【週刊ポスト】ヘイトスピーチやネトウヨの存在は問題だが、一般社会も無関心な態度を取り続けている…「日本人ファースト」が問題



1: 鴉 ★ 2017/12/19(火) 20:04:14.11 ID:CAP_USER.net
【著者に訊け】星野智幸氏/『のこった もう、相撲ファンを引退しない』/ころから/1600円+税

 目の前の事象に目を凝らすことで、世の中の構造や行く末さえ看破してしまう能力者がごく稀に存在する。例えば作家・星野智幸氏だ。〈スポーツとは、社会の深層で起こっていることを、社会よりも少し早く先取りする場〉と書く彼にとって、大相撲もその一つ。中でも観客らが必要以上に日本人力士に肩入れする、〈日本人ファースト〉を問題視する。

 確かにヘイトスピーチやネトウヨの存在も問題だが、〈問題は、そのような人たちの暴力的な言葉に対して、一般社会が多少眉をひそめつつも無関心な態度を取り続け〉〈差別が大手を振ってまかり通るようになってしまったこと〉。

 特にスポーツなどの非日常的局面では〈不作為的差別から積極的差別への転換〉が起きやすく、日本人が日本人を応援しても誰も疑問を抱かない。表題はその名も、『のこった』──。土俵際寸前まで追いつめられているのは、果たして力士か私たちか?

 子供の頃から力士に憧れ、初めて投稿した作品も相撲小説だった(!)という純文学作家に会おうとした矢先、とんでもない事件が起きた。当時の現役横綱・日馬富士による貴ノ岩暴行事件とその後の引退劇である。

「まだ全容が解明されていませんが、僕は両力士のファンなので、寝込みそうなぐらいショックです。横綱時代に僕の人生まで託した貴乃花親方には今は不信感が募るばかりだし、相撲協会は、ちゃんとファンや力士のことを考えた明快な対応ができていないし、苦しくて仕方ないです」

 本書では19年ぶりの日本人横綱誕生に沸いた2016~2017年のブログやエッセイの他、著書『スー女のみかた』もある和田靜香氏との対談や、相撲小説「智の国」を収め、自身愛してやまない相撲の魅力やファンの変化についても、その筆は冴える。

 例えば「豪・栄・道!」などと、力士を集団で応援する〈コール〉の是非だ。これに〈日本、チャチャチャ〉にも似た違和感を抱く氏は、〈個人対個人で勝負する相撲は、応援するほうも個人であるべきだ〉と書く。

「僕は輪湖(りんこ)時代の初代貴ノ花とか、あの千代の富士も手を焼いた花乃湖など前捌きの巧い力士が昔から好き。そうした好みを満たすのが、僕が社会に出た1988年に初土俵を踏んだ貴乃花でした。

 新聞社を辞めたのも彼の相撲に対する一途な姿の影響ですし、2001年5月場所の優勝決定戦で貴乃花が武蔵丸を破り、小泉首相の〈感動した!〉に日本中が沸いた時は、貴乃花同様に僕も孤独を感じた。結局、彼は2003年に引退し、僕は白鵬の優勝記録更新が話題になった2014年9月まで、相撲を見なくなるんです」

 そして2015年1月。久々の観戦に訪れた氏は、大鵬の大記録に挑む白鵬をよそに、〈日本人力士がんばれ〉と声援が飛ぶ光景に目を疑う。

「あの時は思わず〈白鵬! 白鵬!〉と叫んだくらいです。その空気は翌2016年の琴奨菊の優勝を経て、稀勢の里の横綱待望論に繋がっていく。僕には〈日本出身力士〉の優勝と日本国籍を持つ旭天鵬の優勝を区別する理由がわからないし、稀勢の里の早すぎる横綱昇進には当人が最も苦しんでいると思う。ところがファンやメディアにも差別の自覚は一切なく、無意識だから、怖いんです」

