FC2ブログ

【韓国】3866兆ウォンの家計・企業負債、このままで大丈夫なのか



1: 動物園φ ★ 2020/06/28(日) 16:19:04.86 ID:CAP_USER
ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版2020.06.28 12:58

韓国の家計と民間企業の負債が初めて国内総生産(GDP)の2倍を超えた。韓国銀行によると、民間信用(貸付・債権など)は3月末現在で3866兆ウォン(約344兆円)に達し、GDP比201.1%を記録した。国際決済銀行(BIS)が統計を出す主要43カ国平均の156.1%(2019年末基準)より45ポイント高い。まさに莫大な借金共和国だ。不動産貸付が多い上に、産業構造調整が遅々として進まず、負債で延命する企業が増えたためだ。成長エンジンが冷え込みこの数年間は負債増加率が成長率を上回っている。

債務増加速度も急だ。GDP比の民間信用の割合はこの1年間で12.3ポイント上昇した。弱り目にたたり目で新型コロナウイルス問題が起きた。追い詰められた自営業者は金融会社のドアを叩き、企業は最悪に備えて現金確保に乗り出した。4-6月期には民間信用の割合がさらに急上昇する可能性が高いという意味だ。韓国銀行は新型コロナウイルスの影響が年末まで続く場合、最大76万世帯が破産し、50.5%と半分以上の企業が利子を払えるほども稼げない事態が起きかねないと警告した。

例えそのような状況にまではならなかったとしても安心はできない。過度な家計・企業負債はそれ自体で国の信任度を揺さぶる。万一の場合には民間の負債問題を政府が抱え込まなければならないためだ。銀行が不良化すれば金融システム崩壊を防ぐために国が出なければならない。企業が連鎖倒産し大規模失業が起きないよう危機の時に救済金融を投じるのも国の役割だ。通貨危機と金融危機を体験しながら直接目撃した光景だ。また、韓国は中小企業向け貸付の相当部分に対し公共機関が保証人になった。中小企業が潰れれば国がそのまま負債を埋め合わせなければならないという話だ。

そのため民間負債が過度になれば国の信用等級が落ちかねない。こうなると金利が上がり本当の問題が発生する。利子負担から消費が萎縮する。しかもいまはインフレの心配まで出ている状況だ。後に景気回復期に入れば放出されたお金が物価を刺激するという懸念だ。工場の自国内Uターンのような生産施設のグローバル再配置もやはりインフレを呼ぶ要素だ。安い賃金を求めて海外に出た工場が戻ってくれば人件費負担で物価が上がりかねない。中央銀行はインフレに金利を上げて対応する公算が大きい。家計と企業が多額の負債を抱える状況から見ると不安なことこの上ないシナリオだ。

対策が至急だ。もちろんいまのような経済危機の中で負債を調整するとして資金を引き締めることはできない。回復傾向を見ながらどの段階でどのように措置するのか行動計画をまとめなければならない。これは企画財政部、金融委員会、韓国銀行だけの責任ではない。セーフティネットと産業・雇用担当官庁まで額を突き合わせるべき課題だ。資金を引き締める時に最初に打撃を受けるのは格付けが低い脆弱階層だ。彼らを抱え込む社会・金融セーフティネットが必要だ。産業政策の側面から企業負債調整は全般的な構造調整の機会だ。新型コロナウイルス前にも金を稼いでも利子を払えない企業が3分の1を超えた。このまま放置することはできない。整理と業種転換誘導、労働者には第4次産業革命時代に見合った新しい職務教育をしなければならない。

これまで韓国はしっかりと負債調整をした経験が一度もない。計画策定に時間がかかるほかない。いますぐアクションプラン策定に乗り出さなければならない理由だ。まずは2カ月後に発表する来年度予算案に負債調整と関連した社会・金融セーフティネット策定案などを盛り込まなければならない。時間は多くない。ためらってタイミングを逃し新型コロナウイルスのどん底から抜け出そうとする瞬間に再び負債の沼に落ちるわけにはいかない。

https://japanese.joins.com/JArticle/267503?servcode=100§code=110



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1593328744/続きを読む

文在寅政権下で最悪の失業率 コロナによる輸出減、最低賃金を無理やり引き上げたことが主因 対策なし



1: カロン(東京都) [JP] 2020/06/15(月) 08:36:12.29 ID:ycTuqxzZ0● BE:295723299-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
文在寅「最悪の失業率」にも無策…若者の不満がいよいよ爆発寸前
6/15(月) 7:01 現代ビジネス

