FC2ブログ

【中央日報】韓国、超精密映像撮影する先端人工衛星が急がれる 韓国は欧米にGPS依存 空間情報を支配する者こそが未来の主人 [10/26] [新種のホケモン★]



1: 新種のホケモン ★ 2020/10/26(月) 18:16:58.75 ID:CAP_USER
1957年に旧ソ連が人類初の人工衛星であるスプートニク1号を打ち上げた後、米国とソ連間の宇宙競争が本格化した。米国は1960年にタイロスという初の気象衛星を打ち上げ、続いて有人宇宙船のジェミニやアポロなどを宇宙に送った。1972年には地球資源観測衛星という名前の観測衛星を打ち上げた。後に「ランドサット」と改名されたこの衛星はいまでも解像度30メートルの格子単位で地球を隅々まで観測している。

民間企業でも超精密地球観測衛星を開発している。1999年に打ち上げられた1メートルの高解像度観測衛星イコノスはグーグルアースを通じて全世界の位置・映像情報サービスを提供している。「ニュースペース時代」を迎えイーロン・マスクが設立した宇宙開発ベンチャーのスペースXは地球軌道に小型通信衛星数百個を打ち上げ、全世界の人々の情報をリアルタイムで編み出している。

◇韓国は欧米にGPS依存

韓国は1992年にウリビョル衛星をはじめ、これまでに3兆4000億ウォンをかけてアリラン衛星シリーズと2基の千里眼衛星などを相次いで軌道に上げた。来年には道路のマンホールのふたまで見ることができる解像度50センチメートル級の国土観測衛星1・2号を打ち上げる予定だ。農地・山林・河川・市内のような国土の様子と位置情報、そして道路・建物・交通量などの映像を撮影する衛星だ。この衛星が撮影し収集・加工した空間情報は国土と都市をコンピュータの中にそのまま再現する「デジタルツイン」と未来スマートシティ運営の基礎資料などとして活用される。

韓国は韓国型衛星航法システム(KPS)事業も推進している。現在ナビゲーションなどに使うGPSは米国や欧州などの衛星情報を活用している。簡単に言えばこれを国産化して精密度を高める「GPS独立」がKPS事業だ。これもまた主要な空間情報のひとつだ。いまや宇宙から撮影した精密映像を基にあらゆるデータを結合し多様な空間情報を作り出す時代が到来したのだ。

空間情報とは自然物と人工物の位置と特徴(属性)情報だ。川の位置・幅・深さ・水量のようなものだ。ビルディングならばフロア数・面積と駐車可能台数、現在空いている駐車スペース、1階に入店した店舗、さらには地下の飲食店の訪問者レビューまでも含む意味だ。新型コロナウイルス感染者の動線もまた空間情報だ。

空間情報という概念ができたのはいつ頃だろうか。19世紀当時だけでも人々は伝染病の原因を非科学的なところから探した。人の間で邪悪な気が移りながら流行病を起こすという形だった。1854年に英国の衛生学者であるジョン・スノウ博士はコレラの原因をある給水ポンプから見つけ出した。患者の位置を細かく記録することにより患者が特定地域に密集しており、さらには特定のポンプを飲料水源として使っていたという事実を明らかにしたのだ。空間情報を活用した古典的事例だ。

1900年代に入り測量技術が発達し、正確な地図を容易に利用できるようなった。時は流れ1990年代前後には地図をデジタル化した地理情報(GIS)技術が活用され始めた。「空間とデジタルの結合」だ。企業は効率的な物流センターの位置を決め手建設する作業などにGIS技術を利用した。

過去の空間情報が単純に地理情報を提供して人が利用するのにとどまったとすれば、情報通信技術(ICT)を基盤とした第4次産業革命時代は違う。空間情報は人工知能(AI)・ビッグデータ・モノのインターネット・拡張現実・ドローン・デジタルツインのような先端技術と融合・複合し付加価値を作る核心インフラとしての位置を確立している。代表としてナビゲーションと自分の周辺の美味しい店情報を考えてみよう。身近なものに空間情報が溶け込んでいる。

