FC2ブログ

【半導体コロナ特需の韓国】韓国で相次ぐ半導体用フッ化水素への増産投資、進む脱日本



1: ジャガランディ(愛知県) [ヌコ] 2021/01/18(月) 19:44:01.87 ID:nbh/cwsX0 BE:318771671-2BP(5500)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
https://news.mynavi.jp/article/20201211-1580067/

韓国の半導体・ディスプレイ向け化学薬液メーカーであるRam Technologyが、韓国・唐津市にある石門国家産業団地に新工場を建設し、半導体用フッ化水素の年間生産量を現状の6倍に増やす計画を明らかにした。

半導体用フッ化水素は2019年7月より、日本政府が実施した韓国への輸出管理厳格化の対象となった素材3品目の1つで、主に半導体製造工程において素子形成に用いられるエッチングプロセスで利用されている。



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1610966641/続きを読む

【悲報】韓国企業開発のAIチャット、人種差別やヘイトスピーチを学習して問題に「何故なのか…」



1: ライオン(長野県) [BR] 2021/01/16(土) 07:13:12.09 ID:vX0YOVtf0● BE:323057825-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/syodai_mona.gif
韓国の人工知能(AI)関連スタートアップ企業が開発したAIチャットボット(自動会話プログラム)が騒動の渦中にある。
「イ・ルダ」という名のこのチャットボットは、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)
「フェイスブック」のメッセージでユーザーと自然な会話を交わし、情緒的な共感を分かち合うよう設計されている。
昨年12月23日にサービスを開始して以降、「本物の人間とまったく同じだ」という口コミが広がり、2週間でユーザーが75万人を超えた。

 しかし、イ・ルダの開発意図とは違い、女性・有色人種・障害者・性的マイノリティー(性的少数者)らに向けた
ヘイトスピーチ(嫌悪発言)を相次いで発して問題になった。
「なんで黒人は嫌いなの?」という質問には「気持ち悪いじゃん。わたしは人間に見える人の方がいい」と、
「地下鉄の妊婦専用席をどう思う?」という質問には「おぞましい」と答える。
同性愛者については「それってホント、ゾッとする。質が低く見えるじゃない」と答えた。
とうとう、開発会社SCATTER LABは11日、問題として指摘された部分について、
「心から謝罪する」「12日からサービスを停止し、改善期間を設ける」との声明を出した。

 人気を集めていたイ・ルダはなぜこのようなヘイトスピーチをするようになったのだろうか。
嶺南大学メディア情報学科のパク・ハヌ教授は「AIは開発者が提供したデータどおりに学習し、行動するが、
イ・ルダの場合、データ自体が偏向的だったのだろう」と指摘した。
イ・ルダはモバイルアプリで収集された10-20代の恋人同士によるカカオトークのチャット約100億件を学習し、
これをもとにユーザーとチャットしていた。
このチャットの中ににじみ出ていた韓国社会の偏見と固定観念、すなわち「人間の偏向性」をそのまま学習したということだ。

悪い友達と付き合ったらAIもグレちゃった
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2021/01/15/2021011580008.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1610748792/続きを読む

韓国現代自動車、2022年日本市場再挑戦か[12/21] [首都圏の虎★]



1: 首都圏の虎 ★ 2020/12/21(月) 07:49:10.92 ID:CAP_USER
現代自動車が水素電気自動車である「ネクソ(NEXO)」を前面に出して、おおよそ10年ぶりに日本市場に進出するという報道が出た。

20日、関連業界によると、日本の日本経済新聞(日経)新聞は、現代自動車が2022年にFCV(燃料電池車)「ネクソ」を日本市場に発売すると報道した。

日経はまた、現代自動車がEV(電気自動車)としては、現在韓国国内市場などで販売されているSUV「コナ・エレクトリック」と共に、2021年以降発売するEVの新たなモデルの日本市場参入を検討していると伝えた。

日経によると、現代自動車は2001年に日本市場に進出したが、知名度などの面で苦戦をし、2009年に撤退した。

日経は現代自動車の日本市場再進出の理由は、日本政府がEVやFCVなどの車両を購入する場合、補助金を上げるなどの電気自動車普及促進政策を展開している点を挙げた。

また、電気自動車充電スタンドや充電器などのインフラが拡充されていることも再進出の背景にあるとした。フランスのプジョーやドイツのアウディなども日本市場に相次いで電気自動車の製品が参入していると日経は伝えた。

日経は「現代自動車は日本市場再進出のために、2019年からリサーチを開始し、必要な認証取得をした」とし「EVやFCVなどの先端イメージを前面に出し市場を攻略する」とした。