 韓国の労働市場が急激に悪化している。

 5月の失業率は4.5%に上昇した。その水準は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が就任して以降で最悪だ。

 重要なポイントは、就業機会が限られてきた若年層を中心に、働く能力があるにもかかわらず、仕事探しをあきらめざるを得ない状況に追い込まれていることだ。

 失業率上昇の背景には、かなり根の深い問題がある。韓国の主要産業分野は、主に他国からの技術移転によって実力をつけてきたケースが多い。

 それは経済発展にとっては、かなり効率的な手法といえるだろう。

 しかし、世界経済の発展段階が進むと技術水準は上昇し、競争も激化することは避けられない。

 今後、中国企業の台頭に伴い、これまで顧客だった中国企業はいずれライバルになることが予想される。

 コロナショックによって世界全体で貿易取引は減少し、貿易依存度の高い韓国企業の業績懸念は高まっている。

 韓国では労働組合の力が強く、経営者は収益を守るために新卒採用や若年層の雇用を制限せざるを得ないだろう。

 米中の対立激化で、短期的には韓国企業が漁夫の利を得ることはあるだろうが、それは長期間続くとは考えにくい。

 少し長い目で見ると、韓国経済の労働市場はさらなる悪化に向かうリスクは高まっている。

韓国企業に求められること

 韓国経済の基本的な構造は、海外から資材を輸入し、国内の財閥系大企業を中心に大量生産を行い、それを輸出することで成長してきた。

 ただ、コロナショックの発生を境に世界の貿易取引が低迷し、韓国が輸出で景気の安定を目指すことは難しくなっている。

 企業は生き残りをかけてコストカットを進めざるを得なくなり、人員の解雇が増え、失業率が大きく上昇している。

 当面、その状況は続く可能性が高い。

 韓国経済の稼ぎ頭である半導体産業は、技術や人材、さらには資金を海外に依存するケースが多かった。

 一方、韓国の自動車部品業界では1~3月期の業績悪化に続き、4~6月期は資金繰りの悪化などから存続そのものが危うくなると、先行きを懸念する企業が増えているようだ。

 コロナウイルスの影響もあり、足元で自動車に対する需要は世界的に低迷している。

 そうした状況の変化もあり、起亜自動車は国内の生産ラインを一時停止せざるを得なくなっている。

 文政権が2020年の最低賃金を前年から2.9%引き上げることも、企業の収益の足を引っ張ることになっている。そのマイナス面は見逃せないファクターだ。

 それに加えて、韓国は中国企業との競争にも対応しなければならない。

 共産党政権の補助金政策によって、コストを抑え、急速に生産体制を整備している中国との競争を韓国が有利に進めることは難しい。

 LG化学は中国企業の追い上げに対応しきれなくなり、偏光板事業を中国企業に売却する。

 問題は、韓国企業が成長分野を見いだせていないことだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6a9f0145596e46c58983448e6f4e4850d87160e4



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1592177772/続きを読む

【韓国】走る『日本車』の上をふわりと飛ぶ『韓国車』



1: ハニィみるく(17歳) ★ 2020/06/08(月) 08:01:14.70 ID:CAP_USER
(写真)
no title


【マネーS 648号】
韓国の現代(ヒョンデ)自動車と日本のトヨタ自動車は、宿命のライバルと呼ばれる。グローバル販売台数や売上高の面では直接比較するのは難しいが、消費者の認識はほとんど違いがないことが分かっている。

特に2015年以降、現代車はヨーロッパや米国などの主要自動車市場で16の受賞実績を記録して底力を誇示している間、トヨタは特に受賞実績がないという点もこれを裏付けている。

現代はさらに一歩前進して、プレミアム市場も攻略した。5年前にチェネシス(ジェネシス)を通じてトヨタのレクサスに挑戦状を突きつけ、米国のモータートレンドが選定する『2019年・今年の車(カー・オブ・ザ・イヤー)』に韓国車として初めて名前を連ねたのに続き、米国の市場調査会社JDパワーの『2020年耐久品質調査(VDS)』でレクサスを抑えて1位に上がった。

