FC2ブログ

【eスポーツの起源】ゲームを最初に「eスポーツ」と呼んだのは? 韓国説が有力



1: 新種のホケモン ★ 2020/09/22(火) 16:24:24.66 ID:CAP_USER
 ここ数年で、雑誌やテレビで「eスポーツ」という言葉を目にすることが急激に増えた。「世界大会」、「高額賞金」、「プロゲーマー」といった華やかなキーワードと共に紹介されることが多い。だが、これだけブームになっている一方で、eスポーツの“正体”を正確に把握している人は少ない。

 そもそも「eスポーツ」と「ゲーム」の違いは何なのか。一般社団法人日本eスポーツ連合(JeSU)のホームページでは、次のように説明されている。

〈「eスポーツ(esports)」とは、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。〉

 つまり、「ルールのもとで競い合うことができるゲームはすべてeスポーツだ」と言える。極論をいえば、ゲームタイトルの数だけ競技があるということになる。実際にeスポーツとして大会が行われている種目は、1対1で戦う格闘ゲームもあれば、チームを組んでプレイする競技もある。陸上競技のようにタイムを競い合うものもある。

 一体いつから「eスポーツ」という言葉が使われるようになったのだろうか。

 その名に「eスポーツ」を冠した団体が設立されたのは、2000年の「韓国eスポーツ協会(KeSPA)」が世界初だといわれている。だがそれ以前にもeスポーツという言葉は使われており、インターネット上に存在する記事では1999年にヨーロッパで発足したオンラインゲームに関する協会「Online Gamer Association」に関する記事で、文中に”eSports”という言葉が登場している。現在のところ、これ以上古い文献で「eスポーツ」の言葉が登場するものは確認できていない。

 アメリカのゲーマー事情に詳しい一般社団法人令和トーナメント理事の中村鮎葉氏は「eスポーツという言葉は当時の文化的背景が反映されて生まれたのではないか」と推測する。

「1990年後半当時は、パソコンやインターネットの普及とともに、電子メールを指す『eメール』やネットを介した売買を指す『eコマース』といった、頭に『e』が付く言葉が世間に浸透し始めていた時期でした」

 発祥の地として有力とされているのが「韓国」だ。中村氏が続ける。

「一説によると、韓国のテレビ番組で『eスポーツ』という言葉が使われ、徐々に英語圏でネットスラング化したというのが始まりだそうです。私はこの説を支持しています。

 当時、韓国ではネットカフェの普及とともに対戦型のPCゲームが大流行し、大会の様子がテレビ番組で放映されるほどの人気を博していました。真剣勝負を繰り広げる選手たちを見て、熱くなった人たちが『これはまるでスポーツじゃないか。eスポーツとでも名付けよう!』となったのだとしても不思議ではありません」

 ちなみに、新しい文化ゆえに「eSports」「e-sports」など表記揺れの問題が国内外問わず起きている。そこで海外では2017年にAP通信が発行する文法や表記についてのガイドブック『APスタイルブック』に普通名詞「esports」を収録することで統一を図っている。日本国内では「eスポーツ」という表記が用いられることが多いようだ。

◆取材・文/すいのこ(プロゲーマー)

NEWS ポストセブン 9/22(火) 16:05
https://news.yahoo.co.jp/articles/dfffd69d837c02f3ef736c9eb9736d3334c0f7f3?page=1

ゲームのプロも数多く誕生している(時事通信フォト)
https://i.imgur.com/ohucwi6.jpg



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1600759464/続きを読む

【動画】ポケモンをパクった韓国の『パワモン』というゲームが激ヤバ ピカチュウから耳毛というセンス



1: ピマリシン(ジパング) [NZ] 2020/09/08(火) 17:17:03.37 ID:Yyy3pOuZ0● BE:878898748-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
今や日本だけでなく、世界的に有名な『ポケットモンスター』。世界では『Pokémon』として親しまれ、
新作が発表される度にお祭り騒ぎになっている。アニメやオモチャも世界各国で発売され、もはや知らない人はいないくらいだ。

そんなポケモンのパクリゲーが韓国で販売されていたことが判明。今回、それを入手した。『PowerMon(パワモン/パワーモン)』というタイトルで
Windows用ゲームとなっている。
パッケージは一見ポケモンだが、よく見るとロゴが『POKEMON』ではなく『PowerMon』になっている。中央にはピカチュウに
似ているキャラクター、というより、そのままのキャラが描かれており、ニャースやヒトカゲなども確認できる。
しかし、ピカチュウをよく見ると、尻尾の形が違い、耳毛が生えている。本家のピカチュウとは違うとオリジナルキャラクターと
主張したいのかもしれない。さらに、パッケージの中にはゲームのスクリーンショットが印刷されており、
アクションゲームだというのがわかる。また、パッケージの下には「1」と「2」が一緒になっているという文字。
どうやら『PowerMon』は2作あり、今回入手したものはその2作が1本になっているようだ。

