FC2ブログ

韓国「日本メディアまでキムチは中国のパオサイが起源だと言い出した! 友好国じゃないのかよ」



1: アフリカゴールデンキャット(東京都) [IN] 2021/01/27(水) 14:01:37.97 ID:Ja8MdeVV0● BE:916176742-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/2hikky.gif
現在中国と韓国で、キムチ起源を巡って論争になっている。
中国側の主張ではキュウリと白菜を漬けて食べたという記録が残っており、それがキムチとなったという。

一方韓国側は数千年前からキムチ文化は2013年にユネスコ人類無形文化遺産に登録されており、
歴史的には数千年も前からの食文化だという。

両者は一歩も譲らず、中国は政府を挙げてのキムチ起源主張、韓国側は関係無い国を巻き込んで広告を出してロビー活動と
論争は止まるどころが激化するばかり。
そんな韓国が今度は日本に矛先を向けた。日本のメディアが「キムチは中国のパオサイが起源」という報道を知ってしまい、
それを韓国メディアが紹介。

韓国メディアは「日本のマスコミが韓国キムチが、中国の漬物“パオサイ”に由来した食べ物だと主張し激しい非難を浴びている」と
27日付の記事で報じている。
問題の記事はJBPressというメディアの26日に公開された「中韓キムチ起源論争に垣間見える韓国の反論文化」という記事だ。

キムチのことだけでなく、「これまで韓国人は様々な韓国起源説を主張してきた。日本関連だけでも相撲や歌舞伎、醤油、日本酒、うどんなど、
例を挙げればキリがない」と冒頭から書かれている。

その後は被災時に辛ラーメンが売れ残った理由や、日本製品不買運動も取り上げている。

上記に書かれている「非難を浴びている」が気になってTwitterで検索してみたが、
話題にはなっているが記事そのものは非難を浴びているようではなかった。

https://gogotsu.com/archives/62540
no title



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1611723697/続きを読む

【韓国ショック】キムチの発祥は「中国説」有力、中国からの逃亡者と豊臣日本軍がいなければできなかった [1/25] [昆虫図鑑★]



1: 昆虫図鑑 ★ 2021/01/25(月) 08:17:46.17 ID:CAP_USER
2020年1月、キムチにさえ見放さた感じの韓国。キムチというと、だいたい韓国を思い出す人も多い。キムチ発祥の国は? と聞けば、韓国だと大体の人は言うだろう。もちろん韓国人は満面の笑みをたたえて、韓国自慢をするであろう。

 しかし、残念ながら、キムチの発祥は、「中国」という説が近年強くなっている。紀元前2世紀の中国の文献「詩経」に、「祖」と呼ばれるキュウリの塩漬けについて書かれている。どうもこれが、元祖キムチなのだ。紀元前3~2世紀は戦乱時代で、まだ未開の地であった今の韓国に、多くの中国人が逃げ住んだ。

 今のキムチの形になるまでは、ここから長い時間かかる。1592年に豊臣秀吉が朝鮮半島に出征するまで待たなければならない。それまでは、あの赤くて辛くて、何とも言えない臭さのキムチは登場していないと、歴史文献は伝えている。

 唐辛子は、唐(中国)から直に入ったわけではなく、寒さに困った兵士のために秀吉が日本から持ち込んだ。唐辛子単体では食べられないので、「祖」に混ぜて食べることによって、身体を温めさせたと。その他に、ニンニクも、滋養強壮力だけでなく、解毒効果や強力な殺菌効果、抗酸化作用があるので、持ち込んだのだ。

 戦の中では、定時に食事を取ることはできない。キュウリの塩漬けに唐辛子とにんにくを混ぜたものは移動させる度に、混ざり合い、発酵する。こうして、今のキムチに近い味が、当時の韓国で「たまたま」できたわけだ。

 つまり、中国からの逃亡者と、豊臣日本軍がいなければ、できなかった。

 日本は、キムチが日本のおかげでできたことは、全く名誉ではないし、逆に迷惑な話なので、声を潜めている。

 しかし、「キムチは中国の文化遺産」として中国がその認定準備を進めている~国際標準化機構(ISO)の標準認定はすでに受けている。中国5千年の歴史の一角だとしているし、韓国が発祥は、被害妄想だと一喝だ。

 もちろん、韓国も黙ってはいない。「キムチは、韓国のもので、干し柿も韓国のものだ」と主張していが、キムチ論争に、干し柿を持ってくる点でオロオロと支離滅裂な動揺が認められる。