◆国技という概念もフィクション

 その点、スー女は違った。一般には美形力士・遠藤や2012年創刊のフリーペーパー『TSUNA』が火付け役とされるが、鶴竜や千代丸をアイコン化し、稀勢の里を〈魔性の男〉と呼ぶ独創性には、なるほど舌を巻く。

「あの朝青龍が〈朝さま〉として尊敬されていたり、意外と顔じゃないんですよね(笑い)。国籍も単にキャラの一つで、高安や御嶽海のフィリピン人のお母さんは『若くてカワイ~』で、それ以上でも以下でもない。かくいう僕も理屈を語りたがる分析オヤジの一人で、そうか、好きに理屈は要らないんだと気づかされたし、純粋に好きなものを守ろうとするスー女の存在は相撲界の希望だと思います」

 彼はそこに韓流ファンにも通じる〈フィクションをさらにフィクション化して、自分の物語に変える〉ミーハー力を見、全てのスポーツは〈フィクションであることを意識に留めながらのめり込むべき〉だと書く。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171218-00000014-pseven-life&p=2


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1513681454/続きを読む

【世論調査】ヘイトスピーチ「知っている」57%余 内閣府



1: らむちゃん ★ 2017/12/02(土) 17:23:36.36 ID:CAP_USER.net
NHK12月2日 17時19分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171202/k10011244271000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001

内閣府が行った世論調査で、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動を知っていると答えた人は57%余りで、こうした言動について、「日本に対する印象が悪くなる」という回答が最も多くなりました。

内閣府はことし10月、全国の18歳以上の男女3000人を対象に、人権擁護に関する世論調査を行い、58.6%にあたる1758人から回答を得ました。

調査では今回初めて、ヘイトスピーチと呼ばれる民族差別的な言動を繰り返す街宣活動やデモなどを知っているか尋ねたところ、「知っている」が57.4%、「知らない」が42.6%でした。

このうち、「知っている」と答えた人に、こうした言動を見聞きして思ったことを複数回答で聞いたところ、「日本に対する印象が悪くなる」が47.4%と最も多く、次いで、「不愉快で許せない」が45.5%、「表現の自由の範囲内のものだ」が17.0%でした。

また、人権をめぐる課題のうち関心のあることを複数回答で尋ねたところ、「障害者」が、前回(5年前)の調査より11.7ポイント増えて51.1%、「インターネットによる人権侵害」が、前回より7.2ポイント増えて43.2%などとなっています。

法務省は「人権擁護に関する課題はいまだ残っているので、教育や積極的な啓発に取り組むとともに、インターネットを活用した広報にも力を入れたい」としています。



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1512203016/続きを読む

反天皇デモ参加者「日本が大嫌い。日本人の思考性格が嫌い。日本人を許さない。日本なんか滅べ」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:135853815-PLT(12000).net

no title



北村小夜さん「自粛しないで声をあげよう」?11.26 終わりにしよう天皇制デモ

 天皇制反対の声を上げることがこれほど大変なのか? 3日前に宣伝カーが右翼に襲撃されて壊された。しかしこの日は緊急カンパですっかり修復されていた。
11月26日に東京・千駄ヶ谷区民会館で開かれた「終わりにしよう天皇制 11.26大集会デモ」。160人の集会にもかかわらず、付近一帯はカマボコ車が数十台と機動隊で埋めつくされた。

 集会に参加した元軍国少女で戦後は教員だった北村小夜さん(92歳)は、「早く天皇制をなくしてほしい。時間が経つほど戦争など、天皇制がもたらす被害が大きくなる。
いま一番心配なことは皆が自粛していること、抵抗しなくなっていることだ」と声を上げる大切さを語っていた。

