【韓国陸軍】来年「ドローン戦闘団」創設へ



1: 荒波φ ★ 2017/10/20(金) 10:43:37.08 ID:CAP_USER.net
韓国陸軍が19日、軍用ドローン(無人機)や商用ドローンを活用して北朝鮮地域に対する偵察および攻撃任務を遂行する「ドローン戦闘団」を来年創設すると発表した。韓国陸軍はこの日、忠清南道鶏竜台で開かれた国会国防委員会による国政監査で「有事の際、北朝鮮の非対称の脅威に対応し、韓国国民の被害を最小限に抑えて最短期間で勝利するため、『5大ゲームチェンジャー』(中心戦力)の建設に集中したい」という趣旨の報告を行った。

ドローン戦闘団とは、ドローンとロボット技術を結び付けて新たな概念の多様な作戦を遂行する部隊で、韓国陸軍ではドローン軍事研究センターやドローン教育センターも併せて設置し、未来戦の中心的戦闘システムの一つとしてドローンの発展・育成を進める計画だ。また韓国軍は、単なる偵察だけでなく攻撃用兵器としてもドローンを開発、活用することを計画している。

19日に韓国陸軍が公開した「5大ゲームチェンジャー」には、このほかにも

▲全天候・超精密・高威力ミサイル3種類
▲戦略機動軍団
▲特殊任務旅団(別名「斬首部隊」)
▲個人先端戦闘システム(別名「ウォーリア・プラットフォーム」)が含まれる。

「ミサイル3種類」は戦術地対地ミサイル(KTSSM)、玄武2ミサイル、玄武4(仮称)ミサイルを意味し、いずれも北朝鮮の長射程砲や放射砲(多連装ロケット)、核・ミサイル施設、「金正恩(キム・ジョンウン)委員長の地下バンカー(掩蔽壕〈えんぺいごう〉)」といった戦争指揮施設を標的にしている。また韓国陸軍は、陸軍本部に最近「北朝鮮核・WMD(大量破壊兵器)対応企画課」を編成したことも明らかにした。


2017/10/20 10:06
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/10/20/2017102000982.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1508463817/続きを読む

「ウリナラは空母保有国だったが復活させなかった。世界最高の造船とIT技術があったのに・・・」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:844481327-PLT(13345).net

韓半島(朝鮮半島)は緊迫する。恐怖の絶対核兵器、先端戦略爆撃機が舞台を埋める。韓国の武装力は助演だ。
その厳しい状況は過去のエピソードを思い出させる。22年前、韓国は空母の臨時保有国だった。ロシア製「スクラップ空母」2隻を保有した。

空母「ミンスク」。スクラップの用途で韓国に売却された。
ひどく錆つき、武装機能は破壊されていた。しかし外観と骨組みの損傷は大きくなかった。
生まれ変わる潜在力は少なくなかった。その時期、中国はウクライナから空母(「ワリャーグ」)を買い取った。
その船を10余年後に再誕生させた。中国初の空母「遼寧」だ。
「ミンスク」は「遼寧」と比較される。両空母の原籍はソ連。「ミンスク」のエピソードはこうだ。

91年12月、ソ連が崩壊した。国が混乱すれば軍事力の維持は難しい。94年のロシアの決定は空母の放棄と退役。海外入札にかけた。
売りに出された太平洋艦隊の空母は「ミンスク」と「ノヴォロシースク」だ。両空母は威力的な戦略資産だった。世界33社が入札した。
韓国の中堅貿易会社(英流通)が落札した。チョ・ドクヨン英流通会長は産業化時代の挑戦と闘志を持っていた。

「ミンスク」の価格は460万ドル(当時の為替レートで37億ウォン)だった。「ノヴォロシースク」は430万ドル(34億ウォン)。驚くほど安い。
黒豹タンク(K2)1台分にもならなかった。

最近話題になっている原子力潜水艦の建造費用(推定)は2兆5000億ウォン(約2460億円)。両空母は短い期間で退場した。活躍年数は15年(「ミンスク」)、11年だった。米空母「エンタープライズ」の運用期間は50年だった。
「ミンスク」は「キエフ」(航空巡洋艦)級空母だ。巨大で魅力的だ。排水量3万8000トン(満載4万5500トン)、全長273メートル。飛行甲板195メートル。大きさは米空母より小さい。しかし巡洋艦の強みを持つ。
攻撃の筋肉質では上回った。両艦艇はソ連時代に米海軍第7艦隊と対抗した。

その空母がその価格で処分された。スクラップの塊りの重さで契約された。当時、日本の放送NHKが韓国を牽制した。
「主要装備がそのまま装着されている。軍事用に転用が可能」。その報道は刺激的だ。
ロシア海軍は指揮・防空・標的探知の主要装備を壊した。そのような状態で95年10月、両空母は太平洋艦隊の港(ソベツカヤガバン)を離れた。曳き船に引かれて5日後、浦項(ポハン)沖に来た。予想しなかった試練が待っていた。

http://japanese.joins.com/article/929/233929.html
続きます



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1506603233/続きを読む

韓国「偵察衛星貸して」 イスラエル・ドイツ・フランス「嫌だ」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:448218991-PLT(13145).net

