FC2ブログ

【偽物大国】中国で偽コロナワクチンが出回る 中味は食塩



1: アクチノポリスポラ(東京都) [IN] 2021/02/02(火) 18:03:09.94 ID:AL4JNT4E0● BE:916176742-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/2hikky.gif
中国で新型コロナウィルスの偽ワクチンが出回り騒動となっている。
これまでに3000個の偽ワクチンが押収された。中国当局は北京、山東省一帯などで違法に流通している偽ワクチンを取り締まり3000個分を押収し80人を逮捕。

今回発見された偽ワクチンは昨年9月から製造されたもので、注射器の中に食塩が入っているもの。中国国内だけでなく外国にも流通していたことが判明。

偽ワクチンはシノファームに似たものとなっている。


https://gogotsu.com/archives/62675



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1612256589/続きを読む

【速報】ファーウェイ、スマホ事業撤退か 複数の中国メディア伝える



1: ギコ(長野県) [BR] 2021/01/25(月) 20:13:26.25 ID:RlLCIESl0● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
中国の電子設備メーカー最大手、華為技術(ファーウェイ)がスマートフォン事業の完全売却する――との観測が浮上している。
同社は2020年11月、サブブランドの「栄耀(Honor)」を分離したばかり。
ただ、ファーウェイはこの報道を完全に否定し、引き続きハイエンドブランドに注力していく方針を示している。
第一財経など複数メディアが25日伝えた。
 米当局による輸出規制を受け、ファーウェイはスマホ事業の縮小を決定。
昨年11月、サブブランドの「栄耀」を切り離した。その「栄耀」は先週22日、最初の旗艦モデルとなる「V40」シリーズを発表。
併せて、米クアルコム、米マイクロン・テクノロジー、台湾聯発科技(メディアテック)、韓国サムスン電子、
米マイクロソフト、米インテルなどのサプライヤーと協力関係を回復したことを明らかにしている。

中国:華為に「スマホ事業完全売却」観測、会社側は否定
https://ashu-chinastatistics.com/news/708616-73085119770



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1611573206/続きを読む

【速報】 中国のベビークリームを塗った赤ちゃん、頭が巨大化してしまう



1: マレーヤマネコ(愛知県) [US] 2021/01/18(月) 02:33:43.32 ID:/g7wjmz80● BE:789862737-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
福建の「ビッグヘッドドール」事件のベビークリームにホルモンが含まれていることが確認される

画像
no title


中国福建省張州市保健委員会の公式ウェブサイトによると、メディアからの報告に基づき、インシデントハンドリングワーキンググループについて報告しました。第三者機関によるテストの結果、リコールが確認されました。
報告書は、保健局が手がかりを公安機関に移し、公安機関が事件に関与した主要人物を召喚したと述べた。次のステップでは、張州市はさらなる調査を実施し、関係する企業および関連要員を厳密に調査して対処します。
公開情報によると、プロピオン酸クロベタソルは、伝統的な漢方薬の特性が強い抗炎症性コルチコステロイドであり、長期間の使用は推奨されていません。
この「ビッグヘッドドール」事件は7日、インターネット上で公開された。
一部の皮膚科医は、消毒製品のテストが緩く、類似製品が多すぎるため、当局がランダムな検査を行うのは難しいと指摘しました。

東方オンライン 2021/1/17 ソース中国語 "福建の「ビッグヘッドドール」事件のベビークリーム"
https://www.orientaldaily.com.my/news/international/2021/01/17/387449



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1610904823/続きを読む

世界各国に中国製ワクチンが届き続々と感謝を述べる 「習近平指導部に感謝する」「最後の頼りは中国」



1: ハイイロネコ(茸) [AR] 2021/01/17(日) 15:42:13.59 ID:DgN5oODP0 BE:668024367-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中国ワクチン、セルビアに提供 欧州に初めて、100万回分

 【北京共同】新華社電によると、中国医薬集団(シノファーム)が生産した新型コロナウイルスのワクチン100万回分が16日、空路でセルビアに届いた。ロイター通信によると、大量接種のため中国製ワクチンの提供を受けた国は欧州では初めて。
 新華社によると、セルビアのブチッチ大統領は積み荷が到着した首都ベオグラードの空港で「中国のワクチンの品質を信頼している」と述べた。ブチッチ氏も接種するという。
 中国は「ワクチンは世界の公共財だ」とアピールして東南アジア各国などに積極的に提供し始めており、各国との関係強化につなげようとしている。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/80396/

中国 ワクチン供給で外交関係強化の動き活発化
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210116/k10012818581000.html


