fc2ブログ

【悲報】次の首相、人気1位=枝野 2位=安倍 3位=小池 [329614872]



1: アクチノポリスポラ(神奈川県) [JP] 2021/08/06(金) 09:09:08.21 ID:zaMeF+A10● BE:329614872-2BP(2500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
https://cdn.images-dot.com/S2000/upload/2021080500035_2.jpg

【独自】ポスト菅1千人アンケートで浮上した意外な大穴 安倍前首相、小池知事、進次郎環境相は?

安倍晋三前首相と小池百合子都知事(C)朝日新聞社

 東京五輪の開催を強行し、感染爆発を引き起こした菅政権。総裁選の投開票日が9月29日で調整が進められており、ポスト菅を探る動きが永田町では出てきている。

「東京五輪でメダルラッシュも菅内閣の支持率はまったく上がらず、8月中に感染拡大が収まらなければ、24日開幕のパラリンピックは中止になる可能性がある。さらに22日投開票の横浜市長選挙で菅首相が推す元国家公安委員長の小此木八郎氏が敗れるようなことがあれば、早期退陣に追い込まれることもありうる」(政府関係者)

 永田町では例のごとく、河野太郎ワクチン担当相、岸田文雄前政調会長、石破茂元幹事長などの名前が有力候補として挙がっている。だが、次の衆院選で与党が大敗すれば、野党にもチャンスが巡ってくる。

 そこでAERAdot.ではポスト菅について、大穴候補者として期待する政治家は誰か、アンケートを実施した。7月14日~28日の約2週間行い、1007人の回答が集まった。編集部で20人の与野党の政治家を選び選択肢を設け、記述回答も用意した。

 ポスト菅の有力候補として河野太郎規制改革担当相、石破茂元自民党幹事長、茂木敏充外相、加藤勝信官房長官、下村博文政調会長、岸田文雄前政調会長の名前が挙がっているため、選択肢からは外した。早速、結果を見ていこう。

 最も多い回答を集めたのは、立憲民主党の枝野幸男代表で176票(17・5%)だった。野党第一党の代表として期待値は常に高い。政治ジャーナリストの角谷浩一さんは「野党が強くなければいけないという社会の思いが票につながったのだろうが、政界での評価は高くない」という。どういうことか。

「枝野氏は保守を標榜していますが、7月に村山富市元首相を表敬し『リベラルな政権をつくる』と発言するなど、どういう保守を目指しているのかわかりにくい。政治のセオリーとしてここの説明をはっきりとさせることが重要になってきます。この先を見据えるなら、覚悟を決めて自らの立場を明確にする必要があると思いますね」(角谷さん)中略

 将来の首相候補とも言われる小泉進次郎は17票(1・7%)で12位となった。環境相になってから、ネットではたびたび小泉議員の発言が、“迷言”としてあげつらわれている。官邸関係者は「まだ首相の器という雰囲気はない。まだまだ先なのでしょう」という。

https://dot.asahi.com/dot/photoarticle/2021080500035.html?page=1



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1628208548/続きを読む

「五輪中止」を訴える朝日新聞 スポンサーは継続、高校野球はOKの支離滅裂 [306759112]



1: 現場猫(埼玉県) [US] 2021/07/08(木) 21:46:50.36 ID:+wAqq0nB0 BE:306759112-BRZ(11000)
sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
 部数低下に喘ぐ朝日新聞が、東京五輪報道でいよいよ袋小路に入っている。
社説では五輪中止を訴えたものの、オフィシャルスポンサーは継続。
紙面や投稿欄では五輪中止を求める声を盛んに取り上げながら、自社が主催する高校野球に関しては「開催OK」との立場を貫き、
新聞の生命線とも言える紙面の信頼性が揺るぎ始めている。

 五輪開催問題について朝日新聞が明確に意思を示したのが、5月26日付の朝刊の社説だ。
朝日は「夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める」と題し、「中止はむろん避けたい」と断った上で、
「誰もが安全・安心を確信できる状況にはほど遠い」と述べ、中止を求めた。

「世論調査で国民の半数前後が五輪開催中止を求めており、影響力が極めて大きい大手新聞がハッキリと中止を求めた意義は大きい。
ただ、整合性を欠くのは、朝日新聞が五輪のスポンサーだということです。

 これについて朝日は、『オフィシャルパートナーとしての活動と言論機関としての報道は一線を画します』
『社説などの言論は常に是々非々の立場を貫いています』との見解を示しましたが、大会はスポンサーがあってこそ成立するもの。
『金は出すが、開催は反対』という態度は、友情や連帯を謳う五輪の精神とは到底相容れず、
先人たちが積み上げてきた崇高な理想を踏みにじるものです」(スポーツジャーナリスト)



「五輪中止」を訴える朝日新聞 スポンサーは継続、高校野球はOKの支離滅裂
https://www.cyzo.com/2021/07/post_285043_entry.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1625748410/続きを読む