韓国では北の核・ミサイル開発に対抗し、防衛システム「キルチェーン」を構築し本土を
防衛することとしていた。韓国版「キルチェーン」とは、北の核・ミサイル施設に先制攻撃をかける
プランで、ミサイル発射の兆候を偵察衛星で把握し、発射場所を先制攻撃するもの。韓国空軍の
戦闘機KF-16の地上攻撃能力を向上させるなどの改造費も含まれる大規模な防衛計画だ。
ところが、このキルチェーンの第一歩となる偵察衛星を、韓国は持っていなかった。

 中央日報(電子版)などによると、韓国防衛事業庁は8月25日、レーダー搭載衛星4機と
赤外線センサー搭載衛星1機の計5機の偵察衛星を21年から3年間で打ち上げ運用する計画を
発表した。しかし、この計画が完成する23年までの約6年間は、北のミサイル発射の兆候を
探知する手立てがない。そこで韓国軍は偵察衛星の「レンタル」というアイデアを思いつき、
諸外国に打診したのだ。

 その結果は、「貸し借りするという発想は最初から無理だった」(韓国テレビ局SBS電子版)。
韓国軍が打診したイスラエル、ドイツ、フランスからは、いずれも「貸せない」という通知が
9月11日までに届いたという。
http://www.sankei.com/west/news/170926/wst1709260006-n1.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1506397318/続きを読む

【韓国】THAADでソウルは守れず、専門家が指摘 韓国ネット「もう配備しちゃったのに」「戦争になればどうせソウルは火の海」



1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2017/09/09(土) 14:15:59.93 ID:CAP_USER.net
Record china
配信日時:2017年9月9日(土) 11時0分

2017年9月7日、韓国・SBSによると、韓国に配備が完了し本格運用が始まった1システムの高高度防衛ミサイル(THAAD)では、韓国全土を守ることができないとする指摘が韓国の専門家から出ている。

1システムのTHAAD は、ミサイル発射台6基と迎撃ミサイル48発、レーダーと射撃統制所から構成される。敵が発射したミサイルが高度40-150キロまで降下してくるのをレーダーで探知して迎撃ミサイルで破壊する。THAADはパトリオットミサイルの迎撃範囲のさらに上層を守備することになる。

THAADの最大射程距離は200キロであるため、理論的には、星州(ソンジュ)基地に配備されたTHAADで韓国東北部の江原道(カンウォンド)から南部の 慶尚道(キョンサンド)と全羅道(チョルラド)、そして有事の際に米軍増援軍が入ってくる南東部の都市・釜山(プサン)などを守ることができる。星州から150キロの距離にある平沢(ピョンテク)の在韓米軍基地もTHAADの迎撃射程内だ。

しかし、THAADで北朝鮮のミサイルを探知・追跡し迎撃ミサイルを撃つためには、約200秒の時間が必要な点が問題となる。1トンの核弾頭を搭載したノドンミサイルが白頭山(ペクトゥサン)南側から平沢に向かって発射された場合、迎撃ミサイルを発射する前に迎撃高度以下に降下してしまう。

また、星州から140キロ離れた群山(クンサン)米軍基地と陸海空軍本部がある鶏龍台(ケリョンデ)も、迎撃猶予時間は10-20秒にすぎない。さらにソウルはもとより射程距離圏外のため、軍は来年中にも韓国型ミサイル防衛システム「KAMD」に組み込まれているパトリオットミサイルを大統領府の北防空砲台に配置する予定だ。

この報道を受けて韓国のネットユーザーからは3000に迫るコメントが寄せられ、コメント欄には「首都ソウルが防衛圏外とは…」「ソウルも守れ!」「どうせソウルは長距離砲の射程圏内だから、THAADではどうしようもない」「戦争が起きたらどうせソウルは火の海だから、韓国の南部を守備するという意味だろう」「ソウルにはどうせノドンは飛んで来ない」など、ソウル防衛に関連した意見が多く並んだ。

また「いまさらTHAADの能力分析をしてどうなる?もう配備しちゃったのに」との指摘もあった。(翻訳・編集/三田)

http://www.recordchina.co.jp/b190018-s0-c10.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1504934159/続きを読む

【速報】韓国政府、「空母・戦略爆撃機投入を協議」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:135853815-PLT(12000).net

対北朝鮮「対話より軍事対応強化で一致」=韓国国防相

【ソウル聯合ニュース】韓国の宋永武(ソン・ヨンム)国防部長官は4日、国会国防委員会に出席し、
3日の北朝鮮の核実験後に開催された国家安全保障会議(NSC)で北朝鮮との対話よりは軍事的対応を強化する方向で意見がまとまったと明らかにした。
 NSCは北朝鮮が6回目の核実験を行ったことを受け、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が緊急招集した。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/Politics2/2017/09/04/0900000000AJP20170904003500882.HTML

