FC2ブログ

【週刊実話】“売国奴”を調べる『親日人名辞典』こんなものまで作る韓国の「親日憎し!」



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/03/21(木) 21:54:14.07 ID:CAP_USER
大韓帝国最後の皇太子で、日本の王族だった李垠(イ・ウン)の侍従武官だった安秉範(アン・ビョンボム)大佐という軍人は、戦後、韓国で首都防衛を任された。ところが朝鮮戦争が勃発、北朝鮮軍の猛攻撃によってソウルは陥落、安秉範はその責任を取って割腹自殺を果たす。

 朝鮮戦争では李承晩大統領が真っ先にソウルから逃げ出し、しかも敵が追い付けないように橋を爆破、そのために逃げ遅れた多くのソウル市民が犠牲となっている。軍のトップが早々と敵前逃亡した一方で、旧帝国軍人だった安秉範は最後まで自分の任務を遂行したわけだが、現在の韓国では、旧日本軍で大佐まで昇格したことから「親日人名辞典」にその名が刻まれ、売国奴扱いされている。
「そもそも当時の韓国軍は旧日本軍だった将校や兵士を採用しておらず、それが弱さの原因だったのです」(軍事ライター)

 また、旧日本軍時代に多くの軍功を立て、戦後は北朝鮮の侵攻を予知していた旧日本軍人に、金錫源大佐(韓国陸軍少将)がいる。朝鮮戦争では軍部の要請で、首都師団長として現役に復帰し、金師団長の下には元日本兵である韓国人が全国から集結した。
「北朝鮮軍は金錫源を最も恐れていたといわれ、鎮川で交戦した北朝鮮軍第2師団長の崔賢は『いかん。やつとぶつかった』と嘆いたという逸話があるほどです」(同・ライター)

まさに“救国の士”だが、そんな金錫源も現在では「親日人名辞典」に入れられている。また各地の小学校には彼の銅像が建立されたが、親日のレッテルが貼られたことで全部破壊されている。

 その一方で、日本と敵対した人物は、例外なく義人扱いだ。閔妃(明成皇后)が“悲劇の王妃”として、ドラマなどで美化されているのはその端的な例だ。
「閔妃は1895年10月、日本の三浦梧楼を首謀者とする一団が王宮になだれ込み、反日派だった閔妃を殺害したといわれていますが、その実態はよく分かっていません。一説では、閔妃と嫁舅(よめしゅうと)の争いを繰り広げていた興宣大院君が暗殺の黒幕だったといわれていますが、いずれにせよ、閔妃は王宮内で政争に明け暮れ、浪費によって李氏朝鮮の財政を破綻状態にまで追い込んだ張本人として、つい最近までは韓国でも『悪女』の代名詞のような存在でした。でも『日本軍に殺された』という悲劇的なストーリーがでっち上げられ『国母』のような扱いを受けるようになったのです」(韓国ウオッチャー)

 強盗殺人を犯した過去があり、多くの同士をテロで葬った金九などは、「3・1独立運動」失敗後、上海で大韓民国臨時政府主席に就任して日本に宣戦布告を行った英雄とされるが、日本と戦っていた中華民国さえ彼も臨時政府も認めていない。それが、現在では「抗日活動家だった」という理由から、義人として顕彰されている。また「親日人名辞典」の編集を命じた盧武鉉元大統領などは、リンカーンと並び称されている。米国もビックリだろう。

https://wjn.jp/sp/article/detail/2906616/
週刊実話 2019年03月20日 22時20分



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1553172854/続きを読む

ネトウヨを法的に規制し、ネトウヨ発言に刑事罰を。海外ではネトウヨ発言は犯罪



1: 名無しさん@涙目です。(家) [ニダ] 2019/03/20(水) 22:53:19.55 ID:sOZG+2aa0● BE:151915507-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/onigiri.gif
〈時代の正体〉ヘイト「刑事罰を」差別禁止条例求め意見書

https://www.kanaloco.jp/article/entry-26699.html
【時代の正体取材班=石橋 学】人種差別の根絶に取り組む市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」は1日、人種差別の禁止をうたい、ヘイトスピーチに刑事罰を科す条例の早期制定を求める意見書を川崎市と市議会に提出した。市民が直面している深刻な被害を踏まえ、具体的な防止策と救済措置を盛り込んだ。



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1553089999/続きを読む

【話題】ネットメディアのリテラが羽生結弦のパレードの日の丸手旗を「グロテスク」と表現 非難殺到し炎上



1: 動物園φ ★ 2018/04/22(日) 21:07:39.38 ID:CAP_USER.net
書籍や雑誌からニュースを掘り起こすネットメディア『LITERA(以下、リテラ)』が4月22日に仙台で行われた
羽生結弦の凱旋パレードを報じた。

パレード参加者に2万本を配布することや、ソチ五輪の際に日の丸手旗を配らなかったことに対しての
激しい抗議のことが書かれている。

かなり割愛するが、日の丸=右翼というレッテルを貼った文章構成になっており、
「4年前に日の丸手旗を用意したのは“ネトウヨ広報副本部長”こと和田政宗参院議員」、
「ヘイト団体・在特会の桜井誠会長(当時)も手旗を寄贈した」と書かれている。

