【米メディア】米空母を撃沈させる新兵器、中国が開発か



1: ガラケー記者 ★@\(^o^)/ 2017/06/14(水) 13:54:45.65 ID:CAP_USER.net
2017年6月12日、環球時報によると、米ナショナル・インタレスト誌は10日、「中国が米国空母を撃沈させる新たな手段を見いだした可能性がある」との記事を掲載した。

中国公式メディアはこのほど、太陽光エネルギーで飛行する大型無人機「彩虹-T4」が高度2万メートルの高高度の飛行に成功したと報じた。高度2万メートルの上空には雲がなく、飛行可能時間は大幅に増え、事実上ほぼ無限に飛行し続けられることになる。

国際政治学者で安全保障論が専門のP・W・シンガー氏は、彩虹-T4は高高度を飛行できることから、少ない移動距離で多くの地域をカバーできると指摘。同機はボーイング737よりも大きいという。

偵察や監視、通信で多大な効力を発揮するとみられるが、米国にとっては「空母キラー」になる可能性もある。中国の準中距離弾道ミサイル「東風-21(DF-21)」ばかりに注目が集まっているが、ミサイル以上に重要なのが攻撃目標のリアルタイム情報となる。

従来の監視システムを上回る性能を持ち、衛星よりも安価で運用が簡単な上、高高度を飛行することから攻撃されにくい。彩虹-T4の登場で米軍の中国への対応は複雑性がいっそう増すことになる。
Record china
2017年6月13日(火) 19時50分
http://www.recordchina.co.jp/a180968.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1497416085/続きを読む

中国政府「もし米韓が北朝鮮を攻撃すれば、我が国も直ちに軍事介入を開始する」



1: ショルダーアームブリーカー(大阪府)@\(^o^)/ [EG] 2017/04/22(土) 18:22:22.89 ID:rsscidXe0.net BE:253246518-PLT(15000)?PLT(15000)

中国環球時報「韓米が北朝鮮攻撃すれば軍事介入する」

中国国営の環球時報が、韓米両国が北朝鮮を攻撃すれば中国も軍事行動を開始するだろうと報道した。

中国人民日報の姉妹紙・環球時報は22日、こうした内容の社説を掲載、「我々は北朝鮮を積極的に説得しているが北朝鮮が耳を傾けず、
『北朝鮮の核・ミサイル発射と韓米軍事訓練の同時中断』を提案したが韓米両国が受け入れない」とし、このように主張した。

これに先立ち環球時報は、トランプ米大統領が21日(現地時間)、「中国は確実に北朝鮮の経済的な命綱であり、
中国が北朝鮮問題の解決を望むなら解決するだろう」とツイッターでコメントした内容を紹介した。

同紙は「こうした状況で我々は一歩ずつ前進する漸進的方法を選択する必要がある」と強調した。
続いて「米国が考慮する『外科手術式攻撃』に対して中国は外交的手段で反対する」とし
「もし韓米両国が38度線を越えて北朝鮮に攻撃を加え、北朝鮮政権を転覆させようとすれば、中国も直ちに軍事的介入を進行するだろう」と伝えた。

同紙は21日の社説では、トランプ大統領が中国の習近平国家主席との会談で「韓国は中国の一部だった」という話を聞いたと述べたことに対し、
「米国がいったいどういう意味で述べた言葉なのかソウルが知りたければ当然ワシントンに行くべきであり、北京に話せというのは明らかに間違った方向」とし
「韓国はなぜこのように敏感であり自信がないか」と指摘した。

http://japanese.joins.com/article/360/228360.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492852942/続きを読む

【軍靴】中国、北朝鮮対応で”並外れた数の中国軍機”を準備



1: 断崖式ニードロップ(北海道)@\(^o^)/ [RU] 2017/04/21(金) 20:24:37.27 ID:1AKszIYq0.net BE:882533725-PLT(14141)?PLT(14141)

 【ワシントン=共同】米CNNテレビは20日、米国防当局者の話として、
中国空軍が爆撃機に「厳戒態勢を取らせている」と報じた。
北朝鮮と米国との軍事衝突などの緊急事態が起きた場合に即応できるようにするためだとの見方を示した。

 ロイター通信も20日、中国爆撃機の動きが活発化しているのを米政府が把握していると報じた。
訓練も含めてさまざまな可能性があると指摘し、取材に応じた複数の米政府当局者が必ずしも懸念を示したわけではないとしている。

 CNNによると、爆撃機のほか「並外れた数の中国軍機」が即応準備を整えているという。
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM21H2R_R20C17A4000000/


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492773877/続きを読む

【速報】中国軍が北朝鮮有事を想定し高度な警戒態勢に



1: 急所攻撃(チベット自治区)@\(^o^)/ [GB] 2017/04/21(金) 16:17:51.50 ID:6Rb4MTwr0?2BP(1501)

