【国際】サムスンのスマホはなぜ中国で惨敗しているのか―韓国紙



1: 動物園φ ★ 2018/04/16(月) 08:01:43.31 ID:CAP_USER.net
Record china 配信日時:2018年4月16日(月) 8時0分

2018年4月11日、中国メディア・騰訊(テンセント)によると、韓国紙・中央日報(英語版)がスマートフォン大手・サムスン電子の業績不振を分析する記事を掲載した。

米市場調査会社・ストラテジーアナリティクスが8日に発表した報告書によると、2017年第4四半期の中国スマートフォン市場におけるサムスン電子のシェアはわずか0.8%で、予想されていた半分程度にとどまった。

2017年の通年でもサムスンは前年からシェアを落とし、9位に転落。ローエンド?ミドルレンジでは中国メーカーが、ハイエンドでは米アップルがシェアを占め、いわば米中から挟撃に遭う格好となって中国市場で業績を大幅に落としている。

アップルもバッテリー問題で集団訴訟を起こされるなどの事案もあったが、シェアは間もなく回復し、ハイエンド市場での求心力は揺らいでいない。一方、地方部の市場ではコストパフォーマンスの高い中国メーカーがシェアを伸ばし、サムスンの居場所は縮小を続けている。

サムスンが業績を落としているのは中国市場だけではない。2017年第4四半期、中国の新興ブランド・小米(シャオミ)がサムスンを抑えて新興市場のインドでシェア1位となった。

小米は2017年第1四半期にはサムスンの半分ほどしかシェアがなかったが、それから急激にシェアを伸ばした。サムスンはインドで6年連続シェア1位だった。世界的に見ればサムスンはまだまだ「スマホの巨人」ではあるものの、2大市場である中国とインドで極めて厳しい状況に陥っている。

業界に詳しい人物は、「サムスンの今後は、2019年に発表されるとみられる折り畳み式の端末にかかっている」と指摘するが、ある研究者は各市場に合わせた端末を投入する以外に、ハード面での新たなイノベーションも求められていると話した。(翻訳・編集/岡田)

http://www.recordchina.co.jp/b591467-s0-c20.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1523833303/続きを読む

【韓国】ヒュンダイがEVスポーツカー「Essentia Concept」を初公開…ガラス張りで開放感がすごそう (写真あり)



1: ニライカナイφ ★ 2018/04/04(水) 21:04:48.09 ID:CAP_USER.net
◆おぉぉ想像以上にかっこいい ヒュンダイがEVスポーツカー「Essentia Concept」を初公開
 ~ガラス張りで開放感がすごそうです

現代自動車(ヒュンダイ)は3月28日、同社の高級車ブランド ジェネシスを関したコンセプトカー「Essentia Concept」を初披露しました。

Essentia Conceptは2シータークーペ型のフルEV(電気自動車)です。
ボディーは軽量なカーボンファイバー製、ルーフは大半をガラス張りとした開放感のあるデザインとなっています。

上に向かって開く構造のバタフライドアは、Bピラーに内蔵したセンサーを用いた指紋認証と顔認証で開閉するというハイテク装備を実装。
EVで多くのスペースを必要とする走行用のバッテリーは、一般的なEVで用いられる乗員スペースの下ではなく、運転席と助手席の間のセンタートンネルに収め、グッと車高が低いスポーツカー風のスタイリングと車内空間の広さを両立したとしています。

内装は温かみのあるコニャックレザーを用いて高級感を演出。
運転席から助手席にかけて、ダッシュボードを横切るように大型のディスプレイを配置し、ドライバーの好みに沿ってルートなどを提案するAI機能を用いたナビゲーション機能が備わります。
シートポジション、動力性能、オーディオの設定なども路面の状態やドライバーの好みに応じて自動調整するそうです。

■写真
no title

no title

no title

no title

no title

no title

http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-007.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-008.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-009.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-010.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-011.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-012.jpg
no title

http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-014.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-015.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-016.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-017.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-018.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-019.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-020.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-021.jpg
http://image.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/l_agar_essentia-022.jpg

ねとらぼ 2018年04月04日 10時00分
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/news039.html
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1804/04/news039_2.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1522843488/続きを読む

「チョッパリ気象衛星貸すニダ」 韓国気象衛星"千里眼1号" 五輪中にご臨終



1: 名無しさん@涙目です。 2018/02/13(火) 18:58:09.44 ID:biM6AShB0.net BE:155743237-PLT(12000)
http://img.5ch.net/ico/boruzyoa.gif
韓国気象衛星、よりによって五輪中に故障…日本衛星を活用中
2018年2月13日 11時14分 中央日報

韓国の天気予報に活用されてきた衛星が2日間作動していないことが分かった。
韓国日刊紙の東亜日報は13日、「韓国が開発した最初の静止軌道衛星『千里眼1号』が
2日以上作動してないことが明らかになった」とし
「障害で一日以上も衛星映像を受信できないのは2010年の打ち上げ以来初めてであり、
日本側の衛星映像を活用している」と伝えた。

