FC2ブログ

【女子サッカー】「中国サポーターが防疫ルールを守らず」と韓国メディアが苦言、中国メディアは「負け惜しみ」と応戦 [4/9] [昆虫図鑑★]



1: 昆虫図鑑 ★ 2021/04/09(金) 16:20:48.16 ID:CAP_USER
韓国京畿道高陽市で8日、東京五輪出場権をかけた女子サッカーのプレーオフ第1戦が行われ、中国が韓国に2-1で勝利した。韓国メディアからは中国サポーターの観戦マナーに対する苦言が相次ぎ、中国メディアもそれに応戦している。

同日午後4時に開始されたこの試合は32分、ロングボールに抜け出した張馨(ジャン・シン)が決めて中国が先制する。一方、ホームで負けられない韓国も39分に鮮やかなミドルシュートで同点に追いつく。一進一退の攻防が続く中で迎えた71分、ペナルティーエリア内での接触から中国がPKを獲得。これを決めてリードした中国は、韓国の猛攻をしのぎ切り、アウェーで貴重な勝利をもぎ取った。

中国と韓国はスポーツの試合で激しい火花を散らすことで有名だが、この試合をめぐっても双方のメディアが「舌戦」を繰り広げている。

韓国メディアのマネーSは「中国サポーター、無作法で防疫ルールを守らず」と題する記事を掲載。新型コロナウイルスへの感染対策で声を出しての応援が禁止されていたにもかかわらず「前半終了間際やPKの場面で声を張り上げる様子が撮影された」とし、「防疫ルールを無視したのは残念だ」と指摘した。また、「一部の中国サポーターは韓国側の応援席で中国国旗を振って応援していた。サッカー協会は両チームのファンの座席を分けて販売していたが、応援マナーは守られていなかった」とも伝えている。

ほかにも、ニュース1は「一部の中国サポーターはホーム側のスタンドで観戦していた。新型コロナ感染の危険があり、両チームのサポーター同士の衝突にもなりかねない」と、STNスポーツは「中国サポーターは(声を出して応援してはいけないという)ルールを無視し、中国が攻撃するたびに声を上げていた」と報じたという。

これに対し、中国のスポーツメディア・新浪体育は「負けた後、韓国メディアは試合ではなく、現場で観戦していた中国サポーターに狙いをつけた」と皮肉交じりに報道。スポーツ関連の情報を発信する自メディアも「中国のサポーターだけではなく韓国のサポーターも声を上げていた」「中国の選手・スタッフは試合中にきちんとマスクをしていたが、韓国側は試合中にマスクを外して大声で指示を出していた」などと報じ、韓国の報道を「負け惜しみ」と批判している。

第1戦を勝利して東京五輪出場に王手をかけた中国。第2戦は13日に、中国のホーム(江蘇省蘇州市)で行われる。(翻訳・編集/北田)

https://www.recordchina.co.jp/b874681-s25-c50-d0052.html


https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1617952848/続きを読む

大韓サッカー協会「じゃんけんでも負けてはいけない日本相手に完敗したこと、深くお詫び申し上げます」



1: ソリブジン(東京都) [US] 2021/03/27(土) 18:39:28.43 ID:gz88W+ku0● BE:723460949-PLT(14000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
サッカー日韓戦で「完敗」韓国、収まらぬ不満と怒り

 3月25日、横浜の日産スタジアムで開かれた日韓親善サッカーの試合で、韓国
代表は日本代表に0-3で完敗した。この試合を巡って、大韓サッカー協会が
謝罪文を発表するなど、韓国内では大きな波紋を呼んでいる。
 試合の翌日の26日、韓国メディアは日韓親善試合試を「歴史的拙戦」「横浜
大惨事」と呼び、厳しく非難した。

『中央日報』は、「有効シュート1本・・・孫興民が思い浮かんだ横浜惨事」と
いう記事で、韓国代表チームの拙戦を批判し、エース・孫興民の不在が大きく
感じられると評価した。
<通算80回目の韓日戦でベント号(パウロ・ベント監督率いる韓国代表チーム)
は、ベント監督が強調していたビルドアップサッカーも不在のうえ、後半39分
になってようやく初めて有効シュートを記録するという拙戦をみせ、札幌惨事
(0-3敗)に続き、10年ぶりに再び「3ゴール差の0敗」という屈辱を受けた>

