アホの朝日新聞 虐待・横領・詐欺を重ねた極悪人を「善人」として5回も紙面掲載し詐欺の片棒を担ぐw



1: デンジャラスバックドロップ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ [US] 2017/02/18(土) 18:03:35.78 ID:a/9QDCnf0●.net BE:565421181-PLT(13000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/soon.gif
ロレックスにハーレー 飲食店も開業 震災遺児の遺産6800万円を食い物にした叔父は「朝日」に5度美談


東日本大震災で両親を亡くしたおい(15)の災害弔慰金や震災義援金などの財産を未成年後見人の立場を悪用
して着服したなどとして、業務上横領や詐欺などの罪に問われた叔父で会社役員の島吉宏被告(41)
=宮城県石巻市=に仙台地裁(小池健治裁判長)が、懲役6年(求刑懲役10年)の判決を言い渡した。

震災で傷ついたおいを引き取り育てる心優しい叔父―。
朝日新聞は“美談”として島被告の動静を繰り返し報じてきたが、その裏ではおいに残されたお金を自身の
飲食店の開業資金に充て、その後もメルセデス・ベンツなどの高級車や高級腕時計ロレックスを買いあさり、
食事は焼き肉にすしと豪遊三昧。

島被告は、おいに残された金額のほとんどにあたる計約6800万円をたった3年間で使い果たした。

避難所で家族を探す姿が震災から5日後の朝日新聞朝刊で取り上げられた。
しかし、この時すでに、島被告は悪事に手を染めていた。震災で亡くなったおいの母親で自らの姉が、石巻市内
で入院中だと偽り、銀行窓口で姉名義の預金通帳を再発行し、約120万円をだまし取った。

朝日新聞はその後の様子も取材を続けた。記事中にはたびたび、「避難所で家族を探す姿が取り上げられた
ことをきっかけに、おいのもとへは全国から励ましの手紙、ゲームや漫画などの物資が届けられた」と記された。

朝日新聞を読んだ読者から手紙や食べ物などがたくさん送られてきたことについて、「人の真心のありがたさが
身にしみた」と話していた島被告だが、その一方ではおいに残された現金の着服を進め、真心を踏みにじっていた。

続く


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1487408615/続きを読む

【朝日新聞】米国留学 ご飯にクリームシチュー、サケの塩焼きにキムチ…これほど日本人になじみのある昼食に米国で出合えるとは



1: 鴉 ★@\(^o^)/ 2017/02/11(土) 20:52:09.51 ID:CAP_USER.net
 自己責任の国と言われる米国で、高齢者はどのように老いと向き合い、どんな支援を受けているのでしょうか。米国に留学した記者が各地で高齢者を訪ね、話を聞く中で感じたこと、日本との比較などを伝える連載「幸せな老いを探して 米国留学で見たこと」。朝日新聞デジタルで随時配信します。

■幸せな老いを探して 米国留学で見たこと

 ほかほかのご飯にクリームシチュー、サケの塩焼きにキムチ……。米国で訪問した高齢者向けの施設でハンバーガーやサンドイッチを目にすることはあったが、これほど日本人にはなじみのある昼食に米国で出合えるとは思わなかった。少し味見させてもらったが、おいしくて日本が恋しくなった。

 米ペンシルベニア州・フィラデルフィアにあるNPO「PASSi(ペン・アジアン・シニア・サービス、通称パッシ)」が運営するデイケアサービスの昼食のメニューだ。日本と同じように、介護や日常生活の支援が必要な高齢者が通い、食事を食べたり体を動かしたりレクリエーションをしたりして過ごす。

パッシの最大の特徴は、韓国人を中心に英語を話せないアジア系高齢者向けということだ。

 パッシは「ホームヘルスエイド」と呼ばれる介護職員による訪問介護も提供している。韓国、中国、ベトナムなど約15言語を話すエイドが働き、自国の文化を好む高齢者に合わせて食事を作る。
利用者が一定の所得以下なら費用はかからない。実際に利用者の大多数は低所得者層。「ここに来れば、おなかがすくことはない」という触れ込みだ。

