fc2ブログ

【中国メディア】なぜかつての日本は大量の空母を建造できたのか [5/13] [昆虫図鑑★]



1: 昆虫図鑑 ★ 2021/05/13(木) 16:47:22.22 ID:CAP_USER
中国のポータルサイト・網易に11日、「戦前、戦中にかけて、どうして日本はあれほど多くの空母を建造することができたのか」とする記事が掲載された。
 
  記事は、日本が1945年の終戦を迎えるまでに計25隻の空母を建造したと紹介した上で「資源が乏しい島国の日本で、一体どうしてこれだけの空母を建造することができたのか」と疑問を提起した。
  
  そして、日本は海軍の航空兵力を世界で最も早く整備し、1922年に就役した「鳳翔」は世界初の標準的な空母とされていると説明。第1次世界大戦後にワシントンで軍備縮小が議論される中で、日本は軍縮条約ができるまでに可能な限り軍備を増強しようとしていたと伝えた。

 また、1930年代に入って軍縮の流れが弱まり各国が大型の軍艦建造に再び乗り出した際、各国が戦艦の建造に注力したのに対し、同じことをしていては米英などの列強に太刀打ちできないと考えた日本の海軍は、当時世界的にはまだ脇役扱いされていた空母の建造に力を入れ、1941年の真珠湾攻撃までに10隻、開戦後から終戦までに15隻の計25席の空母を揃えるに至ったのだとしている。
 
  記事はその上で、かつての日本が空母を多数建造できた理由は陸軍の軍備の発展を「ほぼ放棄したからだ」と主張。島国である日本が海軍を重視したことは自然な話ではあるとする一方で、当時の日本は資源を海軍に偏って注ぎつつ、貧弱な軍備の陸軍を大陸に進軍させるという「問題」を抱えていたとした。
  
  そして、年月が進むに連れて問題はますます深刻化し、海軍と陸軍が資源の優先権を巡って争い、互いに見下し合う状況になったと伝え「愚かな指揮下によって、これらの空母はむざむざと犠牲になったのである」と結んでいる。(編集担当:今関忠馬)


http://news.searchina.net/id/1699131?page=1



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1620892042/続きを読む

零戦で戦艦に肉薄し銃撃するって帝国海軍パイロットは馬鹿なん?映画『ミッドウェイ』



1: インターフェロンβ(SB-Android) [CA] 2020/09/09(水) 12:23:46.51 ID:j+imvzO+0● BE:866556825-2BP(4000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
圧倒的スケールで描かれる“真珠湾攻撃” 「ミッドウェイ」映像公開

https://news.yahoo.co.jp/articles/7de149f758baf23fcf79a836a45fd33cf478e2ca
no title


 [映画.com ニュース]「インデペンデンス・デイ」シリーズのローランド・エメリッヒ監督が、20年に及ぶリサーチを経て歴史的海戦を描いた「ミッドウェイ」の本編映像の一部が披露された。のちにミッドウェイ海戦へとつながる“真珠湾攻撃”のシーンを収めている。

【フォトギャラリー】「ミッドウェイ」迫力の場面写真

 本作は、未曾有の戦いとなった第2次世界大戦の中でも、歴史を左右するターニングポイントとなった激戦として知られるミッドウェイ海戦を、日米両軍に敬意を捧げて再現。ウッディ・ハレルソン、パトリック・ウィルソン、デニス・クエイド、アーロン・エッカート、豊川悦司、浅野忠信、國村隼ら実力派が結集した。

 歴史的真実が最先端の映像で再現され、“破壊王”の異名を持つエメリッヒ監督ならではの迫力の映像も注目されている本作。公開されたシーンは、ハワイ諸島・真珠湾に停泊していたアメリカ海軍の艦隊を、日本軍の艦上機部隊が急襲する場面から始まる。

 艦からほど遠い民家が揺れるほどの、銃爆撃の雨が降りしきる中、予期せぬ突然の攻撃に唖然とするアメリカ海軍。立て直そうとするも、日本軍の艦上機部隊になすすべもなく甚大な被害を受ける。大きな戦果を上げた日本と、大きな痛手を負ったアメリカ。この真珠湾攻撃をきっかけに、兵力と知力のすべてを注いだミッドウェイ海戦へと突入していく。



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1599621826/続きを読む

今でも動く80年前の日本の戦車【九五式軽戦車、タイ王国サラブリー陸軍騎兵学校】