中国爆撃機、「高度な警戒態勢」に 北朝鮮の有事を想定
 地上攻撃や巡航ミサイル発射能力を備えた中国の爆撃機が「高度な警戒態勢」に入って
いることが21日までに分かった。米国防当局者が明らかにした。中国軍が北朝鮮の有事
に備えて対応を準備している証だとしている。
 この当局者によると、当該の爆撃機が高度の警戒態勢を整えたのは19日。加えて異常
な数の中国軍機が集結し、集中的な整備点検を行って即応態勢を整えている様子も米国が
確認した。
 北朝鮮によるミサイル実験などを受けて朝鮮半島の緊張が高まる中、中国軍の動向には
「有事に備えた反応時間の短縮」を図る狙いがあると米当局者は分析。この有事には、武
力衝突の可能性も含まれる。
 北朝鮮の国営メディアは20日、北朝鮮が先制攻撃を仕掛ければ、米国と韓国は「一瞬
のうちに全滅する」と威嚇した。
 中国は以前から、北朝鮮の政情不安の可能性に対して神経をとがらせていた。
 複数の米政府高官は20日、トランプ政権の対北朝鮮戦略では現在、中国が焦点になっ
ていると指摘し、「中国が北朝鮮軍に圧力をかけたり、北朝鮮指導部を屈服させるとは誰
も思っていない。しかし同戦略では、ほかの何よりも政治的解決策を見つけ出せる存在と
して中国に目を向けている」と語った。
 当局者はこの戦略について、過去の米国の対北朝鮮政策を検証した結果に基づくと説明
する。これまでの交渉はすべて失敗に終わる一方で、「中国が金政権に対して最大限の影
響力を行使したことはない」と分析。北朝鮮は経済貿易の推定85%を中国に依存してい
ることから、北朝鮮問題を解決するためには中国の関与が不可欠だと判断したとしている。
http://www.cnn.co.jp/world/35100167.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492759071/続きを読む

【中台】中国の新造空母の名称アンケートで「台湾」が一位に



1: ジャストフェイスロック(庭)@\(^o^)/ [ニダ] 2017/04/17(月) 12:50:50.80 ID:J8kUd/YB0.net BE:844628612-PLT(14990)?PLT(14990)

‪中国大陸の新空母、「台湾」と命名? 台湾からは反発と皮肉の声
http://www.excite.co.jp/News/world_g/20170415/Jpcna_CNA_20170415_201704150006.html

(台北 15日 中央社)23日に進水する見通しになった中国大陸初の“国産”空母。
この空母の名前に関するアンケート調査で、「台湾」が1位に選ばれたことについて、
台湾のネットユーザーからは反発や皮肉の声が相次いでいる。

調査は、中国大陸のポータルサイト「鳳凰網」が今年1~2月にかけて実施したもの。
それによると、新しい空母の名称に採用される可能性が高いのはどの省・市かとの質問に対し、
「台湾」との回答が11万1160票(38.12%)と最も多かった。2位以下には「その他」(26.18%)、「北京」(21.15%)、「広東」(14.52%)が続いた。

この結果を受け、台湾のインターネット掲示板「PTT」では、「台湾は地方でなく国家だ」など、調査で台湾が中国大陸の一地域として扱われたことに反発する意見が目立っている。


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492401050/続きを読む

【話題】中国「THAAD反対、言葉だけでは済まさない」



1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2017/03/31(金) 21:54:51.15 ID:CAP_USER.net
中国「THAAD反対、言葉だけでは済まさない」
ハンギョレ新聞 3/31(金) 6:35配信


中国国防部ブリーフィング 「韓国はTHAADでは安全になれない」 「ロシア反対」グローバルMD対応で連係も

 中国が30日、高高度防衛ミサイル(THAAD)の韓国配備と関連して「言葉だけで済まさない」という強硬な立場を明らかにした。来月6~7日の米中首脳会談を控え、THAAD問題が本格的な議題に浮上する様相だ。

 中国国防部の呉謙報道官はこの日、月例の定例ブリーフィングで「THAAD装備が1、2カ月以内にすべて韓国に到着し、4月から稼動するだろう」という観測に対する質問に、「中国はすでに何回もTHAADの韓国配備に反対する立場を明らかにした」として「この席で二点を強調する

。第一に、THAAD配備は韓国を安全にすることはできない。第二に、『THAAD配備反対』について中国軍は単に言葉だけで済ませはしないだろう」と明らかにした。

 呉謙報道官の発言は「行動」を伴った対応措置を示唆したわけだが、この日具体的な説明はなかった。これと関連して中国内ではメディアを通じて、THAAD配備地を狙ったミサイル配備▽レーダー干渉などを通した無力化▽中ロによるミサイル防御(MD)システム対応合同訓練などが議論されたことがある。

 特に、中国政府はTHAADの配備が米国のグローバルMD構築過程に該当するという立場を明確にしている。中国外交部の陸慷報道官は前日の29日に定例ブリーフィングで「THAADの韓国配備は米国のMD強化の一環であり、北東アジア地域の平和・安定に関係する」として「中国は関連各国が中国を含む地域内国家の合理的な憂慮を直視して、THAAD配備を中断することを再度求める」と述べた。最近、中国官営メディアはTHAADとMDを連結したり、ロシアのMD対応事例を紹介するなどの内容の文を相次いで掲載している。これは米国との対決構図を明確にし、ロシアとの共同対応を示唆する狙いもある。