 昼食を終えた高齢者が50人ほどホールに集まり、ビンゴが始まった。韓国語と英語で職員が数を読み上げると、皆じっと耳を傾ける。
「ビンゴ!」と高らかにカードを掲げる人も。別室では中国語を話す人たちがボランティアの若者とマージャンに興じていた。ほかにもズンバ、映画鑑賞、ピクニック、ガーデニング、パソコン教室などがある。「韓国人が中心だが、最近は多様化している」と、パッシを立ち上げたイムジャ・チョイさん(68)は言う。

■週5日、パッシに通う

 週5日、パッシに通っているボクスン・ヨムさん(87)は、1986年に娘に呼び寄せられる形で韓国から米国に移住した。孫の世話や認知症の夫の介護で、英語を学ぶ機会がなかった。2014年からパッシのデイケアに通っている。

 「糖尿病で薬を飲まないといけないが、自分1人だと服薬の時間や量が分からない」と、看護師から毎朝薬を受け取って飲む。午前中はズンバなどのエクササイズが楽しみで、朝食と昼食もデイケアで食べる。

 「栄養豊富な食事が食べられ、スタッフはまるで自分のおばあさんのように優しくしてくれる」とヨムさん。

 午後2時頃、一人で暮らす高齢者向けのアパートに帰る。アジア人向けの食材をそろえるスーパーマーケット「Hマート」で、夕食と引き換えられるクーポンをパッシから支給されている。韓国語を話すエイドがシャワーの介助や夕食の用意をする。
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK296JDLK29UEHF00G.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1486813929/続きを読む

【韓国】朝日新聞「大使を早く任地に戻し、外交の力を存分に発揮させるべきだ。」



1: シューティングスタープレス(北海道)@\(^o^)/ [DE] 2017/02/10(金) 07:58:56.21 ID:tnR6Fddm0.net BE:882533725-PLT(14141) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_jyorujyu01.gif
日韓外交 双方の利益を考えよ

2017年2月10日(金)付

 安全保障や経済、環境など広い分野で目標や課題を共有する隣の韓国に、日本政府を代表する特命全権大使がいない。そんな状態が1カ月続いている。

 この不正常な事態がさらに長引けば、両政府の疎遠な関係が常態化しかねない。ことの発端が韓国側の動きにあったのは明らかだが、このまま放置することは双方の利益にならない。

 韓国側に関係改善の行動を急がせるためにも、安倍政権は大使を早く任地に戻し、外交の力を存分に発揮させるべきだ。

 一時帰国は韓国の市民団体が昨年末、釜山の日本総領事館付近に慰安婦問題を象徴する像を設置したことへの対抗措置だ。

 市民団体の動きを察知した日本政府は昨年の夏ごろから、設置を避けるよう再三要請し、韓国政府も同意の姿勢を示していた。在外公館の安寧や威厳の維持を定めた国際条約に抵触することなどが理由だ。

 韓国ではその後、大統領に疑惑が浮上し、国政が混乱に陥った。だが、その事情があったにせよ、敏感な国際問題を自治体の判断にゆだねるような韓国政府の無責任な振るまいが、今日の対立を招いたのは確かだ。

