【韓国】朴大統領「パンギムン氏、国連事務総長として多くの成果を収めた」



1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/01/18(水) 20:48:13.44 ID:CAP_USER.net
マネートゥデイ 2017-01-16 11:04

帰国して大統領選の歩みを本格化したパン・ギムン前国連事務総長が16日、
朴槿恵大統領に電話をかけ帰国の挨拶をした。朴大統領は「これまで多くの成果を収めた」と徳談した。

パン前総長はこの日午前10時、朴大統領に電話をかけ、気候協約批准と持続可能な開発目標の履行など
国連の主要な業務に協力してくれたことに感謝の意を表し、それとともに「直接訪ねて挨拶をささげたいが
状況がこのようなって残念に思う」とし「どうぞよく対処されてほしい」と述べた。

朴大統領はこれに対し、「帰国後に忙しい日程を消化していると聞いた」とし
「国連事務総長として10年間ご苦労様、これまで多くの成果を収めた」と述べた。
以下略

http://news.nate.com/view/20170116n13212


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1484740093/続きを読む

【国際】潘基文氏、国連で離任あいさつ 英エコノミスト「歴代最悪の事務総長の一人」



1: もろ禿HINE! ★@\(^o^)/ 2017/01/01(日) 20:22:09.85 ID:CAP_USER.net
潘基文氏、国連で離任あいさつ 英エコノミスト「歴代最悪の事務総長の一人」 (産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161231-00000554-san-kr


 【ニューヨーク支局】国連の潘基文事務総長は12月30日、米ニューヨークの国連本部で職員らを前にお別れのあいさつをし、国連を後にした。潘氏は31日に2期10年の任期を終えて退任。韓国次期大統領選の有力候補として名前が挙がっており、退任後の動向が注目される。

 潘氏は、多くの職員や各国の国連大使らを前にスピーチし、その中で「シンデレラのような気分だ。明日の夜12時にはすべてが変わる」と冗談を飛ばした。

 韓国出身の潘氏は、外交通商相を経て2007年に国連トップの事務総長に就任。地球温暖化対策に積極的に取り組む姿勢が評価される一方、存在感の欠如から欧米紙などに「透明人間」と揶揄されたり、紛争解決への指導力不足が指摘されたり、した。

 また、安保理常任理事国の中国への肩入れや、「自国優先」「縁故主義」の姿勢が批判されるなど、国連のトップとして中立性が問われる場面も目立った。英エコノミストは、潘氏を「歴代最悪の事務総長の一人」と痛烈に批判した。

 一方、潘氏は、17年上半期に前倒しで実施が見込まれる韓国大統領選に出馬の意欲を見せている。16年12月第3週時点の次期大統領選の支持率は、潘氏が23・3%でトップ。

 職業外交官の潘氏には既成政治のイメージがない。国民を顧みず党利党略や権益ばかりを考える「汝矣島(ヨイド)政治」に嫌気が差した国民の支持を集めている。


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1483269729/続きを読む

【中国】中国、常任理事国入り改めて意欲の安倍首相をけん制「第2次世界大戦の成果を尊重、承認するのが先」―中国メディア



1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2016/12/20(火) 18:44:28.26 ID:CAP_USER.net
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161220/Recordchina_20161220040.html

2016年12月19日、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は、安倍晋三首相が国連安全保障理事会の常任理事国入りへの意欲を改めて表明したことについて、「第2次世界大戦の成果を尊重、承認するのが先だ」と述べた。観察者網が伝えた。

日本メディアによると、安倍首相は19日、東京都内の国連大学で開かれた国連加盟60周年記念行事での祝辞で、「国連改革が重要だ。日本は改革の実現に尽力し、常任理事国として一層の責任を果たしていく」と述べ、常任理事国入りに改めて意欲を示した。

華報道官は、安倍首相の発言について「国連は第2次世界大戦の勝利の果実であり、世界の反ファシズム戦争勝利の重要な成果だ。安保理メンバーになる国家はまず第2次世界大戦の成果を尊重、承認しなければならない」と述べた。



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1482227068/続きを読む

【国際】潘基文氏「シリア対応は失敗だった。なぜこれほどの時間がかかっても解決されていないのだろうか」



1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/12/17(土) 20:31:54.06 ID:CAP_USER.net
潘基文氏 シリア対応は「失敗」と後悔の念

