韓国、文在寅・トランプ・金正恩のノーベル平和賞受賞を推進する委員会が1日で解散



1: 名無しさん@涙目です。 2018/03/21(水) 01:54:01.62 ID:y7fhvEvO0.net BE:754019341-PLT(12345)
http://img.5ch.net/ico/nida.gif
文大統領のノーベル賞推進団体、批判高まり発表翌日に解散
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/20/2018032003121.html

 韓国の市民団体が19日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領をノーベル平和賞に推薦するための委員会を発足させる動きを見せたことに関連し、韓国大統領府(青瓦台)は20日、
「望ましくない」との立場を示した。世論の批判も高まったことから、同団体は推進委の発足を中止し、団体の解散を宣言した。

 青瓦台は同20日、2度にわたり対応に当たった。午前中には青瓦台関係者が取材陣に対し
「(市民団体が文大統領のノーベル平和賞受賞を推進していることは)われわれとは何の関係もない」と明言した。
しかし青瓦台ウェブサイトの請願用掲示板に「権力に迎合するこのような団体は解散させるべき」との書き込みが寄せられるなど、騒動は収まらなかった。
すると同日午後には金宜謙(キム・ウィギョム)報道官が火消しに乗り出した。
金報道官は論評で「ある団体が(文大統領のノーベル平和賞受賞)推進委を設立するとのことだが、文大統領とは何ら関係がなく、
このような動き自体が望ましくないこと」と述べた。さらに「似たようなことが繰り返されないようにすべき」と話した。

 市民団体「大韓民国職能フォーラム」は19日、文在寅大統領をノーベル平和賞に推薦するための委員会を発足させるとして、20日に発起人集会を開催すると発表していた。
文大統領が平昌五輪を通じて南北の和解ムードと韓半島(朝鮮半島)の平和ムードをつくり出したというわけだ。
この団体には昨年の大統領選挙の際に文氏の選挙陣営で活動したメンバーも参加していたという。

 同フォーラムは批判の高まりを受け、20日に緊急運営委員会を開催して推進委の発足を中止するとともに、団体の解散を決めた。
団体の関係者は本紙の電話取材に対し「良い趣旨で始めたことだったが、あまりにも意図がゆがめられてしまったため、解散を決めた」と話した。

関連 韓国、文在寅・トランプ・金正恩のノーベル平和賞受賞を推進する委員会を結成
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1521445864/



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521564841/続きを読む

韓国、文在寅・トランプ・金正恩のノーベル平和賞受賞を推進する委員会を結成



1: 名無しさん@涙目です。 2018/03/19(月) 16:51:04.19 ID:jPPMqOWm0.net BE:478973293-2BP(1501)
http://img.5ch.net/ico/imanouchi_2.gif
文大統領ノーベル平和賞推進委員会結成へ…トランプ・金正恩の共同受賞も推進
 文在寅(ムン・ジェイン)大統領のノーベル平和賞受賞を推進する委員会が結成される。
 大韓民国職能フォーラムは20日、職能フォーラムの会長団など30人余りが集まり「文
在寅大統領ノーベル平和賞推進委員会」を結成し、初めての発起人会議を行う予定だと1
9日、明らかにした。彼らは5月8日、国会憲政記念館で文大統領就任1周年記念式を開
催して推進委創立大会を行う。
 彼らは文在寅大統領をノーベル平和賞に推薦する一方、ドナルド・トランプ米大統領、
金正恩(キム・ジョンウン)北朝鮮労働党委員長など3人共同受賞も共に推進すると明ら
かにした。
 職能フォーラムのチョン・イルボン常任会長は「北朝鮮の核実験と弾道ミサイル発射で
差し迫った韓半島(朝鮮半島)の戦争危機を文大統領の積極的な仲裁で対話局面に導いた」
とし「平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック(五輪)の成功的開催と女子アイスホッケ
ー合同チームの成功で人類の普遍的価値である平和の大切さを全世界に発信した」として
推進委発足の趣旨を説明した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180319-00000038-cnippou-kr



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1521445864/続きを読む

【国際】文大統領にノーベル平和賞の可能性



1: 動物園φ ★ 2018/03/09(金) 21:49:16.77 ID:CAP_USER.net
(機械翻訳)

BBC "文大統領、世紀の政治ギャンブルで正直ブローカーの役割」

ニューシス 原文 記事転送2018-03-09 16:05

「キム・ジョンウン、最も洗練されたプロパガンダ技術のマスター」

「ムン・ジェイン、核戦争の危険減らせばノーベル平和賞受賞することができる」

「トランプ、歴代米国大統領の外交の歩みの中で最も大胆」

【ソウル=ニューシス】オエリ記者=ドナルド・トランプ米国大統領とキム・ジョンウン北朝鮮労働党書記が首脳会談を行うことに事実上合意したことについて、英BBCは21世紀の政治ギャンブル(The political gamble of the 21st Century)」と評価した。

