーから称賛の声が寄せられている。

中国・東方ICは、21日に安倍首相が大阪北部地震の被災地を訪れたことを紹介。
9歳女児が倒壊したブロック塀の下敷きになって亡くなった高槻市立寿栄小学校の現場で献花したことなどを写真付きで伝えた。

安倍首相は自身のツイッターで「子どもたちの安全を第一に、このような痛ましい事故を二度と起こさない。
学校の安全確保に万全を期すため、ブロック塀の安全点検を全国で緊急的に実施します」
「改めて、今回の地震によりお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りし、ご遺族の皆様に哀悼の意を表します。
そして、全ての被災者の皆様にお見舞いを申し上げます」とつづった。

この報道に、いつもは安倍首相に批判的な中国のネットユーザーからは
「国民に近い良い指導者だ」
「安倍首相にいいねを」
「これこそ、一国の指導者のとるべき姿勢」
「悪くない指導者だよ。日本人にとっては幸せだ」
「これが形だけであったとしても、国民に寄り添う印象を与えるのは良いことだ」など、意外なほど称賛の声が集まっている。

他には、「すべての幼い命が尊重される。現代社会の模範だな」といった声や、
「君たちの行動の一つひとつが、ある人々を気まずくさせているんだよ」といった声も寄せられている。

https://news.biglobe.ne.jp/international/0622/rec_180622_7082686105.html



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1529673649/続きを読む

【中国】横転したトラックに村人殺到、積み荷のリンゴが奪われる=中国ネット「すごいぞ、わが国」



1: たんぽぽ ★ 2018/04/06(金) 06:30:09.17 ID:CAP_USER.net
2018年4月5日、動画配信サイトの梨視頻は、横転したトラックの積み荷のリンゴが、付近の村人によってほとんど持ち去られたことを伝える動画を配信した。

記事によると4月3日、江西省の福銀高速道路で、約9トンのリンゴを乗せて運んでいたトラックが横転し、リンゴが散乱した。すると、付近の村人が袋やバケツなどを持って一斉に集まり、リンゴを拾って次々と持ち去ったという。

動画では、大勢の村人が集まってリンゴを拾っている様子が映っている。交通警察も現場にすぐに到着しているが、あまりの村人の多さに「多過ぎて止められない」と話した。その後、人民警察も到着して大声で叫んで制止したが、その時にはリンゴはほとんど残っていなかった。

この映像に、中国のネットユーザーから「中国的特色です」「中国ではこの種の人間が大多数を占めている」というコメントや、最近中国で上映されている自画自賛映画のタイトルを持ち出し、「すごいぞ、わが国」と揶揄(やゆ)するコメントもあった。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.recordchina.co.jp/b589730-s0-c30.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1522963809/続きを読む

中国政府「さっさと遭難者救助しろやゴラァ!」日本警察「は…はい!」 中国人から批判殺到



1: 名無しさん@涙目です。 2018/03/30(金) 18:24:16.38 ID:+1cfvwRj0.net BE:226456927-PLT(12522)
http://img.5ch.net/premium/1372182.gif
2018年3月28日、複数の中国メディアは、北海道の雪山で遭難して救助された中国人男性が中国領事館に感謝の手紙を送ったと伝えた。しかし、その内容に中国のネットユーザーから批判の声が上がっている。

3月19日、旭岳のロープウエー職員から「中国人スノーボーダーが行方不明」との連絡が地元警察にあり、8時間に及ぶ捜索活動の末に男性は発見、救助された。記事は「札幌の中国領事館が速やかに日本と連絡を取り、
救助要請を出した。救助された男性はその後、領事館に感謝の手紙を送った」と伝えた。

男性は手紙の中で「途中でコースを間違えた事に気付いた。軽装備のために身体はすっかり冷え切って、夜には身体が震え出して眠くなった。もはやこれまでと遺言を録音し始めたときに、救援の笛の音が聞こえた
。叫んだが気づいてもらえず絶望したが、程なくして再び笛の音が聞こえ、一筋の光が見えた。大声で叫ぶと反応があり、ついに救助された!」などと経緯を説明した。

