FC2ブログ

中国、超大型加速器を建設へ、事故れば地球は滅びるレベル



1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2018/10/16(火) 13:46:53.29 ID:+OEn+MI90 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
「神の粒子」ことヒッグス粒子の存在を発見するなど、物理学に飛躍的な進歩をもたらしてきた「CERN」
(セルン:欧州原子核研究機構)が所有する「大型ハドロン衝突型加速器(LHC)」。

その後継機として注目されているのが、中国が開発中の超大型加速器である。
建設開始は2021年に予定され、場所は万里の長城に近い河北省秦皇島市だという。
科学ニュース「The Daily Galaxy」(10月13日付)などによると、この加速器の周長はLHCの倍以上となる54km、その能力はLHCの7倍以上とのことだ。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/10/post_18439_entry.html

政治的な意図は無視しても、これが完成すれば、中国が高エネルギー物理実験の一大拠点となることは間違いないだろう。
宇宙の始まりである“ビッグバン”や“ダークマター(暗黒物質)”の解明は今後中国が担うことになるかもしれない。

■有名物理学者が人類滅亡レベルの危険を3つ指摘
知的情報サイト「Big Think」(10月11日付)によると、世界的な天文物理学者マーティン・リーズ博士が、
LHCが引き起こす人類滅亡レベルの危険を3つ指摘しているという。

1、ブラックホール
リーズ博士がまず警告しているのは、LHCの実験により「全てを飲み込むブラックホール」が発生する恐れである。
これについては故スティーブン・ホーキング博士も警鐘を鳴らしていた。統計的にヒッグス粒子があまりに不安定な為、
仮に実験の中で安定状態に近づけることに成功すると、真の真空状態が生じ、より低エネルギーの真空が光速度で
膨張することで宇宙全体が破壊されてしまうのだという。

2、超高密度圧縮
さらに、リーズ博士によればブラックホールの生成を回避できたとしても、地球が直径100mほどの「超高密度球体」に
圧縮されてしまう危険性あるという。

素粒子の1つであるクォークは、超高速で衝突し、崩壊することで、ストレンジレットと呼ばれる物質に自己生成すると
言われているが、これが実際に起こった場合、全ての物質が高圧縮され、地球そのものがサッカー場程度の大きさになる
というのだ。幸いなことにストレンジレットはまだ検出されていないが、いつ実験に成功するかも分からない。

https://news.nifty.com/article/item/neta/12262-105712/


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1539665213/続きを読む

【速報】中国の超高層ビルで火災?爆発 キノコ雲



1: 名無しさん@涙目です。 2018/01/13(土) 14:51:49.33 ID:OXXc2Igz0●.net BE:679785272-2BP(2000)



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1515822709/続きを読む

【中国】MP3プレイヤーが手榴弾に!LED風船は散弾銃に!“格安”工業製品の爆発で被害続出中



1: ニライカナイφ ★ 2017/12/25(月) 23:13:41.59 ID:CAP_USER.net
◆MP3プレイヤーが手榴弾に! LED風船は散弾銃に! 中国“格安”工業製品の爆発で、被害続出中……

近年、スマートフォンやドローンなどのハイテク分野で、中国企業の高い技術力に注目が集まる一方、安全性が欠如した粗悪な製品による事故が相次いでいる。
「南方網」(12月17日付)によると16日、江西省萍郷市で爆発事故が発生し、13歳の少年が重傷を負って病院に緊急搬送された。

少年は意識不明の状態で左手の親指が吹き飛ばされており、左腕、腹部、眼球にも深刻な傷を負っていた。
少年の家族が証言した内容によると、少年が地元の商店で15元(約250円)で購入した格安MP3プレイヤーを自宅で使用していたところ、突然爆発。
爆発音を聞いた家族がすぐに駆け付けると、そこにはまるで手榴弾の被害にあったように全身が血だらけになった少年が倒れていたという。

事故当時、プレイヤーは充電器につながれておらず、使用中に爆発したようだ。
ちなみに爆発したプレイヤーは、生産会社・生産工場・生産許可証番号の記載がない、いわゆる「三無製品」だったといい、今回の事故の責任の所在について、当局の捜査が続けられている。

11月には、南京市内の広場で風船が爆発する事故も発生している。
「新浪新聞」によると、広場で販売されていたLED電飾付きの風船を4つ購入した男性が、それらを手に持って歩いていたところ、突然爆発。
付近にいた子どもを含む4名が重軽傷を負った。

男性が吸っていたタバコの火が風船内部のガスに引火したことが事故の原因と見られる。
さらに爆風でLED電飾の部品や電池の破片が散弾のように飛び散り、周囲にいた人々に突き刺さったのだった。