文章終盤になると日の丸手旗は極右界隈の政治利用であり、「こうしたグロテスクな光景が
当たり前のようになってしまうことだ」とハッキリ書かれている。

これを見た人がTwitterで「日の丸が振られるパレードを『グロテスク」と評する日本人とは思えない精神性」、
「羽生選手がこの記事をもし目にしたらどんな気持ちになるだろう?」、「あのね、リテラさん。
日の丸は日本国の象徴だから。好きとか嫌いとかの問題でないのよ」、
「この記事は、本日行われる羽生選手パレードを出迎える為に和田議員や桜井氏が日の丸の旗を寄付した話です」と
批判が殺到している。

また過去に日の丸手旗を寄贈した和田政宗も「ついに支離滅裂なリテラが、保守系の攻撃に
羽生結弦選手の名を利用した」とツイートし批判。

http://gogotsu.com/archives/39271
no title

no title

no title



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1524398859/続きを読む

【\ /】 セレッソ大阪のGK金鎮鉉、日本で人種差別行為に抗議



1: 荒波φ ★ 2018/03/12(月) 10:45:26.93 ID:CAP_USER.net
日本プロサッカーのセレッソ大阪のGK金鎮鉉(キム・ジンヒョン、31)が日本の観衆から人種差別行為を受け、強く抗議した。

金鎮鉉は10日、柏スタジアムで行われた2018シーズンJ1第3節の柏レイソル戦で1-1の後半34分、ゴールキックをする前に審判に抗議した。

日本メディアによると、ゴールの後方にいた柏のサポーターが金鎮鉉に向かって自分の目をつり上げる行為をしたという。これは東洋人を蔑む人種差別行為だ。

コロンビア代表のMFエドウィン・カルドナが昨年11月10日、水原(スウォン)で行われた韓国との親善試合で奇誠庸(キ・ソンヨン、スウォンジーシティ)に向けて「つり目」の人種差別行為をし、国際的な恥をかいた。東洋人が東洋人に「つり目」差別行為をするのは異例だ。

この日、試合は約3分間中断した。柏の関係者が観客席に行って自制を要請した後、試合は再会された。両チーム関係者は映像を通じて該当行為を調べたが、サポーターの行動は確認できなかった。今後の調査を通じてJリーグに報告する予定だ。

金鎮鉉は日本メディアのインタビューで「サポーターの顔も記憶している。今後はこういうことがなければいい」と話した。金鎮鉉は2009年にセレッソ大阪に入団し、主力GKとして活躍している。


2018年03月12日09時56分 [中央日報/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/449/239449.html?servcode=600§code=610


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1520819126/続きを読む

【動画有】京浜東北線の女性専用車両で男性乗客に降りろコール 15分以上電車を止める



1: 名無しさん@涙目です。 2018/02/23(金) 21:58:09.00 ID:N8spRih/0●.net BE:618588461-PLT(36669)
http://img.5ch.net/ico/u_tobacco.gif
電車の女性専用車両に男性が乗り込んだ。そんなトラブルが東京メトロ千代田線で起きた。男性は「女性専用」に反発し、抗議のために乗ったようだ。
そもそも女性専用車両は痴漢被害に対応するための、やむにやまれぬ策だったはず。そこが改まっていないのに、実力行使に出るのはどうなのか。 (安藤恭子、皆川剛)

続きは2以降
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2018022302000141.html



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519390689/続きを読む

【週刊ポスト】ヘイトスピーチやネトウヨの存在は問題だが、一般社会も無関心な態度を取り続けている…「日本人ファースト」が問題



1: 鴉 ★ 2017/12/19(火) 20:04:14.11 ID:CAP_USER.net
【著者に訊け】星野智幸氏/『のこった もう、相撲ファンを引退しない』/ころから/1600円+税

 目の前の事象に目を凝らすことで、世の中の構造や行く末さえ看破してしまう能力者がごく稀に存在する。例えば作家・星野智幸氏だ。〈スポーツとは、社会の深層で起こっていることを、社会よりも少し早く先取りする場〉と書く彼にとって、大相撲もその一つ。中でも観客らが必要以上に日本人力士に肩入れする、〈日本人ファースト〉を問題視する。

 確かにヘイトスピーチやネトウヨの存在も問題だが、〈問題は、そのような人たちの暴力的な言葉に対して、一般社会が多少眉をひそめつつも無関心な態度を取り続け〉〈差別が大手を振ってまかり通るようになってしまったこと〉。

 特にスポーツなどの非日常的局面では〈不作為的差別から積極的差別への転換〉が起きやすく、日本人が日本人を応援しても誰も疑問を抱かない。表題はその名も、『のこった』──。土俵際寸前まで追いつめられているのは、果たして力士か私たちか?

