【沖縄】今年も慰霊とはかけ離れた光景が繰り広げられた…戦没者追悼式に飛び交う怒声 「再び沖縄県民は死ぬんだぞ!」「安倍は帰れ!」



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/06/23(金) 22:50:42.27 ID:CAP_USER.net
 沖縄県糸満市の平和祈念公園で23日に開かれた沖縄全戦没者追悼式の会場周辺では、反米軍基地運動の活動家らが押しかけ、式典の最中も緊迫した空気が漂っていた。

 毎年のように続く「慰霊」とかけ離れた光景。先の大戦で家族や友人を亡くした遺族の「静かに慰霊をさせてほしい」という思いは、今年も心ない怒声に踏みにじられた。(今仲信博)

 「われわれは沖縄県民のためにやっているのに、それをぶちこわすのか!」

 「警察官が暴力をふるいますよ!」

 23日午前10時45分頃。追悼式会場の入り口近くの交差点で、反基地活動家の男女3人が場所の移動を促した沖縄県警の警察官に大声をあげていた。

 そのうちの一人で、県外から来たという初老の男性会社員は、さらに若い警察官に向かって「再び沖縄県民は死ぬんだぞ。世界中の戦争がここから始まるんだぞ!」と叫んだ。

 香川県から来た60代の無職男性は記者に対し「あの警察官は制服を着てソフトモードだけど、本質は戦闘服を着てるんだから」と意味不明の持論を展開した。

 炎天の下、交差点には約60人が集まった。「辺野古新基地NO」「すべての米軍基地を撤去せよ」などと書かれたプラカードを手にした参加者が多かったが、戦没者の慰霊とは関係のないものばかり。

 警察関係者などによると、会場外で抗議活動をしていたのは市民団体「沖縄平和市民連絡会」など複数の基地反対派の団体のメンバーだという。

 団体の盛り上がりがピークに達したのは午前11時5分頃。安倍晋三首相を乗せた車列が反対派の目前を通過したときだった。

 「安倍は帰れ!」

 「ふざけんな!」

 車列には割れんばかりのやじが飛んだ。

 この後、団体は別の会場で行われる反戦集会に向かった。

 一方で、追悼式は大きな混乱もなく進行した。来賓あいさつで安倍首相が紹介された際に会場の外から男性が何かを叫んだが、男性はすぐに係員らに制止された。

 先の大戦で親族3人を亡くした那覇市の70代の男性会社員は「沖縄の問題は複雑だから、抗議活動をする人たちの主張もよく分かる」と理解を示す。ただ、こうも付け加えた。

 「政治と慰霊は全くの別物だ。この場で言うことではない」

http://www.sankei.com/politics/news/170623/plt1706230057-n1.html
http://www.sankei.com/politics/news/170623/plt1706230057-n2.html

no title

no title

no title

no title

no title

沖縄全戦没者追悼式の会場周辺で、基地反対などのプラカードを掲げて抗議する活動家ら=23日、沖縄県糸満市(今仲信博撮影)


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1498225842/続きを読む

【政府】翁長知事が辺野古工事差し止め訴訟起こせば、翁長氏個人に損害賠償を行う 政府が検討「知事権限の乱用」



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 10:49:49.48 ID:CAP_USER.net
政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜(ぎ)野(の)湾(わん)市)の名護市辺野古移設で、同県の翁(お)長(なが)雄(たけ)志(し)知事が辺野古の工事差し止め訴訟を提起すれば応訴費用について翁長氏個人に損害賠償請求を行う検討に入ったことが17日、分かった。政府は翁長氏が埋め立て承認を撤回した場合に賠償を求める方針だが、加えて差し止め訴訟も提起の根拠が乏しく知事権限の乱用にあたると判断した。

 翁長氏は20日開会の県議会定例会に差し止め訴訟提起に関する議案を提出し、可決後に提訴する。

 漁業権が設定された海域で海底の岩石などを壊す作業には知事の岩礁破砕許可が必要。翁長氏は無許可工事は県漁業調整規則違反だとして提訴する。一方、政府は地元漁協から漁業権放棄の同意を取りつけているため許可は不要とする水産庁見解を示している。

 通常、差し止め訴訟は権利・利益が侵害されている場合に提起し、工事差し止めでは騒音や振動で身体に悪影響が生じているケースが多いが、辺野古の埋め立て工事で県が侵害された権利・利益はなく、請求根拠は乏しい。許可など行政上の義務履行を求める訴訟は裁判の審判対象にならないとの最高裁判決もある。

