FC2ブログ

「韓国でフィクションは許容されている」…軍艦島朝鮮人虐待絵本について作者釈明



1: スネアチエラ(ジパング) [US] 2021/02/26(金) 15:36:37.59 ID:nKyjwmiO0 BE:902666507-2BP(1500)
sssp://img.5ch.net/ico/samekimusume32.gif
https://www.sankei.com/smp/world/news/210225/wor2102250024-s1.html

長崎市の端島炭坑(通称・軍艦島)で朝鮮人の少年徴用工が劣悪な環境で働かされていたとする韓国の児童用絵本の挿絵が、
終戦直後の東京・品川の浮浪児や日中戦争時に中国の密偵を撮影した写真と酷似していることが25日、分かった。
軍艦島の元島民らでつくる「真実の歴史を追求する端島島民の会」や産経新聞の調べで判明した。
軍艦島とは無関係の写真を基に描いた事実とは異なる挿絵を使うことで、誤った印象を与えた可能性がある。

絵本は尹ムニョン氏が文と絵を描き、2016年に韓国で出版社「ウリ教育」から発刊された「軍艦島-恥ずかしい世界文化遺産」。
朝鮮人の少年が軍艦島に強制連行され、45度を超える暑さの中、連日12時間近く働かされたなどと日本の加害性を強調している。
日本兵が少年をムチでたたき、朝鮮半島出身者とみられる人が逆さづりにされたシーンもある。(略)

作者の尹氏は産経新聞の取材に対し、絵本は1983年に韓国で出版された「写真記録 日帝の侵略 韓国 中国」の写真を参考にしたとウリ教育を通じて回答し、
軍艦島と無関係な資料を基にしたことを認めた。
ウリ教育は「ストーリーはフィクションだ」と強調し、「韓国では写真を参考にイラストを描くことは許容されている」と述べた。

 元島民の中村陽一さん(82)は「無関係な写真を使って絵本を作るとは、どこまで端島をおとしめれば気が済むのか。絵本の回収、謝罪を求めたい」と強調した。



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1614321397/続きを読む

ウリ教育社、強制連行されて檻に入れられている朝鮮人少年の挿絵が偽物であることを認める



1: ハロプラズマ(北海道) [CH] 2021/02/26(金) 09:27:21.28 ID:qK+sHVWx0● BE:781534374-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/zusagiko.gif
軍艦島「朝鮮人少年虐待」描く韓国絵本 無関係資料から作画 作者認める
https://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/210225/plt21022518500030-n1.html
絵本は尹ムニョン氏が文と絵を描き、2016年に韓国で出版社「ウリ教育」から発刊された「軍艦島-恥ずかしい世界文化遺産」。
朝鮮人の少年が軍艦島に強制連行され、45度を超える暑さの中、連日12時間近く働かされたなどと日本の加害性を強調している。
日本兵が少年をムチでたたき、朝鮮半島出身者とみられる人が逆さづりにされたシーンもある。

問題の挿絵の一つは、10人以上の少年たちが裸でおりに閉じ込められ、鉄格子に寄りかかっている姿などを描いたもの。
端島島民の会の調べによると、この挿絵は昭和52年出版の写真録「日本現代写真史 1945-1970」(平凡社)に収められた浮浪児の写真と構図が酷似している。
21年に東京・品川で撮影され、「狩り込みで少年保護所に収容された浮浪児」との説明がある。

さらに、朝鮮人の少年が日本兵から尋問されている絵も12年8月8日に従軍カメラマンが中国で撮影した写真と構図が重なる。
この写真は52年出版の「1億人の昭和史10 不許可写真史」(毎日新聞社)に収録されており、「中国軍密偵を調べる憲兵隊 左側は現地採用の通訳」との説明書きがある。

