【中国メディア】平和憲法の改正を目指す安倍総理の長年の野望実現に道



1: ろこもこ ★ 2017/10/23(月) 11:03:11.36 ID:CAP_USER.net
http://www.news24.jp/articles/2017/10/22/10375830.html

 中国の国営新華社通信は、日本メディアを引用しながら「自民党が単独で過半数の議席を獲得し勝利することが確実になった」と速報。

 また、複数の出口調査などから「改憲勢力が3分の2以上の議席を確保し、戦後の平和憲法の改正を目指す安倍総理の長年の野望実現に道を開く」と警戒感をこめて伝えている。



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1508724191/続きを読む

【中国報道 】日本と中国のラーメンは「全くの別物」・・・日式ラーメンは絶対に本場で食べるべき



1: らむちゃん ★ 2017/10/21(土) 11:06:57.95 ID:CAP_USER.net
サーチナ2017-10-21 10:12
http://news.searchina.net/id/1646334?page=1

 今やラーメンは世界で人気を集めているが、ラーメンの本場である中国で親しまれるラーメンと日本のラーメンには大きな違いがある。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本でラーメンを食べたという中国人の手記として「日式ラーメンは本場の日本で食べてこそ満足できる」とする記事を掲載した。

 中国で食べられている麺の種類は非常に多いが、中国全土で一般的に知られているラーメンに「蘭州拉面」というものがある。これは中国中部の蘭州を本場とし、澄んだ色の牛ベースのスープにコリアンダーなどのスパイスの風味が効き、手打ちのやわらかい麺が特徴のラーメンだ。

 蘭州拉面は「牛肉麺」としても知られているが中国のラーメンは手打ち麺で、「引っ張る」という意味の「拉」が使われているように手打ちで引き延ばして麺が打たれていく。

 こうした蘭州ラーメンを好む中国人が中国で日本風ラーメンを食べると、「値段はとても高いのに然程美味しくない」と感じることもあるようだが、実際には日本のラーメンを好む中国人も少なくない。そういった人たちの中には、日本のラーメンがなぜ中国のラーメンより美味しくなったのか疑問に思う人も多いようだ。

 記事は、日本の豚骨ラーメンの店を紹介している。スープにこだわりを持つのは日中のラーメンどちらも一緒だが、日本の豚骨ラーメンはトッピングが素晴らしいと称賛、客が自分の好みに応じてトッピングを追加できるのも良いとし、「半熟卵を乗せるとスープに溶け出した卵がラーメンをさらに美味しくする」とその情景を語った。

 また、日本のラーメン店は注文の仕方の説明が分かりやすく表記されていることや、券売機によって、客数が多くても従業員を少なくし、良いサービスが提供できていることにも感心したようだ。

 中国で近年人気が高まっている日式ラーメンだが、サービス面も含めて、「日式ラーメンは本場の日本で食べてこそ満足できる」と伝えている



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1508551617/続きを読む

【中国】「また出たー!」「日本の中二病は深刻」日本のある図が中国で話題



1: ねこ名無し ★ 2017/10/18(水) 06:24:46.82 ID:CAP_USER.net
2017年10月16日、中国メディア・澎湃新聞によると、日本メディアが卓球選手の能力を「レーダーチャート」で示して比較することが中国で話題になっている。

中国の卓球選手・馬龍(マー・ロン)は「六角形戦士」と呼ばれている。パワー、スピード、テクニック、サーブ、レシーブ、経験値の6項目がすべてパーフェクトで、レーダーチャートがきれいな六角形になっているためだ。

「地上最強の男」とまで評価される馬龍のほか、樊振東(ファン・ジェンドン)もきれいな六角形のチャートになっている。一方、日本のトップ選手はどこかウイークポイントがあり、きれいな六角形にはなっていない。

中国のネットユーザーが注目しているのは、日本のメディアがこうしたレーダーチャートを好んで使用すること。

もはや定番となっている選手たちの能力を数値化して図で示すことに、「また出たー!」「日本の中二病(中学2年生頃の発達途上の段階にありがちな過剰な自意識やそれに 基づくふるまいをやゆする俗語)は深刻」などのコメントが書き込まれ、話題になっている。(翻訳・編集/岡田)

http://www.recordchina.co.jp/b193962-s0-c60.html

no title



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1508275486/続きを読む

【中国報道】凶悪な民族なんかじゃない!一度日本に行ってみれば、真実の日本の姿に「ゾッとする」はず



1: ねこ名無し ★ 2017/10/18(水) 05:27:28.76 ID:CAP_USER.net
インターネットが普及し、さまざまな情報に容易にアクセスできるようになった中国だが、それでも日本についてはまだ正確な知識が広まっているとは言いがたい状況だ。また、抗日ドラマなどの影響なのだろうか、日本に対する中国人の印象も偏っていて、今でも「日本人は凶悪な民族」だと考えている中国人もいる。

