FC2ブログ

【朝鮮日報】帝国臣民として飼いならそうとした「京城プロジェクト」は失敗した



1: 新種のホケモン ★ 2020/02/02(日) 08:15:24.25 ID:CAP_USER
韓国を研究する米国の少壮学者、日本統治時代におけるソウルの変化の様相、人々の反応を具体的に記録

「朝鮮神宮を訪問した植民地住民ら、観光名所を訪れたかのように行動」

【新刊】トッド・A・ヘンリー著、キム・ベクヨン、チョン・ジュンヨン、イ・ヒョンア、イ・ヨンギョン訳『ソウル、権力の都市』(山のように刊)

 米国カリフォルニア大学サンディエゴ校(UCSD)の歴史学科教授を務める著者トッド・ヘンリー(48)は、韓国を研究する米国人学者だ。彼は序文において韓国学者の間で『西林派(Westwood faction)』の一員だと言えることを誇らしく思う」と表明した。「西林派」とは「士林派」をもじった造語で、西洋の韓国学者を意味する。著者は「西林派」の中でも、1945年以前の韓国を主に研究する学者で、エドワード・ワーグナー、ジェームズ・パレ、マルティナ・ドイヒラーなど第1世代、カーター・エッカート、ドナルド・ベイカー、マーク・ピーターソン、ジョン・ダンカンなど第2世代に続く、第3世代の少壮学者に属する。

 「西林派」の学者は韓国人研究者に見られがちな民族主義的傾向に引っ張られず、日帝時代を眺める際、近代と収奪、親日と反日という二分法を超越する。著者もアプリオリな二分法を超え、日本による植民支配期のソウルの公共空間がどのように変化し、当代の人々がこれにどのように反応したのか具合的様相を観察する。朝鮮王朝500年の首都にして大韓帝国の皇城であった漢陽を植民地首都・京城に変えようとする日帝の企画は、朝鮮人を日本帝国の臣民にする「同化政策」の核心だった。

 1925年に南山に建立された朝鮮神宮は、天皇家に「精神的同化」をするよう設計された施設だった。京城に暮らす日本人のように、朝鮮人も天皇に同質感を抱いて参拝するよう強要された。しかし同化は結局失敗した。植民地住民は朝鮮神宮を訪問はしたが、敬虔(けいけん)な参拝ではなく、観光名所を訪れたかのように行動した。神道を支持していた日本人の小笠原省三は「神宮の前まで行けば、日本人は帽子を取って頭を下げるのに対し、朝鮮人はさっと背を向けて家に帰ってしまう」として「朝鮮人は参拝しなかった。

彼らはただ参観しているだけだった」と回顧した。
 日中戦争と太平洋戦争で戦時体制に変わった1937年以降、参拝強要は一段と暴力的かつ強圧的になったが、朝鮮人の内面を支配することはできなかった。あるキリスト教の牧師は、神学生らと共に団体で神宮を訪問した。牧師は、外見上必要な儀式を全て行ったが、このように祈った。「神が一日も早く日本の鬼神を追い出し、その場所にキリストの教会を建ててくださいますように。われわれが一日も早く、われわれの独立を取り戻せますように」

 日帝が、朝鮮王室の正殿である景福宮に大理石でできた総督府の建物を新築し、宮殿の多くの殿閣を撤去した跡地で大規模な博覧会を開いたのは、日本の統治が近代的繁栄をもたらしたと宣伝しようとする「物質的同化」のプロセスだった。博覧会では、植民地以前の朝鮮の過去を不毛かつ抑圧的なものとして、日帝の植民統治以降の朝鮮の現在を近代的かつ生産的なものとして見せる図表や写真を展示し、日帝の支配を経済的搾取ではなく恩恵と見なすよう誘導した。しかし、動員された朝鮮人観客の大部分は、展示品を見るよりも遊戯施設や休憩所で多くの時間を過ごした。

