【話題】有田芳生「安倍政権を打倒するのは時代の要請なのだ」



1: 動物園φ ★ 2017/10/05(木) 09:52:28.42 ID:CAP_USER.net
有田芳生?認証済みアカウント @aritayoshifu
前原代表の京都での発言。残念ながら再び反共主義の地金が出た。北朝鮮情勢があるから
日米安保を廃棄する共産党と共闘するのは野合だと断言した。民進党時代から進めてきた
方針に対し、党を破壊したらただちに本音を語るのはブラック前原か。安倍政権を打倒するのは、野合ではなく、時代の要請なのだ。

有田芳生?認証済みアカウント @aritayoshifu
反共主義とは歴史的に形成された広義の政治体系である。前原代表が共産党を「シロアリ」「野党共闘は野合」と演説したのは、反共主義を自らの思想に組み込んでいるのだから驚きもしない。しかし野党共闘を進めてきた民進党(まだ存在する)の代表として、いま反共を叫ぶのは人間としての信義違反だ。

有田芳生?認証済みアカウント @aritayoshifu
希望の党の「寛容」に強い違和感がある。候補者に思想調査として踏ませた「政策協定書」に「外国人地方参政権反対」を入れたことは、ダイバーシティ(多様性ある社会)とは真っ向から対立するからだ。「ゲシュタポの長官でも『寛容』という言葉を、にやにや笑いながら脣に乗せられた」(渡辺一夫)。

https://twitter.com/aritayoshifu


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507164748/続きを読む

民進小西「リベラル差別はあってはならない!リベラルはみんな日本の役に立っている!!」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:633888355-PLT(15000).net

民進党・小西議員、“リベラル切り“小池都知事に「そんな政治をやってる場合じゃない」 一方、“論理矛盾“との指摘も…

9/30(土) 6:01配信

 「希望の党」代表として、民進党の合流について交渉の主導権を握っている小池都知事。

 テレビ朝日政治部の足立直紀デスクによると、民進党出身者全員の公認を目指す前原氏に対し、自民党との対決色を鮮明にしている小池都知事は
「民進党が看板を掛け替えただけではないか」という与党からの批判を恐れ、民進党出身者の“丸抱え“はせず、党の要職に就いていた議員や、
リベラル色の強い議員を排除する可能性が高いのだという。

 実際、小池都知事は29日朝「全員受け入れる気はさらさらない」と発言。民進党を離党し、希望の党結党の一翼を担った細野議員も、野田元総理や
菅元総理らを念頭に、“三権の長“の経験者の合流に難色を示している。さらに、岡田元代表や海江田元代表、長妻元厚労相、辻元議員らの名を記した
“排除リスト“なるものも永田町には出回っているのだという。

 現有議席がわずか12の希望の党にとって、民進党の87議席と、その支持母体である「連合」の支援は魅力的だ。しかし、一度は希望の党合流を
了承した連合内部からは、小池都知事による“リベラル切り“情報に怒りの声も上がっているようだ。

つづく

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170930-00010000-abema-pol



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1506776813/続きを読む

民進党、小沢の自由党と合流へwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



1: 名無しさん@涙目です。 2017/09/26(火) 16:06:15.15 ID:96DRffP50.net BE:478973293-2BP(1501)

民進党が自由党との合流提案へ 前原氏が意向固める
 28日の衆議院の解散を前に、民進党の前原代表が、28日の両院議員総会で、自由党との
合流を提案する意向を固めたことが明らかになった。
 民進党は、28日の臨時国会召集日に両院議員総会を開く予定で、前原代表はこの議員総会
で、10月の衆議院選挙に向けて自由党と合流することを提案し、代表一任を取りつける考え。
 前原氏は24日、自由党の小沢共同代表と会談し、民進党と自由党を軸とした野党勢力の結集
が必要だとの認識で一致している。
 さらに、近く、希望の党の小池代表とも会談し、野党再編を呼びかける考え。
 しかし、党内では反発が強く、執行部の一部が「役職辞任も辞さない」との構えを示している
ほか、衆院選後の分党も視野に入れ、準備を進めている議員もいる。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170926-00000592-fnn-pol



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1506409575/続きを読む

【民進党】保守派が少数派となり社民党化する民進党 泥舟と分かって乗りたがる人はいない



1: らむちゃん ★ 2017/09/16(土) 18:46:14.85 ID:CAP_USER9.net
産経ニュース、2017.9.16 18:00更新
http://www.sankei.com/column/news/170916/clm1709160003-n1.html