だが、中国メディアの今日頭条はこのほど、「中国人は一度でも日本を旅行で訪れ、日本がどういう国かを体験すべきだ」と論じる記事を掲載した。

この記事の筆者は、東京都内の大学に留学生として来日し、博士課程を経て現在も大学で学生の指導に当たっているという中国人だ。日本在住の期間が長いゆえ、日本社会や日本人に対する理解も深いことが読み取れるが、この中国人の印象からすると「中国のテレビドラマで語られる日本人は実際の日本人とは全く異なる」のだという。

この中国人がまだ日本に来て1カ月ほどしか経っていなかったころ、「背筋に冷や汗をかくような思いをした」らしい。それは東京が100年を超す歴史ある建造物と近代化が進んだ街並みが共存していて、しかもどこでも同じように秩序が保たれていて、サービスの水準も一律に高く、そして日本人は誰もが真面目で勤勉であることを感じ取ったからだという。

たとえば、下町にある家族経営の金物屋でも「売り物は整然と並べられ、清潔感がある」し、工事現場を行き来するトラックでさえ「積荷がきちんと覆われ、車は清潔で運転手の身なりもきちんとしている」ことに驚いたと紹介した。

確かに中国では都市にある高級ブランドであれば店員のサービスはそれなりの水準にあるが、個人経営の小さな商店は店員の態度に愛想の1つも見られない店が普通にある。また積載量を大幅にオーバーしたトラックも普通に道路を走っていて、こちらが逆に冷や汗をかくことがある。

さらに記事は、現在の中国はハード面では日本とさほど大きな差はないが、ソフトの面での差は大きく、「交通規則を守り、ゴミのポイ捨てをせず、穏やかに人に接し、真摯に物事に取り組むという点匂いて中国はまだ歩み始めたばかり」と指摘。

また、現在の「日本の一般の人々は親切で、中国人の一般庶民と変わらず、平和を愛している」とし、中国で日本人に対して間違ったイメージが定着していることについて「中国人は一度でも日本を旅行で訪れ、日本がどういう国かを体験すべきだ」と呼びかけている。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1646010?page=1

関連記事
礼儀を心得ているはずの日本人、高齢者に席を譲らないのはなぜ?=中国
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171017/Searchina_20171017100.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1508272048/続きを読む

【Record China】70年前の漢字廃止の動きを阻止したのは米国もびっくりの日本の識字率 中国メディア



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/10/03(火) 15:34:03.68 ID:CAP_USER.net
https://i.imgur.com/4C3OMFB.jpg
1日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本では70年前に漢字廃止の動きがあったことを伝える記事が掲載された。資料写真。

2017年10月1日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本では70年前に漢字廃止の動きがあったことを伝える記事が掲載された。

記事は、中国で発明された漢字は日本人にとってひらがなと共に日本語を構成する重要な要素であり、日本文化の至る所に浸透していて、漢字に誇りすら抱いていると伝えた。

しかし、およそ70年前の戦後間もないころ、米国主導の連合軍に占領された日本では、軍国主義であった日本を改革するため「漢字を廃止する」計画があったと紹介した。

その理由は、米国人が、複雑な漢字を多くの日本人が読めるとは思わず、漢字が日本人の教育程度に悪影響を与えていると考えたことや、「一億玉砕」などの漢字のスローガンが米国人に悪いイメージを与えたためだという。

そのため、米国の教育使節団は、「漢字と仮名を廃止してローマ字にすることで、識字率が向上し民主主義を促進できる」と報告。「漢字で誤った情報が伝えられ、事実を知らない国民に、誤った判断をさせることになった。民主主義を促進するためにはこの悪魔の文字を廃止する必要がある」という結論になったという。この時には、大手新聞社も社説などで漢字廃止を支持していた。

しかし、1948年に全国の15歳から64歳までの1万7000人を対象にした調査を行ったところ、非識字率がわずか2.1%という結果だった。この調査は農村の主婦や年配女性も対象に含まれていたため、この結果に米国と改革派の日本人は非常に驚いたという。

それで記事は、圧倒的に高い識字率が漢字を守ったとし、漢字文化圏に残った日本は本当にラッキーだったと分析。名前には漢字を使用しつつも漢字廃止を声高に叫ぶ韓国人との違いを強調して記事を結んだ。(翻訳・編集/山中)