(略)『MKスポーツ』も、「韓日戦の重さを知らないベント監督が傷だけを
与えた」という記事で、監督の責任論に言及した。
<ベント監督は10日間、3度も“韓日戦の特殊性をよくわかっている”と強調
したが、“じゃんけんでも負けてはいけない”という日本を相手に実験的な
選手起用で前半2失点の末、0-3完敗を招いた>

(略)このように、国中から非難の声が絶えないことから、大韓サッカー協会
の鄭夢奎会長は、「国民の皆様に捧げる文」という謝罪文を出し、国民の前で
頭を下げた。
「昨日行われた韓日戦の敗北に失望したサッカーファン、サッカー関係者、
そして国民の皆様にサッカー協会の会長として大変申し訳なく思っており
ます。協会はW杯予選を控えて、代表チームの戦力を固めることができる唯一
の機会だと判断し、韓日戦という負担感にもかかわらず今回の試合を推進しま
した。厳しい状況の中、最善を尽くして無事に試合を行いましたが、足りない
競技力により大変ご心配をおかけいたしまして、深くお詫び申し上げます」
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/64678



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1616837968/続きを読む

「日章旗なんてふざけるな!」 韓国代表のユニフォームが国際問題に



1: インターフェロンα(埼玉県) [ES] 2021/03/27(土) 12:13:20.33 ID:DzxlF/7+0● BE:943634672-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/namaetukenai.gif
■「日本国旗なんてふざけるな!」韓国代表ユニの胸元に刻まれた“世界基準”がまさかの大炎上!「自尊心はどこへ?」

韓国国内でのバッシングに新たな火種が生まれた。

【PHOTO】森保ジャパンが宿敵・韓国を3-0で撃破! 横浜決戦の厳選フォトをお届け!

 そんななか、日韓戦で韓国代表が着用したユニホームが新たな物議を醸しているのだ。
大韓サッカー協会は今回のゲームを記念して、ユニホームの左胸に日付と対戦カードを英語で表記し、日本と韓国の国旗をそれぞれプリントした。これがなんと、大炎上を引き起こしたのである。

 全国紙『朝鮮日報』や『中央日報』によれば、大手コミュニティサイトやSNS上には次のようなコメントが書き込まれているという。

「試合に敗れたことより屈辱的だ」
「我らのユニホームに日章旗なんてふざけるな!」
「恥ずべきジャッジだ」
「負けた怒りに油を注いでくれた」
「サッカー協会は歴史を学べ!」
「自尊心はどこにいったんだ?」

 といった調子で、取り止めがない。一方の日本代表ユニホームにはそうしたプリントがいっさいなかったため、「日本は敬意を示していないじゃないか!」とバッシングに拍車がかかった。
加えて韓国政府に対する「国民請願」にもこの日章旗問題が申請されており、喧騒はサッカーファンの域を超えつつある。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6381efb4a5ac907122fe4f64488e232814fb0815

左が問題となっている韓国代表ユニ。右の日本代表ユニには韓国国旗が入っていないが、それは今回が親善試合だったため。アジアカップやW杯予選など公式戦では採用されている。
no title



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1616814800/続きを読む

【悲報】サッカー日韓戦を前に韓国メディアが日本の新型コロナ現状を危険視



1: 爆笑ゴリラ ◆GORI./qCTM (光) [US] 2021/03/11(木) 18:31:43.03 ID:tep+fTo90● BE:439362949-PLT(41000)
sssp://img.5ch.net/ico/999991500946716.gif
3/11(木) 17:38
東スポWeb

サッカー日韓戦を前に韓国メディアが日本の新型コロナ現状を危険視
日本代表・森保監督(左)とJFA田嶋会長はどう聞くか…
 サッカー日韓戦を前に、韓国メディアが日本の新型コロナ禍の現状や感染対策に強い懸念を示した。

 日本と韓国は25日に国際親善試合(日産)を行うことが決定。フルメンバーを招集できる国際Aマッチデーでの日韓戦は2011年8月以来10年ぶりで、日韓双方で盛り上がりを見せている。
 そうした中で韓国メディアが、新型コロナ禍での日本遠征を〝危険〟と警鐘を鳴らした。

 韓国メディア「スポーツソウル」は「日本は五輪を控え、国際試合を開催することができることを証明するためのパートナーとして韓国を選択した。韓国側は6月のW杯予選前の足慣らしとして、日本の提案を受け入れるという立場だ」と日韓戦の実現に至った経緯を報じたうえで、こう不安を指摘する。