 中国の強硬な態度は一週間後の習近平国家主席とドナルド・トランプ米大統領の初めての首脳会談で、THAAD問題と関連して中国が取ることになる立場をうかがわせる。

陸慷報道官は30日、定例ブリーフィングで、習主席が4月4~6日にフィンランドを訪問した後、6~7日に米国を訪問してフロリダ州のパームビーチでトランプ大統領に会う予定だと明らかにした。陸慷報道官はこの日、具体的な日程や議題は説明しなかったが、朝鮮半島問題、南シナ海、貿易不均衡、為替レート問題などが主要議題になるだろうという観測が提起されている。

北京/キム・ウェヒョン特派員 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170331-00026935-hankyoreh-kr


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490964891/続きを読む

【軍事】中国最新ステルス機「殲20」配備 海兵隊10万人増強説…膨張続ける軍事費「1兆元超」から浮かび上がる具体像



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/03/24(金) 22:28:10.26 ID:CAP_USER.net
 今年、中国の国防予算が初めて1兆元(約16兆2000億円)を超えた。米国に次ぐ世界第2位の規模を誇り、急速な膨張を続ける中国の軍事費は何に使われているのか。3月に開かれた全国人民代表大会(全人代=国会)の期間中、軍幹部の発言やメディアの報道を通じてその具体像が浮かび上がってきた。

 中国国営中央テレビ(CCTV)の軍事専門チャンネルは3月9日夜、謎のベールに包まれてきた次世代ステルス戦闘機「殲(せん、J)20」が実戦配備されたことを唐突に伝えた。 「空軍の運20(大型輸送機)と轟6K(爆撃機)、殲20などの最先端装備が人民空軍に配備された!」

 J20は第5世代戦闘機と呼ばれる米軍のF22を意識して開発された双発の国産戦闘機。2011年に試作機が初飛行し、昨年11月には広東省での航空ショーで初めて公開され、デモ飛行を行った。J20の配備が公式に確認されたのは今回が初めてだ。中国空軍の技術力進展を示す動きとして各国メディアも注目している。

 J20の実戦配備は、もう一つの米軍の最新鋭ステルス戦闘機、F35を配備する日本や韓国への警告だ-。香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストは軍事筋の話として、その狙いをこう伝えた。「F35は1月に日本(の米軍岩国基地)に配備され、韓国も18年には40機を配備する計画だ。中国にとってはできるだけ早く、新装備をみせつけることが急務だった」

 この軍事筋によると、J20は国産の「WS15」エンジンを装備しているが、まだ増産体制にはなく配備されたJ20は少数だといい、こうも指摘する。「エンジンの信頼性をはじめ、制御システムやステルス性能の素材など一連の技術的な問題がある。F22やF35の水準まで達するには長い道のりが必要だ」

 またロイター通信も、J20のステルス性能については「F22やF35と同等といえるかは疑問が残る」と分析している。

 一部の米メディアはJ20について米軍の両ステルス戦闘機への直接的な脅威とはみていないものの、搭載する射程約200キロの最新鋭空対空ミサイル「霹靂(へきれき)15」に注目。太平洋上空に展開する米軍の空中給油機や偵察機などにとってJ20が脅威になりうるとの見方を示した。

 中国はこうした空軍の技術革新に加えて海軍力の増強にも傾注している。いずれも海洋・海外権益の拡大と世界的な軍事プレゼンスの増強が狙いだ。

 海軍の膨張で象徴的なのは空母打撃群の整備だろう。昨年末に初めて九州、沖縄、台湾などを結ぶ第1列島線を越えて西太平洋に出た中国初の空母「遼寧」に加え、遼寧省大連で建造が進む初の国産空母が今年前半にも進水する予定だ。上海では2隻目の国産空母が建造中とみられている。

 空母建造に続く新たな話題として全人代期間中に注目を集めたのが、海軍陸戦隊(海兵隊)の大規模な増強計画だ。

http://www.sankei.com/premium/news/170324/prm1703240005-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/170324/prm1703240005-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/170324/prm1703240005-n3.html
http://www.sankei.com/premium/news/170324/prm1703240005-n4.html

>>2以降に続く)

no title

昨年11月1日、中国広東省珠海で、展示飛行をするステルス戦闘機、殲20(J20)=ロイター
no title

一般公開された中国の次世代ステルス戦闘機「殲20」=昨年11月1日、中国広東省珠海市(AP)
no title

中国軍は活動空域を広げている。昨年9月25日、東シナ海上空を飛行する中国軍の爆撃機と戦闘機(AP)
no title

2015年9月、北京での軍事パレードで公開された無人機(ロイター)


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490362090/続きを読む



アクセスランキング