朝日新聞 6倍のステルス値上げwwwwwwwwwwwwwwwwwww



1: 白色矮星(大阪府) [US] 2021/06/28(月) 16:47:01.40 ID:6okNU48m0● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
 27年ぶりの月ぎめ購読料値上げを発表した朝日新聞。
7月1日から朝刊と夕刊のセットは現在の月額4037円から4400円となる。同じタイミングでデジタル版の“隠れ値上げ”が行なわれていたことはあまり知られていない。

 朝日新聞の記事をウェブ上で読める「朝日新聞デジタル」にはこれまで、月額980円で月に300本の有料記事を読める「シンプルコース」と、
紙面と同じレイアウトで有料記事を無制限に読める月額3800円の「プレミアムコース」があった。

 その「シンプルコース」のサービス内容が9月8日から変わる。値段は月額980円と変わらないが、閲覧できる記事が300本から50本と、6分の1に減る。
それに合わせて、スマホのアプリ版では気に入った連載記事の続きをすぐに読める機能などが増えるという説明だ。
加えて記事本数が無制限の「スタンダードコース」(月額1980円)が新設されるという。

 怒りを露わにするのが神奈川在住の70代男性だ。

「読み終わった新聞を捨てに行くのが億劫になったので、最近デジタル版で一番安い980円のプランに加入して、パソコンで読んでいた。
でも9月から50本しか読めないなんて、実質6倍の値上げじゃないですか。
スマホアプリを充実させると言っても、スマホを持っていないから意味がないし、コースを変えたら1000円も余計にかかる」

朝日新聞デジタル版 月に記事300本から50本に激減で「隠れ6倍値上げ」
https://news.nifty.com/article/domestic/society/12180-1128513/



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1624866421/続きを読む

【朝日新聞】「文大統領、菅首相と対話したい意思」 韓国大使語る



1: エウロパ(北海道) [US] 2021/06/11(金) 07:37:57.65 ID:tKRe7gle0 BE:844628612-PLT(14990)
sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
「文大統領、菅首相と対話したい意思」 韓国大使語る(朝日新聞デジタル)
https://news.yahoo.co.jp/articles/dc3797d168448b3d609a33f77cd1c7878af31ca8

今年1月に着任した韓国の姜昌一(カンチャンイル)・駐日大使が朝日新聞の取材に応じた。日韓関係悪化の大きな要因となっている韓国での元徴用工や元慰安婦をめぐる裁判の問題には、「外交交渉を通じて解決できる道を探っていくべきだ」との立場を示した。
今後の日韓首脳会談の可能性について、「文在寅(ムンジェイン)大統領は菅義偉首相と胸襟を開いて対話したいとの意思を持っている」と述べた。

元徴用工訴訟では、ソウル中央地裁が7日に原告の訴えを退ける判決を出した。
この判決について、姜氏は、「韓国は完全に三権分立。韓国政府の一員として、意見をする考えはない」と述べた。

そのうえで、大法院(最高裁)での確定までには数年かかるとの見通しを示し、「一喜一憂するのはよくない。韓国で裁判官を非難する声や反対デモなども一部で起こっているが、
決して望ましい態度ではないと思う」と話した。

5月に英国で開かれた日韓外相会談では、日本外務省によれば、茂木敏充外相が元慰安婦らへの賠償を命じた1月のソウル中央地裁の判決をめぐり、韓国側に改めて適切な措置を講ずるよう求めた。

姜氏は、文大統領が2015年の日韓慰安婦合意は有効と表明したことや、「日本側の意見に耳を傾ける準備ができている」としていることを挙げ、「韓国側が考えている解決策は多くある。
互いに対話のテーブルにつき、日本側からも案を伝えてくれれば、難しくないと個人的には思っている」と話した。


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1623364677/続きを読む

朝日新聞さん 「嘘やデタラメを発信する自由は誰にもない 言論の自由を勘違いするな」



1: 男色ドライバー(タイ王国) [US] 2021/05/31(月) 15:33:26.49 ID:6zGOvD/F0● BE:294725597-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/hare.gif
犯行声明を出した「赤報隊」は、朝日新聞を「反日」と批判した。
そして今、ネット上には「反日サヨク」「非国民」といった言葉があふれる。

こうした事実に基づかない批判や憎悪をあおる行いは、自由な発信を妨げ、社会を萎縮させる。
国や政治家の行いをチェックする活動を抑え込み、問題を覆い隠して病巣を深くしてしまうことにもつながる。

いま多くの人が親しむSNSを、それと同じ凶器にしてはならない。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14891475.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1622442806/続きを読む

【朝日新聞/社説】夏の東京五輪 中止の決断を首相に求める [5/26] [右大臣・大ちゃん之弼★]