昨年の世界ラリー選手権(WRC)でも現代がトヨタを抑えてシーズン総合優勝を獲得した。現代は今、水素自動車や電気自動車などを超えてプラインカ(フライングカー)まで準備しながら、トヨタへの波状攻撃を準備している。

ソース:マネーS(韓国語)
https://moneys.mt.co.kr/news/mwView.php?no=2020060422538072118



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1591570874/続きを読む

【日産】年内で韓国市場から撤退=韓国メディア「影響大きい」 ネット「韓国の経済に悪影響を及ぼす」「不買運動は継続すべき」[05/29] [荒波φ★]



1: 荒波φ ★ 2020/05/29(金) 17:30:07.29 ID:CAP_USER
2020年5月28日、韓国・中央日報などは、日産自動車が、今年12月末で韓国市場から撤退すると報じた。

記事によると、日産の韓国法人が同日、明らかにした。撤退理由について同社は「世界市場で、中長期的に健全な収益構造を確保し、持続可能な事業基盤を整えるため」と説明。

「韓国市場で事業を継続するために努めてきたが、対内外的な事業環境の変化により状況がさらに悪化し、韓国市場で再び持続可能な成長構造を整えることは困難と判断した」としている。

撤退後も、アフターサービスは2028年まで続けるという。

記事は「韓国で日本製品の不買運動が始まって以降、日本車は韓国市場において大幅な値引き策と年末の在庫処分で耐えてきたが、日産の場合、今年1月には高級車ブランド『インフィニティ』の販売台数がわずか1台にとどまるなど特に苦戦した。

新型コロナウイルス感染症の余波に、ルノー・日産アライアンスの苦戦と、悪材料が重なった」と解説。

「これまで、三菱やスバルなど、他の日本車メーカーも韓国市場に進出したが撤退した。日産は日本の3大自動車メーカーの1社であり、撤退決定が与える影響は大きい」と指摘している。

日産は2004年に韓国に進出。「アルティマ」や「インフィニティ」などのブランドが韓国の輸入車市場を主導していた時期もあったが、直近3年間は100億ウォン(約8億5000万円)を超える赤字となり、苦戦を強いられていたという。

これに、韓国のネットユーザーからは、

「『撤退してよかった』という話ではない。韓国の経済に悪影響を及ぼす」
「撤退で韓国人従業員が解雇されれば韓国にとって損害だ」

などと懸念する声が上がっている。

また、日産の車に乗っているというユーザーからは、「技術があり、性能はいいけれど、内装が韓国人の好みに合わないんだよな」といったコメントが寄せられている。

その他、

「日本車は燃費が良く、維持費が安く済む気がする」
「あえて日本車を買う必要はない。代替車はたくさんある」
「値引き販売は撤退を見据えての在庫処分のためだった?」
「不買運動は継続すべきだ」

などといった声が上がっている。


2020年5月29日(金) 15時20分
https://www.recordchina.co.jp/b786192-s0-c20-d0155.html



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1590741007/続きを読む

【韓経】危機の韓国ファッション業界…上場企業の半数が「赤字の泥沼」



1: 動物園φ ★ 2020/05/19(火) 10:22:09.23 ID:CAP_USER
5/18(月) 12:03配信
中央日報日本語版

1-3月期に上場ファッション企業の半数が赤字を出したことがわかった。新型コロナウイルスの感染拡大によりこの春の営業が大きく振るわなかった影響だ。一部は流動性危機状況にまで追いやられているという。

韓国経済新聞が、上場ファッション企業39社が金融監督院に提出した1-3月期決算報告書を17日に全数分析した結果、約半数の18社が営業損失を記録したことがわかった。分析対象企業は証券情報業者ワイズFNの銘柄分類で繊維・衣類・靴・豪華品業種78社のうち持ち株会社、紡織会社、皮革会社と外国企業などを除いた39社だ。

赤字企業は前年同期比で40%ほど増えた。昨年1-3月期には13社が赤字を出したが今年は赤字に転落した企業を含め5社増えた。新星(シンソン)通商が代表的だ。「トップテン」「ジオジア」「オルゼン」などのブランドを持つ新星通商は1-3月期に68億ウォンの営業損失を記録した。