 日本側が強く抗議したのは当然である。しかし、大使の帰国は韓国世論の反発を強め、結果として像の撤去が一層困難になったことも事実だろう。

 韓国の野党では、駐日大使の帰国を求めるなど冷静さを欠く発言も出ている。次期大統領選をにらみ、対日政策が政争の具にされている面も多分にある。

 日本側でも、対抗措置の長期化を唱え、韓国政府を突き放すような発言が出ており、両国間で負の連鎖が続いている。

続く
http://www.asahi.com/paper/editorial.html?iref=comtop_gnavi


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486681136/続きを読む

【朝日】戦争被害、30年記録し続けた証言 今春、映像公開「日本の加害を否定する主張が強まるなか、被害者の生の声を伝えたい」



1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2017/02/05(日) 20:11:03.96 ID:CAP_USER.net
アジア各地で日本による侵略戦争と植民地支配の被害者を取材してきた三重県在住のフォトジャーナリスト伊藤孝司さん(64)が、30年以上にわたって撮りためた元慰安婦ら取材相手の証言映像や音声をインターネットで公開する準備を進めている。

「日本の加害を否定する主張が強まるなか、被害者の生の声を伝えたい」と言う。

伊藤さんは被爆者を撮影した写真家・土門拳の写真集「ヒロシマ」に衝撃を受け、自らも1981年から広島や長崎で撮影を開始。植民地時代に被爆した在日韓国・朝鮮人との出会いがアジアの戦争被害者を追うきっかけになった。

以来、サハリン残留韓国人や、日本の支配下で労働を強いられたアジア太平洋諸国の人々など、800人近くを取材。録音テープは800本、95年から使うビデオのテープは1700本に及ぶ。

朝日
http://www.asahi.com/articles/ASK1T5RP3K1TOIPE021.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1486293063/続きを読む

【朝日】基地反対で日当・中国が援助… 沖縄のうわさに反論冊子



1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2017/02/04(土) 20:51:27.22 ID:CAP_USER.net
朝日
http://www.asahi.com/articles/ASK2342JYK23TIPE00N.html

沖縄をめぐり、まことしやかに語られる「話」は本当なのか。沖縄の大学教授やジャーナリストらが「冷静に考えてほしい」と、一つ一つに反論した冊子を作った。4万5千部が発行され、さらに5万部まで増刷する。

ぶっちゃけの名の下に… 「ニュース女子」問題の源流は

冊子は「それってどうなの? 沖縄の基地の話。」(56ページ)。沖縄国際大の佐藤学教授(政治学)や琉球大の島袋純教授(政治学)、ジャーナリストの屋良朝博さんら9人が執筆者となり「沖縄米軍基地問題検証プロジェクト」として編集・発行した。

佐藤教授は、県内外での講演で話すために「うわさ」を打ち消す資料を自分で作っていた。そんなとき、スペイン・バルセロナ市が、移民に関する否定的なうわさを打ち消す「反うわさ戦略」に取り組んでいることを知った。「沖縄でもこういうことが必要だ」と感じ、友人・知人らに呼びかけ、執筆陣が集まった。沖縄にまつわる「話」はフェイスブックで呼びかけて集めた。

東京都の武蔵野市議会が2015年9月、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の同県名護市辺野古への移設計画について「新基地建設強行は地方自治の侵害」などとする意見書を可決。これに対し「座り込み抗議をしているのはプロ活動家」などと主張し意見書撤回を求める請願(不採択)が出されるといった動きも表面化した時期だった。

冊子は、手軽に買えるよう値段を1冊100円にしただけでなく、より広まってほしいとネット上でも公開することにし、映画監督の宮崎駿さんらが共同代表を務め、普天間飛行場の移設反対運動を支援する「辺野古基金」から235万円の助成を受けた。

昨年3月末にでき、冒頭には「事実が、インターネット上のデマとしか言えない『うわさ』に圧倒される状況があり、事実と数字で『違う』と主張してこなかったことが今の状況を生み出したと反省している」と書いた。冊子で反論した「話」は56に上り、回答には筆者名も明記した。

>>2につづく


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1486209087/続きを読む

【朝日社説】MXTVの沖縄ヘリパッド報道は「偏見」報道だ!放送の責任をわきまえろ!