 大恐慌時代の1929年、博覧会の費用を捻出するため行われた募金キャンペーンは、逆に植民地産業が抱えている民族的差別を浮き彫りにする結果となった。募金を行った京城協賛会の一部会員は、朝鮮人には寄付する金がないと懸念を表した。強圧的な募金や観覧に動員された朝鮮人らは、朝鮮の経済と文化の伝統が展示されたものを見て、日帝の統治に敵意を示すこともあった。

 総督府は、京城で毎年2度実施する大掃除や衛生博覧会などを通して、朝鮮の生活が清潔になったと主張した。著者は、これを「公衆的同化」と呼ぶ。総督府は、朝鮮人大衆がこの企画にうまく反応するだろうと信じたが、朝鮮人の多数よりも少数の日本人住民の保健の方に恩恵がもたらされる基調は常に維持された-と著者は記す。

 植民地住民を2等国民として差別・排除する体制において、彼らを「忠良な皇国臣民」にするという日帝の同化政策は、決して実現し得ないプロジェクトだった。著者は「植民地近代性というものが悪賢い分割主義的統治システムであることを余すところなく示している」と指摘する。原題は『Assimilating Seoul』(ソウルの同化)。484ページ、2万8000ウォン(約2600円)。

李漢洙(イ・ハンス)記者

朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2020013180154

2020/02/02 06:06



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1580598924/続きを読む

韓国人には珍しい自己批判の本――鄭大均が語る「反日種族主義」



1: 新種のホケモン ★ 2020/01/27(月) 00:35:31.11 ID:CAP_USER
 竹島、徴用工や慰安婦問題など韓国で通説となっている歴史認識を検証した『反日種族主義』。今夏刊行された韓国では曺国前法相が批判するなど物議を醸し11万部超、11月発売の日本版は36万部に。日韓で賛否両論、波紋を呼ぶ本書を識者が論じる。

 この本は韓国の古い性格、原初的性格を教えてくれます。そもそも李栄薫氏は「民族主義」ではなく「種族主義」と表現する。それは韓国人の内面を構成する持続的なメンタリティーのようなもので、シャーマニズムや血縁主義、韓国人に特有な自然観に結びついているという。

 なぜ韓国は中国には従順なのに、日本には敵意をむき出しにするのか。李栄薫氏はそれを「種族主義」という民族性や国民性との関係で説明するわけです。

 隣国のこの古さですが、日本人が気づいていなかったわけではない。今から100年前に朝鮮を訪れた谷崎潤一郎は「朝鮮雑感」(1918年)という随筆で、平安朝を主題にした物語に関心がある者は絵巻物を見るより、京城(現在のソウル)や平壌を歩いてみるのがよいと書いています。当時の朝鮮には今はなき日本の伝統や風景が残っているのだという視点です。

 日本統治期だった当時、韓国(朝鮮)の古さはむしろステレオタイプのように語られていた。ところが、戦後日本ではその古さや停滞性を語ることがタブーになった。日本が韓国と国交正常化したのは1965年ですが、以後の韓国がめまぐるしく変化する国になり、古さが見えにくくなったという事情もあるでしょう。

 しかしどんな国にも変わる部分と変わらない部分がある。この本はその変わらない部分への注意を喚起していますが、伝統的なメンタリティーよりも現実の政治やメディアの実践のほうが重要ではないかという批判はあるでしょう。

 ただし、本書のより重要な貢献は、日本統治期の「暴力」や「収奪」といった加害・被害者性の物語の虚偽や虚構を明らかにしてくれた点にあります。

 韓国における公的議論がいかに誤ったものかを韓国人自身が毅然と論破する。その実証的部分こそがこの本の真骨頂であり、李栄薫氏やその仲間たちは命がけでやっているわけです。こんな本は滅多にありません。彼らがどういう表情やしぐさでどう論破しているか知りたかったら、ユーチューブの「反日種族主義」でその映像をご覧になったらいい。日本語字幕つきですから心配はない。

 韓国人には珍しい自己批判の本です。日本人の自己批判には時流に媚びる性格のものが多いが、これはそんな甘ったるいものではない。韓国のアイデンティティーに突きつけられたもっとも本格的な異議申し立ての声でしょう。韓国でも日本でも日本統治期についての議論が起きてくれればいいのですが。