「最大の問題は防疫体制である。日本は韓国に比べて新型コロナの状況が不安定だ。直近1週間の新規陽性者数が毎日1000人を超えるのに、実際の検査数は韓国と比較すると著しく少ないことが知られている」。日本では以前から検査数の少なさが指摘されており、韓国側は日本の実態は公表数より感染者数が多く深刻化していると危険視するのだ。

 さらに「代表チームはすでに昨年11月にオーストリアで悪夢のような経験をした。選手団から大量に陽性者が出て困難を経験した。日本遠征を行って感染者が出たら、より大きな批判に直面する可能性がある。相手が日本だと、ややもすると国民情緒にまで大きく波及するリスクを考慮しなければならない」。昨年11月に韓国代表は欧州へ遠征した際に6名の新型コロナ陽性者が出てクラスターが発生。現在は日本で変異株が急速に拡大していることや、仮に日本でクラスターが発生した場合には両国の冷え切った関係から韓国の国民から猛バッシングが起きる恐れがあるというわけだ。

 そうした背景から「韓国協会関係者は『その点を考慮し、チャーター機を投入する案も検討している。可能な限り防疫に心血を注がなければならないことを認識している』と語った」と韓国サッカー協会側は徹底した感染対策を準備しているという。

 韓国側では日本遠征を疑問視する世論が沸き起こっているようだ。

no title

https://news.yahoo.co.jp/articles/5aaeab9370283c08ff19705d6f3af276efd6812d



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1615455103/続きを読む

イ・チョンスが02年W杯で伊代表主将に食らわした“蹴り”は故意だった! 衝撃発言に中国から非難「恥知らずの悪党」[02/20] [ろこもこ★]



1: ろこもこ ★ 2021/02/20(土) 08:19:43.14 ID:CAP_USER
https://news.yahoo.co.jp/articles/779fd40ab7905d9db36442c09777abcce59192b7


“あの”モレノ主審はイエローカードさえ…

02年W杯で韓国のベスト4進出に貢献したイ・チョンス。(C)Getty Images

 元韓国代表アタッカーの発言が、“隣国”で小さくない話題となっている。

 コメントの主は2002年の日韓ワールドカップでベスト4と躍進した韓国代表のメンバーで、レアル・ソシエダやフェイエノールト、大宮アルディージャなどでプレーしたイ・チョンスだ。

【動画】「故意だった」とまさかの告白!イ・チョンスがマルディーニを蹴りつけた衝撃シーンはこちら

 スポーツメディア『新浪体育』など複数の中国メディアが報じたところによれば、現在39歳の“レジェンド”は、02年W杯のイタリアとの決勝トーナメント1回戦で、シュートしようとして敵のDFパオロ・マルディーニの頭を蹴ったのは「故意だった」と明かしたという。

 記事によると、韓国のバラエティ番組に出演した際、この19年前のシーンについて問われたイ・チョンスは、「イタリアの選手たちは非常に傲慢で、反抗的で、韓国人を見下しているように感じていた。その試合で蹴られた韓国の選手もいる」と告白し、こう続けた。

「蹴ったのはマルディーニで、韓国でいえばホン・ミョンボのような選手だった。どちらもキャプテンだ。だけど、マルディーニだから蹴ったのではなく、たまたまそこにいたからだ」


 
 この行為に対して、イ・チョンスにイエローカードさえ出さなかったバイロン・モレノ主審は、その後もホスト国寄りの判定を連発。韓国選手によるジョンルカ・ザンブロッタへの悪質なタックルもお咎めなしとすれば(後に退場に値したと誤審を認めた)、1-1で突入した延長戦で、ペナルティエリア内で倒れたフランチェスコ・トッティに対し、シミュレーションで2枚目のイエローカードを提示。これで数的不利となったイタリアは、アン・ジョンファンにゴールを許し、敗れ去ったのだった。

 イ・チョンスの告白に対し、中国のファンは「恥知らずだ」「なんて悪党だ」「イタリアだけでなく、世界中が韓国を軽蔑する」といったコメントで反応している。

 19年前の判定についていまだに“根に持っている”イタリアの選手たちやファンは、この発言に何を思うだろうか……。




https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1613776783/続きを読む

【日韓W杯】 相手の頭を蹴ったイ・チョンス 「韓国人をばかにしてると思った」 [02/19] [荒波φ★]