対応OSはWindows95/98/2000/ME/XPと書かれている。検証マシンはWindows10だが、このパソコンで動作させてみることにする。

(つづく)
https://gogotsu.com/archives/59135
動画
http://y2u.be/lL6SAXZBxgg
no title

https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2020/09/Powermon03.jpg
no title

https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2020/09/Powermon02.jpg
no title

https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2020/09/Powermon06.jpg
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2020/09/Powermon07.jpg



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1599553023/続きを読む

【K-POP】「文化の盗用」が繰り返される理由─今度は“ヒンズーの神”で炎上



1: ろこもこ ★ 2020/07/19(日) 14:25:13.52 ID:CAP_USER
https://news.yahoo.co.jp/articles/241019d0b1ff246633481c9c0fd56d3213d73458

世界を魅了してやまないK-POPアイドルたち。しかし、彼らの行為が大炎上することがある。最近ではBLACKPINKのミュージックビデオにインドから非難が殺到。過去にはBTSのメンバーが「キノコ雲」プリントのTシャツを着ていた写真が日本で物議を醸した。

【画像ギャラリー】全米が恋するBTSの活動を振り返る

こうした不祥事はなぜ繰り返されてしまうのか。背景には“韓国の歴史”があるのではないかと米紙「ニューヨーク・タイムズ」が報じている。
私たちの神は玩具じゃない!

女性K-POPグループ「BLACKPINK(ブラックピンク)」のミュージックビデオに、象の頭を持つヒンズー教の神、ガネーシャが数秒間登場した。メンバーが金縁の椅子に座ってラップをするシーンで、ガネーシャの神像は宝石をちりばめた「アラジンのランプ」のそば──床に置かれていたのである。

問題となった『How You Like That』のミュージックビデオは「文化の盗用」であり、さらには「神聖な宗教的象徴物であるガネーシャを、床に小物として放置するという形で不適切に使用した」として、インドのK-POPファンから非難を受けた。

「アーティストのことは恨んでない。だが、ヒンズーの信仰と神々はポップカルチャーのミュージックビデオに登場するおもちゃではない」

インド・デリー在住のファンはツイッターにそう書き込んでいる。インドや東南アジアの文化がK-POPにおいて軽視されたのは今回が初めてではない、とも付け加えた。

騒動が大きくなると、YouTubeに投稿されていた動画からガネーシャは突然削除され、ファンは「勝利」を宣言した。BLACKPINKの所属事務所であるYGエンターテインメントは「意図しないミスだった」とし、関連イメージを削除した。
ファンあってのアイドルだけど…

K-POPは韓国最大の「輸出品」で、レベルの高いダンスなどのパフォーマンスが人気だ。

韓国コンテンツ振興院が3月に発表した報告書によれば、韓国の音楽産業は2018年に50億ドル以上の収益をあげている。そのほとんどがK-POPによるものだという。たとえば2019年、YGエンターテインメントの収益は2億2000万ドルにも上った。

そしてこの現象の鍵を握っているのは、ファンだ。ファンたち自身もそのことを理解している。

彼らはアルバムがリリースされたとき、あるいはアイドルたちの誕生日が来たときにはSNSを使って大々的に祝う。さらには実費で地下鉄に広告を出すなどし、BLACKPINKのようなグループをスターの地位に押し上げてきた。

そんなK-POPファンたちは世界中におり、人種や年齢、社会経済的にも多様なコミュニティーをネット上に作り上げている。彼らは政治活動にも積極的で、一部はトランプ大統領の集会を標的にして空予約を大量に取る「いたずら」までした。
K-POPグループ自体もまた文化の垣根を越え、新たな音楽を見つけようと模索している。男性グループBTSは2018年、アフロビートと韓国民謡のリズムを融合した楽曲『Idol』をリリースし、称賛された。
しかし、ときには文化的、人種的に越えてはならない一線を越えてしまい、つまずくこともある。ミュージックビデオの背景やカラフルな衣装に、宗教的、または社会的に慎重に取り扱うべきモチーフを取り入れたことで、不適切だと非難されたことは過去にもあったのだ。

たとえばBLACKPINKのメンバーは、黒人のボックスブレイズ(細かな三つ編みをたくさん作る髪型)にしたうえでインドのビンディー(額の装飾)をつけたことで批判された。

そして今回のガネーシャもまた、ファンたちを刺激した。YGエンターテインメントにはSNSやメールを通して意見が殺到し、なかにはファンが作成したテンプレート通りのものもあった。ファンたちは公式な謝罪と、ガネーシャ象の削除を要求していたという。

6月30日、YGエンターテインメントはガネーシャを削除した新しいバージョンの『How You Like That』のミュージックビデオを公開した。同社は「気づいてすぐにミュージックビデオを編集した」としている。

