FC2ブログ

山本太郎「自民党に二度と保守を名乗るな!竹中の下請け!売国奴が恥を知りなさい!」



1: 名無しさん@涙目です。(禿) [EU] 2018/12/08(土) 11:21:34.74 ID:OZD95av/0 BE:226456927-PLT(12522)
sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif
 ※週末政治スレ
山本太郎 議員「保守と名乗るな!!保身と名乗れ!!恥を知れ!!」


今国会最大の焦点だった、外国人労働者の受け入れを拡大する入管難民法などの改正案は8日午前4時すぎ、
参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。

各議員の投票の際、自由党の山本太郎参院議員は、「牛歩」で最後の抵抗を試みた後、演壇の上から
「(法案に)賛成する者は、2度と『保守』と名乗るな!。保守と名乗るな、『保身』だ!」と、与党席に向かって絶叫した。

与党が、安倍官邸の言うがままに法案成立に突き進んだ流れを踏まえ、
「(賛成する議員は)官邸の下請け、経団連の下請けだ。この国に生きる人を、低賃金競争に巻き込むのか。恥を知れ」と、憤った。

改正案をめぐっては、受け入れ外国人の上限など制度の内容が不透明なままで、法務省側のデータの誤りも発覚。
政府側の準備不足の実態が露呈した。しかし、来春からの法施行を目指す安倍晋三首相の肝いりのため、与党が野党の猛反発を押し切って法案成立に至った。内容よりも、
「今の国会会期中の法案成立ありき」という日程が優先された、本末転倒の論理がまかり通った形だ。

2018年12月8日5時34分
日刊スポーツ
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201812080000021.html
no title



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544235694/続きを読む

【学級崩壊】国会で特定野党が大暴れ…解任決議案連発、牛タン・牛歩戦術、怒号、暴力、泣き出す者も



1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2018/12/07(金) 22:40:41.32 ID:sjLEvhLS0 BE:135853815-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
成立阻止へ「カード」次々 「外国人材」受け入れ拡大

会期末を10日に控え、7日の国会は大荒れとなった。

自由党・森裕子参院議員
「資料は出さない。資料は改ざんする」
伊達忠一参院議長
「森君、発言を禁じます。やめてください」

外国人労働者の受け入れを拡大する、入管法改正案の成立を阻止したい野党側。
採決を遅らせるため、6日、参議院の横山法務委員長と堂故農水委員長への、ダブル解任決議案を突きつけた。
解任決議案の趣旨説明に立った森裕子議員は、持ち時間を大幅に超える“牛タン戦術”を展開。
壇上では、自民党の大家敏志参院議員と立憲民主党の白眞勲参院議員が、一触即発の状態に。
さらに、大家議員は、自民党の長老でもある伊達参院議長に対し、演説をやめさせるよう怒号を飛ばした。
こうした混乱の中、涙を流す議員も。

共産党・紙知子参院議員
「良識の府といわれる参議院で、現場を置き去りにしないのは、私たちの役割です」
立憲民主党・有田芳生参院議員
「どのように大変な思いをして、苦しい思いをして、日本で亡くなっていかざるを得なかったのか。あなたたちは、この現実を知らないだろ」
伊達忠一参院議長
「有田君、時間が超過しております」

さらに、ゆっくり時間をかけて投票する「牛歩戦術」で抵抗を試みる議員も見られた。
しかし、両委員長への解任決議案は、与党などの反対多数で否決。
これを受け、法案の委員会審議が再開されるはずだったが。
野党5会派は、今度は、「不誠実極まる対応を繰り返してきた」などの理由で、山下法相への問責決議案を提出。
またしても、審議は始まらなかった。
立憲民主党・有田芳生参院議員は、「与党と委員長だけで採決しようとしたことに対して、野党は強く反対して、山下法務大臣問責決議案を提出した」と述べた。
さらに野党側は、本会議の中で、自民党の大家議員が野党議員を突き飛ばしたとして、その行動を問題視。
さらに採決が遅れる事態に。
一方で、カメラには、大家議員が白真勲議員に顔を触られたとして、激高する場面も映っていた。
野党側は、安倍内閣不信任案などの提出も視野に入れており、いわゆる「深夜国会」となる可能性も出てきている。

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00407220.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544190041/続きを読む

【限界超え】「こんなことする国なんて、聞いたことがない」 日韓議連を退会、城内議員が激白!