BBCは「最も驚くべき政治ギャンブルで最も重要なプレーヤーはキム・ジョンウン」とし、キム・ジョンウンが年初新年辞を通じて韓国に平昌五輪参加と対話を提案した時から、「最も洗練されたプロパガンダの技術をマスターしたことを明らかにした」と評価した。

また、過去1年間、米国と北朝鮮がこれまでになく、互いに明示的な敵意を表わした後、キム・ジョンウンがトランプを会話に招待して、核実験凍結の意志を表わしたのは、「本当に外交絶妙な行動(the real diplomatic masterstroke)」と指摘した。

BBCはムン・ジェイン大統領の膜厚外交力も注目した。

ジョン少ないリー延世大教授はBBCに「人々は、北朝鮮の魅力攻勢とのために、実際に私は韓国の魅力攻勢だと思う。これ(北米対話)は、明らかにムン・ジェイン大統領が望んだ」と述べた。

BBCはムン・ジェイン大統領が対北朝鮮トゥクサダンを北朝鮮に送るとき、キム・ジョンウンから必ず非核化という言葉を引き出さなければならないということを知っていたとし、ドア大統領がトランプ大統領とキム・ジョンウンを同時に扱うおり、正直ブローカーの役割」をしようとしたと評価した。

ムン・ジェイン大統領がブローカーの役割のために、慎重に言葉を選び、自分が持ってカードを胸の中によく隠したのである。 ドア大統領が平昌五輪開催前の南北対話を開始し、トランプ大統領にボールを回して、対北朝鮮制裁を続けると言うなどトランプと共和党の懸念を払拭させたBBCは分析した。

トランプ大統領がキム・ジョンウンの会おうという提案を受け入れたことについては「米国の指導者たちの外交関係において行った最も大胆な歴史的な行動の一つになるだろう」と指摘した。 また、「もし、この賭けが通じたら、トランプは、北朝鮮問題を解決した大統領にボールを取ることができている」と分析した。

BBCは「中をわかりにくい共産国家(北朝鮮)との対話は、巨大なギャンブル」とし、「もしムン・ジェイン大統領が核戦争の脅威を減らした場合、ノーベル平和賞を獲得することもある」と指摘した。

しかし、もし失敗した場合には崖っぷちに戻って行くことになるだろうという懸念も提起した。

http://news.nate.com/view/20180309n25406?mid=n1006



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1520599756/続きを読む

【平昌五輪】「南北チームにノーベル平和賞」発言 IOC「考えたことない」



1: たんぽぽ ★ 2018/02/13(火) 15:26:41.11 ID:CAP_USER.net
http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2018/02/13/0900000000AJP20180213002600882.HTML
2018/02/13 15:18

【平昌聯合ニュース】平昌冬季五輪のアイスホッケー女子に出場した韓国と北朝鮮の合同チームがノーベル平和賞を受賞すべきだと米国の国際オリンピック委員会(IOC)委員が発言したことに対し、IOCのアダムス広報部長は13日、五輪メインプレスセンター(MPC)で行った会見で、IOCとして考えたことはないと伝えた。

 この委員はアンジェラ・ルッジェーロ氏で、この日の会見で自身の主張を繰り返した。ルッジェーロ氏は私見と断りつつ「南北合同チームは非常に象徴的な意味を持っており、五輪が特定の競技、特定の国よりもっと大きな意味があることを示すものだ」と述べ、ノーベル平和賞は「選手たちに賛辞を贈る一つの方法になるだろう」と強調した。



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1518503201/続きを読む

ICAN、安倍首相の外遊日程に完全に被せて来日し、共産小池とともに「会えない」と喚く 悪質すぎだろ…



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:886559449-PLT(22000).net
http://img.2ch.net/ico/8toushinnomonar32.gif
ピースボート「安倍はICAN事務局長と会わない!」←首相の東欧歴訪中を狙って面会を求めるヤラセ!