東亜日報の報道によると、11日午前5時44分ごろ「千里眼1号」の
メインコンピューターが突然故障し、現在まで復旧していないという。
韓国航空宇宙研究院は衛星に搭載された補助コンピューターで原因を把握中だ。
ある関係者は「電子装備が長期間にわたり宇宙放射線を浴びたうえ、老朽化して
問題が発生したようだ」と話した。

「千里眼1号」から映像を受けて天気予報に活用してきた韓国気象庁は
日本の衛星映像を受信して天気予報をしている。
特に平昌(ピョンチャン)オリンピック(五輪)期間であるため天気予報の重要性は大きい。
ある政府関係者は「よりによって平昌五輪が開かれる重要な時期に故障し、
日本の衛星映像を借りて使うことになるとはあきれる」と話したと、東亜日報が伝えた。

2010年6月に打ち上げた千里眼1号は寿命が7-8年であり、すでに寿命をほぼ終えた状態だ。
今年10月に粒子状物質観測機能などを搭載した新型環境衛星「千里眼2号」が1号の代わりに打ち上げられる予定だ。

http://news.livedoor.com/article/detail/14293731/



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1518515889/続きを読む

【平昌五輪】サムスン製の携帯電話めぐり「騒動」 北朝鮮は貸与拒否



1: たんぽぽ ★ 2018/02/10(土) 19:16:19.39 ID:CAP_USER.net
http://www.sanspo.com/pyeongchang2018/news/20180210/pye18021018450057-n1.html

 平昌五輪の大会組織委員会が提供しているサムスン電子製のスマートフォンをめぐって、北朝鮮やイランとの間で貸与拒否などの騒動が起きている。

 大会公式パートナーのサムスン電子は各国選手団や国際オリンピック委員会(IOC)関係者約4000人に対し、同社の「ギャラクシーノート8 オリンピックエディション」と呼ばれる五輪仕様のスマートフォンを提供している。

 しかし、聯合ニュースによると、国連安全保障理事会での北朝鮮制裁は軍事転用可能な電子機器の提供を禁止しており、組織委は帰国前にスマートフォンを返却するという“条件付き貸与”を決定した。だが、今回の措置に対して、北朝鮮側が受け取りを拒否しているという。

 さらに組織委は北朝鮮と同じく、国連制裁下にあるイランに対しても同様の条件での貸与の方針を示していたが、イラン政府が猛反発。イラン外務省は駐テヘラン韓国大使を呼び出しイラン選手4人に提供しなかったことに抗議した上で、同省ホームページで「サムスンとイラン間の貿易に大きな打撃が生じる可能性がある」と警告したという。

 聯合ニュースによれば、組織委はイランに対して最終的に返却条件をつけずにスマートフォンを提供することを決めた。

 この騒動に対して、ネット上では「そもそも軍事転用されるようなものを五輪で選手に提供すること自体がおかしい」「ずさんの一言に尽きる」といった辛辣(しんらつ)な意見が寄せられている。

 サムスン製スマートフォンは日本や中国などアジア市場で大きくシェアを伸ばしており、韓国を代表する携帯電話端末ではある。しかし、選手が喜ぶはずの「提供」が、思わぬ波紋を招く形となった。(産経新聞)



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1518257779/続きを読む

韓国政府「マッコリが売れないの! なんで?」 輸出がピーク時より7割減少 イメージ戦略に失敗か



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:601381941-PLT(13121).net
http://img.5ch.net/ico/anime_kuma01.gif
韓国「マッコリ」輸出7割減「イメージ戦略に失敗」

韓国の政府機関は、韓国の伝統酒のマッコリについて輸出がピーク時より7割以上減少し、
高級なイメージで輸出を伸ばしている日本酒などと比べて、イメージ戦略や価格設定に
失敗したことなどが原因だとする報告書をまとめました。

貿易支援などを行っている韓国の政府機関、韓国農水産食品流通公社が今月、発表した
食品輸出に関する報告書によりますと、去年1年間のマッコリの輸出額は1286万8000ドル、
日本円でおよそ14億6000万円で、全体の53%は日本が占めました。

マッコリの輸出は日本での韓流ブームなどもあってピークの2011年には輸出額が5270万ドルに
上りましたが、去年はピーク時より75.6%も減少しました。

報告書では、輸出を伸ばしている日本酒や中国の蒸留酒が高級なイメージを確立したのに対して、
マッコリは、半透明のペットボトルの容器で低価格のイメージを与えるため、市場の構築に失敗したと
分析しています。

また、去年の平均の輸出単価は1リットル当たり99セントと1ドルを下回り、低価格帯の商品の輸出が
ブランドイメージに否定的影響を与えているとも指摘しています。

そのうえで報告書は輸出の拡大に向けて海外で人気のノンアルコールの商品など多様な商品を開発し、
新たなブランドイメージを作るよう提言しています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20171228/k10011274281000.html



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1514449105/続きを読む

【国際】韓国製の鉄鋼はみんなの敵?日米ほか各国が輸入規制など“制裁”