そして「われわれの背後には偉大な祖国があり、人の救助を第一にすべしと日本の警察に圧力をかけてくれました。救助隊の到着があと30分遅かったら、彼らは遺体を見ることになったでしょう。
札幌の中国領事館には最も誠意ある感謝を示します。もし領事館が私のために貴重な救助の時間を勝ち取ってくれなかったら、
私はもうこの世にいなかった。1人の中国人として、国を誇りに思います」と記したという。

しかし、この手紙の内容が伝えられると、中国のネットユーザーからは批判の声が上がった。「何だよこれ。何が中国政府の圧力で日本の警察が救助しただよ。(日本の)警察が全力で救助してくれたからあんたは生きて帰れたんだろう」「中国に誇りを感じるのはいいが、
救助してくれた日本の当局に対する感謝の言葉が一つもないのが実に残念。同じ中国人として恥ずかしい」といった声が寄せられた。
http://www.recordchina.co.jp/b588144-s0-c30.html



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1522401856/続きを読む

中国・国家主席の任期撤廃、メディアは習近平を賛美 「生きた菩薩」との表現も ネットの批判は全削除



1: 名無しさん@涙目です。 2018/03/11(日) 22:42:01.79 ID:/R/4T88D0●.net BE:601381941-PLT(13121)
http://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
中国 国家主席の任期撤廃決まる 憲法改正案が採択

中国で開かれている全人代=全国人民代表大会で憲法の改正案が採択され、これまで2期10年と
定めてきた国家主席の任期を撤廃することが決まりました。これにより、習近平国家主席が権力を一極に
集中させたまま、2期目を終える2023年以降も無期限に主席にとどまることが可能となりました。

中国で開かれている全人代は11日、全体会議を開いて、2004年以来14年ぶりとなる憲法の改正案の
採決を行い、賛成が2958票、反対が2票、棄権が3票の圧倒的多数の賛成で採択されました。

これによって、国家主席と副主席の任期についてこれまで2期10年と定めてきた制限が撤廃され、圧倒的な
権力を握る習近平国家主席が、2期目を終える2023年以降も無期限に主席にとどまることが可能になり、
中国の政治制度の大きな転換点となります。

(略)

このほか、憲法の前文には歴代の指導者の指導思想に加えて、今回、習近平国家主席の指導思想が
習主席の名前を冠した形で新たに書き込まれました。

憲法に在任中の指導者の名前が書き込まれるのは建国の父とされる毛沢東以来で、習主席は、就任から
わずか5年で、去年秋の共産党大会に続いて、憲法の上でも絶対的な権威を確立し、権力と権威をともに
一極に集中させた政治体制を完成させた形です。

■党内で支持強調 習主席賛美も

30年余りにわたって規定されてきた国家主席の任期を撤廃した今回の憲法改正について中国共産党は、
党内で強い支持を得られていると繰り返し強調しています。

全人代の初日に行われた説明では任期の撤廃について多くの共産党員や幹部、庶民が一致して訴えて
きたものだとしたうえで、「党のトップである総書記にも軍のトップである中央軍事委員会の主席にも任期の
規定はなく、国家主席も同様にすることで党中央の権威を守り、国家の指導体制を強化することにつながる」
として正当性を強調しています。

(略)

また、外国メディアに公開された場でも党の幹部らが習主席を賛美する発言を繰り返し、内陸部・青海省の
トップ、王国生書記は「地元の人々は、『習近平主席は生きたぼさつだ』と言っていて、すばらしい言葉だ」と
述べるなど、中には、個人崇拝ともとれる表現まで使われています。

■ネット上では懸念の声も

国家主席の任期の撤廃をめぐっては、中国版ツイッターのウェイボーに、「上限を取り消すことに野心が表れている」や
「憲法改正には反対だ。独裁をしようしている」「後世に顔向けできない」などといった反対意見も投稿されています。

ただ現在、「習近平の独裁」や「新たな皇帝」といった批判的な言葉は検索できなくなっています。

また検閲をかいくぐるため、中国の清朝が倒れたあとに一時、皇帝制を復活させた袁世凱を持ち出して批判する
コメントが投稿されたほか、今回の措置が歴史に逆行しているとしてバックしてくる車に注意を呼びかける動画なども
投稿されていましたが、次々と削除されていて、当局は、任期撤廃に反対する意見に神経をとがらせているものと
みられます。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180311/k10011360581000.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1520775721/続きを読む



アクセスランキング