【ケント・ギルバート】辻元氏は“国壊”議員か 辻元清美「私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/06/17(土) 10:30:18.18 ID:CAP_USER.net
 いくら憲法で「言論の自由」が保障される日本でも、限度はある。

 「生理的にいやだと思わない? ああいう人達というか、ああいうシステム、ああいう一族がいる近くで空気を吸いたくない」

 民進党の辻元清美衆院議員が、民間国際交流団体「ピースボート」を設立して政界進出する前、1987年3月に出版した『清美するで!!新人類が船を出す!』(第三書館)の中で、皇室についてこう記していた。皇室制度を「悪の根源」とまで断じていたという。産経新聞が9日報じた。

 これは、日本維新の会の足立康史衆院議員が8日の衆院憲法審査会で取り上げたものだ。足立氏は、皇室制度の廃止を訴えた辻元氏の過去の発言も挙げ、「こうした発言を繰り返す辻元氏が憲法審査会の幹事なのは適当ではない」と批判した。

 これに対し、辻元氏は「30年ほど前、学生時代にご指摘の発言をした」と認めたうえで、「日本国憲法の下、日本は生まれ変わり、戦争放棄の国になった。憲法に規定されている象徴天皇を尊重しなければならない。私は考えが一面的だったと痛感し、深く反省した」と述べた。

 辻元氏が、深く反省したのはいつなのか。

 産経抄(10日)によると、辻元氏は衆院議員となった後の1998年に出版した著書で次のように書いているという。「(憲法)第一条から第八条までの天皇に関する規定を削除すべきだ」「天皇制について、私は個人的に反対。やっぱり抵抗がある」

 また、週刊新潮(2005年10月13日号)によると、辻元氏は東京・渋谷で開かれた女性限定のアダルトイベント「女祭」にゲスト参加した際、「国会議員っていうのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の国会議員や」と発言したという。

 私はこの記事を読んで、憲法尊重の意思も、国会議員として国民全体に奉仕する意思も感じられなかった。「国壊議員」という言葉が頭に浮かんだ。ピースボートは、中華人民共和国や北朝鮮なども訪問したため、ネットを検索すると辻元氏との関係を指摘する記述もある。

 辻元氏は03年7月、秘書給与詐取事件で警視庁捜査2課に逮捕され、懲役2年執行猶予5年の有罪判決を受けた。すでに罪は償っているが、国民の疑念に対する説明責任は、誰より重くとも仕方ないのではないか。

 一連の疑惑に答えるためにも、辻元氏は記者会見を開き、皇室制度に対する考え方や、国会議員としての姿勢について説明すべきではないか。ついでに、「(北朝鮮の)金一族の存在は生理的にいやだと思わない?」とでも発言すれば、日本国民の留飲は下がる。

 ■ケント・ギルバート 米カリフォルニア州弁護士、タレント。1952年、米アイダホ州生まれ。71年に初来日。著書に『儒教に支配された中国人・韓国人の悲劇』(講談社+α新書)、『トランプ大統領が嗤う日本人の傾向と対策』(産経新聞出版)、『日本覚醒』(宝島社)など。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170617/soc1706170005-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170617/soc1706170005-n2.html

no title

衆院憲法審査会に臨む、辻元氏


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1497663018/続きを読む

アメリカ人男性「中国人ほど勤勉な国民は見たことがない。みんな中国人の精神を見習うべき」



1: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/[CN] 2017/06/08(木) 20:31:27.52 ID:qbpaEvzT0.net BE:123322212-PLT(13121)?PLT(13121)

米国人男性:「世界は中国人の全身全霊さを学ぶべき」

中国の経済発展と世界との繋がりがますます密接になるにつれて、中国で学習・就職・生活・観光旅行を行う外国人が増加している。
国連の統計データによると、中国で居住する外国人は、1990年には37万人だったが、2015年には97万人に増加、年平均増加率は
2.4%に上った。

微信(Wechat)のソーシャル機能「モーメンツ」や海外のSNSサイトにおいて、外国人が中国についてしきりに褒めていることに誰もが
気づいているだろう。外国人の称賛の対象となっているのは、美しい自然の風景、悠久の文化、人を虜にするグルメだけではない。
中国人のライフスタイル、社会の治安・管理、一般市民の文明的素養、国家の革新的発展なども、ますます多くの注目や称賛の的
となっており、称賛の数は多く、評価は高い。このような状況について、ある中国人ネットユーザーは、「海外では中国に対して、
『海外ボランティアのようだ』というイメージもある」とコメントしている。