 国民の最大自慢のキムチが、中国発祥だなんて、韓国人には認められない事だろう。でも、文献など確固たる証拠をもっている中国は、ある意味最強だ…。


https://globalnewsasia.com/article.php?id=6904&&country=1&&p=2



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1611530266/続きを読む

「キムチは韓国の物」と主張するためニューヨークタイムズに広告を出す! 「キムチの歴史は数千年」←



1: ヨーロッパオオヤマネコ(東京都) [IN] 2021/01/19(火) 18:51:42.31 ID:8EWYwpjQ0● BE:916176742-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/2hikky.gif
「キムチは韓国の物!」と主張するためにニューヨーク・タイムズに広告を出した韓国教授
現在キムチが韓国の物なのか中国の物なのかで争っている。その争いは昨年に遡り、更に韓服の争いからキムチの起源に発展。

昨年11月には中国側がキムチをが国際標準化機構(ISO)の枠組みの中でキムチ産業の6つの食品規定を制定したことにより韓国が大騒ぎ。
これを中国メディアは「国際標準により中国キムチが国際キムチの標準となったという証拠だ」と説明。

この争いは現在も続いており、に韓国人ユーチューバーのHamzy(本名:ハム・ジヒョン)がキムチを食べながら「キムチは韓国のもの」と発言した。
これにより中国では炎上し収拾が付かなくなったため中国側の所属事務所はHamzyを17日に契約解除した。

そしてここに来て出てきたのが毎度お馴染みのソ・ギョンドク教授だ。いつもは日本を相手に戦っている教授だが、
今回は中国を相手にロビー活動を行っているようだ。

18日、ソ・ギョンドク教授はニューヨーク・タイムズの欧州、アジア版にキムチの広告を掲載し中国の歴史歪曲に対抗した。

掲載されたのはニューヨーク・タイムズAセクション5面とニューヨーク・タイムズ(欧州・アジア版)5面。

広告には「キムチ文化は2013年にユネスコ人類無形文化遺産に登録された。歴史的に数千年の間、韓国の代表的な食べ物文化となっている」と
説明されている。

数千年??? 唐辛子が韓国に持ち込まれてから数千年も経っていないが……。

更に「現在は、世界の人々が愛する発酵食品として位置づけられ、韓国のキムチは世界のものになった」と書かれている。

この広告はキムチ専門家、広告の専門家らとソ・ギョンドク教授らの共同で企画されたもの。
ニューヨーク・タイムズ以外にもソ・ギョンドク自身のFacebookにも同じ画像が投稿されている。

https://gogotsu.com/archives/62315
https://gogotsu.com/wp-content/uploads/2021/01/nyt_kimch.png
no title


<関連記事

韓服・キムチに続きテコンドーまで中国の武道と主張 それに対して韓国激怒
https://gogotsu.com/archives/60874
中国がキムチを「国際標準」に登録したことに対し韓国政府が声明
https://gogotsu.com/archives/62221



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1611049902/続きを読む

「韓国のキムチ、世界の人のためのもの」NYTにキムチの広告… 中国に反撃



1: ヤマネコ(光) [CN] 2021/01/19(火) 14:43:28.14 ID:dBqyCMXl0● BE:201615239-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien03.gif
韓国誠信(ソンシン)女子大学の徐敬徳(ソ・ギョンドク)教授が「キムチ工程」に対応するために、ニューヨーク・タイムズに広告を掲載した。

徐教授は「18日のニューヨーク・タイムズ米州版Aセクション5面とインターナショナル・ニューヨーク・タイムズ(欧州・アジア版)5面にキムチの広告を掲載した」と19日、明らかにした。
「韓国のキムチ、世界の人のためのもの」というタイトルがつけられた広告は「キムジャン(キムチの漬け込み)文化は2013年国連教育科学文化機関(ユネスコ)人類無形文化遺産に登録された。
歴史的に数千年間、韓国の代表食文化として継承してきた」という説明が入っている。
また「現在は世界の人々が愛する醗酵食品に位置づき、韓国のキムチは世界の人のものになった」という内容も含まれている。

今回の広告は、最近中国がキムチを自分たちの食品だと主張してわい曲する「キムチ工程」に対抗するために企画された。
ある団体の後援とキムチ専門家、広告専門家、デザイナーとのコラボレーションで進められた。徐教授は「正確なキムチの情報を簡潔に世界の人に教えたかった」とし
「ニューヨーク・タイムズの広告ファイルをインスタグラムやフェイスブックなどSNSでも広報している」と話した。

徐教授は「現在、キムチに関する文化や歴史に対する韓国語・英語・中国語など多国語シリーズの映像を準備中で、
YouTubeなど世界的な動画サイトを通じて引き続き広報していく計画だ」と話した。

https://s.japanese.joins.com/JArticle/274593?servcode=A00§code=A30



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1611035008/続きを読む

韓服・キムチに続きテコンドーまで中国の武道と主張 それに対して韓国激怒



1: マーゲイ(東京都) [IN] 2021/01/15(金) 16:16:55.40 ID:Z4JmYboj0● BE:916176742-PLT(16000)
sssp://img.5ch.net/ico/2hikky.gif
中国と韓国で起源主張戦争が激化している。昨年末には韓服やキムチで争っていたが、ここに来て、
テコンドーまで中国が起源だと主張したとして韓国が激怒している。