(続く)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.10.26 18:03
https://s.japanese.joins.com/JArticle/271594?servcode=100§code=120

全世界で作戦を展開する米軍には衛星利用測位システム(GPS)衛星などの宇宙資産は必須。[米空軍]
no title


韓国の次世代中型衛星第1号は白黒0.5メートル、カラー2.0メートル級解像度の光学カメラを搭載して高度497.8キロメートルで観測任務を遂行することができる。開発総予算は2015年から2434億ウォンが投入された。
https://i.imgur.com/9oVOVLw.jpg



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1603703818/続きを読む

【韓国】 高麗大名誉教授「壬辰倭乱で捕虜になった朝鮮陶工ら、遅れた日本を発展させ明治維新の礎になった」[08/25] [蚯蚓φ★]



1: 蚯蚓φ ★ 2020/08/25(火) 21:04:51.40 ID:CAP_USER
https://dimg.donga.com/ugc/CDB/JAPANESE/Article/5f/44/4c/dc/5f444cdc1c1ad2738245.jpg

「毎日が今日でありますように。…今日は今日と同じであれば、どんな世界と同じなのだろうか」

壬辰倭乱(文禄の役)の時、強制的に日本に連れていかれた朝鮮人陶工たちが故国を恋しがりながら歌った望郷の歌である「朝鮮の歌」の一部だ。「今日は今日と同じであれば」という歌詞には、戦争が終わって、毎日が穏やかで平和であることを望む切実な願いが込められている。

朝鮮の歌は、壬辰倭乱当時に流行していた歌謡で、その後、韓半島では姿を消したが、日本に連行された陶工たちとその子孫が相当期間歌った。日本で朝鮮の歌を巡る研究は、20世紀初頭や半ばに時々行われたぐらいだった。

高麗(コリョ)大学国語国文学科の鄭光(チョン・グァン)名誉教授(80)は、1982年当時、先任研究員だった京都大学文学部の書庫で朝鮮の歌関連資料を発見し、その後、日本学界に広く知られるようになった。日本で朝鮮の歌に関する学術書の単行本を発行してから30年ぶりに韓国語の翻訳本「朝鮮の歌」を最近発行した鄭教授に20日、ソウル蘆原区(ノウォング)の自宅で会った。

鄭教授は、壬辰倭乱は日本近代化の基礎を作るきっかけとなったと、ずっと主張してきた学者だ。印刷術、鉄器加工、木工分野など、朝鮮の先進技術者を日本に強制的に連れて行って飛躍的な発展がなされ、その後明治維新の基礎になったという。鄭教授は、「壬辰倭乱の前までは、日本は封建領主たちが乱立する力のない国だった」とし、「戦争の時、朝鮮の技術者を4万~5万人連れて行ったと推定される。人口比で計算すれば、今の40万~50万人を連れて行って、立ち遅れた日本を発展させるために利用したのだ」と主張した。

当時、日本は鹿児島県の苗代川に連れて行かれて白磁を作った全羅北道南原(チョンラブクド・ナムウォン)出身の陶工82人も、専門技術者の一部だった。鄭教授は、「日本は、陶工たちが作った陶器700万個以上を西洋に売って利益を残したという記録がある」とし、「この資金で西洋の武器を買って武装した大名たちが、江戸幕府に反乱を起こして明治維新がなされ、最終的には日本が近代化された」と主張した。さらに「朝鮮陶工たちの話は、朝鮮の技術力が明治維新の基になったという主張を裏付ける証拠の一つだ」と語った。

鄭教授が1990年に日本で朝鮮の歌関連の単行本を出してから30年ぶりに、韓国国内で翻訳本を出版した理由はまさにここにある。日本では、「日本の植民地支配で韓国が近代化された」という主張も出ているが、壬辰倭乱時にさかのぼれば、正反対だったという点を強調するためのものである。鄭教授は、「朝鮮は高麗末、元朝などから入ってきた膨大な技術の蓄積があった」とし、「当時の技術者と文化財搬出などを巡る研究がさらに行われなければならない」と強調した。