1: チキンウィングフェースロック(東京都)@\(^o^)/ [US] 2017/01/28(土) 13:45:44.96 ID:JHlCjzxI0?2BP(1500)
sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
「偏見」番組 放送の責任わきまえよ

事実に基づかず、特定の人々への差別と偏見を生むような番組をテレビでたれ流す。あってはならないことが起きた。
地上波ローカル局、東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)が、今月2日放送の「ニュース女子」という番組で、沖縄・高江に建設された米軍ヘリパッド問題を特集した。
驚くのはその内容だ。軍事ジャーナリストを名乗る人物の現地報告は、建設に反対する人たちを遠くから撮影し、「テロリスト」「無法地帯」などと呼んだ。
「過激な反対運動の現場を取材」とうたいながら実際には足を運ばず、約40キロ離れたところからリポートした。不可解きわまりない「取材」であり、論評である。
反対運動を支援してきた市民団体「のりこえねっと」の辛淑玉(シンスゴ)さんは、番組で「運動を職業的に行っている」などと中傷されたとして、
放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に人権侵害を申し立てた。

権力の介入を防ぎ、放送・表現の自由を守るためにNHKと民放連が設立した第三者機関のBPOにとっても、存在意義が問われる案件だ。視聴者・国民が納得できる対応を求めたい。
問題の番組は化粧品会社DHC系列の制作会社がつくった。動画サイトでも公開されてはいるが、周波数が限られ、公共性が高いテレビ電波が使われた点に見過ごせない問題がある。
放送法は、報道は事実をまげないですることや、意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすることを定めている。
MXテレビは、番組の意図や放送までの経緯、社内のチェック体制などを早急に検証し、社会に広く説明すべきだ。

抗議に対し制作会社はウェブサイト上で、反対派を「犯罪や不法行為を行っている集団を容認している」などとして、「言い分を聞く必要はない」と述べた。開き直りというほかない。
気になるのは、反基地運動に取り組む沖縄への、根拠のない誹謗(ひぼう)中傷が、この数年、高まっていることだ。舞台はネットから街頭に広がり、今回はテレビで公然と語られた。
放送は健全な民主主義を発展させるためにあり、番組は明らかにその逆をゆく。対立をあおり、人々の間に分断をもたらすことに放送を使う行いは、厳しく批判されなければならない。

http://www.asahi.com/paper/editorial2.html
http://editorial.x-winz.net/ed-40590


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1485578744/続きを読む

【朝日新聞】安倍首相、真珠湾で日本の開戦責任やアジアでの戦争への反省を語らなかった 奇妙な演説であった



1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/01/16(月) 00:51:30.66 ID:CAP_USER.net
(ひもとく)首相の真珠湾訪問 太平洋戦争問い続ける出発点 西崎文子
2017年1月15日05時00分

者名が刻まれたアリゾナ記念館で黙祷(もくとう)するオバマ米大統領(左)と安倍首相=2016年12月27日、米ハワイ

 昨年12月の安倍晋三首相の真珠湾訪問は、予想通り日米同盟の強靱(きょうじん)さと和解の大切さを謳(うた)いあげる場となった。安倍首相がこの時期の訪問を決意した背景には、オバマ米大統領の広島訪問に返礼し、「戦後」に終止符をうちたいとの意図が見え隠れしている。戦後70年談話や慰安婦問題に関する日韓合意と共に、歴史論争を「最終的かつ不可逆的」に解決し「未来志向」に立つのが政権の狙いなのである。

 ■開戦責任語らず

 ところが、戦後の総括となるはずの真珠湾での演説の中で、首相は日本の開戦責任や、攻撃の引き金となったアジアでの戦争に対する反省を語らなかった。寛容の心や平和国家としての歩みを誇る言葉に歴史的な裏打ちは何もなかったのである。それはこの70年余り、日米双方で重ねられてきた「真珠湾攻撃」をめぐる歴史的議論を完全に無視した奇妙な演説であった。

以下ソース

http://digital.asahi.com/articles/DA3S12748177.html?rm=150


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1484495490/続きを読む



アクセスランキング