 主催者の大横断幕には「身分差別 性差別の象徴=天皇制はいらない」と書かれていた。コールでは「民主主義に天皇制はいらない!」とあったが、天皇代替わりを機会に天皇制廃止を強く訴えていた。
渋谷繁華街のデモは注目度が高かった。右翼の妨害もあったが大きな混乱もなく約1時間のデモは終わった。(M)

http://www.labornetjp.org/news/2017/1126shasin



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511753172/続きを読む

【朝日新聞/社説】ヘイト規制 差別許さぬ意識深化を



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/11/14(火) 07:37:48.27 ID:CAP_USER.net
人種、民族、宗教などをめぐる憎悪の言動を防ぐには、どうすべきか。地域ごとの試みで、社会の意識を深めたい。

 このほど川崎市が公表した新たな取りきめが注目されている。いわゆるヘイトスピーチを規制するためにつくったガイドライン(指針)である。

 ヘイトスピーチの恐れがある場合、公園など公的施設の使用を認めない。使用許可を出した後でも、恐れがあるとわかれば取り消すとしている。

 申請者の活動歴やネットでの情報発信などをもとに判断するという。実際に不許可などにする時は、弁護士らでつくる第三者機関に諮り、結論を出す。

 これまでも大阪市などで先駆的な動きはあったが、公的施設の利用を事前に規制する基準を盛った指針は初めてという。

 ヘイトスピーチをめぐっては昨年夏に対策法が施行された。だが、罰則のない理念法であるため、実効性のある対策をどうとるかは模索が続いている。

 大阪市は法成立に先んじて条例をつくり、問題行為をした者の名称を公表することにした。その後、ネット上の動画をヘイトスピーチと認定したが、投稿者名などの情報は得られず公表には至っていない。

 川崎市も昨年、特定団体の公園使用を、市の判断で許可しなかったことがある。これまでは市長と職員が個別に判断してきたが、今回の指針により一定の基準が確保される。

 ただ一方で、こうした対策の悩みどころは、表現の自由との兼ねあいだ。

 差別的言動を防ぐ目的でできた規制が正当な表現の制約につながったり、時の権力への批判を封じる道具に使われたりすることは断じて認められない。

 その意味でも、第三者機関に人権問題の専門家を含めるといった配慮が必要だろう。また、結論にいたる過程の透明性も確保されねばなるまい。

 最近のヘイトスピーチは、民間の施設で少人数で集まり、それをネットで中継するなど巧妙化している。街頭での行動だけでなく、ネットの投稿や書き込みに、今後どう対応するかといった課題も少なくない。

 差別をなくすための方策は常に、正解があるわけではない。人間の多様さを認め、尊重するという基本的な人権の感覚を社会でどう養い、強めるかという恒久的な問いかけが必要だ。

 言葉の暴力に対しては、社会全体で拒絶する姿勢が欠かせない。自治体や組織、企業など、それぞれの立場で問題意識をもち、対策を考えるほかない。


2017年11月14日05時00分 朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/DA3S13226213.html?ref=editorial_backnumber



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1510612668/続きを読む

【川崎】ヘイトスピーチ、事前規制 施設不許可も



1: ろこもこ ★ 2017/11/09(木) 20:38:30.68 ID:CAP_USER.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00000035-asahi-pol

 川崎市は9日、外国人への差別的言動などヘイトスピーチの恐れがある場合に、市の公園などの公的施設の利用を事前に規制できるガイドライン(指針)を公表した。ヘイトスピーチを事前に規制する指針は全国初という。来年3月末までに施行する。

 指針では、「ヘイトスピーチが行われる恐れが客観的な事実に照らし、具体的にある場合」に、警告や公的施設の使用不許可や条件付きの許可ができるとした。利用を許可した後に、ヘイトスピーチが行われる恐れがあると分かった場合は、許可を取り消せる。

 施設利用の申請書類ではヘイトスピーチが行われるかが分からなくても、申請者側のそれまでの活動歴や、インターネットでの情報発信などから総合的に判断するという。



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1510227510/続きを読む

女医『水原希子がアメリカ人と韓国人のハーフであることにヘイト発言を書き込むネトウヨのクズは論外』



1: 名無しさん@涙目です。 2017/10/27(金) 21:49:21.19 ID:gLb+mJhT0.net BE:718678614-2BP(1500)


