【爆笑】 韓国軍、誤ってボタンを押し、1発1億3000万円のミサイルを含む6発を海へ捨てる



1: 逆落とし(栃木県)@\(^o^)/ [CN] 2017/01/17(火) 12:53:37.32 ID:xH2TkzQz0●.net BE:886559449-PLT(22000) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/8toushinnomonar32.gif
韓国軍、1億3千万円ミサイル2発を「間違って海に落とした」…末期的ミスに国民ため息


 韓国海軍の対潜哨戒機「P-3CK」が対艦ミサイル「ハープーン」など計6発の武装を
海に落としていたことが明らかになった。総額約4~5億円の武装を落とした理由について、
軍は「乗務員の操作ミス」と発表。韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)被告の
国政介入事件で政情が不安定化しているが、軍のお粗末なミスで政権への批判は強まるばかり。
さらに“悪影響”は日本にも…。

初笑いで済まない

 韓国通信社の聯合ニュース(電子版)などによると、武装を海へ投げ捨てる信じがたい失敗が起こったのは
1日午前6時10分ごろ。韓国北東部の江原道沿岸約60キロの海域で、飛行中だったP-3CK
対潜哨戒機が搭載していた武装すべてを誤って海に投下した。

 爆弾やミサイルを搭載する軍用機には基本的に緊急投棄スイッチがある。これは敵機の奇襲攻撃を受けた際や、
自身の機体のトラブル発生時に、機体を身軽にするために装備されている。特に主脚など降着装置の
トラブルで不時着する際などに備えて必須のシステムだ。

 もちろん緊急時以外に誤って操作することのないよう、スイッチにはカバーがかけられるなどの
安全装置がついているが、韓国海軍の説明ではなぜか「誤って」操作してしまったという。

http://www.sankei.com/west/news/170117/wst1701170004-n1.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484625217/続きを読む

【中央日報】ニューヨーク在住韓国人「兵役対象になる」…韓国籍放棄がまた急増



1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2017/01/11(水) 11:11:02.30 ID:CAP_USER.net
米ニューヨーク、ニュージャージー、コネチカット、ペンシルベニアなどニューヨーク一帯に居住する韓国人の国籍離脱が増えている。

ニューヨーク総領事館が9日(現地時間)に配布した「2016度民願業務処理実績」によると、昨年韓国国籍を放棄した件数は330件と、前年比22%増えた。
2015年と2014年の国籍離脱件数もそれぞれ前年比32%増、19%増だった。

国籍離脱とは海外で生まれて先天的に韓国を含む2つの国籍を保有することになった二重国籍者が一つの国籍を放棄する手続き。

韓国は満22歳までに一つの国籍を選択することになっている。

また、兵役法は満18歳になる年の3月31日までに国籍放棄申告をしなければ兵役義務を賦課している。このため10代後半の男性の国籍離脱が多い。

ニューヨーク総領事館は適時に国籍離脱申告をせず不利益にあうことがないよう積極的に広報している。

米国に居住する二重国籍者が韓国国籍を放棄しなければ、米国での士官学校進学や公職進出などで不利益が生じる可能性がある。


2017年01月11日10時44分[韓国経済新聞/中央日報日本語版]
http://japanese.joins.com/article/547/224547.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1484100662/続きを読む

【話題】韓国軍で起きた大規模爆発、原因は「大隊長の指示で捨てた火薬を兵士らが踏んだ」



1: 動物園φ ★@\(^o^)/ 2016/12/14(水) 18:36:28.07 ID:CAP_USER.net
Record China12月14日(水)17時0分

2016年12月14日、韓国・聯合ニュースによると、13日に韓国南東部、蔚山にある韓国陸軍の予備軍訓練場で発生した大規模な爆発事故は、大隊長の指示により捨てられた爆音筒の火薬を兵士たちが踏んだ、もしくは静電気が原因だったことが分かった。

