fc2ブログ

イスラエル「日本人は自国の軍隊が中国や韓国で何をしていたかについて驚くほど無知」 [811571704]



1: クトノモナス(京都府) [ニダ] 2021/08/07(土) 15:46:32.88 ID:9pqQHE7o0 BE:811571704-2BP(2072)
sssp://img.5ch.net/ico/syobo1.gif
イスラエルの新聞ハアレツ紙のニュースサイトに、「日本人はなぜあれほどアンネ・フランクに引きつけられるのか」という記事が掲載された。
人気の理由を分析しながら、その陰には、日本特有の問題がある、と指摘している。

【戦争において、加害者側でもあったことを知らない日本人】

しかしその反面、日本がナチス・ドイツと同盟を結んで戦争を行っていたことや、自国の軍隊が、中国や韓国で何をしていたかについては、特に若者が、驚くほど無知である、と同氏は指摘。
「日本人は、アンネ・フランクと同じ時代に、自国の軍隊が、韓国や中国で、無数のアンネ・フランクを作り出していたことに思い至らない」と述べる。

記事は、広島県福山市にあるホロコースト記念館を紹介している。
日本人牧師が、アンネの父、オットー・フランクに会ったことから、感銘を受けて建てた個人博物館である。

「アンネ・フランクは、日本では、平和への願いの強いシンボルです」という館長の言葉を取り上げている。
Lewkowicz氏は、この施設においても、加害者としての日本の側面は取り上げられていないが、それを遠回しに気づかせることには役立っている、という。
そして、館長や、同じ志を持った人々が、徐々に、日本人に真実を教えていくことだろう、と述べる。

http://newsphere.jp/world-report/20140208-3/



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1628318792/続きを読む

【韓国】 「敗戦」を「終戦」という日本、敗者はないので戦犯もない?恥ずかしくはないのか?[08/02] [蚯蚓φ★]



1: 蚯蚓φ ★ 2021/08/02(月) 22:13:40.89 ID:CAP_USER
蒸し暑さが猛威を振るう8月、1945年の熱かったその日を再確認してみる。80年以上が過ぎたが、今日の私たちの生活と時間の中に生々しく残っている。私たちはその日を「解放の日(光復節)」、米国は「勝利記念日」と記録しているが、本来戦争を挑発した日本は「敗戦日」ではなく「終戦記念日」としている。

明らかに日本は「第2次世界大戦」の太平洋戦争(1941.12.7~1945.9.2)で敗北した敗戦国なのに日本で敗戦という言葉は聞けなかった。私たちと日本の表現が違うのだろうか?同じ漢字式意味を共有しているのにどういう違いがあるのだろう?

敗戦と終戦の概念は何が違うのか?私たちの国民は近隣諸国で広がる嫌韓(嫌恨、訳注:漢字でカッコ内に「嫌恨」と書かれている。韓と恨がともにハンであるための間違いか)と彼らの思考に当惑し理解するのは難しい。私は日本という国が戦争の敗北に対する羞恥心と恥ずかしさのために敗戦という用語を使わないと考えていた。

過去、壬辰倭乱(1592~1599)でも明らかに彼らは敗北したのに敗戦と表現しなかった。白井聡の「永続敗戦論(2013)」で敗戦と終戦の概念設定について日帝強制占領期、内鮮一体を前面に出して一つの臣民と規定しているのに、実質的には植民支配国と被支配国で日本国民は「一等国民」、朝鮮人は「二等国民」に扱われていた。したがって日本の敗戦で大韓民国は独立し、両国は対等な地位と平等な国民の地位を持つようになる。

ところが相手国に対する尊重と国際的地位とは関係無く、継続的な国家卑下と嫌韓思想が広まったのは、まだ日本政府と日本極右主義者が「敗戦」を認めないからという。彼らにとって敗戦は対等な国家と平等に対する認定を拒否する行為だ。それで彼らは「終戦」という用語に執着する。