崔고야

ソース:東亜日報日本語版<鄭光・高麗大名誉教授「壬辰倭乱で捕虜になった朝鮮陶工ら、明治維新の礎になった」>
https://www.donga.com/jp/List/article/all/20200825/2161326/1/鄭光・高麗大名誉教授「壬辰倭乱で捕虜になった朝鮮陶工ら、明治維新の礎になった」



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1598357091/続きを読む

韓国政府、日本軍を打倒した「鳳梧洞の戦い」戦勝100周年記念切手を発行



1: 3K宇宙背景放射(光) [US] 2020/06/05(金) 20:32:09.87 ID:5T1+rrTR0● BE:201615239-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
 韓国政府の科学技術情報通信部(省に相当)郵政事業本部が、大韓民国独立運動史の重要な戦果の一つである
「鳳梧洞の戦い」戦勝100周年に合せ、記念切手68万8000枚を5日に発行する。同本部が4日に明らかにした。

 1920年6月7日、洪範図(ホン・ボムド)将軍などが率いる独立軍連合部隊は、中国の吉林省和竜県鳳梧洞の谷へ日本軍を誘い込んで戦闘を繰り広げ、
157人を射殺しておよそ300人を負傷させた(原文ママ)。独立軍の被害は戦死者4人、重傷者2人だった。

 記念切手の図柄には、独立記念館に所蔵されている西洋画家の故・任直淳(イム・ジクスン)画伯の作品「洪範図将軍の鳳梧洞の戦い」を収めた。
5日から近所の郵便局や「インターネット郵便局」(www.epost.go.kr)で購入できる。

■「武装闘争で自主独立を達成できるという希望を与えた事件」

 郵政事業本部は4日に配布した報道資料で、鳳梧洞の戦いの背景になった「三屯子の戦い」について詳細に説明しつつ
「(独立軍の攻撃を受けて)追撃に出てきた日本軍は独立軍部隊を発見できず、罪もない良民を虐殺した」と強調した。

 また郵政事業本部は、鳳梧洞の戦いの意義について「日帝の弾圧に苦しんでいた韓国民族に、武装闘争で自主独立を実現できるという希望を与え、
1920年代に独立戦争が活発に展開する契機となった」と評価した。

 朴鍾石(パク・チョンソク)郵政事業本部長は「今回の記念切手発行を通して、民族の主体性を守ろうと努力した独立軍を記憶し、
独立の希望と信念を植え付けた鳳梧洞の戦いの意味をかみしめるきっかけになることを望む」と語った。

http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020060580092



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1591356729/続きを読む

韓国「米韓スワップ、今回は米国が焦ったようだ」



1: マラビロク(長野県) [DK] 2020/03/23(月) 08:03:48.58 ID:8wUPbUrM0● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/asopasomaso.gif
 「2008年は韓国が急いでいたが、今回は米国も急いでいた」

 今回の韓米通貨交換(スワップ)協定を推進した韓国外国為替当局関係者の話だ。
李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁は20日、今回の韓米通貨スワップが締結された過程について、
「米国が積極的に対応した。ジェローム・パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長がかなり迅速にアクションしてくれた結果だ」と説明した。
韓国もウォン安が進むなど、ドル供給が緊要な状況だったが、米国もそうだった。
全世界で同時に始まったドル不足が、米株式市場などの金融と実物を揺るがしたことから、事態鎮静化のため以前に比べて積極的に打って出たのだ。