日経は現代自動車が2019年基準、世界の自動車販売台数719万台(韓国KIA車を含む)で世界5位を記録し、水素自動車市場では75%のシェアで日本のトヨタを大きく上回っているとした。

https://news.yahoo.co.jp/articles/1fdec8c7abae4fb748211c9a4b3aacfaf8687194



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1608504550/続きを読む

【国際】米国GM、大規模リコール 韓国LG化学のバッテリーに火災の可能性 [動物園φ★]



1: 動物園φ ★ 2020/11/14(土) 19:34:08.73 ID:CAP_USER
「LG化学のバッテリー」GMの電気自動車「火災の危険性」...韓国も9千5百台リコール
記事入力2020.11.14。午後5:01 記事原文 スクラップ

[アンカー]
米国のゼネラルモーターズ、GMが全世界で販売されたボルトの電気自動車が充電中に火災発生の危険があると認めて、大規模なリコールを発表しました。

この電気自動車は、LG化学のバッテリーが装着されているが、国内もリコール対象車が9千5百台に達します。

イグァンヨプ記者の報道です。

[記者]
米国のGM本社が2017~2019年の間に生産されたシボレー・ボルトの電気自動車のリコールに入ると明らかにした。

LG化学のバッテリーが搭載されたモデルで計6万8千600台リコール対象であり、国内では9千500台量含まれます。

GMは、道路交通安全局がシボレー・ボルトの電気自動車の所有者から火災の危険と関連した申告を受けて調査を行い、きたGMも協力したリコールの背景を説明しました。

電気自動車の充電の間に次の後部座席で火災が発生し、2人が煙を飲んで、家一軒火が燃え移るもしました。

GMの電気自動車は、充電が100%ほど高くなったとき、火災の危険が大きいことが分かったが、まだ正確な原因は把握中です。

米国道路交通安全局は、充電ではない状態でも、火災の危険があると警告して家の外の屋外に駐車することを勧告しました。

GMは消費者にバッテリ残量を90%に制限するのが火災を防ぐことができいるとし、ソフトウェア更新プログラム方式をホームページなどを通じて発表しました。

[提示オルテガ/ GMボルトの電気自動車総括エンジニア(GMホームページ公示):火災事故時のバッテリーが充電完了であるか、ほぼ完了段階であり、問題のバッテリーは、韓国梧倉工場で作られたLG化学の製品です。】

韓国GM側の国内電気自動車運転者にリコール措置を詳細に説明することにしました。

LG化学はGM社とバッテリーパックの火災調査と関連して協議を行ってきたとし、正確な原因が何であるかを把握するには時間がかかるだろうと言いました。

先にLG化学のバッテリーを使用した現代車は、サムスンSDI電池を搭載したBMWとフォードなども電気自動車モデルの火災危険性を理由にリコールを実施しました。

https://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=001&oid=052&aid=0001514097&rankingType=RANKING



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1605350048/続きを読む

【現代自動車】「電気自動車コナ」の駐車場の充電器の前で火... 8日目に、また火災発生 計12件 出火原因は調査する予定



1: 新種のホケモン ★ 2020/10/04(日) 16:53:43.29 ID:CAP_USER
現代自動車「コナ」エレクトリック電気自動車で火災事故がまた発生した。これまで国内外で集計されたコナ・エレクトリック火災は12件である。
no title


大邱達成消防署によると、4日午前2時、大邱達城有価町テクノポリスのアパートの地下駐車場緩速充電器の前で、コナ車両の火災が発生した。達成消防署はこの日の午前2時47分の火災通報を受けた後、現場に出動し、午前3時04分頃、車の火災を鎮火した。コナ車両は完全全焼され、国立科学捜査研究院が現場に出動して車両を移動させる予定である。国立科学捜査研究院は、電気自動車が緩速充電を終えた後、火が出た可能性があるとみて、火災の原因を調査する方針だ。正確な火災原因はまだ確認されていない。今回の火災による人命被害は発生しなかった。

コナ電気自動車火災事故は先月26日、済州市で発生した火災事故の後、8日後にまた起こった。当時、済州では、あるアパートの駐車場で固定器をコナ車体に接続し、充電している間、車両から火が出た。火はバッテリーが設置された車両下部を燃やして消えた。 コナモデルは2018年に発売された後、国内でのみ3万台ほど販売された。

現代車側は「済州島で発生した火災を含め、今回の火災まで正確な原因を国土部と共同で調査する予定」とし、「バッテリーの問題なのか、車両の設計上の欠陥があるのか、それとも高速・緩速充電器の問題なのかなどを解明してから、その調査結果に基づいてリコールや消費者救済など、必要な措置を検討する」と述べた。

ハンギョレ 2020.10.04 午後4:00
https://n.news.naver.com/mnews/article/028/0002514920?sid=101



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601798023/続きを読む

ヒュンダイ「これからは『ヒョンデ』って呼んで」



1: ミルテホシン(東京都) [VN] 2020/09/18(金) 06:41:18.92 ID:+CATTt3F0● BE:123322212-PLT(14121)
sssp://img.5ch.net/ico/pc3.gif
これが世界最先端のFCV