 そのため政府は、訴訟提起は知事権限の乱用として応訴費用の賠償を求める。

 翁長氏は埋め立て承認も撤回する構えで、政府は効力の停止を裁判所に申し立てるが、認められるまでの10日前後は工事が中断する。損害額は数億円に上り、その賠償請求の際に今回の応訴費用を加算する。


http://www.sankei.com/affairs/news/170618/afr1706180006-n1.html
2017.6.18 09:58


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1497750589/続きを読む

辺野古抗議の反基地議員「道路で抗議してたら心臓悪いのに排除されました。機動隊は暴力的だ!」



1: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [DE] 2017/06/05(月) 13:21:16.16 ID:OWgMFRVh0●.net BE:844481327-PLT(13345)?PLT(13345)

機動隊排除に市民「暴力的」 辺野古新基地建設
no title

機動隊に排除される大城敬人名護市議(手前中央)=5日午前、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前

【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、移設に反対する市民ら約50人が5日午前、米軍キャンプ・シュワブゲート前に座り込んだ。
コンクリートミキサー車を含む工事車両44台がゲート内に入った。
その際、機動隊約30人が市民らを排除した。

体の不調のため、機動隊による排除を避けようと道向かいに移動した市民も排除されたため、市民らから「越権だ」「機動隊が暴力的になっている」などの声が相次いだ。

午前9時35分に機動隊による排除が始まり、10時22分まで排除された市民らは行動の自由を制限された。

大城敬人名護市議(76)は排除を避けるために、自らの足でゲートの道向かいに移動した。
その後にマイクを握って「機動隊は排除をやめろ」と発言していると、機動隊に腕をつかまれ、また道向かいに引き戻され、排除された。

大城市議は「心臓が悪いからやめろ」と主張したが、機動隊3人によって移動させられた。
大城市議は2015年9月に機動隊から排除された際に意識を失った経験を持つ。
大城市議は「道向かいに移動したのに、何で排除されないといけないのか。こんなことは初めてだ。機動隊の排除が暴力的になっている」と抗議した。
「先週から機動隊の指揮棒を持つ人が変わったことで、排除もより強力になった。指揮棒を持つ人の裁量でこれだけ変わっていいのか」と疑問を呈した。

一方、海上では新基地建設に反対する市民らが抗議船3隻とカヌー12艇で抗議している。
午前9時37分、沖縄防衛局がシュワブ内の工事現場「K9護岸」で大浦湾への砕石投下の作業を開始した。
カヌー8艇が浮具(フロート)を乗り越えたため、海上保安庁によって一時拘束された。

http://ryukyushimpo.jp/news/entry-509007.html

大城敬人議員
http://imgur.com/V6Nvmng.jpg
http://imgur.com/sPTBNdL.jpg
no title


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1496636476/続きを読む

【国内】韓国人の反日感情を理由に、「共謀罪」廃案に反対 沖縄・豊見城市議



1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2017/06/04(日) 13:12:50.87 ID:CAP_USER.net
沖縄県の豊見城市議会(大城吉徳議長)は2日開会の定例会で、「共謀罪」法案の廃案を求める意見書案を8対14の賛成少数で否決した。
 
審議では新垣亜矢子市議が「韓国人の反日感情」などを理由に反対討論。「英国で起きたテロ、韓国の反日感情といった世界情勢を考えれば」などと述べ、意見書案に反対した。
 
発言について新垣市議は「近隣に反日感情の強い国があると指摘しただけで、テロにつながると言った訳ではない」と話している。
 
共謀罪法案に賛成と話す市議の一人は、「韓国人の反日感情が法整備の理由ではない。他民族や近隣諸国を敵視するような考えで、法が成立するようなことは避けたい」と述べた。
 
意見書案は「何が犯罪になるかは捜査機関の裁量にゆだねられ、拡大解釈で個人の思想や内心までが処罰対象となりかねない」と指摘していた。


2017年6月4日 12:56
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/100605


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1496549570/続きを読む

辺野古でプロ土人同士が激突しババアがすっ転んで重傷 → 何故か機動隊のせいにされる



1: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [EU] 2017/06/03(土) 13:00:47.74 ID:T3oWNtUR0●.net BE:844481327-PLT(13345)?PLT(13345)

沖縄県警名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前で2日、新基地建設に反対し座り込みに参加していた女性(64)=東京都=が、抗議中のもみ合いの中で転倒し、名護市内の病院に救急搬送された。
女性は意識はあるものの、頭蓋骨骨折、急性硬膜下血腫、脳挫傷などのけがと診断された。
集中治療室にいて、最短でも1週間の入院が必要という。

現場にいた市民によると、午前10時過ぎ、工事用車両がゲートを通過する際に機動隊員が女性を排除。その後、同じように機動隊員に運ばれてきた男性に押される形で女性は転倒、頭部を地面にぶつけ出血した。そばにいた別の女性によると「ゴンという大きな鈍い音がした」という。