韓国軍部隊は14日、蔚山市庁で会見を開き、「小隊長らは1日、大隊長の指示に従い、部隊に残っていた訓練用爆薬筒1600個の火薬を1個当たり3グラムに分けて予備軍訓練場に捨てた」と明らかにした。軍部隊は「その事実を知らなかった兵士らが、フェンス工事を終え昼食を取りに食堂に移動する途中に火薬を踏んだか、もしくは静電気や引火性物質によって爆発した」と説明した。

軍部隊は大隊長と同部隊の戦時作戦課長、小隊長らを対象に、詳しい経緯を調査している。また、爆音筒の処理に関し、訓練日誌には虚偽の事実が記載されていたことが確認された。そのため、これまでにも爆音筒などの訓練用火薬と実弾が、実際は日誌に書かれたものとは違う方法で廃棄されていたとの疑惑が浮上している。

この報道に、韓国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せた。

「大隊長は兵士ではなく、自分の進級の心配をしているのだろう」
「大隊長は今ごろ、『他の部隊も同じことをしているのに、なぜ俺だけがこんな目に遭う?』と愚痴をこぼしているのだろう」

「僕も兵役中、残った弾丸を使い切るために3日間も銃を撃ち続けた。韓国の軍隊は本当におかしい人ばかり!」
「残りの火薬を大統領府の床に敷き詰めてほしい」

「韓国の軍隊は虚偽の記載だらけだよ」
「無能な指揮官は敵よりも恐ろしい」

「また人災?一体いつになったら韓国は正常な国になるの?」
「兵役を終えた韓国人男性は軍隊を信じない。いや、信じないのではく信じられない」(翻訳・編集/堂本)

https://news.biglobe.ne.jp/international/1214/rec_161214_2540289596.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1481708188/続きを読む

【韓国】蔚山の軍部隊基地で手榴弾爆発



1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2016/12/13(火) 14:51:23.88 ID:CAP_USER.net
韓国・蔚山の軍部隊基地で手榴弾によるとみられる爆発があり、これまでに20人が負傷した。


2016年12月13日 14:11
https://jp.sputniknews.com/world/201612133121618/


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1481608283/続きを読む

【朝鮮日報/社説】「これが国か」と言いたくなる韓国軍の実態 米国・日本は、このあきれた事態をどう見るか



1: 荒波φ ★@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 11:31:29.16 ID:CAP_USER.net
韓国国防部(省に相当)が安全と豪語してきた軍内部のイントラネット(国防網)が、
北朝鮮と推定される外部勢力によって不正アクセスされていたことが遅まきながら判明した。

軍イントラネットに侵入されたのは、韓国軍創設以来初めて。国を守る軍では到底あり得ないことだ。
国防部は5日、「作戦計画や外国から受け取った軍事資料などデリケートな情報は流出しなかった」とコメントしたが、信じるべきかどうか疑問だ。
最悪の場合、韓国は軍事的危機に直面しているのかもしれない状況といえる。

今回の不正アクセスは、国防統合データセンター(DIDC)のサーバーでインターネットを利用した外部ネットワークと
国防網が連結されていることを誰も知らなかったことが発端だった。DIDCは国防網を統合管理する部隊で、軍の内部情報はここを経由することになっている。

2年前DIDCにそのようなサーバーを納入した業者について、韓国軍は現在、「対共」容疑に重点を置いて調査を行っているという。

ぞっとするのは、韓国軍が今年9月23日、外部ネットワークで悪性コードが爆発的に増加するという異常な状況を確認しながらも、
国防網に侵入されたとは分からなかったという点だ。問題のDIDCのサーバーを確認するまで、およそ20日かかったという。

悪性コードが最初に侵入したのは今年8月4日のことだったので、2カ月以上にわたりどんな機密が漏れていったか分からない。
悪性コードは、外部ネットワークに置かれている国軍サイバー司令部のワクチン中継サーバーも感染させた。
同サーバーとつながっている複数の端末も当然汚染され、ここでも秘密資料が流出した。