Record China 10月1日(日)21時0分
http://www.recordchina.co.jp/b192215-s0-c60.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1507012443/続きを読む

【中国】「日本と言えばアニメ?尖閣?」=日中国交正常化45周年、中国の若者は日本をどう見ているのか?―中国メディア



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/09/30(土) 19:04:47.24 ID:CAP_USER.net
2017年9月29日、日中国交正常化45周年を迎えたこの日、央視新聞は日本について語る中国の若者の声を集めた動画をネットに掲載した。

動画に添えられた文章によると、この3分間の動画は北京市の五道口、南鑼鼓巷、三里屯にいた若者20人の日本に対する見方を聞き取ったもの。それぞれ、販売、貿易、デザイン、工程管理など異なる仕事に従事しているという。

まず最初に映し出されるのは「アジアの中で一番行きたい国は日本」と答える男性だ。その後、「日本は大好き」「嫌い」「特に偏見は持っていない」「日本に対しては中立的な考え方」と答える男女が次々と登場する。ある女性は「中国人にとって日本は矛盾した国」とコメント。

中盤には「日本と聞いてまず思い浮かべること」というテロップが現れ、ここでは「国内で日本のアニメがたくさん放映されていること」「礼儀正しさ」「街がとてもきれい」「男性の背はそれほど高くない。女性はとてもかわいくて優しい」「良い面もあるし悪い面もある。一言で言い表すことはできない」「歴史を直視する姿勢が足りない」などの意見が聞かれた。また、尖閣問題や日本政府の態度、放射能を挙げる人も。

さらに「日中関係をどう見るか?」の段では、「中国は日本と仲良くしようとしているが、日本にこの姿勢が足りないと感じる時もある」「すぐに改善できるとは思えない」「日本には中国を侵略した過去がある。多くの中国人は日本を友好的に捉えていないと思う」「自分の親のような世代は日本が嫌いかも。この世代の心の持ちようから変えなければ関係改善は難しいと思う」との声が上がった。

最後の「どのような期待を持っている?」では、「日本が小学校の教科書から内容を見直して歴史を正視すれば外交的なサポートになると思う」「今はネットがとても発達している時代。中国も日本についてより多くのことを理解する必要がある。そして日本にも中国を理解してほしい」「大切なのは互いに理解し合うこと。交流を増やすことが大事」などの意見が寄せられ、

冒頭に登場した男性の「自分には日本人の友人がいる。彼らも普通の人。過激な思想など持っていない。われわれはもっと楽観的に両国関係を見るべきだと思う。今後ますます良くなるはずだと」という言葉で締めくくられた。(翻訳・編集/野谷)

http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170929/Recordchina_20170929072.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1506765887/続きを読む

【平昌五輪】強豪国が相次ぎ不参加の可能性示唆=「開催に暗雲」―中国メディア



1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2017/09/24(日) 09:20:52.51 ID:CAP_USER.net
2017年9月23日、新浪体育によると、朝鮮半島情勢の悪化により、来年に韓国で開催される平昌五輪への不参加の可能性を示唆する国が相次いでいる。

21日、フランスのフレセル・スポーツ相は「北朝鮮の核開発による緊張状態が続き、選手の安全が十分に確保されない場合、フランス代表団はフランスに留まることになる。政府は代表団を危険な場所に行かせない」と発言。平昌五輪不参加の可能性を示した。

この動きが各国に飛び火。22日にドイツとオーストリアも同様の声を挙げた。オーストリア五輪委員会のカール・シュトース会長は、「朝鮮半島情勢は悪化している。選手団の安全が保障されない場合、我々は韓国には行かない」とコメント。ドイツ内務省は「適切な時期に検討、判断する」としている。

記事は、冬季五輪の強豪国である両国が不参加の可能性を示唆したことで、平昌五輪の開催自体にも暗雲が漂い始めていると伝えた。

なお、22日の定例会見で記者から「フランスが不参加の可能性に言及したが、中国は平昌五輪に選手団を派遣しないことを考慮するのか」と問われた中国外交部の陸慷(ルー・カン)報道官は、「フランスのそうした姿勢について私は聞いていない。知る限り、韓国は平昌五輪を予定通り行うとしている。我々は心から地域の平和と安定を保ち、人民の間のさまざまなイベントが正常に行えるよう望んでいる」と述べた。


2017年9月24日(日) 9時0分
http://www.recordchina.co.jp/b191503-s0-c50.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1506212452/続きを読む



アクセスランキング