カステルバジャック、SG世界物産、ヒョンジI&C、バーレル、STO、サンバンウルなども赤字に転落した。鎬田(ホジョン)実業、韓世(ハンセ)MK、インジエフなどは昨年に続き今年も1-3月期に営業損失を記録した。

https://news.yahoo.co.jp/articles/9967469ac3dfa407d2deecf8d724978b9398a5d5



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1589851329/続きを読む

【韓国】韓国経済を襲う5つの津波



1: 動物園φ ★ 2020/04/19(日) 23:33:57.57 ID:CAP_USER
新聞 A6面TOP 記事入力 2020.04.19。午後5:52

①倒産危機の企業はすぐにあふれ

②財政需要急増でも実弾がない

③世界的な需要は果てしなく墜落

④急増する家計融資の時限爆弾

⑤就業者20万人近く減少

(中略)

コロナ19事態で韓国は「新たな現実(New reality)」に直面している。生活様式全般でも総体的変化が起きている。
しかし、変わった世界で機会をキャッチするには、まず解決すべき課題がある。我々の経済の命綱を一気に切ってしまうこともある5つの津波」
がそれだ。ここには、急増する限界企業と非常に不足する政府財政、縮む世界的な需要、韓国経済の「最も弱い輪」の家計負債、
すべての経済的問題が集約されている失業が含まれる。

まずコロナ19危機は限界企業の素顔を如実に表している。斗山重工業は政府(国策銀行)のサポートが切れるとすぐに倒れる状況だ。

27日満期が帰ってくる6000億ウォン外貨公募債の場合、保証をする輸出入銀行が解決しても来月の新株引受権付社債(BW)4000億ウォンの返済対策はまだ漠然とである。

航空産業はとっくに「廃墟」になった。最も堅実である大韓航空さえ「生存期間は一ヶ月以内」と言うほどだ。
イースター航空は、全体の従業員のうち18%水準である300人前後のリストラに乗り出した。国際線運航中断期間も6月末まで延長した。
このほかにも数多くの中小企業と自営業者が不渡りを目前にした状態だ。限界企業はコロナ19の襲撃を受け、韓国が直面する5つの津波の中で解決が最も急がれる最初の津波だ。

パク・サンインソウル大行政大学院教授は、「政府がコロナ19と関連して防疫が素晴らしいと言うことに傾倒して、経済的衝撃を過小評価している」とし
「コロナ19事態の前にすでに難しかった企業は、政府の修善式サポートでは容易ではないことがある」と説明した。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?act=url&depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn%3Fmid%3Detc id1%3D111%26rankingType%3Dpopular_day id%3D009%26aid%3D0004559621 ate%3D20200419%26type%3D1%26rankingSeq%3D6%26rankingSectionId%3D101&usg=ALkJrhjgTCz-O82zP4ZoyT7M8kZrRmVJBw



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1587306837/続きを読む

【韓国】大韓航空、今月中に現金が底をつく



1: みやこさん(神奈川県) [KR] 2020/04/18(土) 15:27:43.31 ID:6EsntsBw0● BE:329614872-2BP(2500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
中央日報/中央日報日本語版2020.04.18 14:01

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、韓国最大航空会社の大韓航空が流動性危機を迎えた。売り上げは急減する中、毎月の固定費用に加え、
満期が今月到来の社債だけでも2400億ウォン(約213億円)にのぼる。事実上、今月中に資金が底を突くということだ。

航空業界などによると、大韓航空が先月発行した航空運賃債券ABS(資産流動化証券)6228億ウォン(約552億円)が今月末にすべてなくなる。
航空機リース費用や人件費など1カ月間の固定費用4000億-5000億ウォンに、今月満期を迎える社債が2400億ウォンであるからだ。ABSは
航空会社が未来に発生する売り上げを担保にした債券で、航空会社の主な資金調達手段の一つ。大韓航空は2兆ウォンほどをABSで調達してきた。

大韓航空が流動性危機に直面したのは、旅客の売り上げの94%を占める国際線路線の運航が新型コロナで停止したからだ。費用はほとんど
変わらないが、収入がない。大韓航空は新型コロナ事態が発生する前、国際線を週900回ほど運航していた。現在は米国のロサンゼルス、ニューヨーク、
サンフランシスコなど米国の一部の路線とパリ、ロンドンなど欧州路線など週50-55回に減少した。大韓航空の先月の旅客輸送量は前年同月比で75.7%減少した。

https://japanese.joins.com/JArticle/264998



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1587191263/続きを読む