週刊文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/amp/22063?page=1



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1580052931/続きを読む

【中央日報/コラム】韓国はミッドウェイ海戦逆転の秘密武器を持っているのか



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/01/22(水) 08:29:28.52 ID:CAP_USER
九割方略(ソース先にて。

ミッドウェイ海戦の勝負を決めたのは結局、人だった。韓国は今、さまざまな挑戦を受けている。北朝鮮は核兵器を放棄せず、周辺列強は軍事力を増強している。韓国はホルムズ海峡への派兵を決めたが、米国とイランの間を綱渡りしている。ニミッツのような指揮官と闘志のある将兵がいつよりも必要な時だ。

イ・チョルジェ/中央日報軍事安保研究所長

https://s.japanese.joins.com/JArticle/261748?servcode=100§code=120
ⓒ 中央日報/中央日報日本語版 2020.01.22 08:15

no title

1942年6月5日のミッドウェイ海鮮を扱った映画『ミッドウェイ』で、日本の空母が米国の急降下爆撃機の攻撃を受けて爆発している。[写真 ヌリピクチャーズ]



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1579649368/続きを読む

【杜撰国家】「韓国」教科書内容が大きく違う、それでも成り立つ韓国教育の不思議!



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2020/01/14(火) 22:11:36.05 ID:CAP_USER
2020年3月から高校で使用される「韓国史」の教科書が、韓国政府の検定を通過した。8つある教科書のうち、6つの教科書で「1920-30年の米生産量」に関するグラフが掲載されている。

 日本国に統治されていた頃の話であり、米の生産計画が一目瞭然となるグラフだ。しかし、年ごとの生産量が少ない場合は53万石、多い場合は567万石もの違いが出ている。これらは、明らかに見過ごすことのできない数字だ。

 韓国教育部と韓国教育課程評価院は「執筆者の自主性を尊重し、さまざまな内容に基づいている妥当な記載だ」としている。朝鮮総督府農業統計資料を叩き台にしているか、朝鮮米穀要覧を引用しているかだから、構わないと言う考え方だ。一言でいえばデタラメ教科書検定だ。

 問題になっている項目「朝鮮米穀要覧(1937)」という資料はネットで誰でも確認できる。しかし、評価院は「元の資料は確認できない」として、別の資料を提示し始めた。ネットで閲覧できるものを、もうすでにない資料だということはいったいどういう国なのだろう。検定審議の対象になった教科書をしっかり比較さえしていれば、事前に防げたミスとも言える。

 それでも政府見解としては「さまざまな内容に基づいて記載された」と譲らない。大学受験当日にパトカーの先導で出席する生徒がいるほどの国だ。高校の教科書内容が大きく違えば、結果も当然違う。それとも、大学受験に出さないであろうデータは、曖昧でも構わないというスタンスだろうか。

 今回検定を通過した教科書では、文在寅政権の実績を強調している。北朝鮮のことは最低限度しか記載しない。偏向だらけの内容を指摘されている。国家が教育に横やりを入れれば柔軟な考え方の高校生の思想に悪影響を与えかねない。
 
 大統領が変わってしまえば、善は悪になり、悪は善になるから問題ないとおもっているのならば、定評通り杜撰な国家だ。

【編集:RL】

http://www.globalnewsasia.com/article.php?id=6078&&country=1&&p=2
-Global News Asia- 2020年1月14日 9時15分

関連
【韓国】「反日」プロパガンダの道具と化す韓国の歴史教科書 歴史教科書の大改訂で文在寅が目論むもの[1/13]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1578892956/



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1579007496/続きを読む

【夕刊フジ】韓国の若者、北朝鮮が好きで日本には「恨」の感情抱く絶望



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/12/25(水) 21:11:49.57 ID:CAP_USER
2019年の日韓関係は「戦後最悪」と評された。そんな彼らの「反日」の行動原理を探るべく、「週刊ポスト」で『逆説の日本史』を連載中の作家・井沢元彦氏はソウル取材を行なった。彼の地で「日韓断絶の根源」を目の当たりにすることになった井沢氏は、韓国の対日行動原理に「恨(ハン)」という特有の精神があることを著書『恨の法廷』(1991年)で言及している。