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ Let it be です 2021/05/26(水) 17:30:43.94 ID:CAP_USER
 新型コロナウイルスの感染拡大は止まらず、東京都などに出されている緊急事態宣言の再延長は避けられない情勢だ。

 この夏にその東京で五輪・パラリンピックを開くことが理にかなうとはとても思えない。人々の当然の疑問や懸念に向き合おうとせず、突き進む政府、都、五輪関係者らに対する不信と反発は広がるばかりだ。

 冷静に、客観的に周囲の状況を見極め、今夏の開催の中止を決断するよう菅首相に求める。

生命・健康が最優先

 驚くべき発言があった。

 国際オリンピック委員会(IOC)のコーツ副会長が先週、宣言下でも五輪は開けるとの認識を記者会見で述べた。

 だが、ただ競技が無事成立すればよいという話ではない。国民の感覚とのずれは明らかで、明確な根拠を示さないまま「イエス」と言い切るその様子は、IOCの独善的な体質を改めて印象づける形となった。

 選手をはじめ、五輪を目標に努力し、様々な準備をしてきた多くの人を考えれば、中止はむろん避けたい。だが何より大切なのは、市民の生命であり、日々のくらしを支え、成り立たせる基盤を維持することだ。五輪によってそれが脅かされるような事態を招いてはならない。

 まず恐れるのは、言うまでもない、健康への脅威だ。

 この先、感染の拡大が落ち着く保証はなく、むしろ変異株の出現で警戒の度は強まっている。一般へのワクチン接種が始まったものの対象は高齢者に限られ、集団免疫の状態をつくり出せるとしてもかなり先だ。

 そこに選手と関係者で9万を超す人が入国する。無観客にしたとしても、ボランティアを含めると十数万規模の人間が集まり、活動し、終わればそれぞれの国や地元に戻る。世界からウイルスが入りこみ、また各地に散っていく可能性は拭えない。

 IOCや組織委員会は「検査と隔離」で対応するといい、この方式で多くの国際大会が開かれてきた実績を強調する。しかし五輪は規模がまるで違う。

「賭け」は許されない

 選手や競技役員らの行動は、おおむねコントロールできるかもしれない。だが、それ以外の人たちについては自制に頼らざるを得ない部分が多い。

 順守すべき行動ルールも詳細まで決まっておらず、このままではぶっつけ本番で大会を迎えることになる。当初から不安視されてきた酷暑対策との両立も容易な話ではない。

 組織委は医療従事者を確保するめどがつきつつあると言う。では、いざという場合の病床はどうか。医療の逼迫(ひっぱく)に悩む東京近隣の各知事は、五輪関係者だからといって優遇することはできないと表明している。県民を守る首長として当然の判断だ。

 誰もが安全・安心を確信できる状況にはほど遠い。残念ながらそれが現実ではないか。

 もちろんうまくいく可能性がないわけではない。しかしリスクへの備えを幾重にも張り巡らせ、それが機能して初めて成り立つのが五輪だ。十全ではないとわかっているのに踏み切って問題が起きたら、誰が責任をとるのか、とれるのか。「賭け」は許されないと知るべきだ。

 こうした認識は多くの市民が共有するところだ。今月の小紙の世論調査で、この夏の開催を支持する答えは14%にとどまった。背景には、五輪を開催する意義そのものへの疑念が深まっていることもうかがえる。

 五輪は単に世界一を決める場ではない。肥大化やゆきすぎた商業主義など数々の問題を指摘されながらも支持をつなぎとめてきたのは、掲げる理想への共感があったからだ。五輪憲章は機会の平等と友情、連帯、フェアプレー、相互理解を求め、人間の尊厳を保つことに重きを置く社会の確立をうたう。続く。

朝日新聞デジタル 2021年5月26日 5時00分
https://www.asahi.com/articles/DA3S14916744.html?iref=pc_rensai_long_16_article
=====
社説で東京オリンピック中止訴えた朝日新聞 ホームページでスポンサー継続の方針示す(BOLOGOS)
https://blogos.com/article/538894/



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1622017843/続きを読む

【朝日新聞】 主張が受け入れられなければ捏造に手を染め民意の改ざんを図るとは 厚顔無恥も甚だしい



1: ローリングソバット(タイ王国) [US] 2021/05/23(日) 09:32:40.29 ID:vq1dJBqk0● BE:294725597-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/hare.gif
(社説)リコール不正 民主主義への冒涜だ


元県議で事務局長の田中孝博容疑者は、逮捕前の取材に「予定通り署名が集まらず、焦りがあった」と話した。
その時点で自分たちの主張が社会に届いていない現実を悟るべきだったのに、なぜ偽造に走ったのか。
厚顔無恥ぶりにはあきれるばかりだ。

民意の改ざんを図った今回の犯罪は、民主主義への冒涜(ぼうとく)に他ならない。

https://www.asahi.com/articles/DA3S14911284.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1621729960/続きを読む