1: 荒波φ ★ 2021/02/19(金) 18:25:39.45 ID:CAP_USER
※中国語ソース

元韓国代表:マルディーニは2002年ワールドカップを故意にヘッドショットし、韓国の選手を軽蔑している 2021-02-18 16:58:44
https://www.163.com/dy/article/G34Q669I0529JCSP.html

韓国代表はワールドカップを覚えている:故意にマルディーニを蹴った、イタリア人は韓国を見下す  2021-02-19 11:50
https://www.sohu.com/a/451410888_260616
no title


元韓国インターナショナル:マルディーニは2002年ワールドカップを故意にヘッドショットしました 2021-02-18 19:41:37
https://www.wenxuecity.com/news/2021/02/18/10329354.html

2021-02-19 11:30
https://www.thepaper.cn/newsDetail_forward_11379759

2002年に行われたサッカーのワールドカップ(W杯)日韓大会の韓国対イタリア戦で、イタリア選手の頭部を蹴った韓国のイ・チョンスが当時のプレーについて語った様子が、中国で大きく報じられている。

同大会の決勝トーナメント1回戦の韓国対イタリアの試合の35分、イタリアのゴール前でボールがこぼれた際、イ・チョンスが倒れたイタリア代表DFパオロ・マルディーニの頭部を蹴りつけた。

主審のバイロン・モレノ氏(エクアドル)は近くで見ていたものの、警告や退場どころかファウルすら取らなかった。

このシーンについて、イ・チョンスは昨年に出演したバラエティー番組の中で、出演者らから「彼はわざと蹴ったと思う」「本当のことを話して」などと話を向けられると、「イタリアの選手にも非があった。相手を見下し、韓国人をばかにしていると思った。そして、ほかの韓国選手が蹴られて負傷していたときにああいう状況が来た。私が蹴ったのはマルディーニという選手で、韓国でいうホン・ミョンボのような選手(キャプテン)だ。マルディーニだから蹴ったのではなく、その時ちょうどそこにいたから(蹴った)」などと語った。

複数の中国メディアはこの発言について、「マルディーニの頭を蹴ったのは故意だったと明かした」と報道。中国のネットユーザーからは

「あまりの恥知らずで何も言えなくなるレベル」
「恥じるどころか、栄誉だとすら感じているようだ」
「卑屈すぎる」
「哀れな自尊心だ」
「イタリア人が韓国人を見下しているのではなく、世界中の人が韓国人を見下している。特にスポーツにおいては」
「韓国のスポーツにおける汚さは無敵。いまだに反省もしていない」

といった厳しい非難の声が殺到している。

なお、この試合では韓国のファン・ソンホンがイタリアのザンブロッタに対して危険なタックルを仕掛けるなど韓国選手による激しいプレーが相次いだほか、イタリアのゴールが取り消されたり、エースのトッティが退場処分になったりするなど、不可解なほどに韓国に有利な判定が相次ぎ、結局、韓国が1-0で勝利。

続く準々決勝も同様に“疑惑の判定”が相次ぎ、韓国はアジア勢として過去最高のベスト4に進出した。

頭部を蹴られたマルディーニは過去に同大会を振り返り、「心からやり直したいと思う試合は韓国戦」「あの試合まで、私は審判の判定に怒ったことは一度もなかったが、あの日は怒らないことは不可能だった」と語っている。

2021年2月19日(金) 17時20分
https://www.recordchina.co.jp/b872267-s25-c50-d0052.html



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1613726739/続きを読む

【画像】開幕した韓国プロサッカー無観客試合に置かれた人形がコチラw



1: 32文ロケット砲(庭) [US] 2020/05/18(月) 07:26:04.52 ID:D/HzBFO80 BE:844628612-PLT(14990)
sssp://img.5ch.net/ico/ps3.gif
崔碩栄
@Che_SYoung
コロナ防疫に成功したと自負する韓国。
無観客ではあるが、なんとか開幕したプロサッカー。

無観客はさびしいと客席に設置した「人形」が物議。
実はこれ全部「ラブドール」��

まさか日本製じゃないだろうな��
画像
no title


午後8:52 · 2020年5月17日·Twitter Web App

スクショ
no title


関連ソース
‪官邸まで巻き込む大論争 リアルドール禁止を求める韓国女性たち《署名は26万人超》 | 文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/15590‬



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1589754364/続きを読む