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1509108561/続きを読む

水原希子さんのツイート炎上問題 「祖国へ帰れ」といった出自攻撃が含まれている点から見ても、差別であることは明らか



1: ねこ名無し ★ 2017/10/09(月) 05:00:04.45 ID:CAP_USER.net
9月中旬、タレントの水原希子さん(以下敬称略)がCMに出演しているサントリービールの「ザ・プレミアム・モルツ」の公式ツイッターアカウントに、大量の民族差別的なツイートが寄せられ、炎上した。

発端は、彼女がインスタグラム上の画像(友人がアップしたもの)にうっかり「いいね」をつけたことからはじまる。この画像が、中国の現代美術家アイ・ウェイウェイが天安門に向けて中指を立てている画像だったために、当地でも人気の高い水原希子に批判が集中したカタチだ。

彼女は1時間後に「いいね」を削除したが、批判はやまず、中国のツイッターにあたる微博には、彼女が靖国神社を参拝する写真(←フェイク)がアップされるなど、さらに反発が集中した。

水原希子は、当該の写真への「いいね」がミスであったことを謝罪した上で、自分の民族的なルーツ(米国人の父と日本生まれの韓国人女性との間に米国で生まれた)を明かし、あわせて靖国参拝の写真に写っている人物が自分ではないことを説明する動画を公開した。

動画の意図は、彼女を嫌中的・国粋的な日本人であると見なす中国国内での誤解を是正するところにあったと思うのだが、今度はこの説明動画が日本国内の国粋的な日本人の反発を招くことになる。

というのも、彼らの目には、水原希子が、中国人の反発をかわすために日本人でないことを強調し、さらに、靖国参拝写真が自分でないことを明言することで、靖国に反発する反日的な中国人に同調しているように見えたからだ。

以上の経緯を踏まえて、サントリーの公式アカウントに、「エセ日本人」「日本人じゃないのなら、日本人風の芸名で活動するな」「こんな反日分子を起用するサントリーの製品は買わない」などといった「愛国的な」コメントが殺到したわけだ。

もっとも、これらの水原希子への批判ツイートを「民族差別」と断定すべきなのかどうかについては異論がある。

批判を寄せている当人たちは、「水原希子の反日的な姿勢が反発を招いたにすぎない」「同じサントリーのCMに起用されている在日韓国人タレントが特に攻撃されていない点から見ても、今回の炎上がレイシズムに基づく攻撃ではなく、水原希子の個人的な言動への批判だ」という感じの反論を展開していた。

たしかに、朝鮮半島にルーツを持つタレントでも普通に愛されている芸能人はたくさんいる。

が、差別は、ある属性を持った人間が必ず攻撃されるというほど機械的なものではない。実際には特定の属性の人間が何らかの引き金を引いた時に発動するという、微妙なプロセスを含んでいることが多い。

ともあれ、彼女への批判の多くに、民族差別的な単語や「祖国へ帰れ」といった出自攻撃が含まれている点から見ても、差別であることは明らかだ。

特定の国籍なり民族性なり社会的属性を持ったマイノリティーに対しては「控えめにふるまっている限りは攻撃しない」という基準が適用されることが多い。

「おとなしくしていれば何もされないのだから差別じゃないだろ?」

と、思う人がいるかもしれない。だが「おとなしくしていろ」という要求こそが、最も典型的な差別だということを、私たちは思い知るべきだと思う。

小田嶋隆の「pie in the sky」~ 絵に描いた餅べーション それは悪役の台詞だよね
日経ビジネス2017年10月2日号 92ページより

http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/NBD/15/257045/092500118/



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507492804/続きを読む



アクセスランキング