民進党・前原氏「共産党との連携破棄 消費増税推進 安倍政権下での改憲議論OK 小池新党と協力」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:135853815-PLT(12000).net

【まとめ】
・民進党離れの原因は、共産党との連携。今後の選挙協力は難しい。
・社会保障制度は若い世代への再分配が必要で、財源は消費税増税で賄う。
・小池新党とは政策・理念が共有できれば、協力する。

8月21日に告示され、9月1日に投開票される民進党代表選への立候補を正式に表明した民進党衆議院議員の前原誠司氏を迎え、
自身の掲げる政策や、野党として目指すあり方に対する考え方について、政治ジャーナリストの細川珠生氏が話を聞いた。

まず細川氏が、国民の民進党離れを招いた要因は、蓮舫氏の二重国籍問題よりもむしろ共産党との連携ではないかと指摘した。
これに対して、前原氏は「何のために政治家をやっているのか、何のために政党を作っているのかというと、
何らかの政策・社会を実現したり、問題を解決したりするためだ。他党との協力ありきになると、まず自分が当選することが大事だと国民に捉えられてしまう。」と述べた。

さらに民進党と共産党の日米安保や消費税増税における基本的な政策の違いに言及して、共産党との協力は難しいとの考えを示した。
また、「民進党が主体性を取り戻さない限り、安倍さんから民共のレッテルを張られ、中間層、無党派層、穏健な中道保守、穏健なリベラルの票が逃げていく。」と危機感を示した。

また消費税については、「5パーセントから2段階で10%にするという社会保障と税の一体改革の考え方自体は大事で踏襲していきたいと思っている。」と述べた。
また、増税を求めるに当たっては、負担が増えた分で教育や社会保障の充実がどれだけ図られるのかというパッケージを国民に見せて納得してもらうことが必要だという考えを示した。

細川氏が代表選に出るにあたって、どのように憲法改正のことを訴えていくか問うと、
前原氏は「共産党との関係を気にして、憲法改正の議論は安倍政権の下では行わないという姿勢は国民には理解されない。
野党第一党として堂々と憲法改正の議論には応ずる。」と述べ、憲法改正のための議論を進める考えを示した。

最後に都民ファーストの会・日本ファーストの会との連携については、
「もともと私も小池さんも日本新党出身で、考え方は全く異なるとは思っていない。

(適当に略)

http://blogos.com/article/240814/



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502883855/続きを読む

【もう関係ありませんから】久々に眉間のしわ無く晴れやかな笑顔で退場する蓮舫



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:299336179-PLT(13500).net

任期半ばで辞任を表明した民進党の蓮舫代表が10日、最後の記者会見に臨んだ。

 後任を決める代表選が実施される9月1日まであと20日間あるが、早々と幕引きを図った格好だ。安倍首相が支持率下落で苦しんでいる局面だけに、党内からは
「こんな時に党首が発信できないとは情けない」とぼやきが漏れている。

 蓮舫氏は、7月2日の東京都議選で惨敗後、党運営に行き詰まり、同27日に辞任を表明した。その後は党務を大幅に絞り込んでおり、8月下旬の北海道根室市への訪問や、
青森県連大会への出席も取りやめた。

 最後の記者会見では「次期執行部に(衆院解散)総選挙にいつでも臨んでもらう仕事はした」と述べ、党内に向けては「一致結束に尽きる」と呼び掛けた。https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170810-00050089-yom-pol



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502366227/続きを読む

民進党・細野豪志が離党届を提出 「共産党との共闘は信念に反する」 ←共産党ってそんなヤバイの?



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:135853815-PLT(12000).net

細野氏が離党届「共産との共闘は信念に反する」
2017年08月08日 15時34分

 民進党の細野豪志・元環境相は8日、国会内で野田幹事長と会談し、離党届を提出した。

 細野氏は会談後の記者会見で、離党の理由について蓮舫代表が進める共産党との協力を挙げ、「基本的政策が根本的に異なる共産党との共闘は信念に反する」と説明した。

http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170808-OYT1T50044.html

関連
共産との共闘、軌道修正示唆…前原氏が公約発表
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170808-OYT1T50020.html



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502180787/続きを読む

【二重国籍問題】蓮舫氏の戸籍の公開を求めているのは「中国」や「韓国」へのヘイト発言を繰り返しているひとたち



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/07(月) 19:05:59.38 ID:CAP_USER.net
蓮舫氏の二重国籍問題で歴史的役割が終わった民進党

民進党の蓮舫代表(7月27日に辞任を表明)が「二重国籍でないことを証明する」ため、戸籍の写しなどを公表したことが波紋を広げています。

この問題についてはネットを中心に膨大な議論がありますが、話がややこしくなるのは、「国会議員が二重国籍なのは違法だ」と思っているひとが(ものすごく)たくさんいることです。

すでに指摘されているように、公職選挙法では国会議員が日本国籍であることを定めているだけで、二重国籍を排除する規定はありません。

2007年の参院選挙では、国民新党がアルベルト・フジモリ元ペルー大統領を比例代表候補として擁立していますが、フジモリ氏が日本とペルーの二重国籍であることはまったく問題にされませんでした。

蓮舫代表のケースでは、国籍についての過去の発言に矛盾があることは確かですが、司法の判断の前に経歴詐称と決めつけ、有権者によって選ばれた議員の資格を一方的に否認するのは民主国家としては明らかに行きすぎです。