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2018/12/04(火) 16:54:55.14 ID:CAP_USER
韓国最高裁の異常判決や、慰安婦合意の事実上破棄、島根県・竹島への国会議員の不法上陸など、韓国の暴走・暴挙が続いている。日韓の議員外交を担ってきた、超党派の日韓議員連盟も「打つ手なし」という状況だ。「友好」に限界を感じて同議連を退会した城内実環境副大臣(自民党)を直撃した。

 「理解を超えている事態が次々と起こっている。こんなことをする国なんて、ほとんど聞いたことがない」

 城内氏は怒りを通り越して、あきれた様子でこう語った。

 外務官僚時代、城内氏は北東アジア課で韓国を担当し、その国情を知り尽くしているが、さすがに忍耐の限界を超えたようだ。日韓議連を退会し、11月27日のブログに以下のように記した。

 《(日韓議連は)友好関係促進が目的ですが、友好関係は、互いが約束やルールを守ることが前提にあります。韓国との友好関係促進は現在極めて難しいものと感じます》

その日韓議連は14日、韓国側の韓日議連との合同総会を韓国・ソウルで開く。議連幹事長を務める河村建夫元官房長官は11月29日、BS番組で「こういう時だからこそ、みんなでしっかり話をしようと思っている」と関係修復に意欲的だ。

 しかし、城内氏は「多少の問題だけなら対話に努めることは大切だが、ここまで来ると限界をはるかに超えている。話し合いによる解決を期待できるはずがない」と、きっぱり否定した。

国家間の約束を簡単に破るような国は信頼に値しない。そもそも、韓国は近代国家なのか? 城内氏は次のように語った。

 「韓国では、司法権の頂点に位置する大法院(最高裁)が『司法権の独立』を守らず、時の政権の思惑に沿った判決を下している。これに対し、日本では1891(明治24)年の大津事件で、ロシアのニコライ皇太子を暗殺しようとした巡査に対し、政府は天皇陛下や皇族に適用する大逆罪を類推適用させようと司法権に圧力をかけたが、大審院(最高裁)院長の児島惟謙(これかた)は法治国家の立場から、これをはね付けて無期懲役とした。日本では19世紀に『司法権の独立』が守られたが、韓国では21世紀になっても『法治主義』から無縁のままだ。そんな国を近代国家といえるだろうか」(ジャーナリスト・安積明子)

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181203/soc1812030016-n1.html
夕方フジ 2018.12.3


https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1543910095/続きを読む

【悲報】モリカケは忘れ去られたのか 鳴りを潜めた報道 合同ヒアリングに出席した議員はわずか4人



1: 名無しさん@涙目です。(愛媛県) [US] 2018/12/01(土) 12:11:12.79 ID:uc1r0T2B0 BE:135853815-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
モリカケは忘れ去られたのか 鳴りを潜めた報道

 安倍首相周辺のれっきとした犯罪である「森友・加計疑惑」。問題が明るみに出た昨年は、国会での追及をマスコミが華々しく報じた。
今年の通常国会はそこそこに伝えた。ところが今臨時国会になると「モリカケ報道」は、鳴りを潜めた。

 川内博史議員(立民)が14日の衆院内閣委員会と28日の文教委員会で「加計学園の水増し請求」を追及し、
辰巳孝太郎議員(共産)が26日の参院予算委員会で新たな「森友の文書改ざん」を指摘したにもかかわらずだ。

 5野党は関係省庁から事情を聴く合同ヒアリングを国会内で随時開いてきたが、最近では出席議員の数がめっきり減った。

 きょうは「森友の文書改ざん」で国交省、財務省、会計検査院からヒアリングした。出席した議員はわずか4人。
川内博史(立民)、辰巳孝太郎(共産)、森ゆうこ、日吉雄太(自由)・・・モリカケに限らず権力犯罪を追及する急先鋒だけなのである。
出席議員は最盛時の約10分の1だ。

 記者の数もまばらだ。マスコミは目新しいものを欲しがる。通常国会では過労死促進法案が、今臨時国会では入管法改悪が大きく報道された。
新聞紙面、テレビ画面で「森友・加計」を見かけるのは珍しい。 

(略)

歴史に残る沖縄の選挙を最後まで伝えきったのですが、旅費の支払いに使ったクレジットカードの請求が今になって送られてきました。
目もくらむような金額です。『田中龍作ジャーナル』を支えて下さるようお願い申し上げるしだいです
http://tanakaryusaku.jp/donation

https://blogos.com/article/342323/



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1543633872/続きを読む

平沢勝栄「国税局はパチンコ屋から税金を取ってない。朝鮮人がマルサの女を脅迫した事件があった」



1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [FR] 2018/09/21(金) 07:53:42.41 ID:RzEG9el50 BE:422186189-PLT(12015)
sssp://img.5ch.net/ico/folder1_03.gif
平沢勝栄議員
https://youtu.be/i5Fc0YdC2es