[速報]韓国国防部「空母・戦略爆撃機投入を米国と協議中」
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/09/04/0200000000AJP20170904002600882.HTML
韓国国防部「北がICBM級のミサイル発射を準備」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/09/04/2017090401821.html
国防部は「米国の空母打撃群や戦略爆撃機などを投入するかどうか協議している」と伝えた。
さらに韓国軍単独では、空軍のF15K戦闘機に搭載される長距離空対地ミサイル「タウルス」の射撃訓練が予定されていることを明らかにした。


関連
【速報】北朝鮮で弾道ミサイル発射の動き ICBM級の可能性
http://hayabusa9.2ch.net/test/read.cgi/news/1504508022/



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504510004/続きを読む

なぜ韓国国民は北朝鮮ミサイルに危機感ゼロなのか



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:306759112-BRZ(11000).net

 韓国で戦争など有事に備えた市民レベルの避難訓練を「ミンバンウィ(民防衛)」という。
民間防衛訓練の略語で毎年、数回、不定期に行われているが8月23日、
北朝鮮からの“ミサイル危機”を背景に「防空訓練」として久しぶりに実施された。

 近年はもっぱら消防中心の防災訓練として、“非軍事色”が強かったが、
今回はサイレンによる空襲警報で道路交通はすべてストップし、市民は一斉に地下施設に退避するという戦時訓練となった。

 ところが、まともにやっていたのはマスコミが注目するソウル都心の「光化門広場」付近などごく一部。
繁華街やマンション団地などは、ほとんど「どこ吹く風」で、保守系マスコミを嘆かせていた。

 訓練は政府が自治体を使ってやるので、行政自治大臣が現場で“陣頭指揮”するシーンはあった。
しかしもともと「北の脅威」には甘い左翼・革新系の文在寅政権だけに、このチンタラ風景にことさら不満は伝わっていない。

「ミンバンウィ」に国民が無関心になったのは、民主化で北朝鮮に対し敵対意識より同胞意識が強調されはじめた1990年代以降。
「北の脅威」をめぐっては、最近では韓国よりも日本の方がはるかに緊張感が強い。

 韓国人は朝鮮戦争で北朝鮮からの手痛い奇襲を経験しているのに、個々人の日ごろの備えは全くできていない。
家庭に非常袋は置いてないし、地下シェルターがどこにあるのかもほとんど知らない。

 周囲に「どうして?」と聞くと「いつ起きるか分からないものに備えるのはムダ。現在のことで手一杯だ。いざとなったら何とかなる」という。
日本の家庭用非常袋を教えると「北との戦争は日本の大地震の可能性より低いと思う」と笑っていた。

 日ごろから韓国人は長期的対応は苦手だが、短期決戦のドロ縄的な瞬発力には妙な自信がある。
あるいは「苦労を重ねてきた韓国人には“大いなる悲観は楽観に通じる”という楽天主義がある」という分析も聞く。

 当面、北のミサイルは「米国や日本向けでこちらには飛んでこない」と思っている。
自分のコトと考えないのがもっとも楽だ、というのも「楽天主義」ではあろうが――。




なぜ韓国国民は北朝鮮ミサイルに危機感ゼロなのか
http://bunshun.jp/articles/-/3947


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504357100/続きを読む

【韓国】THAAD配備に市民反発「命をかけて阻止する」―韓国メディア



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/28(月) 20:32:49.78 ID:CAP_USER.net
2017年8月28日、韓国・聯合ニュースによると、米韓両政府が今月内にも高高度ミサイル(THAAD)の残る発射台4基を韓国南部・慶尚北道の星州に配備する見通しとなり、地元では市民300人以上が配備予定地を取り囲み「命をかけても搬入を阻止する」と反発している。環球時報(電子版)が伝えた。

韓国SBSテレビによると、米国側は今月30日までに配備完了を要求している。

韓国大統領府は「28日には環境影響調査が終了」、「残る4基は早ければ今週中に配備が完了する」などと相次ぎ表明。韓国世論の間には緊張が高まっている。

一方、THAAD配備に反対する複数の市民団体は、今月30日から9月6日を「緊急対応期間」に設定。

予定地を取り囲んだ市民300人のうち、100人以上が「命をかけても搬入を阻止する」と反発している。

周辺には全国から反対派が集まり、市民会館などで抗議集会を開く予定だ。

韓国メディアは、29日に予定されている米韓国防相会談に合わせ、韓国が米国にTHAAD配備を「大きなプレゼント」として贈る見込みと伝えている。(翻訳・編集/大宮)

http://www.recordchina.co.jp/b188777-s0-c30.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1503919969/続きを読む



アクセスランキング