(中略)

マシューさんは、中国の文化が極めて受容度が高く、外国人は中国で非常に快適に生活できると感じている。「どこに行っても、
中国の人々は僕を歓待してくれる。中国人はとても開放的かつ友好的で、進んで他人を助けてくれる。道で誰かを捕まえて質問をしても、
相手がどんな人でもすぐに僕を助けてくれる」と彼は話す。授業のない時、マシューさんはよく友人とシャオチー(軽食)を食べに行く。
何時に出かけようと、安全面での心配は無用だという。彼は、「いかなるときでも、僕は身の安全については心配していない」と述べた。

マシューさんは中国人について、「勤勉な国民」という深い印象を抱いている。彼は、「今までに、中国人ほど努力を怠らずに仕事を
している国民は見たことがない。僕は、仕事や学習に対して全身全霊で取り組む中国人の精神を、世界中の人々が見習うべきだ
と思っている」と強調した。(編集KM)
http://j.people.com.cn/n3/2017/0607/c94475-9225306.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1496921487/続きを読む

北朝鮮攻撃すれば「信じられない規模での悲劇が起きる」 米国防長官



1: 影のたけし軍団ρ ★@\(^o^)/ 2017/05/20(土) 20:03:35.56ID:CAP_USER.net
マティス氏は会見で、北朝鮮の核・ミサイル問題を解決する手段としての軍事行動について
「信じられない規模での悲劇が起きる」と指摘した。

米軍が北朝鮮の関連施設を先制攻撃した場合、反撃によって同盟国の日本や韓国などへの被害が出ることを念頭に発言したものとみられる。

トランプ政権は「すべての選択肢がテーブルの上にある」として、軍事行動も辞さない構えで北朝鮮に圧力をかけてきた。
マティス氏の発言は、軍事行動という選択肢に消極的な立場を示したものだ。

マティス氏はまた、日韓や中国などとの協力で、外交的な解決を目指す考えを示した。
http://www.asahi.com/articles/ASK5N2HMWK5NUHBI006.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495278215/続きを読む

CNN、放送の92%をトランプ大統領の批判に費やすwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



1: 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ [US] 2017/05/18(木) 21:07:46.61 ID:j1IS5lXv0.net BE:323057825-PLT(12000)?PLT(12000)

米メディア・リサーチ・センター(MRC)は、テレビ局CNNの放送を分析し、そのほぼ全ての放送時間がトランプ米大統領の批判に充てられていることを明らかにした。

専門家らは、5月12日にかけた深夜から20時間分のCNNの放送を分析した。
CMや様々なタイプの宣伝を省いた結果、ニュースやリポート、解説、インタビュー、中継などに充てられた時間は13時間27分で、
うち全放送の92%にあたる12時間19分がトランプ政権の活動を議論する番組であることが分かった。
なお別のテーマに割り当てられた時間は、わずか1時間8分だった。

CNN ほぼ全ての放送をトランプ大統領の批判に費やす
https://jp.sputniknews.com/us/201705173644434/


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495109266/続きを読む

【米国】在米韓国系団体も「蒸し返し」鮮明に 慰安婦めぐる日韓合意「無効」と声明



1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2017/05/18(木) 15:57:10.37ID:CAP_USER.net
【ロサンゼルス=中村将】

米カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像設置を主導した「カリフォルニア州韓国系米国人フォーラム」(KAFC)は、韓国の文在寅大統領の特使として文喜相国会議員が訪日したタイミングに合わせ、慰安婦問題をめぐる日韓合意の無効を主張する声明を発表した。KAFCは当初から日韓合意に反対してきたが、問題を蒸し返す姿勢を鮮明にした。

慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決をうたった日韓合意について、当時のオバマ米政権が支持を表明して以降、米国では像設置を含め、日本政府に対する非難は下火になっているが、声明からは、「韓国民の大多数が合意は受け入れがたいと思っている」(文大統領)状況を追い風に世論を再び喚起したい思惑が透けてみえる。

声明は、「日韓合意は外務大臣が共同記者会見で口頭で発表しただけで、合意文書に署名されたものではない」とし、「その内容は被害者の口を封じ、慰安婦の歴史を消し去るものだ。戦争犯罪の解決のための国際基準に照らしても正当化することは難しい」などと無効を訴えている。

