FC2ブログ

【友好】中国での日本艦「すずつき」公開に長蛇の列



1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [FR] 2019/04/24(水) 20:13:53.07 ID:xzMcUQc70 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
中国海軍は24日、山東省青島での国際観艦式に参加した日本や中国の艦艇を一般公開し、海上自衛隊の護衛艦「すずつき」には観覧希望者が長蛇の列をつくった。
この日だけで約5千人が見学したとみられ、ロシア艦艇と並び人気を集めた。
自衛隊員らは中国人と記念撮影に応じるなどし交流を深めた。

 青島市の孫永浚ちゃん(3)は祖母、王愛蘭さんと一緒に見学に訪れた。
自衛隊員にすずつきのロゴマークであるウサギのスタンプを押してもらうと「すごくいい!」と笑った。

 乗艦する第8護衛隊(長崎県佐世保市)司令の本村信悟1等海佐は「日中両国と、海自と中国海軍の相互理解促進につながればいい」と望んだ。
中国人に間断なく記念撮影を求められ、笑顔で応じていた。

 一方、国際観艦式に出席した山村浩海上幕僚長は24日、青島で記者団の取材に応じた。
中国海軍トップの沈金竜司令官と22日に会談し、中国の艦艇の訪日に向け調整する方針で一致したと明らかにした。

中国での日本艦公開に長蛇の列 5千人見学
https://www.sankei.com/politics/news/190424/plt1904240031-n1.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1556104433/続きを読む

海上自衛隊の護衛艦「すずつき」が旭日旗を掲げて中国に入港 中国政府は問題視せず



1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/04/21(日) 14:32:16.39 ID:GdRAFpiM0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
中国海軍創設70周年を記念し山東省青島付近で23日に開かれる国際観艦式参加のため、海上自衛隊の護衛艦「すずつき」が21日、青島に入港した。
海自艦艇の訪中は2011年12月以来、約7年半ぶり。
昨年10月の日中首脳会談で申し合わせた両国の艦艇相互訪問の一環で、中国海軍が東・南シナ海で活動を活発化させる中、防衛交流促進で信頼醸成につなげる狙い。

 すずつきは自衛艦旗である旭日旗を掲げて入港。
旭日旗を巡っては、韓国が昨年開いた国際観艦式で日本に掲揚自粛を要請、日本側が応じられないとして艦艇の参加を取りやめた経緯があったが、中国は事実上、問題視しなかった。

海自艦7年半ぶり訪中 青島に入港、観艦式参加
https://www.sankei.com/politics/news/190421/plt1904210009-n1.html
no title



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1555824736/続きを読む

中国とロシア、航空自衛隊F35A墜落地域に進軍か



1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [CO] 2019/04/10(水) 17:10:37.43 ID:gvusL2yS0 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
太平洋上で消息を絶った航空自衛隊の最新鋭ステルス戦闘機F35Aをめぐって、
中国やロシアが機体回収に乗り出すという懸念が米軍事関係者から出ている。

米ニュースサイトのビジネス・インサイダーが9日、伝えた。

米ロッキード・マーチン社製のF35Aは、三沢基地(青森県)の東約135キロの洋上で消息を絶った。
兵器拡散の専門家のトム・ムーア氏はツイッターで「中国、ロシアにとってこれ以上価値があるものはない。
もし彼らが先に手に入れれば一大事だ」と懸念を示した。 

https://news.biglobe.ne.jp/international/0410/jj_190410_0916729348.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1554883837/続きを読む

日本が空母打撃群を創設か



1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/03/22(金) 21:16:50.24 ID:oJPd5ehD0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
先日、日本の海上自衛隊は、護衛艦「しらぬい」(DD-120)を配備した。
「しらぬい」は最新の対潜用艦船で、エネルギー消費を小さく抑え、低騒音で航行するために、特別に設計された複合エネルギー設備を有している。

また「しらぬい」には、特殊対潜ミサイル「RUM-139VL-ASROC」と、日本で開発・製造された「タイプ07VL-ASROC」が搭載されている。
この種の艦船は、潜水艦を追跡し、こっそり近づいて魚雷や対潜ミサイルで攻撃することが可能だ。