中略

 「2008年は韓国が急いでいたが、今回は米国も急いでいた」

 今回の韓米通貨交換(スワップ)協定を推進した韓国外国為替当局関係者の話だ。
李柱烈(イ・ジュヨル)韓国銀行総裁は20日、今回の韓米通貨スワップが締結された過程について、
「米国が積極的に対応した。ジェローム・パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長がかなり迅速にアクションしてくれた結果だ」と説明した。
韓国もウォン安が進むなど、ドル供給が緊要な状況だったが、米国もそうだった。
全世界で同時に始まったドル不足が、米株式市場などの金融と実物を揺るがしたことから、事態鎮静化のため以前に比べて積極的に打って出たのだ。

韓米通貨スワップ…2008年は姜万洙がワシントンに飛んで要請、今度はパウエルが迅速にアクション
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2020/03/21/2020032180007.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1584918228/続きを読む

【韓国】 「日帝収奪の歴史」をバーチャルリアリティで再現...「群山ホログラム コンテンツ体験ゾーン」竣工



1: 蚯蚓φ ★ 2020/01/01(水) 15:09:49.24 ID:CAP_USER
no title

▲全北群山市「旧朝鮮食糧営団群山出張所」建物に造成される群山ホログラム コンテンツ体験ゾーン空間構成鳥瞰図/提供=全羅北道文化コンテンツ産業振興院.

全北(チョンブク)群山市(クンサンシ)で「日帝収奪の歴史」がバーチャルリアリティで再現される。

全北道と群山市、(財)全羅北道文化コンテンツ産業振興院が30日午後2時、全北群山地域の近代歴史文化コンテンツを開発し、文化・観光産業活性化に寄与する「群山ホログラム コンテンツ体験ゾーン」を開く。

ホログラム コンテンツ体験ゾーンは日帝時代、湖南(ホナム)平野米収奪の歴史をそのまま見せる「旧朝鮮食糧営団群山出張所」の建物を活用して作り、国費と地方費合わせて合計70億ウォンの事業費が投入された。

体験ゾーンは大きく1階に歴史展示室、復元展示室、バーチャルリアリティ(VR)体験室と2階ホログラム上映館等で構成される。文化コンテンツと情報通信技術(ICT)を接続して日帝食糧収奪の歴史を体験的要素で再現した。

歴史展示室は日帝強制占領時代の資料をベースに当時の群山の姿と収奪の痛みをグラフィックで再現・展示する予定だ。

復元展示室は当時の写真資料などに基づいて応接間を復元し、コンセプトに合わせてプロジェクション マッピングと基盤インタラクション体験が可能になり、建物の歴史と群山市の発展過程をホログラム マッピングで見ることができるようにした。

バーチャルリアリティ(VR)体験室は日帝強制占領期間、収奪の歴史ストーリーに基づくVRゲーム体験が可能だ。

2階にあるホログラム上映館は湖南で最初の3・1運動万歳運動の歴史的事実をシナリオ化したホログラム映画と日帝強制占領期間の群山の生活像を見ることができるホログラム ドキュメンタリーを鑑賞できる。

ホログラムコンテンツ体験ゾーンは文化財の建物の外形復元過程を見ながらコンテンツまで体験するサービスを提供する予定だ。

試演会を通じてホログラムコンテンツ体験ゾーンに対する多様な意見を収斂し補完して実証試験期間を経て来春から本格的な運営に入る。

ファン・チョルホ道文化体育観光局長は「湖南初の3.1万歳運動が起きた群山の独立抗争、沃溝(オック)農民抗争など近代史をホログラム、情報通信技術を活用した公演および体験型歴史教育でコンテンツ化した。地域競争力が強化されるよう最善を尽くす」と話した。

ナ・ヒョンボム記者

ソース:アジアトゥデイ(韓国語)全北(チョンブク)、群山(クンサン)、‘日帝収奪の歴史’バーチャルリアリティで再現...ホログラム コンテンツ体験ゾーン竣工
http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20191229010016723