核兵器廃絶を目指す国際キャンペーン「ICAN」のベアトリス・フィン事務局長が、
内閣府を通じて安倍首相との面会を求めたが外務省から断られていたことが批判の的となっている。
菅官房長官は面会を断った理由について会見で「日程の都合」としたが、それもそのはずで安倍首相は
12日から17日の日程で東欧を歴訪している。

しかもICANが面会を申し入れたのは、この外遊日程が発表されたよりずっと後であることから”断った”という
既成事実を作るための申し入れであった可能性が高い。さらに、この“断った”とマスコミに吹聴したのは
「ピースボート」というフルコンボが成立している。

左翼お得意の日本落としの手口
こうやって意図的に日本を貶めようと画策するような団体とは関わらない方が良いのだが、マ
スコミもこういうネタにすぐ飛びついて、それが大嘘であることを知りながらピースボートの言い分を垂れ流す。
そしてそれに釣られる志葉玲・・・

志葉 玲
月曜日
政治に疎そうな芸能人達とは会う癖に、昨年のノーベル平和賞受賞団体の事務局長には合わない、
安倍首相。わかりやすぎるくらい、ダメダメなジャパン。
ICAN事務局長のベアトリス・フィンさん、明日都内で講演するので、志葉も取材に行ってきます。


首相の東欧外遊予定が12日から18日であることは昨年の12月13日に読売新聞が報じ、
他社もその後に追随して同内容を報じている。
首相、1月にバルト3国と東欧歴訪へ
これに対してICANが年末に内閣府に伝えた事務局長の来日予定が12日から18日であり、
読売新聞が伝えた当初の首相外遊日程と完全一致している。どう考えても調整不可能な日程と分かっていながら
首相に面会を求めている。ICANは首相に会いたかったのではなく“断られた”という既成事実を作って
日本政府を批判したかっただけなのだ。
最終的に安倍首相は17日に帰国することになったが、わざわざ外遊日程に合わせて面会を求めるような
非常識団体を政府が相手にするはずもなかろうに。
http://ksl-live.com/blog13171



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1516144552/続きを読む

【中央日報】ノーベル賞の便りに韓国の科学技術界は一喜一憂しながら結局がっかりするという姿が日常化された



1: ねこ名無し ★ 2017/10/17(火) 03:11:14.38 ID:CAP_USER.net
毎年10月になると北欧発ノーベル賞の便りに韓国の科学技術界は一喜一憂しながら結局がっかりするという姿が日常化された。まだ結果だけにこだわり、深層分析や一貫性のある対応を疎かにしながら毎年同じ論争を繰り返している。

この症状は世界大学ランキングの発表と第4次産業革命の熱気にも同じように表れている。ことし6月と9月には英国大学評価機関「QS(クアクアレリ・シモンズ社)」と「THE(タイムズ・ハイヤー・エデュケーション社)」がそれぞれ世界大学ランキングを発表した。

順位の上がり下がりに悲喜が交錯し、賞罰と対策が後手に回ることはもちろん、新入生の募集から就職まで影響を及ぼすのに「好む人は誰もいないが、皆が点検するから」という。学界・卒業生の評判度、教授の実績、外国人教授・学生比率などはずっと後に効果が出て、相当な予算を伴う指標なので大学関係者の悩みは普通ではない。

一方、2016年から吹き始めた第4次産業革命の波が、ことしに入ってからはほぼすべての国民のウワサにのぼるほど大流行している。21世紀に入り、融合革新・グリーン成長・創造経済につながる5年単位の興亡盛衰を経験したわれわれにとっては第4次産業革命のブームに不安を感じているのは事実だ。

融合-グリーン-創造-第4次産業革命が大きな骨格と一貫性を維持しながら試行錯誤を通じて完成度を高めてきたとすれば、むしろ信頼と安堵感を感じただろう。だが、誰かが大きな旗を掲げて、皆が集まっていって、競争過熱によってシステムが不安定になり、資源配分まで歪められるようになると、また新しい旗が掲げられる、というような様相が繰り返されてきた。

ノーベル賞・大学ランキング・第4次産業革命で見たように、結果だけに執着する短見とその場だけの性質を克服し、20年以上にわたるたゆまぬ努力で新たな機会を作るためには果たして何を最優先するべきだろうか。教育-研究-事業化の好循環の頂点にある教育・科学技術を中心に解決の糸口を探ってみようと思う。

第一に、対価を待つ前に、新人と異邦人が早期に適応して、永く安定的に研究できる雰囲気を作らなければならない。大学の有望な若手教授が離れる比率が増えているが、ソウル大は最近5年間、以前の期間と比べて離職率が46%も増加した。国家プログラムで招へいした海外大学者は最小契約期間だけを満了してほぼ全員が離れるという。

新進研究員・教授や新入生の適応は、若い木を植えることと同じで、水・日光・肥料を適時に適切に与えなければならない。厳格な基準と過程を経て選抜する一方、それに相応する地位と処遇を提供し、組織内で尊敬される大家が直接メンターリングと教育を主管し、資源配分でも差別がないように保障しなければならない。

