【朝鮮日報】韓国特使の扱いが分かる2枚の写真



1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2017/05/22(月) 09:54:52.12ID:CAP_USER.net
no title


朝鮮王朝の第16代国王・仁祖(1595-1649)は清の太宗の足下で三跪九叩頭(さんききゅうこうとう)の礼を行った。これは3回ひざまずいて頭を下げ、そのたびに頭を地面にたたきつけるというものだ。当時、清国皇帝の臣下は皇帝の前で誰もがこれをしなければならなかったという。他国からやって来た使節も同じだった。これが外交問題となったのは、いわゆる「中華秩序」の外にあった西洋諸国が中国と交流するようになってからだ。

1793年、イギリス国王ジョージ3世の親書を携えてきた英国の外交使節に対し、中国はこの三跪九叩頭を行うよう求めた。それから23年後に派遣された使節団も同じような求めを受けたことから、英国はたちまちその牙をむき、武力を前面に出して大陸に攻め込み始めた。中国が外交使節に立ってあいさつを行う「立礼」を認めたのは、英国によるこの砲艦外交に屈したからだ。

1883年には国王の親書を持って米国にやって来た朝鮮の外交使節の様子を描いたイラストが現地の新聞に大きく報じられた。使節は閔泳翊(ミン・ヨンイク)や洪英植(ホン・ヨンシク)など朝鮮で絶大な力を誇っていた人々だが、彼らは事大を当然と思っていたためか、米国大統領の執務室に入る前に膝をついて深々と頭を下げる様子がイラストに描かれていた。

当時のアーサー大統領も戸惑ったようだ。握手をしようと差し出そうとした右手を下げることもできず、困った表情で彼らを見下ろしていた。アーサー大統領は普段は礼などしなかったが、通常よりも深く腰を曲げて丁重に使節団を迎えたという。

大した武力もなかった弱小国の朝鮮は、生き残るために三跪九叩頭のような屈辱も拒絶しなかった。朝鮮王朝時代初期、明に派遣されたある使臣は、王妃が逝去したため明の太祖が下賜した服を着ず喪服を着たが、これが「皇帝を侮辱した」と見なされ首をはねられた。朝鮮はこのような屈辱を受けてもどうすることもできなかった。もちろんこれは数百年も前の話だ。

一昨日の朝鮮日報に米国のトランプ大統領、中国の習近平・国家主席が韓国から派遣された特使と共に撮影した写真が掲載された。1枚はトランプ大統領が一人座り、それ以外は横に立つ様子が写っていた。一方の習主席は4年前に韓国の特使と並んで座り対話を交わしたことがあるが、今回の写真を見ると特使をテーブルの遠くに座らせていた。財閥の会長に報告しに来た子会社の社長のような扱いだ。

米中首脳はいずれも個性的なキャラクターを持っている。トランプ大統領については今更説明する必要もないし、習主席も徐々に「皇帝」のまねをするようになったという。特使は国を代表する立場にあるため、訪問先ではその国のトップと並んで座るケースが多い。ただ韓国がこのような問題に過敏に反応し過ぎるという指摘もある。日本は国益のためなら大国に卑屈な態度をも意図的に演出する。いずれにしてもこの2枚の写真が韓国外交の今後を予告するものにならないよう願いたい。


2017/05/22 09:20
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/22/2017052200691.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/22/2017052200691_2.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495414492/続きを読む

韓国のよくじょうマナー、見るに耐えない 先進国民になるのははるか遠い先



1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2017/05/21(日) 13:36:20.84ID:CAP_USER.net
大衆浴場を利用するたびに、基本的なマナーを知らない市民の行動が目につく。

男風呂の場合、使用済みのタオルを入れておく場所が決められているにもかかわらず、シャワーや浴場のいす、時には床にまで平気で放置する利用者が多い。

サウナでは新聞や雑誌を見るとか、ひげそりをする行為は禁じられているが、これを守らない利用者も珍しくない。

またサウナから出たらシャワーで汗を洗い流してから浴槽に入るのがマナーだが、シャワーをせずにすぐ水風呂に入るケースも全く珍しくない。

見ていて最も気分を害するのはヘアドライヤーの使い方だ。本来は髪を乾かすのに使う道具だが、足の指や脇の下、尻、時には局部にまで使用する利用者がいる。

このような基本的なマナーが守られない限り、先進国民になるのははるか遠い先のことだ。

ペ・ヨンイルさん(昌原大学特殊教育科講師)


朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/19/2017051901537.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1495341380/続きを読む

 朝鮮日報社説「中国が抗議すべきは韓国のTHAADではなく日本のXバンドレーダー」



1: 2017/04/27(木) 16:34:55.82 ID:TmKhN0LR0.net BE:723460949-PLT(13000)?PLT(13000)

【社説】中国が抗議すべきは韓国のTHAADではなく日本のXバンドレーダー

(以下抜粋)
 THAADはもちろん完全とは言えないが、現時点で北朝鮮の核兵器やミサイルによる
攻撃を防ぐのに必要な最低限かつ最善の防衛手段であることは間違いない。しかし
THAADそのものはさほど大掛かりな施設ではない。一般の路線バスサイズのレーダーに
ミサイル発射台が設置されただけのもので、実際にこれを動かす兵士もせいぜい100人
程度。しかも指揮官は大尉だ。ところがどういうわけかこの程度の配備をめぐって
国全体がこれほど大騒ぎになっており、しかも大統領への当選が有力視される候補者が
「主権」という言葉まで持ち出して必死に反対している。過去に聞いたこともない
ような異常事態だ。もちろんその理由はただ一つ。「中国が反対しているから」という
だけだ。実際に中国外交部(省に相当)は韓国へのTHAAD配備を受け「中国の利益を守る
ため必要な措置を取るだろう」と激しく反発した。

 現在の韓半島(朝鮮半島)情勢は米中協力によって大きく動きつつある。北朝鮮・朝鮮
労働党の金正恩委員長も圧力を感じているのか、軽々しく挑発行動を取れないようだ。
また進歩勢力は「韓国にTHAADが配備されれば中国が協力しなくなる」と主張しているが、
現状はそれと正反対の方向に動いている。しかも韓国は中国によるTHAAD報復をさえ少し
ずつ克服しつつある。当初中国は「THAADレーダーの設置は中国を監視するのが目的」など
と主張していたが、これも単なる言い掛かりだった。中国が本当に抗議すべきは韓国に
配備されるTHAADのような終末段階のミサイル防衛システムではなく、前方の探知を目的と
して日本に配備されているXバンドレーダーの方だ。中国は韓国を思い通り操ろうとすべき
でなく、また韓国の進歩勢力も中国に同調すべきでない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/27/2017042701001.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493278495/続きを読む

【北朝鮮情勢】「安倍首相、誤解を招き得る言及は自制すべきだ」難民流入の対処策に韓国外務省 メディアは「慰安婦像の腹いせ」



1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/04/18(火) 20:00:16.37 ID:CAP_USER.net
http://www.sankei.com/world/news/170418/wor1704180048-n1.html

 【ソウル=名村隆寛】安倍晋三首相が朝鮮半島有事の際に予想される日本への難民流入の対処策を検討していることを明らかにしたことに対し、韓国外務省報道官は18日の定例会見で「仮想の状況を前提とし、誤解を招き、平和と安定に否定的な影響を及ぼし得る言及は自制すべきだ」と不快感を示した。

 韓国人記者の質問に答えたもので、韓国メディアからは「外交的に相当な問題発言だと思うが、憂慮や遺憾の表明をしたのか」といった質問も出ていた。

 韓国では、北朝鮮情勢をめぐり日本が警戒していることに対し、「日本が危機をあおっている」との批判がメディアなどで相次いでいる。18日付の朝鮮日報は社説で「緊張をあおるような低水準の稚拙な言動といわざるを得ない」「慰安婦像に対する感情的な腹いせにしか聞こえない」と曲解し、日本側の危機意識を理解しようとしていない。