女性は夫婦で5月28日に来沖。3日に帰路につく予定だった。

県警警備二課は「警察官は男性を押していない。男性が飛び出し、女性を倒した」として、問題はないとの認識を示した。

同日ゲート前に座り込んでいた別の男性も機動隊員に排除された際に気分が悪くなり、救急搬送された。

工事用車両の搬入は約130台が確認された。100台を超えたのは初めて。
シュワブ沿岸では午前8時半から午後5時ごろまで護岸工事が続いた。クレーン作業車が砕石を海中に投下し、護岸を沖合に延ばした。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/100513
no title

no title


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1496462447/続きを読む

「中国が攻めてくる訳がない。安倍が仮想敵国作って脅威煽ってる」 石垣島で自衛隊配備反対派が会合



1: NGNG?PLT(13345).net

県議会与党、社民・社大・結連合会派の比嘉京子会派長や次呂久成崇氏らメンバー9人が10日、自衛隊配備計画について候補地周辺4地区の住民らと川原公民館で意見交換、平得大俣東の候補地を視察した。
住民らは「米軍であれ自衛隊であれ、これ以上沖縄に基地を造らせないで」と訴えた。

意見交換には住民や反対運動を展開する団体の代表らが出席。
「ここは食糧の生産基地。農業振興に使うべきだ」「ミサイル基地が近くにあると人が住まなくなる」「配備して戦争がなくなるなら多少は我慢するが、余計に争いの元になる」
「抑止力になるわけがない。戦争のリスクだけが高まる」「民意が通らず、なし崩しに進められる」などと声を上げた。

30代の住民は「若い世代にとって戦争と言われても実感がない。自衛隊が配備されて、にらみ合いが起きた場合、観光客が来なくなるのではないかという懸念がある。経済的に大打撃を受けるというアプローチが若者には響くのではないか」と語った。

比嘉会派長は「米国とも日本とも経済的結びつきのある中国が攻めてくるのか。仮想敵国をつくり、脅威をあおって軍備強化を図るのが安倍政権の戦略だ」と批判。
崎山嗣幸幹事長は「知事を含めて配備反対を求めていかなければならないと思う」と述べた。

http://www.y-mainichi.co.jp/news/31606/
no title


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494499022/続きを読む

琉球新報「トマホークミサイル導入検討、専守防衛逸脱する愚行だ!軍拡競争を加速させるな!」



1: NGNG?PLT(13345).net

政府が巡航ミサイルの将来的な導入に向けた本格検討に入った。
北朝鮮による弾道ミサイル発射や核開発継続を受け、日米同盟の対処能力を強化することが狙いだ。

巡航ミサイル導入は発射拠点を破壊する「敵基地攻撃能力」の保有を意味する。
従来の「専守防衛」という日本の防衛の基本方針から逸脱する懸念がある。先制攻撃も可能となり、憲法違反の武力行使を誘発させる恐れがある。
巡航ミサイルの導入は現憲法で定めた「交戦権否認」を否定する極めて危険な一歩であり、愚行だと言うほかない。

巡航ミサイルは主にジェットエンジンで推進する無人誘導の有翼ミサイルで、艦艇などから発射する。
低空飛行のためレーダーに捕捉されにくく、射程が長く精度が高いことから、相手国の重要施設への攻撃に使用される。

日本が導入を検討している米国のトマホークは最大射程が約2500キロだ。米国は今年4月、地中海東部の駆逐艦から数百キロ離れたシリアの空軍基地を攻撃している。
相手国国土の壊滅的な破壊のためにのみ用いられる攻撃的兵器だ。

日本はこれまで攻撃的兵器の保有は直ちに自衛のための必要最小限度の範囲を超えることになるとして「いかなる場合にも許されない」(防衛省)との立場に立っていた。
それなのに、なぜ導入を検討できるのか。政府自ら前言を撤回するのなら、国民に納得できる説明をする必要がある。
敵基地攻撃について政府は憲法上も可能だとしてきたが、中国や韓国など周辺諸国への配慮から「政治判断」として、その能力を保有してこなかった。

安倍晋三首相は1月の衆院予算委員会で敵基地攻撃について「他に手段がないと認められるものに限り、敵の基地をたたくことも自衛の範囲に含まれる」と答弁した。
これは1956年の鳩山一郎内閣による「座して自滅を持つべしというのが憲法の趣旨とは考えられない。自衛の範囲だ」とし「他に手段がない」場合に限り許されるとの見解を踏襲したものだ。

だが敵基地攻撃能力の保有に突き進めば軍拡競争を加速させてしまう。
かえって敵基地攻撃以外に「他に手段がない」状況をつくり出すだけだ。巡航ミサイル導入を検討するのではなく、日本は平和国家としての歩みを踏襲し、平和的解決に努力を傾けるべきだ。

http://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-491190.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494113446/続きを読む



アクセスランキング