日本テレビ系(NNN) 12/17(土) 9:08配信

 年内で退任する国連の潘基文事務総長が記者会見し、内戦が続くシリア問題への国連の対応について「失敗だった」と後悔の念を述べた。

 潘基文事務総長「(シリアの)アレッポは今では地獄同様だ。なぜこれほどの時間がかかっても解決されていないのだろうか」

 内戦が続くシリア問題をめぐっては国連の安全保障理事会の場でアメリカとロシアが激しく対立してきた。こうした事態を踏まえ、潘基文事務総長は「シリア国民を助ける事に失敗した」と認めた上で解決のためには「国際社会の団結と情熱が足りない」と訴えた。

 また、出馬が取りざたされる韓国の大統領選挙については「年が明けたら多くの人と相談したい」と明言を避けながら「韓国のために何ができるかを真剣に考えたい」と述べた。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20161217-00000008-nnn-int


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1481974314/続きを読む

【朗報】国連「原発事故はガン発生率に影響ない」原発脳ザマァwwwwwwwwwwwww



1: フライングニールキック(catv?)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/16(水) 21:08:58.20 ID:KQRlV3w60.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/sii_2ch.gif
国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR)のマルコム・クリック事務局長は15日、外務省を訪れ、
東京電力福島第1原発事故の被ばく影響に関連する論文の調査結果をまとめた2016年白書を武井俊輔政務官に提出した。
15年末までに公表された文献を精査し「がんの発生率に影響はない」とする委員会の従来見解に変更はないと結論付けた。

白書によると、福島原発事故による大気や海洋、河川への放射性物質の放出量や食品への影響のほか、住民の被ばく線量の評価に関する学術論文などの内容を点検。
委員会が13年に発表した「福島事故による被ばくを原因とするがん患者の増加は考えられない」とする報告書の主要な知見に影響を及ぼすものはなかったとした。

 また、事故当時18歳以下の全県民を対象にした甲状腺検査について13年報告書は、チェルノブイリ原発事故と比べ、被ばく線量が大幅に低いことや環境省が実施した他県との比較調査などを踏まえ、
「(甲状腺がんなどの相当量の発生は)網羅的な検診の結果で事故による影響ではないだろう」と指摘。
今回の報告書では、「13年報告書の知見は、新規情報の影響をほとんど受けていない」と結論付けた。

がん発生率「原発事故の影響なし」 国連委、従来の見解を維持
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20161116-127485.php


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479298138/続きを読む

【韓国社説】次の国連事務総長は、10年間で注目すべき成果を出した潘氏の意志を継ぐべき



1: 腕ひしぎ十字固め(東京都)@\(^o^)/ [FI] 2016/10/08(土) 10:18:34.02 ID:m4Jwynzq0?2BP(1500)
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
国連の新しい事務総長にアントニオ・グテレス元ポルトガル首相が選ばれたことは色々な面で歓迎すべきことだ。
10年間、国連難民機構(UNHCR)を引っ張ってきたグテレス元首相は自他が認める「難民の専門家」だ。シリア内戦などでいつも以上に
難民問題が深刻な現時点ではこのような競輪が十分活用されなければならない。グテレス元首相はまた、ぜい肉を落とす意味合いで
UNHCRの職員数を3分の1に減らす手腕を発揮した。国連を効率的な組織に脱皮させるべきだという要求が沸く状況で改革を
押し進めるものと期待される。潘基文事務総長と10年間協力し合ってきたことも大きな資産だ。
国連の長期目標は1人の事務総長任期中に終わらない。前任者が描いていた青写真を後任総長が誠実に遂行してこそ成功する。
潘基文総長も前任者のコフィ・アナン氏が設計した「新千年開発目標(MDG)」を着実に推進することによって
貧困退治などで注目すべき成果を出した。
グテレス元首相も潘基文総長が準備した「持続可能開発目標(SDG)」を成功的に遂行しなければならないだろう。
3カ月も残っていない潘事務総長には後任者にうまく業務引き継ぎする責任がある。大統領選挙に出馬しても国内政治に気をとられて業務を
疎かにしては絶対にならない。立派な国連首長として記憶されるためには最後まで最善を尽くす姿を見せるべきだ。
韓国政府もグテレス元首相が導く国連を精一杯手助けするべきだ。残念ながら政府は国連分担金さえ適時に出さずに潘事務総長に恥ずかしい思いを
させたことがあったという。世界11位の経済規模を誇る韓国だ。今や国際社会の責任ある一員として国連を全面的に支援する義務がある。
国連の助けで北の侵略をはね除け、急速に成長した韓国ではないか。
潘事務総長が離れるからと言って、決して国連に対する関心と支援を終えてはならない。

http://japanese.joins.com/article/496/221496.html
http://editorial.x-winz.net/ed-28521