2020年9月16~22日に東京・代官山のTサイト蔦屋書店で開催される「NEXO Terrarium(ネッソ テラリウム)」。
このイベントに、韓国のヒョンデがグローバルで販売しているFCV(燃料電池車)「NEXO(ネッソ)」が展示されているというので、早速見てきた。

ヒョンデは、FCVに関しては世界トップの技術を持っているメーカーだ。トヨタ ミライやホンダ クラリティなど、日本のメーカーもリリースしているのだが、ヒョンデは1枚上手。
今回展示されたネッソは2018年から販売されているが、じつはもうこれが2代目のFCV。2019年は世界で4500台を販売した、北米や欧州市場ではメジャーな存在なのである。

そのネッソだが、今回はなんと試乗も特別にさせてもらえたので、そのリポートは後日のお楽しみ! 日本市場への導入はいまだ未定なのだが、
日本語のカタログがもう完成していたり、右ハンドルで右ウインカーの試作車を作っているところを見ると、もう秒読み段階なのでは? と考えてしまう、
何とも楽しみなクルマだった。

全世界統一の読み方だそうです

と、FCVの簡単な紹介はここまでで、先ほどから出てくるヒョンデって何なの? と思っている方も多いだろう。答えは、日本ではローマ字読みだった「ヒュンダイ」のこと。
じつはヒュンダイの現地読みはヒョンデで、英語圏でもヒョンデと呼ばれることがほとんどらしい。これからはグローバルで統一した呼称に変えていく方針のようだ。

実際に2020年6月に開設された、ヒョンデ ジャパンのオフィシャル ツイッターアカウント(@Hyundai_japan)にもはっきりと「ヒョンデ」とカタカナで表記してある。
HYUNDAIのメーカー名は、これからはヒュンダイではなく、ヒョンデと読みましょう。

全文
https://carview.yahoo.co.jp/news/detail/2bd043448ec6e648cef4bc83e27579e0185eb7bc/



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1600378878/続きを読む

【閲覧注意】スウェーデンの博物館で韓国の伝統酒トンスルが展示★2[09/14] [Ikh★]



1: Ikh ★ 2020/09/14(月) 11:59:57.03 ID:CAP_USER
マルメー、スウェーデン(AFP) トンスルとスコーピオン・ウォッカはスウェーデンのマルメーにある
最低食物博物館におけるぞっとするような酒類についての新しい展示のほんの一部です。

黄色がかった半透明の液体の大きな水差しは、新しい展示物の中核です。
人間の排泄物から作られたワインです。

「これは韓国の伝統的な薬です。これを飲む人はもういません。これは過去の歴史的な飲み物であり
骨折や打撲傷を治すために飲まれました」と、この薬用酒を自分で準備した美術館のディレクター、
Andreas Ahrens氏はAFPに説明しました。

彼は断固として「今は糞便の臭いよりもアルコールの臭いが勝っている」と臭いをひと嗅ぎするために
キャップをあけたとき言いました。「しかし、これをつくるときはものすごい臭いがしたよ」と認めました。

訪問者の反応は、反射神経的なギャグから楽しんで笑うものまで様々で、展示されている様々な
飲み物をのんでいます。展示されている作品には、55%アルコール度のスコットランドビールが詰められた
リスのような実験的な飲みものや、イタリアの苦いハーブリキュールであるフェルネットブランカのようなもっと広く生産されている飲み物もあります。

またアイスランドのクジラの睾丸で作られたビール、ジンのような強い酒でえあるウガンダワラギ
トイレで発酵させたことで有名なアメリカの囚人がつくったワイン「プルノ」もビジターはみるでしょう。

訪問者は、アルコールに関しても文化の違いを垣間見ることができます。たとえばデンマークの苦くて強いアルコールである
ガンメルダンスクは、スカンジナビア周辺では普通であると考えられていますが、「世界の他の地域では非常に嫌なものと
見なされています」とアーレンス氏は説明します。

「それは主要な展示における他のすべての展示物とて同じことです。ひとは自分が来たところのものは好み
自分が来たところのものでないものは嫌うでしょう」

マリー・ルイス・サイジャレイネン女史は博物館の訪問を「とてもエキサイティング」と表現しました。
しかしまた「とてもとてもとてもおぞましい展示!」とも強調しました。「まったく見たこともないような展示だった」

THE STRAITS TIMES PUBLISHEDSEP 13, 2020, 2:17 PM SGT
https://www.straitstimes.com/lifestyle/travel/poop-wine-vile-alcohol-on-show-at-swedish-museum

前スレ
【閲覧注意】スウェーデンの博物館で韓国の伝統酒トンスルが展示[09/14] [Ikh★]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1600035526/



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1600052397/続きを読む