これが国家で、人類愛がある者の正常な思考か?という疑問を感じる。敗戦がない歴史は日本帝国主義が継続する論理の土台になる。したがって日本政府と極右日本人たちは現在の韓国と韓国人を植民地被支配国であり、被植民地国民と認識しているわけだ。そのため「二等臣民」の差別は当然で、これらの挑戦は許せない行為である。したがって嫌韓(嫌恨)は自然なのだ。「これが論理か?」私たちの思考ではとうてい理解できない詭弁だ。
(中略:米国がアジア-太平洋での忠実な政府を必要とした)

2021年でも歴史を歪曲する歴史修正主義で綴られた日本政府と極右の人々の否定的な対韓国観と皮肉そして嫌韓はもはや日本のトレンドであり文化に位置している。このような韓日間の関係改善は容易でない問題だ。

しかし私たち国民は甘くない。私たち国民が戦争の廃虚から最貧国のすさまじさを乗り越え、支配国の日本を追い越す歴史を作っていくことに日本人たちは怒る。購買力GDP、国防、外交、先端産業、文化などの社会全般にわたって対等だったり先んじている。

貧しい島国、矮小な日本人は本来、劣等感とコンプレックスが強い。帝国主義覇権で優れた「アジアの白人」という自負心で綴られた彼らの自尊心に深い傷と危機意識を持つことになったのだ。日帝強制占領期間と韓国戦争後、韓国は産業と文化などほとんどあらゆる分野で日本に従属的関係を維持してきたのは事実だ。そのような被植民地国家での「強制徴用判決」と「NO JAPAN運動」は彼らにとって驚天動地だろう。

今、日本で繰り広げられる言葉も多く仮面も多い2020(21)年第32回東京オリンピック(7.23 ~ 8.8)と第16回パラリンピック(8.24 ~ 9.5)が開かれる敗戦日である8月15日に前後して日本の復興を再び示そうとありったけの力をふりしぼっている。

日本との愛憎は彼らの思考が変わらない限り容易ではないだろう。しかし不可能でもない。日本人は本来、劣等感を有している国民で、私たち国民が優秀な格差で世界史の主役になる時、彼らはあえて私たちをばかにしたり皮肉ることはできないだろう。

戦争は終わって傷はそのままだ。勝者はあって敗者はない。だから戦犯もない?恥ずかしくはないのか?彼らはどのように人類社会とともに歴史を作り出すことができるのだろうか?

ユン・グォンジョン論説委員=前)鮮文(ソンムン)大学教授
http://www.newspago.com/imgdata/kkoltongnews_com/202104/2021041218148629.jpg

ソース:ニュース・パゴ(韓国語)[政治評論]勝者はあって、敗者はない!
http://www.newspago.com/93722



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1627910020/続きを読む

【ハンギョレ】「日本から得た外貨で『漢江の奇跡』」…強制徴用判決、荒唐無稽な論理 [6/9] [昆虫図鑑★]



1: 昆虫図鑑 ★ 2021/06/09(水) 07:32:27.63 ID:CAP_USER
7日、ソウル中央地裁が強制労働被害者たちの損害賠償訴訟を却下したことは、日帝の不法行為に責任を問うことができないという内容だけでなく、最高裁の全員合議体の判決に逆らったという点でも注目される。特に、日本企業に対する強制執行が行われれば、日本はもちろん米国との関係も損なわれかねないとして、極めて異例の“司法外的”判断まで示し、法曹界からは非常識的だという批判の声もあがっている。

 他の類似した訴訟のように、今回も1965年の韓日請求権協定で戦犯企業の責任が解消されたかどうかが争点になった。同地裁は「請求権問題は完全かつに最終的に解決された」という協定の文言を根拠に、個人請求権も消滅したという判断を下した。2018年の最高裁(大法院)全員合議体が裁判官7対6の意見で「個人請求権は消滅していない」とした判決と相反するものだ。当時、最高裁は新日鉄住金(現・日本製鉄)に対し、韓国人被害者4人にそれぞれ1億ウォンの支払いを命じる判決を確定した。