家族や親類を北朝鮮に残して日本に来たものにとって「祖国に送金しろ」という命令には逆らえない。
身内を人質に取られているようなものだからだ。
パチンコ業者の中には、かつて一人で数十億円も寄付した者までいた。
昔は、1億円以上寄付したものには全員勲章が与えられ、名前が北朝鮮関係の雑誌に出た。
祖国に貢献した人々として、パチンコ業者の名がズラーッと雑誌のページに並んでいたのである。

北朝鮮系のパチンコ店に対しては、国税の取り立ても甘かった。
かつて国税局が北朝鮮系のパチンコ店に査察で入ったとき、朝鮮総連がその国税局に、デモ隊を組織して批判のシュプレヒコールをあげたことがあった。
この一件で、国税局はすっかり怖じ気付いてしまったからだ。
そして、北朝鮮系の店舗の税金問題は、必ず朝鮮総連系の在日朝鮮人商工連合会に相談するという約束まで交わしてしまったのことである。

 北朝鮮の組織としては

「北朝鮮系のパチンコ店は、我々のおかげでいくらでも金がごまかせるようになったじゃないか。そのごまかした金を我々に送ればいいだろう」

という論法で、パチンコ業者に催促していると聞いた。

http://blogos.com/article/324400/


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1537484022/続きを読む

石破茂、自身の動画から「沖縄の米軍基地集中は政府が本土の反基地闘争を恐れたせい」発言を削除



1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2018/09/17(月) 08:53:44.81 ID:RrBOIdeN0● BE:844481327-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
http://www.ishiba.com/sousaisen/47_okinawa/



石破茂「沖縄に米軍基地が集中したのは政府が本土の反基地闘争を恐れたせい」→元閣僚の発言に波紋
http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1536835539/
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/314134
no title


【東京】石破茂元防衛相が、自身の公式サイトで、沖縄に米軍基地が集中している理由について、「(本土の)反基地闘争を恐れた日本とアメリカが、沖縄に多くの海兵隊の部隊を移したからだ」と説明している。
政府はこれまで、沖縄に基地を置く理由に地理的優位性などを挙げているが、元防衛相が政治的要因を認めた形だ。

閣僚経験者が本土の反対を懸念して、沖縄に米軍基地が集約されたとの経緯について発言するのは初めてとみられる。

サイトは石破氏の自民党総裁選出馬に伴い開設したもの。
「47都道府県のみなさまへ」と題し、47通りの動画が設けられている。

石破氏は沖縄向けのメッセージで、沖縄に集中する米軍基地に関し、「1950年代、反米基地闘争が燃えさかることを恐れた日本とアメリカが、当時まだアメリカの施政下にあった沖縄に多くの海兵隊の部隊を移したからだと聞いている」と説明。

その上で「岐阜や山梨に海兵隊の司令部があり、本土のあちらこちらに散らばっていた。
それを沖縄に集約するような形で、こんにちの姿ができあがった。このことを決して忘れてはならない」と指摘し、本土側の理解の必要性をにじませた。


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1537142024/続きを読む

【前代未聞】野党が「総裁選では石破氏よろしく」と石破陣営の電話作戦に協力していた事が発覚



1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [PE] 2018/09/14(金) 09:48:18.63 ID:QghAZy9S0 BE:517598406-PLT(20500)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_jien02.gif
 無所属の玄葉光一郎元外相=衆院福島3区=の秘書が、自民党総裁選(20日投開票)で石破茂元幹事長を支持するよう自民党市議に電話で要請していたことが13日、分かった。
野党系議員が石破氏側の「電話作戦」に一役買っていたことになる。

 自民党の渡辺康平・福島県須賀川市議によると、12日午前、携帯電話に玄葉氏の男性秘書から電話がかかってきた。秘書は「総裁選において、石破茂をよろしくお願いします」などと語った。
複数の同市議にも同様の電話があったという。渡辺氏は「前代未聞だ。野党系議員が総裁選に口を出すのはあるまじき行為だ」と話した。

 自民党衆院議員は「野党では安倍晋三首相より石破氏の人気が高いのだろう。自民党を分断する狙いもあるのでは」と語った。
玄葉氏の事務所は「コメントすることはない」と述べた。石破氏の選対本部は「全く知らない」としている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000040-san-pol



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1536886098/続きを読む



アクセスランキング