戸籍が議論を呼ぶのは、国民を「個人」ではなく「家」単位で管理しようとする、世界では日本にしかない特殊な制度だからです。

これは、「普遍的な人権をもつ自由な個人が市民社会をつくりあげる」という近代の理念と相容れません。そのうえ戸籍は、過去において「家柄」や「血筋」を判別する目的で広く使われてきました。

1980年代までは、日本の大手企業は新卒採用にあたって戸籍を入手し、被差別部落出身者や在日韓国・朝鮮人の応募者を排除するのを当然としてきました。

銀行などが興信所を使って内定者の身辺調査をしていることも公然の秘密でした。――いまではどちらも、発覚すれば社長が引責辞任するくらいではすまないでしょう。

そのため近年では、行政は第三者への戸籍の公開をきびしく制限し、実務上もできるだけ使わないようにしています。実生活で戸籍が必要なのはパスポートを所得するときだけ、というひとも多いでしょう。

戸籍の公開を強要することへの反発には、戸籍と差別が密接に結びついてきた暗い過去があるのです。

蓮舫代表を批判するひとたちは「この問題は差別とは無関係」と繰り返しますが、関連するネット記事への大量のコメントを見れば、「中国」や「韓国」へのヘイト発言を繰り返しているひとたちが戸籍の公開を求めていることは明らかですから、まったく説得力がありません。

「自分は差別主義者だ」と公言して差別をする人間などいません。いじめと同様、差別にも常に「(差別する側にとっての)正当な理由」があります。

戦前の日本は一視同仁を建前にしていましたが、「朝鮮戸籍」や「台湾戸籍」をつくって植民地を管理していました。

戸籍とは、「純粋な日本人」と「不純な日本人」を区別し、日本国という“家”に「汚れた血」を入れないための制度だったのです。保守派のひとたちが戸籍について触れたがらないのは、こうした不都合な歴史を暴かれたくないからでしょう。

しかしより深刻な問題は、この話を蒸し返したのが、安倍政権を“独裁”と批判し、“リベラル”を標榜する民進党自身だということです。都議選の歴史的敗北をめぐる党内抗争の道具に使ったのでしょうが、リベラルな有権者に与える効果は嫌悪感だけです。

「政権交代」を実現したあとはなにひとついいことのなかったこの政党の歴史的な役割も、これで終わったようです。

参考:遠藤正敬『戸籍と国籍の近現代史―民族・血統・日本人』(明石書店)

『週刊プレイボーイ』2017年7月31日発売号に掲載

橘 玲(たちばな あきら)
作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部の大ヒット。
著書に『日本の国家破産に備える資産防衛マニュアル』『橘玲の中国私論』(ダイヤモンド社)『「言ってはいけない?残酷すぎる真実』(新潮新書)など。ダイヤモンド社から発売即大幅重版となっている新刊『幸福の「資本」論 -あなたの未来を決める「3つの資本」と「8つの人生パターン」』が好評発売中。

http://diamond.jp/articles/-/137899


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502100359/続きを読む

民進・モナ王氏が離党を検討



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:299336179-PLT(13500).net

民進党の細野元環境相が、新党結成に向けて、民進党の離党を検討していることが、FNNの取材でわかった。
関係者によると、細野氏は、「受け皿を作らなければならない」として、21日告示される民進党の代表選挙を前に、新党結成に向けて、離党を検討していることを周辺に伝えたという。
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170803-00000256-fnn-pol


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1501761645/続きを読む

玉木議員代表選不出馬。つきささったブーメランに気づいた様子



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:643485443-PLT(15000).net

玉木氏が代表選の出馬を否定
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12213-20170731-50079/

民進党の玉木雄一郎幹事長代理は31日、「幹事長代理で、幹事長や代表を支える立場だった。自分が出るのは筋ではない」と記者団に述べ、代表選出馬に否定的な考えを示した。
 週内にも不出馬を正式表明する見通し。玉木氏は出馬を検討していたが、立候補の条件となる20人の推薦人を集めるのが困難となっていた。



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1501588699/続きを読む

【朝日新聞デジタル】民進の蓮舫代表が辞意表明 後任、前原氏や枝野氏ら軸か



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@\(^o^)/ 2017/07/27(木) 14:14:55.73 ID:CAP_USER.net
民進党の蓮舫代表は27日、臨時役員会を開き、代表を辞任する意向を表明した。都議選で惨敗を喫し、野田佳彦幹事長の交代を含む執行部人事を行う意向だったが、批判がおさまらず、辞任は避けられないと判断したものとみられる。

 昨年9月に代表に就任した蓮舫氏は、10月の衆院2補選で大敗。「提案路線」を掲げ、原発稼働を2030年にゼロにするとの目標表明を主導したが、党内外の反発を受けて断念した。都議選は地元でもあり、求心力回復の試金石だったものの、公認候補の離党が相次ぎ、安倍政権批判の受け皿ともなり得なかった。

 後任選びは、昨年の代表選で敗れた保守派の前原誠司元外相と、リベラル派から待望論のある枝野幸男元官房長官らが軸になる可能性が高い。


http://www.asahi.com/articles/ASK7W4HC9K7WUTFK02V.html
2017年7月27日13時50分
関連
【民進党】蓮舫代表が辞意 午後に記者会見 「二重国籍」だったことが発覚し、説明を二転三転[07/27]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1501130958/


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1501132495/続きを読む



アクセスランキング