>16日中国からのシノファーム製コロナワクチン、100万接種分を乗せたエア・セルビア機がベオグラードに到着、ブーチッチ大統領と中国の陳波大使が出迎えた。「習近平主席と中国指導部に感謝する」と語ったブーチッチ氏は安価でのセルビアへの供給を要請していた。シノファーム製接種は17日か18日を予定


日本はいまだにワクチンがなくて苦しんでいた…��



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1610865733/続きを読む

大手IT企業社長夫婦、日本で特別に中国製ワクチンを接種



1: カラカル(埼玉県) [IT] 2021/01/02(土) 00:19:10.59 ID:rOA8WE5c0 BE:668024367-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
 12月12日土曜日の午後6時半過ぎ、東京都品川区にあるクリニックを大手IT企業の社長と妻が訪れた。休診日の診察室で待っていたのは、院長と中国人男性。
「本当に安全なんですか」。初対面のあいさつもそぞろに、妻が不安そうに2人に尋ねた。背を向けたまま机上のパソコンのキーボードをたたき何も語らない院長に代わり、中国人男性がうなずきながらほほえんだ。

 中国人男性は日中間を仕事で行き来しており、20年の付き合いがあるこの社長に新型コロナウイルスのワクチン接種を勧めた。

 「副反応(副作用)なら安心してください。注射した部分のちょっとした筋肉痛とか、ワクチンを打った時によくあることばかりです」。中国人男性はそう答えながら、社長夫妻にクリップボードに挟んだ「予防接種同意書」を示した。
病歴やアレルギーの有無などを確認する設問はなく、文字通り同意を得るだけの内容だ。社長に「大丈夫だから」となだめられた妻は、添えられたボールペンでゆっくりと日付と名前、連絡先の携帯電話番号を書き込んだ。

 中国人男性は、そんな様子に目もくれず隣の部屋に向かい、冷蔵庫からA4判程度のステンレス製の箱を取り出して院長に手渡した。中には、それぞれ袋に入った2本の注射器と5ミリリットルの容器1本。
ラベルには、日付とともに「COVID-19」「新型冠状病毒滅活疫苗」などと書き込まれていた。説明によると、中国の国有製薬会社、中国医薬集団(シノファーム)製という。

 院長は医療用の手袋をはめ、注射器の針を容器に差し込んだ。容器の半分ほど入っていた透明の液体がみるみる減っていく。「久しぶりに電話をもらって驚いたけど、こんな話だったとはねえ」。
院長は社長の左腕をアルコールで消毒しながら、そう漏らした。長年の友人である社長から接種に協力するよう頼み込まれ、やむなく応じたという。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1ddd2dd3f5d7b8b98a5fb37dc0701d1564550f52


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1609514350/続きを読む

【悲報】 中国の格安EV、ポンコツだったwwwww 動画あり



1: ミランダ(岐阜県) [DE] 2020/12/18(金) 15:49:39.95 ID:x8Gb63We0● BE:789862737-2BP(2000)



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1608274179/続きを読む

【令和最新版】中国製の安価なルーターに不審なバックドアが存在、積極的に悪用しようとする試みも



1: アンクルホールド(光) [US] 2020/11/25(水) 05:47:17.01 ID:jO+LEyLA0 BE:844628612-PLT(14990)
sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
中国製の安価なルーターに不審なバックドアが存在、積極的に悪用しようとする試みも - GIGAZINE
https://gigazine.net/news/20201124-walmart-jetstream-router-backdoor/

ニュースサイト・CyberNewsのセキュリティ研究者であるMantas Sasnauskas氏と研究者のJames Clee氏・Roni Carta氏の共同研究により、
中国製の安価なルーターに不審なバックドアが存在していることがわかりました。

バックドアの存在が指摘されているのは、ウォルマートが独占販売している「Jetstream」ブランドのルーター、およびAmazonやeBayで販売されている「Wavlink」ブランドのルーターです。

研究チームによると、これらのルーターに対しては、2016年に史上空前規模のDDoS攻撃を引き起こしたマルウェア・Miraiのボットネットに端末を追加しようとする試みが見られたとのこと。

研究チームがこの事実にたどり着いたのは、Clee氏が「低価格の中国製ルーターはどんなセキュリティになっているのだろうか?」と興味を持ったことがきっかけ。
AmazonでWavlinkブランドのルーターを購入したところバックドアが存在したため、同じファームウェアを使っているルーターには同様の穴が存在するのではないかと疑って調査範囲を広げたところ、
Jetstreamブランドのルーターでバックドアが見つかった、という流れです。

これらのルーターには、ルーター管理者向けに表示されるものとは別に、リモートでコードを実行させるためのシンプルなGUIが用意されていたため、
研究者らはバックドアが偶然存在するものではなく、意図的なものであると指摘しています。

以下略

画像
https://i.imgur.com/u0OVCq1.jpg



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1606250837/続きを読む