1: 荒波φ ★ 2017/12/27(水) 13:45:47.72 ID:CAP_USER.net
2017年12月25日、米国が通商拡大法232条を適用し、韓国製鉄鋼への締め付けを強化する可能性が高まっている。さらに、日本、カナダ、インドなどの主要な鉄鋼輸入国もこれに追随しているという。韓国・ソウル経済が伝えた。

鉄鋼業界によると、カナダは韓国製炭素・合金鋼管に対し、22年まで最大88.1%の反ダンピング関税を課した。これによって韓国国内の製鉄企業の現代(ヒュンダイ)製鉄に52.5%、セア製鋼に27.5%、ネックスチールに12.9%の追加関税が課された。

このような動きはカナダだけではないという。日本は今月19日、韓国企業19社の鉄鋼製管用継手に最大74%の反ダンピング関税を賦課する予備判定を下した。インドも今年4月に韓国製の熱延プレートに対し、21年までに1トン当たり478?561ドル(約5万4100?6万3550円)の反ダンピング関税を課した。

韓国を対象とした世界の輸入規制措置193件(12月基準)のうち45%となる87件が鉄鋼・金属製品に集中している。中でも米国が20件と最も多く、カナダ(9件)、インド(8件)、オーストラリア(8件)の順となっている。

記事は「さらに来年初めには、米国が通商拡大法232条に基づき韓国製鉄鋼が自国(米国)の安全保障に影響を与えると判断した場合、韓国鉄鋼材が全世界から標的にされる可能性が高い」と分析している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「韓国は世界中からなめられている」
「韓国だけじゃなくて世界中が過剰生産しているのに、なぜ韓国だけを責める」
「悲しいけど、韓国のように内需が小さく輸出に頼る国ではよくあること。国内企業の体質改善が行われない限り、この問題は続く」

など、韓国の立場への懸念の声が寄せられた。

また「世界中が自国の利益だけを重視するようになった」と世界情勢に言及する声もみられた。

その他

「良質な韓国製鉄鋼を使えなくて被害を受けるのは自分たちなのに…」
「一般的な製品は安くて大量に売れるほど利益が出るのに、鉄鋼は違うんだな」

などのコメントもあった。


2017年12月27日(水) 13時40分
http://www.recordchina.co.jp/b242388-s0-c20.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1514349947/続きを読む

【韓国崩壊】ヒュンダイ車が走行中に突然壊れるwwとんでもない欠陥が発覚ww



1: 名無しさん@涙目です。 2017/12/25(月) 14:58:19.24 ID:clu5TOmb0●.net BE:479358729-2BP(2000)
http://img.5ch.net/ico/nida.gif
韓国の人気車種で相次ぎ“異常現象”、走行中にギアが勝手に5段に固定=「未完成車じゃないか」「1段ギアの車だね」―韓国ネット
レコードチャイナ 2017年12月24日 21時20分

2017年12月22日、韓国日報によると、韓国の自動車メーカー現代(ヒュンダイ)・起亜(キア)自動車の一部のモデルに搭載された8段自動変速機が突然5段に固定される現象が発生している事が分かった。

この現象は今年4月頃から「グレンジャーIG」(現代自動車の大型セダン)の一部同好会で知られており、同好会の掲示板には、
グレンジャーIG のオーナーを中心に走行中に変速機が突然5段に固定されたり、停車後の出発時に変速が行われていないなどの異常を訴える文章が掲載されていた。

当初、現代・起亜自動車は、その原因としてミッションオイルが十分に予熱されていない状況での走行や、
自己診断装置(OBD)機能が搭載された「イベントデータレコーダー」の電子制御装置の干渉と判断したが、グレンジャーIGだけでなく、
8段自動変速機を搭載した「ソレント」(起亜自動車の中型SUV)、「マックスクルーズ」(現代自動車のクロスオーバーSUV)など他の車種でも同問題が発生しており、
最終的にミッション制御装置(TCU)の異常によるものと結論を下した。

同問題への対応として、9月ごろから無償でTCUの更新を進めているが、更新後もまだ同問題が発生している事から、現代・起亜車はクルーズコントロールスイッチ、
スピードセンサーなど、トランスミッションからの異常感知信号以外の信号異常時にも一種のセーフモードに入り5段ギアの固定現象が発生する事があると説明している。

この報道を受け、韓国のネットユーザーからは

「今の車でオイルが十分に温まるまで暖機運転が必要だなんて聞いたことがない」
「現代自動車には8段変速機の技術がないって事だ」
「問題が発生してからその対策をする。いつも対処療法だ」
「一言で言って未完成車じゃないか」

など、現代・起亜自動車グループへの批判の声が多く寄せられた。

また、

「1段ギアの車だね」

と、現代・起亜自動車グループを皮肉る声もみられた。

その他に

「車には乗らないのが一番だ」

とするコメントもあった。

(翻訳・編集/三田)
https://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20171224/Recordchina_20171224034.html



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1514181499/続きを読む



アクセスランキング