 北朝鮮と直接軍事的に対峙(たいじ)しているはずの韓国では、なぜか現実的な危機感がほとんど感じられない。


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492513216/続きを読む

【朝鮮日報社説】 韓国の不幸を願い、楽しむような安倍首相



1: ハーフネルソンスープレックス(岐阜県)@\(^o^)/[KR] 2017/04/18(火) 14:49:38.31 ID:ckP5ODJh0.net BE:723460949-PLT(13000)?PLT(13000)

【社説】韓国の不幸を願い、楽しむような安倍首相の言動

 安倍首相は昨日(17日)、衆議院で、韓半島有事の際に日本に避難民が流入した場合の
対策について質問を受け、「我が国が庇護すべきものに当たるか否かのスクリーニング(選別)
といった一連の対応を想定している」と答えた。韓半島の緊張をあおるような質問も答弁も
レベルの低い稚拙な言動といわざるを得ない。
 日本の一部メディアは、まるで韓半島ですぐに何かが起こるかのように軽はずみな振る
舞いをしている。一時帰国しながらこっそり戻ってきた日本大使は、韓国国防部(省に相当)
長官に面談を要求するというとんでもない行動に出た。これも日本人避難問題を話し合うとの
理由だと言われている。手ぶらで韓国に戻ったことに対し日本国内で非難の声が高まるや、
わざとこうした無礼な行動で挽回しようとしたのだろうという話もあるという。

 今、韓日間には慰安婦合意に対する韓国国内の反発や少女像問題が存在している。韓国国内に
歴史問題を解決し、未来へ向かって前進するのではなく傷をこじらせようとする人々がいる
のも事実だ。だが、根本的にはどれも日本が韓国に被害を与えたために起こったことだ。
日本は「いつまで反省しなければならないのか」というが、いくら反省してみたところで、
安倍首相のような人々がこのようにレベルの低い言動をすれば意味がない。安倍首相の言葉は
少女像に対する感情的な腹いせにしか聞こえない。韓国の国会で「日本で大地震が発生して
韓国に難民が流入した場合」の対策を聞く質問が出て、韓国の公職者が「スクリーニングする」
と答弁する光景を想像してみてほしい。今、一部の日本人の間に反韓感情が広がっている
とはいえ、公職者たちがまるで隣国の不幸を願い、楽しむような言動でこれに迎合しよう
というなら、両国関係の正常化はますます遠ざかるしかない。
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/18/2017041800512.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492494578/続きを読む

【教育】 日本、限りない軍国主義化の歩み…銃剣術教育認定に続き、ヒットラー「我が闘争」を教材として許可、と韓国メディア



1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2017/04/16(日) 21:02:14.18 ID:CAP_USER.net
日本政府がナチスドイツの独裁者アドルフ・ヒットラーの著書「我が闘争」を学校教材に使うことができると決定した。

時事通信などは去る15日、日本が前日の閣議(閣僚会議)で教育基本法の趣旨により校長と学校設立者の責任と判断により使用可能という内容の答弁書を作成したと明らかにした。これは野党・民進党の宮崎岳志議員の質問に対する政府の立場を問う返事の形で作成された。

答弁書は「本の一部を引用して教材として使用、執筆当時の歴史的背景を考える授業の事例がある」とし、このように明らかにした。

ただし答弁書は条件を明確にした。人種に基づく差別を助長させる形で使用するならば、同法等の趣旨に合致せず、そうした指導があれば管轄庁や設立者が厳正に対処しなければならないと強調した。

このような条件でも全体主義的思想に対する幻想や自民族中心主義が無批判に理解されて行われるという不安と疑問は依然として残る。

「我が闘争」はヒットラーが「ミュンヘン反乱」で投獄された時に著述されたもので1925年に出版された。その後、ナチ政策の根幹になったユダヤ人への憎しみなど人種差別的内容を含んでいる。ヒットラー執権当時、ナチ党員の必読書だった。

ドイツは2014年、「我が闘争」だけでなく、ヒットラーの著述に対する「無批判的出版」を全面的に許さないことにし、最近は批判的注釈を加えた本がドイツで出版されている。

一方、日本は前日の閣僚会議で銃剣術を学校で教育することを認める、という政府の立場を公式採択した。日本は先月、中学校学習指導要領に銃剣術を体育の「武道」選択科目に含めたことについて「軍国主義の復活と戦前への回帰の一環という指摘は合わない」という立場を定めた。

