【SAPIO】「約束は無効と覚悟せよ」「亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり」…福沢諭吉が見抜いた韓国の本質



1: ニライカナイφ ★ 2018/04/16(月) 10:51:21.76 ID:CAP_USER.net
◆「約束は無効と覚悟せよ」 福沢諭吉が見抜いた韓国の本質

韓国の不実はいまに始まったことではない。
明治の傑出した知識人、福澤諭吉は当時すでにそのことを看破していた。

「脱亜論」で彼はなぜ朝鮮を見限ったのか。
いまこそその背景にある思想に学ぶべきだ。文芸評論家の富岡幸一郎氏が解説する。

* * *

《左れば斯る国人に対して如何なる約束を結ぶも、背信違約は彼等の持前にして毫も意に介することなし。
既に従来の国交際上にも屡ば実験したる所なれば、朝鮮人を相手の約束ならば最初より無効のものと覚悟して、事実上に自ら実を収むるの外なきのみ》
(『時事新報』明治三十年十月七日)

これは福澤諭吉の言葉であるが、まさに現在の日韓関係の本質を言い当てているではないか。
ただし福澤は決して「嫌韓」論者なのではなかった。

後で引く有名な「脱亜論」もそうである。
彼は西洋列強のアジアへの帝国主義的な侵略にたいして、明治維新によって近代化の道を拓いた日本こそが、中国や朝鮮にたいして力を貸して共に連帯して抗すべきであると考えていた。

また亜細亜という言葉から中国(清朝)と朝鮮を同じく捉えていたのではなく、むしろ朝鮮をアジア同胞として清韓の宗属関係から脱却させ日本のように文明化させることの必要性を説き尽力したのである。
李氏朝鮮の旧体制(血族や門閥による支配)のままでは早晩、清国やロシアの植民地となり、それはそのまま日本の国難になるからだ。

李朝末期のこの腐敗した絶望的な国を変革しようとした開化派を福澤は積極的に支援し、そのリーダーであった金玉均らの青年を個人的にも受け入れ指導教育を惜しまなかった。
また朝鮮に慶應義塾の門下生を派遣する行動を起こし、清朝の体制に取りこまれるのをよしとする朝鮮王朝の「事大主義」の変革をうながした。

清仏戦争が勃発し、清国軍が京城から退却したのを機に開化派がクーデターを企てるが(甲申事件・明治十七年)、それが失敗に帰したことから、朝鮮における清国の影響力は決定的となった。
福澤のなかにあった日本による朝鮮の文明化の期待も潰えた。

日本に十年余り亡命した金玉均も明治二十七年上海で朝鮮の刺客に暗殺され、その遺体は無残に切断され国中に晒された。
福澤に「脱亜論」を書かしめたのも、朝鮮の開明派、独立派の人々への必死の支援がことごとくその固陋な中国従属の封建体制によって無に帰したことによるものだ。

《我日本の国土はアジアの東辺に在りと雖ども、その国民の精神は既にアジアの固陋を脱して西洋の文明に移りたり。
然るに爰に不幸なるは近隣に国あり、一を支那と云い、一を朝鮮と云う。》(「脱亜論」明治十八年三月十六日)。

この近隣にある「二国」は、《その古風旧慣に恋々するの情は百千年の古に異ならず……教育の事を論ずれば儒教主義と云い、学校の教旨は仁義礼智と称し、一より十に至るまで外見の虚飾のみを事として……道徳さえ地を払うて残刻不廉恥を極め、尚傲然として自省の念なき者の如し》

◆挑戦への絶望と苛立ち
 
福澤の文章の烈しさは、そのまま朝鮮の開化を祈念していた彼の思いの裏返しの憤怒であった。
しかし福澤は「文明化」自体に絶対的な価値を置いていたのではない。
「脱亜論」の冒頭でも「文明は猶麻疹の流行の如し」といい、「有害一偏の流行病にても尚且その勢いには激すべからず」として文明化は利害相伴うものであることも語っている。

むろん福澤はアジアのなかで唯一文明化に成功した日本を正しい選択であったとしている。
大切なのは西洋文明の波がかくも急速に高く押し寄せているときに、旧態依然の「外見の虚飾」を捨てない朝鮮の政体と人民への絶望と苛立ちをはっきりと表明してみせた言論人としての姿勢である。

《左れば今日の謀を為すに我国は隣国の開明を待て共に亜細亜を興すの猶予あるべからず、寧ろその伍を脱して西洋の文明国と進退を共にし、その支那、朝鮮に接するの法も隣国なるが故にとて特別の会釈に及ばず、正に西洋人が之に接するの風に従て処分すべきのみ。
悪友を親しむ者は共に悪名を免かるべからず。我れは心に於て亜細亜東方の悪友を謝絶するものなり。》

当時も今も国際社会のなかで外交を「謝絶」することはできない。
問題は「心に於て」、すなわち日本はユーラシア・中華帝国の膨張の現実を前にして、この世界史に参与すべく如何なる「思想」を自ら打ち建てるかである。

NEWSポストセブン 2018.04.16 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20180416_657811.html

※続きます


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1523843481/続きを読む

【日中】中国首相を公賓待遇で調整…日中関係の改善狙う



1: たんぽぽ ★ 2018/04/11(水) 19:01:10.95 ID:CAP_USER.net
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180410-00050126-yom-pol
読売新聞

 政府は、5月の日中韓首脳会談に合わせて来日する中国の李克強(リークォーチャン)首相について、外国首相としては最高位の「公賓」待遇で受け入れる方向で調整に入った。

 天皇陛下との会見を日程に盛り込む方向で準備を進めている。

 中国首相が公賓として来日するのは2007年4月の温家宝(ウェンジアバオ)氏以来、11年ぶり。政府は今年が日中平和友好条約締結40周年にあたることを踏まえ、李氏を厚遇することで日中関係改善につなげたい考えだ。