 韓国における「恨の精神」は、日本での「恨(うら)みの心情」とは似て非なるもの、もしくは全く異なるものである。中国王朝の影響下に置かれた時代が長い朝鮮半島の国家は、解消困難な抑圧状況に対する怒りや不満、あるいは抵抗心を、逆に「生きるエネルギー」に転換させようとした。その状態を「恨」という。現在の韓国と「恨」を乗り越えて関係を築くことはできるのか、井沢氏が考察する。

 * * *

 文在寅大統領が退任し対立する勢力から大統領が選ばれれば、日韓問題は解決されるのだろうか?

 確かに今より状況は改善されるかもしれない。前の大統領、つまり保守派の朴槿恵政権の下では、一度は慰安婦問題を完全に解決するという合意がなされた。これは革新派政権では絶対あり得ないことだ。しかしそのことが国内的には朴槿恵大統領の支持率を落としたことも事実である。

 じつは彼女は慰安婦の件では安倍総理と握手しながら、外遊するたびに日本はひどい国だという悪口を言いまくっていた。「朴槿恵の告げ口外交」で、これもまったくの事実である。なぜそんなことをしたのかと言えば、慰安婦問題などで「妥協」したことで彼女を親日派(=売国奴)と批判する向きがあったからだ。とにかくどんな合理的なことでも日本の言い分を認めれば「親日派」にされてしまうのだから困ったものだ。

 その朴政権を「親日派」だと徹底的に批判して政権を奪い取った文大統領が、日本側のきわめて合法的な「日韓基本条約を無視するな」という要求をなぜ黙殺するのか、これでおわかりいただけるかと思う。

 しかし大人はそうでも、若者は違うのではないかという期待を当初私は抱いていた。若者は常に現状に批判的だし、感情に走る大人に比べて理性的で論理的な面もある。視野も広い。そこで伝手を求めて韓国の大学生を招き、ソウルの日本料理店で酒を飲みながら意見を交換した。ちなみにその日は「日本軍慰安婦被害者をたたえる日」、つまり8月14日の夜で他に日本人客はいなかったが、韓国人客で盛況だった。

 ちょうど鬼畜米英を唱えていたころの日本にアメリカ映画や音楽のファンが結構いたように、今の韓国にも日本文化のファンは大勢いる。また日本政府に対してはともかく、個々の日本人に対しては強い反感を持っている人は少ない。それがせめてもの救いではあるのだが、結論から言えば私は若い世代にも失望した。

 どうやら完全に左翼勢力に洗脳されていると言ってもいい状態なのである。もちろん少数のサンプルで全体の傾向を即断してはいけないということも重々承知しているのだが、その後周辺取材をしてみた結果も同じだ。

 どういうことかと言えば、まず若者は北朝鮮に対する親愛度が異常に高いということだ。1950年の朝鮮戦争は北朝鮮が侵略目的で韓国に対して奇襲を仕掛けたことで始まった。韓国はアメリカ軍などの応援も得てようやく北朝鮮軍を撃退したものの、兵士と一般国民合わせて韓国人100万人近くが犠牲になった。平たく言えば、北朝鮮の卑怯な不意打ちで殺されたのである。

 ところが、この「父祖の仇」であるはずの北朝鮮に対し若者たちは憎悪どころか親近感を抱いている。そして、それ以上に「絶対悪」として認識しているのが日本なのである。恐るべき事態だ。それほど若い世代に対する反日洗脳、「恨」思想の刷り込みは進んでいるということだ。

ずっと前から指摘していることだが、韓国では子供のころから旧日本軍が韓国女性を拷問しているような展示を見せ、日本が「悪」であることを叩き込んでいる。(※中略

 その頂点に文在寅政権がある。「恨」の感情を利用した慰安婦問題や徴用工問題に関する不当な言いがかり、あるいはGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄をちらつかせる不当な牽制に妥協すれば、相手はますます図にのって無法な要求を繰り返すだろう。だがそれは韓国にとって亡国への道である。