デリー出身の大学生で、K-POPファンのヴェダンシュ・ヴァルシュニー(21)は、K-POPによる文化のマッシュアップについて「自分たちの文化が表現されている、と(嬉しく)感じる人もいるでしょう。だだし、無礼なやり方をしているときは話が違います」と語った。



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1595136313/続きを読む

タピオカの次は? 今年は韓国の人気スイーツ「トゥンカロン」がブームに 



1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [ZA] 2020/01/23(木) 21:12:48.09 ID:+6eRsOAc0● BE:844481327-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
「タピる」が流行語大賞トップ10入りするなど、2019年に大きなブームを巻き起こしたタピオカドリンク。
そしてタピオカに続くかもしれない、2020年の注目株のスイーツが「トゥンカロン」です。そのカワイすぎるフォトジェニックな外観から、ハマる女子が急増しそうなのです!

「トゥンカロン」は韓国で人気のスイーツで、名前の由来は韓国語で「太ったマカロン」を意味する言葉。そんなネーミング通り、ボリューミーなクリームをたっぷりサンドしているんです。

カラフルな色合いとコロンとしたフォルムから、もともと女子ウケのいいスイーツだったマカロン。
それに、カラフルなクリームやデコレーションプラスしたら、可愛さも抜群だし、その魅力がパワーアップするに決まってますよね。写真を撮らずにはいられない!と、韓国では大人気となっているんです。

日本でも2019年秋頃から、「トゥンカロン」のお店が次々と誕生。日本にも「トゥンカロン」人気の波が押し寄せてきています。そこで、日本で「トゥンカロン」が食べられるお店をご紹介しましょう。

https://joshi-spa.jp/979995
no title


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579781568/続きを読む

中央日報「韓国には500億本も売れた国民的発酵乳“ヤクルト”がある。どうだ、羨ましいニカ?」



1: ナガタロックII(SB-Android) [US] 2019/11/03(日) 16:26:59.79 ID:x2GQELdz0 BE:932354893-PLT(12931)
sssp://img.5ch.net/ico/gomi1.gif
【韓国の長寿ブランド】500億本売れた国民的発酵乳「ヤクルト」

販売量500億本。韓国の食品製品のうち単一ブランドで史上最多販売の歴史を書き続ける製品。ヤクルトのことだ。

ヤクルトは昨年基準で韓国の国民1人当たり970本を飲んだ国民的発酵乳だ。
これまで売れたヤクルトの容器を積み上げれば世界最高峰であるエベレスト(8848メートル)の40万倍の高さとなる。

韓国初の乳酸菌発酵乳ヤクルトは1971年に初めて発売された。
ヤクルト発売初期に世論は好意的でなかった。「菌にお金を払って飲むのか」という非難を受けたりもした。
6月に死去した韓国ヤクルト創業者の尹徳炳(ユン・ドクピョン)会長はこうした世論にも乳酸菌が下痢や便秘予防などに効果的だとして無料試飲行事など積極的マーケティングを継続した。

積極的なサンプリングマーケティングは消費者の認識改善につながり、その後の販売に弾みが付いた。
発売から6年過ぎた77年には1日販売量が100万本を超え、国民的間食として定着した。

ヤクルトの訪問販売方式も国民的人気を享受できた秘訣のひとつに挙げられる。
尹会長は女性の雇用を創出するために主婦を対象に「ヤクルトおばさん」制度を導入した。
71年に47人にすぎなかったヤクルトおばさんは98年に1万人を超えた。

「フレッシュマネジャー」に名前を変えたヤクルトおばさんは現在1万1000人ほど。
韓国最高の販売組織のひとつだ。

尹会長は1976年に食品業界で初めて中央研究所の設立を主導した。
中央研究所は設立後20年で独自の乳酸菌を開発して乳酸菌国産化時代を開き、現在まで韓国の食品業界を代表する乳酸菌研究の中心地として定着している。

以下ソース

1980年代の韓国ヤクルトの広告。[写真 韓国ヤクルト]
https://s.japanese.joins.com/upload/images/2019/11/20191103131150-1.jpg

https://s.japanese.joins.com/Jarticle/259199



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1572766019/続きを読む

韓国「北朝鮮がポロロまで盗作。北朝鮮は国際社会の著作権という概念を無視することで悪名高い」



1: 地球(庭) [CN] 2019/08/19(月) 11:04:23.56 ID:9qwsSzeP0● BE:201615239-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
 北朝鮮は18日、対外宣伝メディア「メアリ」を通じて「5・1総合加工工場」で生産されている3種類の「子ども成長飲料」の写真を公開した。
 味によって赤や緑などの原色で色づけられている清涼飲料水のペットボトルの前面にはヘルメットをかぶった動物が描かれている。
 これは、韓国の人気アニメキャラクター「ポロロ」を前面に出した同名の韓国の清涼飲料水に非常によく似たデザインで、一部からは「盗作」だと指摘の声が上がっている。