新人の1年間はその後の10年以上に該当することはもちろん、未来を開く大切な種をこの時期に内包している場合が多い。新人が自由で活気あふれる雰囲気の中で思う存分創意性を発揮する生態系づくりが何より重要だ。

第二に、学術大会を教育・科学技術の革新プラットホームへと発展させなければならない。韓国を離れる大学者や若い研究者のほとんどは、学界の後進性・権威主義・純血主義を指摘している。いつからか国内の学会は国際学会やSCI級ジャーナルにおされて関心が低くなっている。学会数の増加に比べて出席率や発表者の水準は低くなり、論争の激しさは次第に弱くなっているという。

産学研の人材が集まって新しい知識・技術と先端施設・装備を作り、深層討論と一緒に取引が行われるような学会はもう一つの教育・研究・革新の空間でありプラットホームとして作動する。その中で制限のない討論と反論が成り立つ時、はじめて本当の尊敬と共生の雰囲気が生き返るだろう。

創造・融合は研究者の姿勢、グリーンは生存と直結した必須指向点、経済成長は起業・事業化の結実という認識で第4次産業革命を大きな枠組みでまとめ、遠い見識と一貫性を持って継続していけば、韓国の教育と科学技術も新しい姿で国民のもとに寄り添っていけるはずだ。ノーベル賞は、その道で出会う副産物であり小さなプレゼントに過ぎない。

文吉周(ムン・キルジュ)/科学技術連合大学院大学教(UST)総長

http://japanese.joins.com/article/439/234439.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1508177474/続きを読む

【中央日報/グローバルアイ】1%の秘密…韓国人のいないノーベル科学賞リスト



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/10/10(火) 22:58:09.35 ID:CAP_USER.net
  ことしもやっぱりだった。ノーベル科学賞の受賞者リストに韓国人の名は見えなかった。秋夕(チュソク、中秋)連休期間で関心が少なかったことを幸いに思うしかなかった。ノーベル科学賞受賞者を出したかどうかが該当国家の科学水準を直接的に表わすわけではないが、経済規模から考えてみると毎年今ごろ、プライドに傷つく韓国人が多いだろう。 

  2日、ノーベル生理医学賞共同受賞者に選ばれた米ロックフェラー大学のマイケル・ヤング教授をニューヨークキャンパス記者会見場で見た。太陽が没するとなぜ眠たくなり、朝になると目覚めるのかなど私たちの体の生体時計に関する秘密を究明した3人の科学者の一人だ。 

  ヤング教授は「我々はわずか1%の秘密を突き止めただけだが、夢のようだ」と話した。謙そんの意味で話したのかもしれないが、結局その1%で韓国人科学者が念願するノーベル賞を手にしたわけだ。科学の発展程度を正確に数値化することはできないが、韓国にもどの分野であれ1%の秘密を究明した科学者が結構いるのに残念極まりない。特定分野の知識が10%程度積もったうえで1%を明らかにしたことと、90%程度積もったうえで1%を明らかにしたこととの間は途方もない差が存在するしかない。 

  15年前である2002年冬、スウェーデン・ストックホルムのノーベル賞授賞式に公式招請され取材したことがある。北欧特有の寒さの中で行われた世界最大の知識の競演だった。当時、ノーベル委員会に関連した要人はノーベル賞は様々な決定要因の中で特に人的ネットワークが重要だとアドバイスした。立派な論文を書いたという事実だけでは足りないということだ。 

  ネットワークはノーベル賞選定委員の候補推薦から威力を発揮する。普段、科学界の「ビッグガイ(Big Guy)」らとどれほど強固な関係を維持しているかが大きな差をつける。日本は科学技術アカデミーを中心にこのようなネットワークを構築するために長い間、精魂を込めてきた結果、憧れの対象になっている。 

  2~3カ月前に米ボストンで会ったKAIST(韓国科学技術院)の徐南杓(ソ・ナムピョ)元学長がネットワーク構築に認識の転換が必要だと指摘した。彼は「韓国はその間、日本や米国・中国など強大国の間に挟まった辺境とされてきたが、もう韓国が中央にあると見ることができる」と話した。インターネットと直航などが韓国の中心化を可能にするインフラだ。世界で立派な人材を確保することができればそれが韓国の資産になり、世界の中心に位置することができるという指摘だ。 

  韓国の世界中心化は科学界のリーダーシップにもつながる。ノーベル科学賞はすでに小部屋に引きこもって「一人で」研究する「真面目な科学者」には与えられていない。協業で行われるメガプロジェクトのリーダーが主に賞を占めている。 

  シム・ジェウ/ニューヨーク特派員

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]2017年10月10日 17時02分
http://s.japanese.joins.com/article/223/234223.html?servcode=100§code=120



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507643889/続きを読む



アクセスランキング