※以下略

 ※週刊ポスト2020年1月3・10日号

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191225/for1912250007-n1.html?ownedref=not 176et_main_newsListSoc
夕刊フジ公式サイト 2019.12.25(NEWSポストセブン)



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1577275909/続きを読む

【徴用問題】 韓国国会議長の寄付金支給案に 「憤り禁じ得ない」=韓国支援団体



1: 荒波φ ★ 2019/11/06(水) 17:04:32.78 ID:CAP_USER
【光州聯合ニュース】

訪日中の韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が強制徴用被害者への賠償問題を巡って、両国の企業と国民から寄付を募り、被害者に支給する案を提案したことについて、韓国支援団体「勤労挺身隊ハルモニ(おばあさん)とともにする市民の集まり」は6日に南西部・光州で記者会見を開き、「民意を代弁する国会議長の言葉なのか耳を疑った」として、「驚愕(きょうがく)と憤りを禁じ得ない」と批判した。

団体は「問題解決のため、74年間苦しみの中で戦ってきた被害者の意見に一度でも耳を傾けていればこのような提案はできない」として、「被害者は反人道的な違法行為に対する謝罪と賠償を要求しているのであり、わずかなお金を受け取るため意地を張っているわけではない」と主張。「(文氏の提案は)お金され渡せば良いと思う低級で浅はかな歴史認識」と非難した。

2015年末に旧日本軍の慰安婦問題を巡り、日本政府の謝罪がないまま10億円を受け取り、強い非難を受けた例を取り上げ、「歴史的な責任を認め、それに基づいた謝罪が含まれていない方法はいかなるものも正しい解決策にならない」と強調し、「加害者である日本政府、戦犯企業の事実認定と謝罪が先行しなければならない」と主張した。


2019.11.06 16:39
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20191106002900882?section=japan-relationship/index



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1573027472/続きを読む

【韓国】 ジャレド・ダイヤモンド教授「日本、ひざまずいて謝罪したドイツに習うべき」★3



1: Ikh ★ 2019/11/01(金) 02:33:50.08 ID:CAP_USER
「銃・菌・鉄」の著者でピューリッツァ賞を受賞した米国UCLAのジャレド・ ダイヤモンド教授が韓日葛藤と関連して、日本はポーランドにひざまずいて謝ったドイツに学ばなければならない、と言いました。

新刊「テビョンドン」(原題:Upheaval、邦題:危機と人類)を知らせるために訪韓したダイヤモンド教授は今日、梨花(イファ)女子高100周年記念館で開かれた記者懇談会で1970年ウイリー・ブラント、ドイツ総理がホロコースト慰霊塔の前でひざまずいた後、ポーランド人はドイツに心を開いたとし、日本の真正性ある謝罪を促しました。

米・中貿易戦争と関連しては韓国は両国間に挟まった小さな国だが、かと言って必ずどちらか一方を選択する必要はないと述べました。米国は中国の浮上を恐れるが、中国は独裁体制なので誤った指導者を交替できない限界がある、とし今世紀が中国の世紀にはならないだろうと話しました。

南北問題と関連しては首脳部の出会いを大々的に広報する方式ではなく、絶えず非公開的に全面的な水面下の交流を通じて信頼を積んだフィンランドとロシアの関係を参考にするよう薦めました。

ダイヤモンド教授は最近、リーダーシップを研究しているとし、左右を離れて国民みんなで心を一つにし、誇りを持てるようにする人が良い指導者だと強調しました。

イ・スンウン

ソース:YTN(韓国語)ジャレド ダイヤモンド教授"日本、ひざまずいて謝罪したドイツに習わなければ"
https://www.ytn.co.kr/_ln/0106_201910311538327994

前スレ
【韓国】 ジャレド・ダイヤモンド教授「日本、ひざまずいて謝罪したドイツに習うべき」★2[10/31]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1572527394/


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1572543230/続きを読む