FC2ブログ

【国際】 中国が主導するAIIB、「日本が加盟する『機』はすでに熟した」=中国識者



1: 荒波φ ★ 2020/01/23(木) 14:48:18.55 ID:CAP_USER
中国が主導して設立したアジアインフラ投資銀行(AIIB)の加盟国が増加を続けるなか、日本や米国は今なお加盟を見送っている。これはAIIBが日米が主導するアジア開発銀行(ADB)の競合だからという見方が一般的だ。

中国メディアの環球網は22日、南開大学の日本研究院副院長の張玉来氏による見解として「日本がAIIBに加盟するうえでの『機』はすでに熟している」と主張する記事を掲載した。

記事は、AIIBが日本の政府系金融機関に勤務していた日本人男性を採用したことが大きな注目を集め、「日本がAIIB加盟に向けた準備を進めているのではないか」という予測もみられたと紹介しつつ、「日本がAIIBに加盟するための機はすでに熟している」と主張した。

さらに、AIIBは運営が始まってすでに4年が経過し、日本が過去にAIIBに対して提起した運営の透明性や債務の罠、環境保護などの「懸念」は「杞憂」であったことはすでに証明されたと主張。

まず組織運営については「5人の副総裁はいずれも中国以外の国から選ばれ、12人の理事による理事会は100を超える加盟国の意見が反映される」と主張。理事のうち9人はアジアから選ばれ、3人はアジア以外から選出されるとし、AIIBの最大出資国である中国が独断もしくは主導して運営される局面は見られていないと主張した。

また、AIIBは「反腐敗」のもとで「政治的干渉を受けない」ことを基本原則としており、持続可能な融資を確保し、融資先が債務の罠に陥ることを徹底して避けていると主張。

そして、環境保護についても、AIIBは「投資が社会や環境に与える影響を極めて重要視している」とし、つまりAIIBはEnvironment(環境)、Social(社会)、Governance(統治)という「ESG」の理念を重要視していると論じた。

続けて記事は、アジアにはインフラ投資における莫大なニーズがあり、AIIBは世界銀行やADBなどとの協業を重視しているとし、アジアのインフラ建設をともに推進することは「日本と中国の新しい協力の舞台となり得ることだ」と主張。

アジアのインフラ建設をともに推進することは日中の国益のみならず、投資先の利益にも合致することであると主張した。


2020-01-23 10:12
http://news.searchina.net/id/1686262?page=1



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1579758498/続きを読む

AIIB、日本政府系金融機関に勤務してた日本人男性採用 ノウハウ吸収へ



1: ハイイロネコ(東京都) [CN] 2020/01/14(火) 06:42:22.79 ID:Ot/x8imj0 BE:448218991-PLT(13145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
中国が設立を主導した国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)が、日本の政府系金融機関に勤務していた
日本人男性を今月から採用したことが13日、分かった。国際融資の経験が豊富な男性からノウハウを吸収することを
期待しているとみられる。複数の国際金融筋が明らかにした。AIIBには、米国と同様に加盟を見送っている日本から
積極的に人材登用することで、将来的な加盟に向けて布石を打つ狙いもありそうだ。

 採用された日本人男性は国際協力銀行(JBIC)でアジアの新興国のインフラ事業に融資する業務に携わり、
昨年に中途退職。北京のAIIB本部で年明けから勤務を始めた。
https://this.kiji.is/589562665638937697?c=39546741839462401



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1578951742/続きを読む

【死なば諸共】AIIB総裁「日本の銀行はうちに金を出せ」



1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [CN] 2019/05/21(火) 09:27:03.96 ID:lB0DZJbC0● BE:448218991-PLT(14145)
sssp://img.5ch.net/ico/aroeri-na32.gif
中国が主導するAIIB=アジアインフラ投資銀行の金立群総裁が、20日、東京都内で記者会見し、
アジアにおける質の高いインフラ整備を目指し、日本の金融機関との協調融資を増やしていくことに
意欲を示しました。

東京で開かれるイベントのために来日しているAIIBの金立群総裁は、20日、日本記者クラブで
会見しました。

冒頭で金総裁は、2015年に中国が主導して設立されたAIIBが、これまでに、アジアの15か国で35件、
総額でおよそ80億ドルの投資案件を進めていることや、加盟する国と地域が、大幅に増えて
97となっていることなどに触れ、AIIBに対する懐疑的な見方は少なくなっていると強調しました。

そして、アジアのインフラ開発には、毎年1兆7000億ドルの資金が必要とされているにもかかわらず、
国際的な金融機関からの拠出はその2.5%にとどまっていると指摘しました。

そのうえで、「日本は、アジアのインフラ投資で幅広い経験を有し、質の高さに定評がある」と述べ
信頼性の高いADBや、日本の金融機関などとの協調融資を増やしていくことに意欲を示しました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190520/k10011922791000.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1558398423/続きを読む