 ところが同地裁は「(この事件の判断は)全員合議体の判決の少数意見と結論的に同じだ」とし、当時の個人請求権も消滅したと判断した最高裁のクォン・スニル判事とチョ・ジェヨン判事の少数意見に従った。さらに、全員合議体の結論(多数意見)について「韓国の最高裁の判決であるが、植民支配の不法性とこれに基づく徴用の不法性を前提としており、このような判決は単に国内法的解釈にすぎない」とし、「日本を含め、どの国も自らの植民支配の不法性を認めたという資料は存在せず、国際法的にもその不法性を認めた資料がない」とまで述べた。最高裁の判断を批判するような表現だ。

 別の強制動員事件で被害者側の弁護を担当したイム・ジェソン弁護士は「全員合議体の判決と異なる下級審の判決が出ることもあるが、(最高裁の判決からあまり時間が経っていない)時期であることを考えると、非常に異例の判断だ」とし、「(今回の判断は)全員合議体の少数意見と同じであり、法理に乏しい」と述べた。

 さらに同地裁は、原告側が勝訴して強制執行が実行されると、対米関係が悪化して安保が不安になるという、事件の争点と無関係な主張まで判決文に含めた。地裁は「請求を認容する本案の判決が言い渡されて確定し、強制執行まで完了した場合、国際的にもたらされかねない逆効果」があるとし、「強制執行は国家の安全保障と秩序の維持という憲法上の大原則を侵害する」という判断を示した。判決文は「分断国の現実と、世界4大国の間に位置する大韓民国としては、自由民主主義という憲法的価値を共有する西側勢力の代表国家の一つである日本との関係が悪化し、これは結局、韓米同盟によって韓国の安全保障と直結した米国との関係にも影響を及ぼす可能性がある」と主張した。権利侵害を救済してもらえるどうかを問う司法手続きで争点と関係のない韓米同盟と米日同盟まで判断の背景として提示したのだ。

 同地裁はまた、「請求権協定で支給された3億ドルは過少であるため、被害者の賠償請求権が含まれたとみなすことはできない」という原告側の主張に対し、「当時立ち遅れた後進国の地位にあった大韓民国と、すでに経済大国となっていた日本国の間で成立した過去の請求権協定を現在の物差しで判断するのは誤っている」と反論した。さらに「当時、大韓民国が請求権協定で得た外貨は、いわゆる『漢江(ハンガン)の奇跡』と評価される世界経済史に記録される目覚ましい経済成長に大きく貢献した」とし、日本の“貢献”を強調した。

 民主社会のための弁護士会など15団体は声明を出し「(裁判部が)非本質的・非法理的根拠を挙げて判決を下した」とし、「裁判官としての独立と良心に反する判断をした。民事訴訟で原告の権利を認めると『大韓民国の国家安保、秩序の維持及び公共の福利』が危うくなるという聞いたこともない法理を示し、個人より国家が優先だという論理を何の恥じらいもなく判決文に明示した」と批判した。

 原告らは控訴の意思を表明した。「日帝強制労働被害者正義具現全国連合会」のチャン・ドクファン会長は「裁判結果に怒りを禁じ得ない」とし「本当に嘆かわしい」と語った。

 一方、地裁が判決期日を突然変更したことも、原告らの非難を買った。判決は当初10日に予定されていたが、7日午前、地裁が突然同日午後に変更し、混乱が生じた。そのため、地方に住む被害者の多くは、裁判に出席できなかったという。地裁は「法廷の平穏と安定を考慮して期日を変更した」と説明した。ソウル中央地裁関係者は「新型コロナの状況で高齢の原告が多数集まることを防止するための措置だった」と釈明した。

シン・ミンジョン記者
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/40208.html



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1623191547/続きを読む

【東京五輪】竹島表記問題が過激化…駐韓日本大使館付近で旭日旗を燃やした大学生3人逮捕



1: 爆笑ゴリラ ◆GORI./qCTM (光) [US] 2021/06/02(水) 20:27:50.90 ID:g1G+xulf0● BE:439362949-PLT(41000)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500946716.gif
6/2(水) 19:39
東スポWeb