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1577858989/続きを読む

【韓国】 「壬辰倭乱の時、72キロの大型爆弾『震天雷』で倭軍を撃破した」~韓国の教授、研究発表



1: 蚯蚓φ ★ 2019/11/20(水) 21:50:59.60 ID:CAP_USER
no title

▲チェ・ヨンソク科学技術連合大学院大学教招へい教授が復元した「震天雷」の’設計図.
no title

▲世宗(セジョン)時代の銃筒碗口復元の姿(左側写真)を基にチェ・ヨンソク教授が復元した大碗口設計図。チェ・ヨンソク教授提供

壬辰倭乱の時、倭軍を討伐・撃退するのに「飛撃震天雷」より5倍爆発力が大きい大型爆弾「震天雷」が大きな役割を果たしたと推定された。

蔡連錫(チェ・ヨンソク)科学技術連合大学院大(UST)招聘教授(68)は19日、「壬辰倭乱の時、陸上戦闘で使われた爆弾である『震天雷』は『飛撃震天雷』より5倍以上の殺傷力を備えた大型爆弾で倭軍を討伐・撃退するのに核心的役割を果たした先端武器であった」と明らかにした。

チェ教授(前韓国航空宇宙研究院院長)は神機箭や亀甲船、各種火砲などを研究復元した古火器の専門家で、震天雷に関する研究結果を全北(チョンブク)高敞(コチャン)邑で開催された「飛撃震天雷保存および活用事業学術大会」で発表した。

チェ教授は1635年発刊された火薬武器兵書「火砲式諺解」に「震天雷は大碗口から発射され飛撃震天雷は中碗口を利用した」とされており、1694年編纂された江華島(カンファド)地理誌「江都志」、英祖の時に記録された「日省録」等にも震天雷に関する記録が残っている点をあげて壬辰倭乱の時、震天雷が使われたと主張した。

「火砲式諺解」には「震天雷は鉄鋳造して丸く胴を作り重さ113斤(67.8㎏)、鉄のふたが10両(375g)、爆発を遅延させる柱檄鉄筒の重さ1斤8両(900g)で、火薬5斤(3㎏)、殺傷用鉄片である菱鉄(鉄びし)30個を入れる」とされ、全重量が72キロに達すると推測される。

チェ教授は「記録には震天雷が飛撃震天雷より重さは5.6倍重いうえ、火薬も5倍多く、菱鉄も30個入れて爆発力と殺傷力が5倍以上大きかった。これは震天雷が倭軍を討伐して撃退するのに大きな役割を果たした武器だということを見せてくれる」と話した。

実際に晋州(チンジュ)博物館に保管されている壬辰倭乱当時の「鄕兵日記」には「倭敵を討伐する計略として震天雷より良いものはなかった」(1593年2月9日)、「震天雷は効果があり、倭敵の肝を冷やすので極めて嬉しいが、安東(アンドン)の陣営には3つしかないうえ、火薬が底をつき、輸送できない」(1593年1月16日)という内容が載っている。

チェ教授は「中碗口から発射された飛撃震天雷とは異なり震天雷はこれよりはるかに大きな大碗口で発射されたが、実物が残っていない」として世宗時の銃筒碗口を基に設計した大碗口の形を公開した。

彼はまた、震天雷が大碗口の中で爆発した場合、被害が大きいので、安全なところに隠れて長い点火線を利用して発射したり神機箭を利用して点火・発射しただろうと推定した。

チェ教授は、「壬辰倭乱当時の海戦では亀甲船と板屋船の大型艦砲を利用して倭船を破壊・撃沈させたように、陸戦では震天雷と飛擊震天雷などの巨大な爆発力を利用して倭軍を討伐したことが明らかになった」と語った。

イ・グンヨン選任記者

ソース:ハンギョレ新聞(韓国語)“壬辰倭乱の時72㎏大型爆弾‘震天雷’で倭軍打ち破った”
http://www.hani.co.kr/arti/science/science_general/917566.html#csidx9a43ab0a8dfee98b06a4e07e16eb081



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1574254259/続きを読む

「本来あって欲しかった歴史こそが”正しい歴史”」文在寅





分かり合うのってもう無理だと思う

狂ってる