【民進党】保守派が少数派となり社民党化する民進党 泥舟と分かって乗りたがる人はいない

 失礼なたとえかもしれないが、「ネズミは沈む船を見捨てる」という言葉が思い浮かぶ。4月の長島昭久元防衛副大臣に始まり、だらだらと続く民進党の離党ドミノのことである。15日も笠浩史、後藤祐一両衆院議員が離党届を提出したが、予備軍はまだまだ控えているという。

 ▼「この場で政権交代を言っても、国民は『何を言っているんだ』となろう」。前原誠司代表は1日の就任あいさつで、こう率直に認めた。そのうえで、改めて国民の選択肢となることを呼びかけたが、党所属議員が次々に別の道を選択するありさまでは話にならない。

 ▼長島氏、細野豪志元環境相、笠氏…と顔ぶれを振り返ると、民進党にあって「改憲派」とされていた人たちである。党内の保守派はいよいよ少数派となり、政策・体質の社民党化は進むことだろう。それで自民党に代わる受け皿となれるのか。

 ▼前原執行部メンバーを見ても、枢要ポストの幹事長代行は元社民党で、かつて著書で皇室について「気持ち悪い」と書いていた辻元清美元国土交通副大臣が就いている。那谷屋正義・参院国会対策委員長は、北朝鮮と何かと交流の深い日教組出身である。



http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1505555174/続きを読む

【画像】ジャーナリストの田中稔さん「文春砲。「前原誠司」と北朝鮮のハニ―トラップを報じるようだ」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:723460949-PLT(13000).net

ジャーナリスト 田中稔 @minorucchu 岡三マンさんがリツイート
文春砲。「前原誠司」と北朝鮮のハニ―トラップを報じるようだ。


【キャプチャー画像】
no title



【動画】 文春砲(文春くん公式)「本日16時にスクープ速報がでるよ。何のネタかな。背景に注目~!」 
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1505268583/



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1505276631/続きを読む

【悲報】民進党・前原誠司さん、弱音を吐く 「人の気持ちって難しいですね…」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:135853815-PLT(12000).net

民進・前原誠司代表「人の気持ちは難しい…」 離党を考える議員を念頭にため息

 民進党の前原誠司代表は12日夜、党所属議員のパーティーで講演し、
「次の当選のことを考えて行動する集合体が議員なので、なかなか腹の内は分からない。人の気持ちって難しいですね」と弱音を吐いた。
離党を調整する党内の衆院議員5人の慰留が難しくなっている現状を語ったとみられる。

 前原氏は「代表というのは船長だ。私は最後まで船に残り、しっかりとこの船を守っていく覚悟を決めた」とも述べ、一部の党内議員が唱える「解党論」を牽制した。

http://www.sankei.com/politics/news/170912/plt1709120044-n1.html



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1505220648/続きを読む

不倫問題のガソリーヌ山尾「頑張っていつか民進党に戻る」



1: 名無しさん@涙目です。 2017/09/08(金) 15:43:19.05 ID:TRRQzege0.net BE:478973293-2BP(1501)

山尾議員、離党届提出のウラ側
 民進党は8日朝、常任幹事会を開き、7日夜に提出された、山尾 志桜里元政調会長の離
党届を受理した。
 「党のホープ」の離党は、「山尾ショック」として党内を揺るがしていて、執行部は混乱
の早期収束に躍起になっている。
 山尾氏が7日夜に離党届を提出したことを受け、民進党は8日朝、常任幹事会を開いて
扱いを協議した。
 出席者からは、受理への慎重論も噴出したが、「臨時国会に混乱を持ち込みたくないとい
う本人の意向は重く受け止めるべきだ」として、受理を決めた。
 民進党の前原代表は「(山尾氏の離党は)極めて残念な思いがいたします」、「私自身も含め
て、党としていろんな話を聞かせていただき、最終的にはご本人が判断をされたことであ
ります」、「ご本人のそういった決断を、われわれは尊重したいと」と述べた。
 一方、山尾氏は党幹部に対し、「いつか党に戻るために頑張る」と、今後の活動への意欲
を示しているという。
(以下略)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170908-00017910-houdouk-soci



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504852999/続きを読む



アクセスランキング