揚げ句、国防部の長官のパソコンまで感染した。

国防部はきのう、流出した軍事機密の規模については口を閉ざした。
「現在サイバー戦を進めているところで、軍の対応能力が漏れかねない」という理由からだった。

一理ないわけではない。
しかし、少なからぬ数の専門家が、ますます高度化されていく北朝鮮の不正アクセス能力に果たして韓国軍が追い付いているのかどうか、疑問を持っている。
今回の件で、何が北朝鮮に盗まれたのか正確に分からないとしたら、それこそ大事件だ。敵が何を知っているのか分からなければ、対処しようがない。

軍人のセキュリティー意識は、向上の気配がまるで見えない。規定の上では、秘密の作業はネットワークから切り離し、
作業が終わった後は、保安用の移動式保存装置(USBメモリー)に保管しなければならない。

今回も、この規定を破った軍人が少なからずおり、それらの軍人がコンピューターに残していた機密が流出した。
これまでも、外部のメモリーを業務用パソコンに挿して使い、それが原因で不正アクセスに遭ったケースが続発している。

韓国軍は「戦場ネットワークは安全」というが、これでは信用できない。

サイバー情報戦に敗れたら、実戦でも敗れる。核・ミサイルの脅威を防ぐことができず、戦々恐々としている国が、抱えている秘密まで次々と漏らしている。
それも、規定を怠りなく守ってさえいれば防ぐことができた。

米国・日本は、このあきれた事態をどう見るか。自分たちが渡した情報が北朝鮮に流出した可能性を疑うだろう。
このごろ「これが国か」という言葉が流行したが、本当にそう言うべき事態が、ほかでもない軍で発生した。
 

2016/12/07 10:56
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/07/2016120701119.html
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2016/12/07/2016120701119_2.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1481077889/続きを読む

【韓国】韓国軍幹部ら、米軍の最新ヘリの装備を踏みつけ記念撮影し物議=「これが韓国人のレベル」「こんな状態で日本と軍事情報協定?」



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 20:45:27.21 ID:CAP_USER.net
no title


2016年11月16日、韓国・YTNによると、米韓合同軍事演習のために先月韓国・釜山を訪れた米軍が一般市民と韓国軍兵士を対象に航空母艦の公開イベントを行った際、韓国陸軍の幹部らが航空母艦にあった米国の最新型ヘリコプターに登って記念写真を撮り、米軍から制止を受けていたことが分かった。

韓国陸軍の幹部らは、米国の対潜ヘリコプター「シーホーク」に装着された監視用赤外線カメラの上に登って記念撮影をした。夜間に敵を識別するために使用される赤外線カメラは、10億ウォン(約9300万円)に達する高価な装備として有名。写真撮影は米軍に制止されるまで、5分ほど続いたという。

これについて、軍事専門家らは「理解できない行動だ」と批判の声を上げている。ヤン・ウク韓国国防フォーラム研究委員は「装備が故障したり、接続部位に問題が発生し、航空機作戦に支障を及ぼすこともある危険な行為」と明らかにした。

また、シン・インギュン自主国防ネットワーク代表は「赤外線カメラの上に登って写真を撮る人を見たことがない。これが韓国軍のレベルと思われないか心配でとても恥ずかしい」と述べた。

これに対し、記念撮影をした韓国陸軍の幹部らは「高価な装備であると知らなかった。故意ではない」と釈明した。

また、同幹部らが相対的に価格が安く、性能が劣るリンクスヘリに登ったと報告したが、上級部隊からの指摘を受けてシーホークヘリに修正していたことも分かった。

韓国陸軍本部は「米軍の同意を得て写真を撮った上、赤外線カメラではなくプラットフォームに登ったので問題ない」と話している。

この報道に、韓国のネットユーザーからは

「登って写真を撮ろうと考えること自体が軍人として失格」

「軍の幹部がこんなにも情けないとは…。恥ずかしい」

「韓国人のレベルをよく表している」

「軍の幹部が基本的な知識もないの?」

「軍人が『知らなかった』で許されるのか?」

「『問題ない』と判断したことが一番の問題」

「みっともない。米軍にどう思われただろう?」

「こんな状態で日本と軍事情報協定を結ぶなんて。政府は何を考えているのか」

などのコメントが寄せられた。(翻訳・編集/堂本)

http://www.recordchina.co.jp/a155209.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1479296727/続きを読む