当局によると、風船は5元(約90円)で販売されており、風船に入っていた気体は引火・爆発に危険性が高い水素が使用されていたという。
ちなみに日本で売られている風船は、爆発の危険性がない不活性ヘリウムが使用されている。

欧州委員会は2017年3月、中国製のこうした風船は水素が使用されていることや製品からむき出し状態となっている電池などが子どもにケガを負わす可能性があるとして、欧州市場からの排除命令を下している。
日本を抜き去ったともいわれる中国のハイテク産業だが、安全性においてはまだまだ発展途上のようだ。

 
中国の広場ではLED風船が子どもに大人気だという(北京青年報)
no title


日刊サイゾー 2017.12.25 月
http://www.cyzo.com/2017/12/post_146514_entry.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1514211221/続きを読む

【定期】中国の信号機が突如の爆発 理由は気温の上昇と説明



1: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ [BA] NG NG.net

中国の信号機が突如として爆発するという事故が起きた。

18日、江蘇省徐州市市内に設置されていた信号機が突如として爆発。爆発した理由は気温の上昇によるものと思われる。
梅雨が終わった江蘇省徐州市一帯は35度を超える高温が続いた。

地元の専門家たちは、今回の事故のために信号電線が不安定な状況となり、高温が続き機器の異常が発生し
火災が発生したとみて調べている。

今回の事故でけがをした人はなかったが、現地では、高温注意報が発令された他の地域でも同様の事故が
発生するのではないかと不安があがっている。

特に上海では、21日午後2時の観測所の日中の最高気温が1863年の気象観測を始めて以来、最も高い40.9℃を記録した。

今回の爆発の様子は車の中から動画撮影されたもの。動画は下記より閲覧可能。

http://gogotsu.com/archives/31647
no title


関連
中国で突如として公衆トイレが大爆発 1人が死亡し7人が負傷
http://gogotsu.com/archives/25604


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500805202/続きを読む

【グルメ】レストランで名物「地雷」料理が本当に爆発―中国



1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2017/03/16(木) 21:13:46.51 ID:CAP_USER.net
重慶沙坪[土貝]に住む王さんは11日午後7時、高校時代の同級生と一緒に食事をするため、漢渝路にあるレストランにやって来た。王さんによると、普段は海外に住んでいる高校時代の同級生・陳さんが家族に会うために重慶に帰って来ており、なかには30年以上も会っていなかった同級生もいたため、他の同級生らも呼び、陳さんの帰国祝いをしたのだという。このレストランの常連客だった王さんに、店員はおすすめ料理を紹介。

その中に、「地雷」という新メニューがあり、斬新な上、値段も安く、同級生らも「食べてみたい」と言ったため、王さんはこの「地雷料理」を注文した。重慶晨報が伝えた。

久しぶりに顔を合わせた同級生らと積もる話に花を咲かせていると、店員が料理を運んできた。例の「地雷料理」も運ばれてきたが、その名の通り、お皿の上には「地雷」がのっていた。そして、店員からは「導火線に火をつけてから、食べてください」と説明された。

導火線に火をつけると、すぐに燃え始めたので、王さんらはその様子をカメラで撮影した。しかし、導火線が全て燃え尽きた次の瞬間、なんとこの「地雷」が本当に爆発。破片とスープが辺りに散らばり、陳さんの顔面には煮立ったスープがかかっただけでなく、火花まで服の上へと飛び散った。

あまりの予想外の展開に驚き、さらに何か起きては大変だと思った王さんはすぐさま精算を済ませた後、レストランの責任者を呼び、慰謝料などをめぐって話し合いを行った。

友人の帰国祝いに完全に水を差された王さんは立腹。慰謝料などの話し合いもまとまらなかったため、最終的に王さんは警察に通報した。

駆け付けた警察官が、陳さんの顔のやけどの程度を確認した結果、幸いにも傷はそれほど深刻ではなかったこともあり、話し合いの末、レストラン側が陳さんらに謝罪し、陳さんに検査・治療費として500元(約8250円)を支払うことで一段落した。

この事故の原因となった「地雷料理」とは一体どんな料理なのか、ネット上で調べてみると、「地雷」とは料理を盛り付けるための簡単な仕掛けを備えた器であることが分かった。「地雷」の導火線に火をつけ、導火線が燃え尽きると「地雷」上部から開き、中の料理が姿を現わすという仕組みだ。この器はオンラインショップなどでも購入できる。

警察官によると、原因は「地雷」の器に問題があり、爆発を起こして、陳さんがケガをした可能性が高いとしている。またレストランの管理に安全性にも問題があるとして、警察官はレストラン側に改善要請も行ったということだ。

人民網日本語版 配信日時:2017年3月16日(提供/人民網日本語版・編集/KN)
no title

http://www.recordchina.co.jp/b172186-s10-c30.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1489666426/続きを読む



アクセスランキング