作者の尹氏は産経新聞の取材に対し、絵本は1983年に韓国で出版された「写真記録 日帝の侵略 韓国 中国」の写真を参考にしたとウリ教育を通じて回答し、軍艦島と無関係な資料を基にしたことを認めた。
ウリ教育は「ストーリーはフィクションだ」と強調し、「韓国では写真を参考にイラストを描くことは許容されている」と述べた。

問題の挿絵
no title



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1614299241/続きを読む

【韓国】 「日帝強制占領期間」という言葉、自尊心が傷付く~代わりに「失国時代」と言おう[02/16] [蚯蚓φ★]



1: 蚯蚓φ ★ 2021/02/17(水) 14:39:53.20 ID:CAP_USER
庚戌国辱(1910)以後、乙酉光復(解放)(1945)まで35年期間を光復(解放)後に倭政(ウェジョン)時代と呼んでいたが、いつか日政・日帝時代と呼び、この頃は日帝強制占領期間でほとんど固まった。日本帝国主義者などが我が国を強制的に占領した時期ということだ。

強制という単語は軍人が戦争して土地を強制占領したことをいう軍事用語だ。私たちは戦うこともできず、日本の計略に巻き込まれて君主は国を彼らに与えてしまった。そして植民地民として統治を受けた恥ずかしい歴史を持つことになった。

我が国の歴史時代区分に日本が主語になり我が国が目的語になって日本の支配を受けたことを表わすこの言葉は自尊心を傷付ける。それでも日帝強制占領期間という誤った時代区分歴史用語が堂々と使われている。

歴史的事実を見れば庚戌年(1910年)に日本にこびた私たちの朝廷の臣下が8条からなるいわゆる併合条約文書に印鑑を押し、君主が裁可し、国を失うことになった。その文書を見れば1条は韓国全部を日本に譲与するとされており、その他はその代価として君主と手柄がある者は待遇と歳費(お金)を受けるということだ。この条約を結んで一緒に記念撮影までしたという。

その文書の用語は併合ではなく、譲与になっており、附倭逆賊(庚戌7敵)に怒りが込み上げてくる。

これを日本は日韓併合といい両国が合わさったと歴史用語を作った。間抜けな私たちの学者は一層強めて韓国が日本と合わせたように見える韓日合邦という偽りの用語をぺちゃくちゃしゃべりまくった。併合、合邦というのは両国が気持ち良く(?)合わせたように見える言葉なのに。

国を失って日本人から習った彼らが習った通り、定見も主体意識もなしに日本が作った用語を使っていることが多い。日本は言葉の力を知っており、我が国にきて日本語をまき散らそうと学校をたてて日本語を国語だと教えた。そして私たちの歴史を自分たちの観点で見た通り、いわゆる植民史観を植えた。光復70年が過ぎた今でも私たちはまだこれを清算できずにいる。

これからは意思ある我が国の人々は自国を低くし蔑視する日帝強制占領期間という言葉を口にせず、いっそ失国時代と呼ぶことを提案する。

かつて老石リョ・グヨン(呂九淵)先生は老石集巻2失国論でこれを主張した。簡単な韓国語なら国を失った時期と言っても良いだろう。私たちは今からでも愛国を土台に置いて正しくなされた歴史用語を使い民族精気が起きるようにすべきだろう。

チョ・ホングク/元晋州教育長
http://www.gnnews.co.kr/news/photo/202102/467856_257451_2330.jpg

ソース:慶南(キョンナム)(韓国語)日報日帝強制占領期間の代わりに失国時代といってこそ
http://www.gnnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=467856



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1613540393/続きを読む

【中央日報】 徴用・慰安婦判決と深まる韓日葛藤  韓日関係はさらに奈落の底に落ちるおそれが [02/03] [荒波φ★]



1: 荒波φ ★ 2021/02/03(水) 13:53:27.05 ID:CAP_USER
韓国大法院(最高裁)民事1部(主審キム・ヌンファン大法官)は2012年5月、強制徴用被害者が日本企業に対して賠償を請求して1・2審で敗訴した事案を破棄還送し、日本企業に賠償責任があると判決した。