興味深いことに、過去20年間に製造された海上自衛隊の最新の一連の艦船は、2隻の艦船、又は4隻の艦船から構成されている。
「あたご型護衛艦」はイージス・システムを搭載した対空防衛艦2隻で、ネームシップは2004年に建造開始された。
「あきずき型護衛艦」は対空防衛艦4隻から成り、ネームシップは2009年に建造開始された。
「あさひ型護衛艦」は対潜艦2隻で、ネームシップは2015年に建造開始された。
「まや型護衛艦」はイージス・システムを搭載した対空防衛艦2隻で、ネームシップは2017年に建造開始された。
全部で10の艦船が建造されており、最新の「まや型護衛艦」をのぞく護衛艦は、すでに艦隊に加わっている。
このような一連の新しい艦船は、偶然に建造されたわけではない。
この背景にあるのは、おそらくは、空母打撃群の創設と関係する、ある計画があると考えられる。

日本は空母打撃群を創設するのか?
https://jp.sputniknews.com/opinion/201903216056230/



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1553257010/続きを読む

【速報】日本政府、長距離巡航ミサイルを初めて開発する方針固める



1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [ニダ] 2019/03/17(日) 20:14:41.10 ID:lGzAzYOm0 BE:135853815-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
長距離巡航ミサイル開発へ
政府が国産初、抑止力強化

 防衛省は、戦闘機に搭載して敵の射程圏外から艦艇を攻撃できる長距離巡航ミサイルを初めて開発する方針を固めた。
中国海軍艦艇の能力向上などを踏まえた抑止力向上が狙いで、日本が開発した既存の空対艦ミサイルを改良し、射程を400キロ以上に伸ばす。
政府筋が17日、明らかにした。予算案に関連費を早期に計上し、実用化を目指す考えだ。

 昨年末に策定した防衛力整備の指針「防衛計画の大綱」には、日本の離島などへ侵攻する敵に対し、その射程圏外から反撃する能力の強化を明記している。
長距離巡航ミサイルの開発は、それを受けた措置。

https://this.kiji.is/479968898923021409



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1552821281/続きを読む

【見送り】海自艦、韓国派遣せず…レーダー問題受け 保留している秋の海自観艦式への韓国海軍の招待も見送る考え



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/03/17(日) 02:35:07.24 ID:CAP_USER
防衛省は、4月29日から韓国・釜山プサン沖で行われる各国海軍との共同訓練に、海上自衛隊の艦艇を派遣しない方針を固めた。韓国海軍による火器管制レーダー照射問題など、日韓関係は冷え込んだままで、韓国を訪問する環境は整っていないと判断した。

訓練は、拡大東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議の枠組みで行われるものだ。多国間の枠組みでの訓練であるため、防衛省内では、海自護衛艦「いずも」を中心とした艦艇を釜山には入港させず、周辺海域での訓練のみに参加させる案も検討されたが、最終的には見送った。

 防衛省は5月9日からシンガポール周辺海域でも実施される一連の訓練には「いずも」を派遣する。その後、ベトナムに寄港させる方向で調整しており、韓国と対応を明確に分ける。

 レーダー照射問題をめぐって、日本側は再発防止を求めているが、韓国側は照射を認めず、海自哨戒機が威嚇飛行したと主張している。韓国側が適切な対応を取らなければ、現在は保留している秋の海自観艦式への韓国海軍の招待も見送る考えだ。

https://www.yomiuri.co.jp/politics/20190316-OYT1T50123/
読売新聞 2019年3月16日(土)



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1552757707/続きを読む

【軍備/軍事/災害時の拠点】護衛艦“いずも”内部公開 空母化で戦闘機を運用



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2019/03/16(土) 13:34:14.18 ID:CAP_USER
防衛省は、いわゆる「空母」のようにも使えるよう改修することが決まった、海上自衛隊の護衛艦「いずも」の内部を、報道機関に公開した。

「いずも」は、全長248メートルで、9機のヘリコプターを運用できる海上自衛隊最大級の護衛艦。

艦内には、大型トラック50台を載せられる広大な格納庫に加え、手術室・歯科治療室なども備え、災害時の拠点としても活用されている。

防衛省は、2018年、「いずも」を改修して戦闘機の運用ができるようにすることを決めた。

能勢伸之解説委員は、「いずもは、元々航空機としてはヘリコプターだけを運用するよう設計された船でした」と話した。

「いずも」の空母化には、垂直着陸ができる戦闘機「F-35B」が着艦する際に、ジェットエンジンから出る高温の排気を浴びる甲板を耐熱化する必要があるほか、甲板の前部に設置されている対空防御用のシステムの移動や、航空管制室を戦闘機に対応できるようにするといった改修が必要。

防衛省は、2019年度から課題の調査を行い、戦闘機の搭載と運用に向けた準備を進める方針。

https://sp.fnn.jp/posts/00414071CX
FNN PRIME 2019年3月13日 水曜 午後10:18



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1552710854/続きを読む



アクセスランキング