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1475889514/続きを読む

【古森義久】潘基文氏は国連で何をしたのか 縁故と偏向 日本への敵意や反感



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/09/18(日) 18:53:48.80 ID:CAP_USER.net
潘基文国連事務総長への採点評価での第二の基準は公正さ、である。国連事務総長としての中立性の有無ともいえよう。

だが潘氏は総長としてのネポティズム(縁故主義)をも批判されてきた。まず潘氏が事務総長になってすぐ自分のスタッフや国連事務局高官として韓国人を大幅に優先して採用したことが指摘された。
国連事務局での韓国のプレゼンスは従来それほど大きくはなく、潘氏の就任半年前の時点では韓国人の職員は54人だった。

ところが潘氏が就任して一年ほどの間にその韓国人の数は66人へと急増した。一年ほどで20%の増加だった。
新しい国連事務総長が登場すれば、その総長を輔佐する新しい補佐官などを総長の出身国から採用することは奇異ではないが、韓国の場合の二割増加というのは規範を越えていた。

しかも新採用された韓国人たちは外務省など本国政府の高官が多く、国連事務局で新配置されたポストも枢要な地位が目立った。だから潘氏の過剰な縁故採用という批判も起きたわけだ。
その結果、ニューヨークの国連本部ビル38階にある事務総長のオフィスは上級顧問職などに韓国政府出身者がとくに増えたうえ、オフィスの壁にはサムスン電子製の薄型テレビがびっしりと並べられたという。

潘総長に対しては自分の義理の息子を不当に抜擢したという批判も浮上した。2013年末に潘氏の次女の夫、インド人のシダース・チャッタジー氏がケニヤのナイロビの国連人口基金のトップに任じられたことがその焦点だった。
インドの軍人出身のチャッタジ―氏はそれまで国連とは直接の関係のない国際赤十字の本部に勤めていた。この抜擢ぶりが国連事務局内部で「縁故主義」の非難を招いたのだ。

その他、潘事務総長の実績を「公正か、中立か」でみても、とにかく厳しい評価だけが浮かびあがる。
前述のノルウェーの国連次席大使だったジュール氏のメモも、新総長が国連の本来の中立という基準を破り、偏向のあらわな特徴を総括して、次のように述べていた。

「潘総長は最近のダルフール、ソマリア、パキスタン、ジンバブエ、コンゴなどでの危機に対しても気概のない、魅力もない対応しかできなかった。これら各地での紛争では国連はまったくリーダーシップを発揮できなかった。
また潘氏は国連安保理の常任理事国に対してきわめて弱い対応しかとれていない。ところが中小国家だけの争いでは猛然と高圧的な言辞をときおり吐いたりする」

さらにより具体的に潘氏への批判の実例を列記してみよう。米欧の外交専門家たちの多くは以下の諸点を潘総長の「制度的あるいは個人的な失敗」として指摘する。

・スリランカで2009年に内戦が起き、政府側が反政府勢力を多数、殺したが、国連はその現実を熟知していても、なにもしなかった。その大規模な虐殺の黙視を非難されても潘総長はなにも答えていない。

・ハイチで2010年に広がったコレラで現地住民9000人が死に、その伝染病の発生源は国連平和維持部隊の要員だと確認されたにもかかわらず、最高責任者としての潘総長はなんの責任を示す言動をとらなかった。

・国連が中央アフリカ共和国へ送った平和維持部隊が2014年からの2年ほどの間に地元女性への性的暴力を続け、現地住民の恐怖を広めたが、責任者の潘総長は明確な対応策をとらなかった。

・アフリカのエボラ出血熱は2014年に始まり、明らかに国連機関の対応の失態で拡大が増した。だが潘総長はその失態を認めず、伝染の拡大への新たな対応策を示さなかった。

・潘総長は2016年1月にパレスチナのテロ組織の殺傷行為に理解を示す言明をして、イスラエルの激しい反発を招き、現地の紛争を結果的にあおった。 

・潘総長は同年3月、モロッコ政府が実効支配する西サハラ地区への訪問でその支配を「占領」と評し、モロッコを攻撃する「ポリサリオ戦線」の主張を全面的に認める形となった。調停役の国連代表としては失態だった。

http://japan-indepth.jp/?p=30190
http://japan-indepth.jp/?p=30236

>>2以降に続く)


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1474192428/続きを読む



アクセスランキング