徴用問題は1965年韓日請求権協定で解決済みだとする政府の既存の立場と全く違う判決だった。日本は協定違反だとして韓国政府の解決を要求した。

破棄還送により高等法院(高裁)は日本企業に賠償責任があると判決を下し、日本企業が上告して事件が再び大法院にあがった。

大法院全員合議体〔裁判長金命洙(キム・ミョンス)大法院長、主審キム・ソヨン大法官〕は2018年10月、徴用問題再上告審で原審を確定した。

これで大法院民事1部の判決は最終的に確定した。

その後、日本企業が賠償に応じないため、原告は該当企業の国内資産に対する強制執行措置を取り、現在はこれを現金化する手続きが進められている。

日本は現金化が行われる場合、対応措置を取ると公言している。

韓日関係は悪化の一途だった。両国間には首脳会談が開かれておらず、両国間の全般的な協力基盤は蚕食されている。

こうした中、ソウル地方法院(地裁)第34民事部(主審キム・ジョンゴン判事)は先月8日、慰安婦被害者が日本政府に対して起こした賠償請求訴訟で日本政府に被害者1人あたり1億ウォン(約940万円)を賠償するよう命じる判決を下した。

国際法で一般的に認められている国家免除(一国は他国の国内裁判権に従わない)を否定した点で注目に値するほどの判決だった。

判決は国家免除が慰安婦のような反人道的犯罪に対しては適用されないとした。

日本政府は当初、国家免除を主張して慰安婦の訴訟に応じなかった。判決後も何の訴訟手続きも取らなかった。そのため判決は1審で確定した。

今後、原告が賠償金を受け取るために日本政府に対して強制執行する可能性が開かれている。そうなると日本が強い対応措置に出ることが予想される。こうなれば、韓日関係はさらに奈落の底に落ちるおそれがある。


中央日報日本語版 2021.02.03 13:35
https://japanese.joins.com/JArticle/275159



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1612328007/続きを読む

【中央日報】韓国与党代表「日本外相の『独島は日本の領土、慰安婦判決は異常』、容認できない妄言」 [1/20] [昆虫図鑑★]



1: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/20(水) 08:00:05.75 ID:CAP_USER
韓国与党「共に民主党」の李洛淵(イ・ナギョン)代表は19日、茂木敏充外相が外交演説で独島(トクド、日本名・竹島)に対して「日本固有の領土」と発言したことに対して「容認できない妄言」と明らかにした。

李代表はこの日、フェイスブックに「文在寅(ムン・ジェイン)大統領が新年の記者会見で韓日の歴史問題を外交的に解決していこうと述べて韓日関係正常化を強調した」とし「韓日関係が歴史問題で困難を経験していることに対する大統領としての悩みと前向きな解決意志を述べたものと私は受け取る」とした。

李代表は「文大統領は、裁判所が慰安婦被害者に対する日本政府の損害賠償を判決したことに対して『率直に少し困惑している』と述べた」とし「強制徴用問題も強制執行方式で現金化するのは両国関係に望ましくないと述べた」と説明した。

続けて「裁判所の判決を認めながらも未来志向的な韓日関係を開いていくための苦悩の表現だと考える」と付け加えた。

李代表は「しかし日本メディアによると、日本政府は『信頼できない』として冷笑的な反応を示したと伝えられている」とし「特に、日本外相は文大統領の記者会見があった日、独島は日本の領土だとし、慰安婦判決に対しても『国際法上、到底考えられない異常な事態』と話した。容認できない妄言」と批判した。

また「韓日関係を改善するためには、両国が共に知恵を出し合って努力しなければならない。日本側がそのようにせず、冷笑からすることは正しくない」とし「両国が外交的な解決のために、今すぐにでも額を突き合わせて知恵を分け合うことを望む。困難なときほど会うべきだ」と強調した。