 北朝鮮は14日にも「チョンジンデリュン技術交流社」という所で開発した清涼飲料水「ボリス」の写真を「こだま」のウェブサイトに掲載した。これに対しても「コカ・コーラ」のデザインとまったく同じだという声が上がった。
 北朝鮮は「外国人たちも、その味と香り、機能性において世界的に知られているコカ・コーラと堂々と競い合える清涼飲料水だと賛辞を惜しまなかった」としている。

 北朝鮮は国際社会の著作権という概念を無視することで悪名高い。北朝鮮が独自開発したと公表している基本ソフト(OS)「赤い星」はアップルの「Mac OS」を盗作したものだという疑惑もあった。

http://www.chosunonline.com/m/svc/article.html?contid=2019081980009



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1566180263/続きを読む

【宇宙】 世界各国がこぞって探査する月の資源ヘリウム3、韓国だけが無関心? 韓国ネット「まずは日本の対応に力を入れろ」



1: 荒波φ ★ 2019/07/13(土) 15:22:22.94 ID:CAP_USER
※京郷新聞の元記事(韓国語)
月にはクリーンエネルギー‘ヘリウム3’いっぱい、世界各国探査急いで…韓国は“そうだな”
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?art_id=201907072123005


2019年7月8日、韓国・京郷(キョンヒャン)新聞は、月に豊富にあるエネルギー「ヘリウム3」が注目され世界各国が探査を急いでいるが、韓国の宇宙計画では「後回しにされている」と伝えた。

ヘリウム3は1グラムで石炭40トンに匹敵するエネルギーを放出する。月面の埋蔵量は100万トンと推測され、これは地球全体に1万年間にわたりエネルギーを供給できる量だという。また、ヘリウム3による核融合発電は放射能を排出しない。

記事によると、科学界は2000年代の初めからヘリウム3に関心を持つようになったが、米国やロシア以外に月面に着陸可能な技術を持つ国もなく大きく注目はされてこなかった。

しかし最近は石油の枯渇が近づき、ヘリウム3の潜在的価値が以前よりも高まる中、中国やインド、日本という「新興宇宙強国」が月に行く力を確保したことで「状況が変わった」という。

インドが今月打ち上げを予定している月探査機の主な任務はヘリウム3採掘の可能性を確かめることにあると伝えられており、「これで具体的な成果が出ればヘリウム3への関心はさらに高まるだろう」と記事は指摘している。

しかし韓国政府の場合、18年に打ち出した「第3次宇宙開発振興基本計画」に「無人月探査基盤、未来宇宙資源採掘の力量確保」という項目はあるもののヘリウム3についてはこれという言及がない。

韓国の科学界には「ヘリウム3採掘の可能性についての言及は時期尚早だ」という声もあるという。核融合科学界関係者は「ヘリウム3が供給されれば、核融合発電のための重要な選択肢が一つ増えることになる」としながらも、「いつ地球に入ってくるか分からないヘリウム3の研究は現実的には難しい」と述べているという。

ただ一方で「ヘリウム3への関心が高まっている現状を看過してはいけない」との指摘もあるという。

地球物理科学界関係者は「韓国宇宙開発の一つの目標として、ヘリウム3の採掘を模索する必要がある」と訴え、「苦労して月面で採取したヘリウム3のサンプルを韓国に無条件で提供してくれる国がある可能性は低い」と話したという。

記事は最後に「20年代には月で国家間競争が始まるのは明らかなのにもかかわらず、韓国の月探査計画には資源採掘のような『未知の土地を積極的に占有・開発しよう』という試みがみられない」と懸念を示している。

この記事に、韓国のネットユーザーからは

「そんなに優先すべき重要なこととは思わない」
「スコップで掘るのか?。月がどうとか言ってる場合か?。日本の経済報復にも無策なのに」
「月を気にしてる場合じゃないだろ。まずは日本の対応に力を入れろ」
「日本が輸出を制限した3品目も作れなくて大騒ぎなのに、月探査なんて」
「ロケットも米国の許可がないと造れない国なのに、何が月探査だ」

など批判的な声が殺到している。 また

「ユナイテッドコリアとして、北のロケット技術と南の核融合発電技術を合わせて、ヘリウム3を確保するのはどう?」
「人間たちよ、月まで棄損しようとするな。月がなければ人間の寿命は半分になる。月があるから、人類の幸福もあるのだ」
「果たして人類は1万年後も存在するだろうか?」

などのコメントも見られた。


2019年7月13日(土) 11時20分
https://www.recordchina.co.jp/b727926-s0-c30-d0144.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1562998942/続きを読む