これに先立って先月開かれた閣議では軍国主義の象徴である「教育勅語」について「憲法や教育基本法などに違反しない形の教材として使うことを防ぐことはできない」という内容も公式の立場に定めた。

過去、軍国主義時代の時に活用された教育を一つまた一つと導入しながら批判を無力化させ、教育現場を軍国主義化、国粋主義的な色彩に染めようとするという批判が大きくなっている。

東京イ・ソクウ特派員

ソース:ソウル新聞(韓国語) 日本限りない軍国主義化歩み…ヒットラー「私の闘争「教材許可
http://www.seoul.co.kr/news/newsView.php?id=20170417012010


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1492344134/続きを読む

【中央日報】強大国(米国、中国、日本)は韓国統一を望まない?



1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2017/04/08(土) 14:00:50.49 ID:CAP_USER.net
中央日報/中央日報日本語版 2017年04月07日15時24分
http://japanese.joins.com/article/833/227833.html

大韓民国には「強大国は南北統一に反対する」という認識が密かに広まっているようだ。歴史の本、政治談論、世論調査結果を詳しく見てみると、「強大国が韓国を分割し、分断状態の維持を望む」という考えを読み取ることができる。事実だろうか。

20年余り前、私は米外交協会(CFR)のために韓半島(朝鮮半島)の未来に対する大型タスクフォースを運営して日本や中国の官僚とともにこの問題について討論したことがある。

ジョージ・W・ブッシュ大統領当時、国家安保会議(NSC)に約5年間勤務していた時も、この問題を検討した。各政府はなかなか韓国統一に対する本音を明らかにしない。私は米国・日本・中国側の人々と数百時間にわたって討論した結果、強大国の本音をある程度把握することになった。

もちろん、米国にもさまざまな見解があるが、トルーマン政府以降、米国の政策はソウルによる究極的な統一だ。この原則が揺れた米政府はなかった。時間が立つにつれて大韓民国による統一という原則に別の条件が追加された。

まず、統一韓国には核兵器があってはならない。次に、統一韓国は韓米同盟の持続を自由に選択できるようにするべきだ。最後に、国際社会全体が統一韓国を経済的・外交的に支援しなければならない。

米政府には北朝鮮の崩壊と韓国による統一のための戦略計画がない。1994年の金日成(キム・イルソン)死亡後、クリントン政府は北朝鮮の崩壊が迫っていると見て金泳三(キム・ヨンサム)政府と非常対策準備に着手した。

だが、北朝鮮の崩壊を積極的に誘導する計画を用意することはなかった。

事実、米国はその反対に米朝基本合意を通じて北朝鮮政権を支えた。ジョージ・W・ブッシュ大統領の国家安保会議は政権交代戦略の効果を研究したが、ブッシュ大統領は圧力と6カ国協議を通した関与政策を取った。

オバマ政府は初期に深い水準の対北朝鮮関与政策を約束したが断念した。北朝鮮の2009年核実験以降、しばらく政権交代を検討したものの、リスクが非常に高いという判断のために「戦略的忍耐」政策に素早く後退した。

トランプ政府は新しいアプローチ法を謳いながらもまだ具体的な政策を樹立していない。

米国議会には韓半島の民主的な統一に対する広範囲の支持がある。だが、政策決定者にとっては統一の性格もまた重要だ。

北朝鮮が全面的に崩壊すれば核兵器が流出するおそれがあり、米国と中国の間に意図しなかった軍事衝突も発生する可能性がある。一部の人々は北朝鮮の人々を解放して北朝鮮の核脅威を終息させることが、危険を甘受するほどの目標だと主張する。

要約するなら、米国には統一原則に対する強力な超党派的支持があり、北朝鮮の急変事態にどのように備えるのかについて韓米両国は非常対策を今も話し合っている。

だが、米国内では韓国統一に向けた具体的な合意や計画はない。これは適切だと見ることができる。統一過程はソウルが主導しなければならないというのが米国の見解であるためだ。

>>2につづく


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1491636934/続きを読む



アクセスランキング