【軍事】韓日、「軍事秘密」を交換する? 「必要に応じて米軍とともに日本軍が韓半島に進入する可能性もある」



1: ダース・シコリアン卿 ★@\(^o^)/ 2016/11/08(火) 10:41:49.58 ID:CAP_USER.net
「軍事秘密情報包括保護協定」は国際的な安保の流れであり、国連平和維持活動(PKO)、テロ、大規模災害災難対応などで各国間の情報交換の必要性が増大した。

北朝鮮の核・ミサイル挑発行為など韓半島(朝鮮半島)の有事の際、韓米、韓日、韓日米の情報共有が必要だ。情報保護協定がなければ有事の際に作戦計画樹立および対応訓練ができない。

韓日米安保協力を通じて宇宙、サイバー、テロなど新しい安保脅威関連情報を共有できる。韓日米防衛産業協力の推進が必要であり、これに対する情報保護協定が避けられない。韓国が導入する米国のF35戦闘機の整備工場が日本にあるため情報保護協定が必要となる。

情報保護協定を通じて得られる日本の情報能力は、北朝鮮の核実験やミサイル発射など早期警報の警戒監視情報、偵察衛星情報(レーザー・光学)、海上哨戒機P-3C探知追跡など対潜水艦情報、航空通信情報把握情報、海底地形情報、X-Bandレーダー情報、海上船舶情報などだ。

日本が韓国にどれほど情報を与えるか、韓国が日本にどれほど情報を与えなければいけないのかが明確でない。徹底した相互主義に基づき事案別に綿密な検討後に情報を交換する。

韓半島有事の際は韓日米安保協力が必要であり、韓日安保協力は韓日米安保協力と補完的だ。北朝鮮の核・ミサイル脅威に効果的に対応するために関連情報の迅速かつ正確な獲得が重要であり、米国だけでなく日本とも協力することが安保利益につながる。

米国は韓日米安保協力を必要とし、韓日間の安保協力と情報保護協定締結を勧めている。特に韓半島の有事で日本は国連司令部の後方基地提供および在日米軍に対する後方支援の役割をする。必要に応じて米軍とともに日本軍が韓半島に進入する可能性もある。

もちろん韓国政府の要請や同意が必須だ。韓米同盟と日米同盟が相互補完的な機能になるよう対話チャンネルの稼働が求められる。韓日情報保護協定が締結されれば韓日安保協力は徐々に強まるとみられる。

韓日関係には特殊性が存在する。日本の韓半島侵略と分断主張は韓日併呑につながり、最近は領土紛争が悪化した。歴史的に日本は軍事力を増大させ、機会があれば韓半島侵奪を追求した。

韓半島に対する日本の安保脅威と韓日間の安保ジレンマが存在し、信頼関係には限界がある。韓日米関係で米国が韓日間の安保ジレンマと領土紛争を調整する役割をしている。

今後、米国が東アジアから相対的に撤収する場合、その空白を日本が担当することになれば、韓日間には安保ジレンマが再発しかねないという問題も抱えている。

東アジアで韓日米安保協力の強化は朝中露との新冷戦構図を招く可能性があり、これは韓国と北朝鮮、中国、ロシアとの関係に影響を与え、長期的に韓半島統一に障害になるとも考えられる。したがって韓国は韓半島周辺強国との協力関係を軽視できない。結果的に韓国は中堅国の掛け橋の役割をする複合外交をとる運命にある。

中央日報/中央日報日本語版 2016年11月08日09時06分 キム・ソンチョル世宗研究所首席研究委員 .
http://japanese.joins.com/article/410/222410.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1478569309/続きを読む



アクセスランキング