【東京五輪】竹島表記問題が過激化…駐韓日本大使館付近で旭日旗を燃やした大学生3人逮捕
表記を巡る騒動が拡大している
 東京五輪の公式ホームページ(HP)上における竹島(韓国名・独島)の表記問題で削除を求める韓国側に対して、日本側は受け入れない姿勢を鮮明にしている中、韓国人大学生3人が、駐韓日本大使館付近で旭日旗を燃やして警察に逮捕された。

 韓国紙「中央日報」によると、韓国大学生進歩連合の会員である3人は、1日午後3時ごろ、ソウル市内の駐韓日本大使館の向かい側で旭日旗に火をつけるパフォーマンスを実行。旭日旗には「独島(日本名・竹島)が日本の領土という東京五輪と日本政府を強く糾弾する」という文章が記されていたという。

 パフォーマンス直後には、集会およびデモに関する法律、軽犯罪処罰法違反(危険な火種使用)の疑いで逮捕され警察署に連行された。3人は日本が東京五輪HP地図に独島を日本の領土に表記した処置に抗議していた。逮捕者を出した韓国大学生進歩連合は「わが領土を狙う日本を糾弾して戦犯旗を燃やしたことに何の問題があるのか」と声明を発表した。

 すでに韓国国内では今回の竹島問題をきっかけに政治家から東京五輪ボイコット論も出ており、一般人まで行動を起して逮捕される事態に。自分たちの考えを主張するのは構わないが、危険な行為は避けるべきだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/67a44baebbe6d5c23afa19195179866f677f9c1c


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1622633270/続きを読む

韓国「徴用工像のモデルは日本人」でしたwwwwwwwwwwww



1: アルデバラン(長野県) [BR] 2021/06/01(火) 20:05:41.78 ID:AESuRC2G0● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
韓国中部・テジョン(大田)の市庁前の公園など、韓国内の各地に設置されている、やせ細った男性の銅像。
第2次世界大戦中の日本統治下に日本企業で働いた、朝鮮半島出身労働者「韓国人徴用工」を模して作ったとされる像だ。

【関連写真】この記事の写真をもっと見る

この像を制作したのは、慰安婦を象徴する「少女像」を作ったことでも知られる、彫刻家のキム・ウンソン、キム・ソギョン夫妻。

韓国の中央日報などによると、この徴用工像をめぐっては、テジョン市の弁護士で、元市議のキム・ソヨン氏が2019年8月、
「ソウルのヨンサン(龍山)駅やテジョン市庁の前などに設置された、やせ細った徴用労働者のモデルは私たちの先祖(朝鮮半島出身者)ではなく、
北海道の土木工事現場で虐待された日本人であり、これは歴史のわい曲だ」と主張。

これに対し、像を制作したキム夫妻は2019年11月、虚偽の事実を広められ、名誉を棄損されたとしてキム元市議を相手取り提訴していた。

事の発端は同年3月、日韓のメディアが、徴用された朝鮮人労働者として韓国で小学6年生の歴史教科書に掲載されている写真は、実際は日本人労働者ではないかと指摘したこと。
上半身が裸で、あばら骨が突き出てやせ細った複数人の男性を写した写真は、韓国教科書で「強制労働に動員されたわが民族」と説明付きで掲載されていた。

日韓のメディアは、この写真は北海道の旭川新聞が1926年9月に道路建設現場での労働者虐待致死事件を報じた際に掲載したものではないかと指摘して報道した。
旭川新聞の記事に朝鮮人の存在をうかがわせる記述は見られず、44年9月に始まった法的強制力を持つ「徴用」の時期と18年も離れていることから、
この写真は徴用された朝鮮人労働者を写した写真ではないと判断された。

この写真に写った男性のうちの1人が、キム夫妻が制作した銅像に特徴がそっくりだったことから、キム元市議は「徴用労働者像はこの日本人をモデルに作った」と主張した。

これに対し、彫刻家のキム夫妻は「私たちは特定人物をモデルにせずに、私たちが構成したイメージで作った」と反論。元市議を相手取り、6000万ウォン(約592万円)の損害賠償を求めて提訴していた。