最後に李代表は「今年の夏季東京オリンピック(五輪)以前に韓日懸案が妥結することを切実に願っている」とし「そのようにすることによって、東京五輪が北東アジアをはじめ、世界の平和と繁栄に寄与する成功的五輪になるよう願う。そうなることができると私は信じている」とした。


https://japanese.joins.com/JArticle/274609?servcode=A00§code=A10



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1611097205/続きを読む

【イ・ウヨン 】慰安婦に徴用工、どれだけタカれば気が済むのか? [1/19] [昆虫図鑑★]



1: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/19(火) 08:16:09.33 ID:CAP_USER
韓国の文在寅大統領は1月18日の記者会見で、慰安婦問題の最終的かつ不可逆的な解決を謳う2015年の日韓合意を「政府間の公式合意」と認めた上で、1月8日にソウル中央地裁が日本政府に賠償を命じた元慰安婦訴訟に関して「正直、困惑している」と述べた。元徴用工訴訟についても、「強制執行で現金化されるのは日韓関係に望ましくない」と語っている。

 既に国家間で解決済みの問題を蒸し返す韓国に辟易としている日本人は少なくないが、それは韓国人でも変わらない。韓国でベストセラーになった『反日種族主義』の共同著者、イ・ウヨン氏が元慰安婦や徴用工に支払われた過去の慰労金について解説する。

「正式な賠償ではない」というフェイクを流した挺対協
 韓国において、元慰安婦に対する金銭的支援が初めて行われたのは1992年である。挺身隊対策協議会(挺対協、現在の正義記憶連帯<正義連>)は、国民の募金によって1人当たり250万ウォン(現在のレートで約23万円)を支給した。

 韓国政府による支援が始まったのはその翌年だ。生活安定支援金という名目で一時金500万ウォン、毎月15万ウォンが支給された。一時金はその後、大きく増加して4300万ウォンに膨れあがり、毎月の支援金も147万4000ウォンに達している。さらに、必要に応じて年間で最高1800万ウォンの看病費と984万ウォンの治療費が支給される。

 以上は中央政府からの支援であり、地方自治体は2020年まで、毎月20万ウォンから85万ウォンの支援金を別途で支給していた。

 1997から1998年には、日本で設立された「女性のためのアジア平和国民基金」から1人200万円(約1500万ウォン、当時のレート)の「償い金」が支払われた。日本の首相からおわびの手紙も届いている。


 この基金は名称が「国民基金」であり、実際に募金も行われたことは確かだが、実は日本政府の出資だ。募金は6億円だけで、日本政府からの拠出金と補助金が48億円だったからだ。

 このお金に関して、韓国では「日本の民間の資金」という誤解が広がり、多くの元慰安婦が受け取りを拒否したのは挺対協のプロパガンダのせいだった。「日本政府の資金ではないから正式な賠償ではないし、公式の謝罪もない」と主張し、償い金と謝罪の手紙を受け取った人を批判して、他の元慰安婦は受け取らないように仕向けたのだ。

 日本の国民基金設立と元慰安婦への慰労金支給を肯定的に評価していた金泳三(キム・ヨンサム)政府とは異なり、金大中(キム・デジュン)政府も挺対協に追従し、国民基金の事業に対して否定的な態度を取った。韓国政府が挺対協に振り回され始めたのは、この時からだろう。

 金大中政府は元慰安婦だと申告した186人に、国民基金の償い金をはるかに上回る3800万ウォンを支給すると決め、国民基金の償い金を受け取った者には支給しないと発表した。挺対協が国民から募った500万ウォンもこれに加えた。

 とにかく、このようにして元慰安婦は1992年の生活安定資金に続き、2度目の大金を手にすることになる。国民基金、あるいは韓国政府から受け取ることができたからだ。

「そのお金をもらったら売春婦になる」
 3度目に受け取った大金は、2015年に慰安婦問題韓日合意に基づいて設立された「和解・癒やし財団」の支援金だ。朴槿恵(パク・クネ)政府と安倍晋三内閣は「最終的かつ不可逆的な解決」を確認して合意し、日本政府が10億円全額を出資、韓国で同財団が作られて、元慰安婦に1人当たり1億ウォンが支給された。