 李氏の来日は首相就任後初めて。外国要人の待遇は、上から国賓、公賓、公式実務訪問賓客、実務訪問賓客などがある。国王や大統領は国賓が、皇太子や首相は公賓が最も格式が高い。


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1523440870/続きを読む

東浩紀「保守とリベラルはいまこそ反ネトウヨで連帯すべき!」



1: 名無しさん@涙目です。 2018/04/08(日) 18:34:27.75 ID:HLmL/GEA0.net BE:718678614-2BP(1500)



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523180067/続きを読む

安倍首相「安倍政権にTBSやテレ朝は報道じゃない!」



1: 名無しさん@涙目です。 2018/04/07(土) 19:07:41.28 ID:YO7FKiFT0●.net BE:518792469-2BP(2000)
http://img.5ch.net/ico/nida.gif
安倍晋三 首相
「(批判的な)TBSやテレ朝は報道じゃない」
『週刊文春』4月12日号

 背景にあるのは、森友学園問題などについての報道に対する政府、ならびに安倍首相の不満だ。内閣支持率の低下、ならびに首相自身への不信感
は報道のせいだと考えているふしがある。2014年11月、安倍首相がTBS『NEWS23』に出演した際、政府の経済政策について懐疑的な回答が続く街頭
インタビューの映像が流れた後、「おかしいじゃないか!」と声を張り上
げて不満を露わにしたのはよく知られている。このときは当時の萩生田光一筆頭副幹事長と福井照報道局長が在京6局に対し、選挙報道の「公平中立」を求める文書を送っている。

 2015年11月には百田尚樹氏が代表理事、上念司氏が事務局長、ケント・ギルバート氏、田中秀臣氏らが理事を務める「放送法遵守を求める視聴者の会」が発足(役職は現在のもの)。

『NEWS23』を批判する意見広告を出したり、高市早苗総務相(当時)に放送法4条の政治的公平性についての公開質問状を出したりするなどの活動を
行った。なお、ケント・ギルバート氏は2017年7月、産経ニュースの自身の連載で「安倍首相もそろそろ本気でメディアへの対抗策を打ち出したらど
うか」「『政治的公平性』などを求めた放送法4条は、撤廃しても構わない」などと記している。遵守なのか、撤廃なのかどっちだよ。
http://bunshun.jp/articles/-/6939



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1523095661/続きを読む

【パヨク悲報】「アベが国難」「アベは辞めろ」「国益考えるなら安倍内閣は総辞職」⇒ 支持率42.4%(3.7%UP)



1: 名無しさん@涙目です。 2018/04/01(日) 16:34:00.23 ID:1eJ6vKNi0.net BE:723460949-PLT(13000)
http://img.5ch.net/ico/nida.gif
安倍内閣の支持率は42%

 共同通信の世論調査によると、内閣支持率は42.4%で、3月17、18両日の
前回調査から3.7ポイント増。不支持は47.5%だった。
https://this.kiji.is/353069983138202721



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1522568040/続きを読む

【放送法】日テレ、テレ朝、TBS、テレ東に続きフジも反対表明…アベ政治を許さない



1: 名無しさん@涙目です。 2018/03/31(土) 16:17:02.48 ID:ofHMlcdH0.net BE:882533725-PLT(14141)
http://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
フジ社長「民放の存在の根幹脅かす」 キー局5社、政府に反対姿勢
3/31(土) 7:04配信 産経新聞

政府が検討している放送制度改革と想定される被害
 「政治的公平」などを定めた放送法4条の撤廃をはじめとする放送制度改革が政府内で検討されていることについて、フジテレビの宮内正喜社長は30日の定例会見で、
「民間放送の存在の根幹を脅かす形で法改正などがなされれば断固として反対する」と述べた。
これで、在京民放キー局5社の経営トップがいずれも放送制度改革について反対の立場を鮮明にした。

 宮内社長はこの日の会見で「政府方針が発表されていないので、今の時点で敏感に反応することは避けたい」としつつ、
「放送法やハードとソフトの分離の部分は民間放送の存在の根幹を脅かす」と強調した。

 これまで、6月に日本民間放送連盟会長に就任予定の日本テレビの大久保好男社長が「民放事業者は不要と言っているに等しく容認できない」と反対姿勢を強調。
このほか、「民放の歴史的歩みを踏まえた丁寧な議論を強く求めたい」(テレビ朝日の早河洋会長兼CEO)▽「民放不要、民放解体ということなら反対」(TBSの武田信二社長)
▽「視聴者を置き去りにした議論は軌道修正を迫られる」(テレビ東京の小孫茂社長)-といずれも批判や懸念を示してきた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180331-00000511-san-pol



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1522480622/続きを読む

【放送法】日テレ社長「容認できない」と、強く反論…アベ政治を許さない



1: 名無しさん@涙目です。 2018/03/26(月) 19:49:16.96 ID:N3tARhl10.net BE:882533725-PLT(14141)
http://img.5ch.net/ico/anime_jyorujyu01.gif
日テレ社長、安倍首相の放送事業見直しにけん制 報道が事実なら「強く反対」
3/26(月) 16:11配信 デイリースポーツ

 日本テレビが26日、都内の同局で定例社長会見を開いた。安倍晋三首相が表明している放送事業の見直しについて大久保好男社長が質問に答えた。
新聞、通信社などの各メディアが放送法の一部撤廃を含む改革案を政府の規制改革推進会議が検討していると報じていることについて、「このような議論が本当だとしたら、私は容認できない」と強く反論した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180326-00000098-dal-ent



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1522061356/続きを読む



アクセスランキング