韓国の裁判所は5月28日、元夫妻の訴えを「理由がない」として却下した。
「モデルは日本人と信じるほどの理由がある」と結論付けたからだ。

<W解説>韓国「徴用工像」モデルは日本人なのか=韓国裁判所、異例の判決
https://news.yahoo.co.jp/articles/f62b39d5470b36b3a7057848d756c533f9af92b9



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1622545541/続きを読む

【韓国】 “徴用”めぐる裁判  差し押さえ資産の鑑定書提出 [05/13] [荒波φ★]



1: 荒波φ ★ 2021/05/13(木) 15:21:06.66 ID:CAP_USER
太平洋戦争中の「徴用」をめぐる韓国の裁判で、原告側が差し押さえた日本製鉄の資産の鑑定書が、ことし1月に裁判所に提出されたことがわかり、資産を売却して「現金化」するのに必要な手続きが進んだ形です。

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる問題で、韓国の最高裁判所は2018年、被告の新日鉄住金、今の日本製鉄に対し「徴用工として日本で強制的に働かされた」と訴えた韓国人4人に賠償するよう命じる判決を言い渡しました。

これについて日本政府は、1965年の日韓請求権協定に基づき解決済みだとして、国際法違反の状態を是正するよう韓国政府に求めていて、日本製鉄も賠償に応じていません。

一方、原告側は、日本製鉄が韓国国内で保有する株式を差し押さえて売却する「現金化」の手続きを進めています。

原告側の関係者によりますと、差し押さえた資産について、テグ(大邱)地方裁判所ポハン(浦項)支部が鑑定人に資産評価を委託し、ことし1月15日付けで鑑定人から鑑定書が提出されたということで「現金化」に向け必要な手続きが進んだ形です。

これに対して日本製鉄は、ことし2月と3月の2回にわたって意見書を提出したということです。

また日本製鉄は、資産の差し押さえをめぐり、去年8月に「即時抗告」を申し立て、手続きの差し止めを求めています。


2021年5月13日 14時53分
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210513/k10013028291000.html

続きを読む

【韓国】「(日本や中国の)歴史歪曲」[04/09] [ハニィみるく(17歳)★]



1: ハニィみるく(17歳) ★ 2021/04/09(金) 08:28:35.45 ID:CAP_USER
ウリナラ(我が国)を対象にした日本や中国など、周辺国の歴史歪曲や捏造、略奪が目に余る。このような国々の野心は今に始まったことではないが、最近になってより一層ハゲしくなり、ますます露骨になっている。さらに憂慮されることは、真実を無視する態度だ。まるで事実であるかのごとく容赦なく、あまりに堂々としていて困惑するばかりだ。

■ 日本の今年の歴史歪曲、捏造は極まっている。日本の高等学校全ての教科書に『独島(竹島)は日本固有の領土で、韓国が不法占有している』という、捏造した内容が掲載された。強制徴用補償はすでに解決済みで、慰安婦は動員の強制性がないという、捏造した内容を盛り込んだ教科書も過半数だ。侵略戦争を堂々と『大陸進出』と表記して美化し、その上戦犯を擁護した教科書もある。

■ 中国の歴史歪曲も、そのレベルは日本に比べて引けを取らない。中国が自国の国境内で起きた全ての歴史を、中国の歴史に含ませる東北工程を露骨にしている。ウリたちの古代史である古朝鮮(コヂョソン)、扶余(プヨ)、高句麗(コグリョ)、渤海(パルヘ)の歴史を中国の地方政権の歴史と言いながら、歴史歪曲を通り越して捏造している。そしてキムチ、サムゲタン、韓服など、ウリたち固有の飲食(食べ物)および服飾文化も自国文化だと無理強いしている。

■ 今、中国と日本は、このような歴史歪曲について恥じるころすら感じていない。果たして自分の先祖が歴史を歪曲し、捏造していたという事実を子孫が知れば、どう評価するのだろうか?後ろめたいと同時に、自分の先祖を非常に恥かしいと思うのは明らかだ。日本と中国は歴史の中で、再び罪を作らないことを求める。

チョン・ヨンヒョ論説委員

ソース:慶南日報(韓国語)
http://www.gnnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=472572



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1617924515/続きを読む