 子供の頃から力士に憧れ、初めて投稿した作品も相撲小説だった(!)という純文学作家に会おうとした矢先、とんでもない事件が起きた。当時の現役横綱・日馬富士による貴ノ岩暴行事件とその後の引退劇である。

「まだ全容が解明されていませんが、僕は両力士のファンなので、寝込みそうなぐらいショックです。横綱時代に僕の人生まで託した貴乃花親方には今は不信感が募るばかりだし、相撲協会は、ちゃんとファンや力士のことを考えた明快な対応ができていないし、苦しくて仕方ないです」

 本書では19年ぶりの日本人横綱誕生に沸いた2016~2017年のブログやエッセイの他、著書『スー女のみかた』もある和田靜香氏との対談や、相撲小説「智の国」を収め、自身愛してやまない相撲の魅力やファンの変化についても、その筆は冴える。

 例えば「豪・栄・道!」などと、力士を集団で応援する〈コール〉の是非だ。これに〈日本、チャチャチャ〉にも似た違和感を抱く氏は、〈個人対個人で勝負する相撲は、応援するほうも個人であるべきだ〉と書く。

「僕は輪湖(りんこ)時代の初代貴ノ花とか、あの千代の富士も手を焼いた花乃湖など前捌きの巧い力士が昔から好き。そうした好みを満たすのが、僕が社会に出た1988年に初土俵を踏んだ貴乃花でした。

 新聞社を辞めたのも彼の相撲に対する一途な姿の影響ですし、2001年5月場所の優勝決定戦で貴乃花が武蔵丸を破り、小泉首相の〈感動した!〉に日本中が沸いた時は、貴乃花同様に僕も孤独を感じた。結局、彼は2003年に引退し、僕は白鵬の優勝記録更新が話題になった2014年9月まで、相撲を見なくなるんです」

 そして2015年1月。久々の観戦に訪れた氏は、大鵬の大記録に挑む白鵬をよそに、〈日本人力士がんばれ〉と声援が飛ぶ光景に目を疑う。

「あの時は思わず〈白鵬! 白鵬!〉と叫んだくらいです。その空気は翌2016年の琴奨菊の優勝を経て、稀勢の里の横綱待望論に繋がっていく。僕には〈日本出身力士〉の優勝と日本国籍を持つ旭天鵬の優勝を区別する理由がわからないし、稀勢の里の早すぎる横綱昇進には当人が最も苦しんでいると思う。ところがファンやメディアにも差別の自覚は一切なく、無意識だから、怖いんです」

◆国技という概念もフィクション

 その点、スー女は違った。一般には美形力士・遠藤や2012年創刊のフリーペーパー『TSUNA』が火付け役とされるが、鶴竜や千代丸をアイコン化し、稀勢の里を〈魔性の男〉と呼ぶ独創性には、なるほど舌を巻く。

「あの朝青龍が〈朝さま〉として尊敬されていたり、意外と顔じゃないんですよね(笑い)。国籍も単にキャラの一つで、高安や御嶽海のフィリピン人のお母さんは『若くてカワイ~』で、それ以上でも以下でもない。かくいう僕も理屈を語りたがる分析オヤジの一人で、そうか、好きに理屈は要らないんだと気づかされたし、純粋に好きなものを守ろうとするスー女の存在は相撲界の希望だと思います」

 彼はそこに韓流ファンにも通じる〈フィクションをさらにフィクション化して、自分の物語に変える〉ミーハー力を見、全てのスポーツは〈フィクションであることを意識に留めながらのめり込むべき〉だと書く。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171218-00000014-pseven-life&p=2


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1513681454/続きを読む

【世論調査】ヘイトスピーチ「知っている」57%余 内閣府



1: らむちゃん ★ 2017/12/02(土) 17:23:36.36 ID:CAP_USER.net
NHK12月2日 17時19分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171202/k10011244271000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

内閣府が行った世論調査で、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動を知っていると答えた人は57%余りで、こうした言動について、「日本に対する印象が悪くなる」という回答が最も多くなりました。

内閣府はことし10月、全国の18歳以上の男女3000人を対象に、人権擁護に関する世論調査を行い、58.6%にあたる1758人から回答を得ました。

調査では今回初めて、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動やデモなどを知っているか尋ねたところ、「知っている」が57.4%、「知らない」が42.6%でした。

このうち、「知っている」と答えた人に、こうした言動を見聞きして思ったことを複数回答で聞いたところ、「日本に対する印象が悪くなる」が47.4%と最も多く、次いで、「不愉快で許せない」が45.5%、「表現の自由の範囲内のものだ」が17.0%でした。

また、人権をめぐる課題のうち関心のあることを複数回答で尋ねたところ、「障害者」が、前回(5年前)の調査より11.7ポイント増えて51.1%、「インターネットによる人権侵害」が、前回より7.2ポイント増えて43.2%などとなっています。

法務省は「人権擁護に関する課題はいまだ残っているので、教育や積極的な啓発に取り組むとともに、インターネットを活用した広報にも力を入れたい」としています。



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1512203016/続きを読む



アクセスランキング