国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会が今月12日に公表した勧告にも触れ、「(委員会は)日韓合意にある救済では不十分だから合意内容を再交渉するよう韓日両政府に促している」とした。実際は韓国政府を対象に促した勧告だった。

勧告に強制力はないが、これまでも国連委員会の報告書などを日本非難の根拠として利用するのは在米反日勢力の常套(じょうとう)手段となってきた。

その上で声明は、日本政府による謝罪や法的な補償、犯罪の調査、犯罪者の処罰、慰安婦の歴史の教育、慰安婦像や博物館の設置を改めて求めている。


2017.5.18 15:25
http://www.sankei.com/world/news/170518/wor1705180027-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170518/wor1705180027-n2.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495090630/続きを読む

トランプ氏、韓国に緊急警告 北朝鮮との対話路線に“黙っていろ!”



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/05/15(月) 12:47:47.81ID:CAP_USER.net
 ドナルド・トランプ米大統領が、「北朝鮮に近すぎる」とされる韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に緊急警告を発した。文氏が、北朝鮮との対話に意欲を示していることに、不快感をあらわにしたのだ。

 米国が世界最強の軍事力で圧力をかけながら、北朝鮮の「核・ミサイル開発」の完全放棄に取り組んでいるなか、文氏が国際的な連携を崩すことに強烈なクギをさしたようだ。

 「北朝鮮情勢は韓国や日本、中国にとっても非常に危険だ」「対話するのは構わないが、『適切な環境』に基づかなければならない」

 トランプ氏は12日に放映されたNBCテレビのインタビューで、文氏にこうメッセージを送った。「適切な環境」については、「1カ月か2カ月すれば、きちんとした答えを言うことができるだろう」と語った。

 つまり、「いま、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長を屈服させるために、日本や中国と連携して強烈な圧力をかけている。『極左・従北』派はしばらく黙っていろ!」という意味だ。

 文氏は、同国で最も「極左」とされた盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権の民情担当首席秘書官(司直の総括役)や、秘書室長(政権ナンバー2)を務めた人物である。

 就任式の演説でも、「必要なら直ちにワシントンに飛んでいく。北京、東京にも行き、条件が整えば平壌(ピョンヤン)にも行く」と語った。この「従北」姿勢が、アジアの平和と安定を脅かしかねないのだ。

 北朝鮮は1950年代から核開発を始めた。90年代には、核開発を凍結させる見返りに経済的支援を約束させるなど、米国を手玉に取りつつ、ひそかに開発を続けた。2006年に初の核実験を強行。12年には、北朝鮮憲法に「核保有国」だと明記した。

 官邸周辺は「日米韓は北朝鮮にだまされ続けてきた。核・ミサイルという現実的な脅威が目の前にあるなか、文氏の『従北』姿勢は、北朝鮮の時間稼ぎに利用される。どちらの味方なのか分からなくなる。単純な対話路線では危機は排除できない。東アジアと世界の危機を高めるだけだ」と語っている。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170515/frn1705151100004-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20170515/frn1705151100004-n2.htm

no title

韓国大統領に緊急警告を発したトランプ氏だが、国内では逆風にさらされている(AP)
no title

文大統領


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494820067/続きを読む

【半島有事】米空母の航跡再現…姿潜め航行、北朝鮮に心的圧力(解説地図あり)



1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/05/07(日) 11:49:00.98 ID:CAP_USER.net
北朝鮮情勢緊迫化で注目を集めたが、動向に不明な部分も多かった米原子力空母「カール・ビンソン」。
米軍への取材などから航跡を再現、派遣したトランプ米政権の意図を探った。

「カール・ビンソンは韓国から5600キロ離れた南洋にいる」。
そう報じたのは米軍事専門紙ディフェンス・ニュース(電子版)。
4月17日のことだ。
朝鮮半島近海に急派されたと考えられていたが、15日にはインドネシアのスマトラ島とジャワ島の間にあるスンダ海峡を通峡中だった。

「大統領は間違った発信を自覚しているのか」。
19日のホワイトハウスでの会見では厳しい質問が続発。

解説地図:米空母「カール・ビンソン」がたどった航路(推定)
no title


※続きは引用元をご覧ください

https://mainichi.jp/articles/20170507/k00/00m/030/106000c


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1494125340/続きを読む



アクセスランキング