 挺対協は、この時も公式的な賠償ではないとして、朴槿恵政府を糾弾した。元慰安婦には「そのお金をもらったら売春婦になる」と言い放ち、支援金を受け取らないように「説得」したという。関係者たちが入院中の元慰安婦のもとに集団で押しかけたとも聞いている。

 しかし、元慰安婦の多数が支援金を受け取った。当時、生きていた対象者は47人で、少なくとも34人、最大37人が受け取ったのだ。支援金を受け取らなかった人には、挺対協が国民から集めたカネで1億ウォン(940万円)を支給した。この時も、すべての慰安婦が大金を受け取った。和解・癒やし財団、あるいは韓国国民から受け取ったのだ。

(略)

 これ以外にも慰安婦と戦時労働者の訴訟にはいくつかの共通点がある。大韓民国の司法府が国際法や国際約束を無視し、歴史的実態を見ようともせず、支援団体や法廷代理人の「反日国民情緒法」に振り回されていることだ。いや、むしろその先頭に立っているといえる。

全文はソースで
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/63712



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1611011769/続きを読む

【書籍】 「日帝は私たちの農村をどのように収奪したか?」~『日帝強制占領期間、農村収奪の記憶・禾湖里Ⅰ』発刊[01/06] [蚯蚓φ★]



1: 蚯蚓φ ★ 2021/01/07(木) 00:05:50.67 ID:CAP_USER
日帝強制占領期間、日本は朝鮮を永久に植民地化しようと東洋拓殖会社を筆頭に農業移民政策を展開した。

全北(チョンブク)井邑市(チョンウプシ)禾湖里(ファホリ)は政策初期移住地に選ばれ、多くの日本人が移住して大規模農場が開設された。開墾された多くの農地と大地の所有権はクマモト・リヘイ(熊本利平)等日本人に移転され、自営農だった土着民は小作農に転落した辛い歴史があった。

no title

▲国立完州文化財研究所が発刊した《日帝強制占領期間、農村収奪の記憶・禾湖里Ⅰ》.[写真=文化財庁]

一方、解放後には熊本利平農場所属医師だったイ・ヨンチュン博士が劣悪な農村保健問題を改善しようと残って農場施設を活用し入院室と内科など5科の診療科目を備えた禾湖里中央病院を設立しその跡が残っている。

文化財庁国立完州文化財研究所は日帝強制占領期間の農村収奪と解放後の農村保健の歴史が残っている全北井邑市禾湖里で実施した学術調査結果を入れた報告書《日帝強制占領期間、農村収奪の記憶・禾湖里Ⅰ》を発刊した。

今回報告書には植民地禾湖里の日本人地主と禾湖里の植民地記憶、景観をはじめとして
△新聞記事と地図、写真、公文書等を通して当時の禾湖里の歴史と人文地理考証
△建築物の現況と不在種調査、植生調査、石材産地調査、デジタル記録を試み、
近‧現代の有形資産の総合的調査‧研究‧記録成果を記録した。

国立完州文化財研究所は教育資料で活用できるように禾湖里に残った積算家屋6棟と解放後空間変化などをデジタル映像資料でも製作した。この映像を報告書のQRコードに挿入し、スマートフォンなど携帯機器で再生して見ることができるようにした。

《日帝強制占領期間、農村収奪の記憶禾湖里Ⅰ》は国公立図書館、地方自治体などに配布される。

カン・ナリ記者

ソース:コリアンスピリット(韓国語)“日帝強制占領期間私たちの農村に対する収奪どのように成り立ったか?”
http://www.ikoreanspirit.com/news/articleView.html?idxno=61611


https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1609945550/続きを読む