【韓国】1592年壬辰倭乱当時、晋州城の戦いで飛行機が飛んだ



1: ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/ 2017/09/12(火) 10:33:48.09 ID:CAP_USER.net
<チョン・ジョンヨン作家の「文学で学ぶ韓国の歴史」> 1592年壬辰倭乱当時、晋州城の戦いで飛行機が飛んだ。

「北朝鮮、6回目の核実験」強行...韓半島の危機は最高潮」

2017年9月、最初の週末、このようなニュースがニュースのトップ記事を飾った。青い秋の空に入道雲が咲くが、相次ぐ北朝鮮のミサイル挑発のために、大韓民国の青空はなんとなく暗雲が立ち込めている。さらに、雲の中を飛ぶ最新の戦略兵器まで... ... 。

空、飛行機!

人々は古くから空を飛びたかった。ギリシャ神話にイカロスという人物が登場する。ダイダロスとイカロスは金持ちの抑圧を避けるためにクレタ島から脱出することに心を決め、鳥の羽と蜜蝋を用いて翼を作る。イカロスは太陽の近くに飛び立ったが、海に落ちて死んでしまう。人間のこのような欲望は、現代まで続いた。レオナルド・ダ・ヴィンチの「艇」、フランスのモンゴルフィエ兄弟の「熱気球」、ライト兄弟の「フライヤー号」まで... ... 。最近、私たちの空にも数多くの飛行機が飛び回る。

「死の白鳥」の異名を持つB-1B

ステルス性能に優れ、敵防空網を突破して作戦遂行が可能なF-35B

優れた「目」と強力な「打撃」で韓半島全域をカバーすることができるF-15K

最新鋭の飛行機が韓国を守るということで安心だが、私たちの空を守る飛行機がすべて「made in USA」ということを考えると胸が少し苦しい。しかし、四百年以上前に壬辰倭乱の時、私達の空には、私たちの飛行機が飛んだ。

壬辰史を書いた「倭史記」には、「飛車のために日本軍が作戦を展開するのに大変苦労した。」と伝えている。強大な日本軍を苦しめた飛車!飛車は風に乗って空中を飛び回り浮かんでいる。まさに朝鮮の空を飛んだ飛行機だった。

慶尚道の城が敵国に包囲されるとすぐに城主と親しい人が飛車を製作して30里を飛んで倭敵を避けた。

- 朝鮮後期の実学者シン・ギョンジュン(1712年~1781年)の<旅庵全書> -

その機械は、ひたすらヒンジを左右に動かしながら接続されて伸縮し、互いに運行し、空気中で風を起こしながら両翼がはためき、明らかに浮かんで鋭い風と大気の上でもその勢いを阻止できなかったはずだから、これはすなわち氣で機械を動かして、新しい鳥としての方法をしていたので考えでは可能であるといえる。

<五洲衍文長箋散稿>、「飛車弁証説」の中で
no title


「飛車弁証説」を読んでみると、飛車は明らかに動力で動く飛行機であった。このようなものを調べるとき、多くの記録はありませんが、飛車があったのは明らかな事実と見ることができる。しかしそれ以来、飛車の記録を見つけることはできない。

もし、どこかで飛車が発見されれば、人類の飛行の歴史を書き換えなければならないだろう。想像するだけでどれほど誇りで満たされることか!

この物語にもっと関心を持った読者であれば、<晋州城よそれは飛車>、<飛車、空を飛ぶ」という本を推薦する。晋州城の戦いに関する歴史も学ぶことができ、飛車の製作方法、動作原理まで詳しく知ることができる。

過去、我が民族の科学技術は世界的な水準だった。世界初の金属活字、天才科学者チャン・ヨンシルまで... ... 、しかも朝鮮中期に、このような飛行技術まで保有したというから驚かざるを得ない。しかし、今日の現実は以前と違いすぎる。韓国の医学、科学分野のノーベル賞受賞者はまだ一人も出ていない。先祖の業績に迷惑をかけるほどではないが、少し恥ずかしい気がする。

筆者は一人でこのような想像をしてみた。もし、このような技術をさらに発展させて近・現代まで続けてきたとすれば、今日、世界の中の韓国の地位はさらに高くなかっただろうかと想像してみる。