報じたのはイギリスメディアで、「テコンドーは康に由来した」と事実かの放送。具体的に放送の中では
「多くの人が次のように話す。『テコンドーは韓国のものだ』。テコンドーは韓国が発明したものだ。
しかし、中国人が韓国人を作ったため、テコンドーは実は中国のものだ」と伝えた。

これを見た中国ネットユーザーも「テコンドーはもともと中国から変化したもの」、「テコンドー自体が中国北方拳術の一種だ」、
「歴史的に韓国はすべて中国のものだった」という反応を見せた。

相次ぐ中国の強引な主張と挑発に、韓国のネットユーザーの怒りはますます大きくなるもようだ。

そんなテコンドーも世界では「コリアン空手」呼ばれ、空手と名乗っている。別の説によればテコンドーはそもそも空手が
「コンスドー(空手道)」と呼ばれており、その後「タンスド-」名前で普及した。

そもそもの空手が琉球時代に沖縄で発症した武道で、中国から伝わったとされている。その更に古くは「唐手(トーデー)」と呼ばれており、
中国から伝来した拳法を指している。

つまり空手は中国から伝来しており、テコンドーも空手の影響を受けているため中国起源だという主張はなんらおかしくない。

https://gogotsu.com/archives/62221
no title



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1610695015/続きを読む

【韓国起源】青森県のねぶた祭、韓国にパクられた挙句にユネスコ人類無形文化遺産に登録されてしまう



1: 宇宙の晴れ上がり(愛知県) [US] 2020/12/18(金) 19:06:39.99 ID:8Dqll6wU0● BE:156193805-PLT(16500)
sssp://img.5ch.net/ico/monaazarashi_1.gif
ユネスコは先程、青森ねぶた祭のねぶたを盗用した韓国の燃灯会をユネスコ人類無形文化遺産に登録承認した。
日本の伝統が韓国文化にされてしまう。日本政府は即刻抗議を。
https://ついったー.com/TIOffoa1Iny67ll/status/1339209130989371394

UNESCO公式
https://ich.unesco.org/en/RL/yeondeunghoe-lantern-lighting-festival-in-the-republic-of-korea-00882
no title



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1608285999/続きを読む

【話題】韓国の「プデチゲ」、米軍の食べ残しから生まれた!?―中国メディア [12/18] [昆虫図鑑★]



1: 昆虫図鑑 ★ 2020/12/18(金) 08:01:04.74 ID:CAP_USER
中国のポータルサイト・網易に16日、韓国の庶民の味であるプデチゲを紹介する記事が掲載された。

ここ数年、中国の大都市では日本料理や韓国料理がブームとなっており、記事によると鍋料理のプデチゲもその中の一つという。記事は「その歴史は朝鮮戦争にさかのぼる」とし、戦争(休戦)の後、韓国の民生は崩壊寸前の状態で特に食糧難が深刻だったと指摘。また、「それには朝鮮半島の特別な地形が関係している。大きな戦争に直面したら食糧の生産、輸送は深刻な痛手を被り、大規模な飢饉(ききん)が発生する」とした上で、韓国に駐留する米軍がプデチゲ誕生のきっかけになったことを紹介した。

記事は、「米軍の韓国駐留は当時から現在まで続いている。その強大な後方勤務のおかげで兵士らはさまざまな種類の栄養のある食べ物を口にできたが、それに決して満足していなかった。ランチョンミートやベーコン、ハムなどはとっくに食べ飽きてしまい、少し食べただけで捨てられることが多かった」と続け、空腹に苦しんでいた当時の韓国の人々がそれらを家に持ち帰り、きれいに洗うなどした後、鍋に入れて煮込んだと説明。これが非常においしく、米軍施設の門の前では話を聞いた大勢の人が残り物を手に入れようと待ち構えたそうだ。

記事は「その後、韓国の経済状況は次第に上向き、日本のインスタントラーメンも伝わった。米や野菜はかなりの値段で、安くて便利なインスタントラーメンは人気の的に。それはプデチゲに入れられるようにもなった」と述べ、「戦争で飢餓状態にあった人々が命をつなぐためにやむを得ず米軍の残り物を拾った。そして韓国人が好む食べ物が加えられて現在の美食になった」と締めくくった。(翻訳・編集/野谷)

https://www.recordchina.co.jp/b860963-s0-c30-d0063.html



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1608246064/続きを読む