ソース:デジタル経済 2017.09.09 20:26(韓国語)
http://www.deconomic.co.kr/news/articleView.html/?idxno=22683


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1505180028/続きを読む

【新・悪韓論】文大統領“ファンタジー指令”の愚 歴史学会ヘ「伽耶史を復元せよ」 “韓国の常識”を大満足させるファンタジー創史



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 18:47:34.14 ID:CAP_USER.net
韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領のさまざまな指示の中でもユニークなのは「伽耶(カヤ)史を復元せよ」とする歴史学会への要請だ。

古代の伽耶諸国は、慶尚道(キョンサンナムド=朝鮮半島南東部)から全羅道(チョルラド=同半島北西部)に及ぶ地域にあった。そこで伽耶史を見直せば、両道の差別意識を内包する壁を突き崩せる、というのが彼の狙いだ。

しかし、朝鮮半島に伽耶史に関する史料は皆無といえる。それでも「復元して見直せ」と言うのなら、やがて出てくるものは“お家芸”ファンタジー創史でしかあるまい。

韓国のインテリなら「史料はある。『駕洛国記』を知らないのか」と叫ぶだろう。だが、『駕洛国記』は、原本はもちろん写本もない。あるのは野史『三国遺事』(1289年)に収められた抄録だけだ。

そこには、天から降りてきた金の卵から次々と男児が生まれ、伽耶5カ国の王になったこと、長男である金首露(キム・スロ)のところにはインドの阿踰ダ(アユダ)国から王女が嫁いできたという神話が載っている。

日本の史学者の中にも、「天孫降臨の原型だ」と、はしゃぎ回った人がいた。

ところが、半島に伝わる最古の正史である『三国史記』(1145年)は、金首露の子孫である新羅の英雄・金ユ信(キム・ユシン)の墓誌に「少昊金天氏之後、故姓金」とあることを記している。

つまり、「天孫降臨の原型」は、金ユ信の没後、何者かによるファンタジー神話なのだ。

『三国史記』は、その下手人についても示唆している。金ユ信の玄孫(孫の孫)が一族の伝記を書いたが「頗多醸辞、故刪落之」と。つまり、捏造ファンタジーがあまりにも多いので採用しなかった、と。

一方、『三国遺事』は、『三国史記』が載せなかった史料は何でも載せる編纂(へんさん)方針だ。だから檀君神話まで載っているが、『駕洛国記』は抄録しか載せなかった。とても史料批判に堪える内容ではない。

だが、朝鮮日報の元東京特派員は、文大統領の指示に関連して、「世界史上、これほどのロマンスがあるだろうか。16歳の王女がインドから3カ月間船に乗って朝鮮半島に渡ってきて国王と結婚した」(朝鮮日報2017年6月12日)と、はしゃいでいる。

国際部長、論説委員まで歴任したインテリでも、このレベルなのだ。

非インテリが「インドから来たなら茶を持ってきたはず」→「韓国は日本よりはるか前から茶を飲んでいた」とファンタジーを膨らませるのは当然か。

かつて日韓共同歴史研究は「その当時、日本という国名はなかったのだから、任那日本府はなかった」との見解を打ち出した。韓国のマスコミは「任那日本府はなかった」→「任那はなかった」と、話を転がして“韓国の常識”にした。

朝鮮日報の主筆コラム(17年6月29日)によると、文大統領は原発事故の被害を描いた韓国映画『パンドラ』を見て、大いに泣き、脱原発の姿勢を固めた。韓国人らしい。

大統領の頭の中にある伽耶史もきっと“韓国の常識”の域を出るものではないのだろう。“韓国の常識”を大満足させるファンタジー創史が始まろうとしている。

■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「悪韓論」(新潮新書)、「呆韓論」(産経新聞出版)、「ディス・イズ・コリア」(同)などがある。

http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170817/soc1708170013-n1.html
http://www.zakzak.co.jp/soc/news/170817/soc1708170013-n2.html

no title

「光復節」の式典で演説する文大統領。ファンタジーから抜け出せていない=15日、ソウル(共同)



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502963254/続きを読む



アクセスランキング