FC2ブログ

【軍事】韓国型次世代戦闘機(KF-X)の名称を公募…10月1日から10月30日まで[09/29] [Ttongsulian★]



1: Ttongsulian ★ 2020/09/29(火) 15:44:30.09 ID:CAP_USER
2020年09月29日10:07
http://www.newspim.com/news/view/20200929000278

軍が国内技術で開発中の韓国型次世代戦闘機(KF-X)の名前を公開募集する。

空軍は29日「来る10月1日から10月30日までKF-Xの名称公募展を行う」と明らかにした。

公募展は国民の誰でも参加が可能で、応募方法は公募展ポスターにあるQRコードでアクセスして、KF-Xの任務を象徴する名称とこれに対する説明を作成した後に提出すれば良い。

空軍は公募された作品に対して名称の象徴性、呼称の容易性、意味の付与などを考慮して審査後に当選作を選定する計画であり、受賞者には空軍参謀総長賞と模型航空機を授与する予定だ。

ポラメ(※若鷹)事業という名前でも呼ばれるKF-X事業は大韓民国独自の戦闘機開発能力確保及び老朽戦闘機代替のために去る2015年から約8兆8304億ウォンを投じて推進中の空軍の4.5世代ミディアム級戦闘機開発事業だ。

空軍が長期運用中の戦闘機(F-4、F-5)を代替して基盤戦力として活用する戦闘機を研究及び開発することを骨子にしている。現在システム開発段階にあり、来る2026年までシステム開発が続く。

今月初めに試作機の最終組み立てに突入した。試作機は来る2021年に完成予定であり、2022年に初飛行が予定されている。5年間の地上試験及び飛行試験などの試験過程を経ることになる。



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1601361870/続きを読む

【韓国】 国防予算、高い伸び  数年内に日本超えとの見方も [09/05] [荒波φ★]



1: 荒波φ ★ 2020/09/05(土) 16:46:11.70 ID:CAP_USER
【ソウル共同】

韓国国防省は5日までに、約52兆9千億ウォン(約4兆7千億円)に上る2021年度の国防予算案を国会に提出した。前年度比で5.5%の増加。

17年に「自主国防」を掲げる文在寅政権が誕生後、毎年の伸び率が大きく、数年内に日本の防衛予算を上回るとの見方がある。

同省は21~25年に総額で約301兆ウォンを投入する国防中期計画を発表している。

北朝鮮から韓国首都圏への砲撃に備えた迎撃システムや超小型偵察衛星の開発、「軽空母」に相当する3万トン級の輸送艦の設計計画を盛り込んだ。

いずれも巨額事業で、国防予算はこの間、毎年6.1%増のペースで膨らむ見通しだ。


9/5 16:23
https://this.kiji.is/674874917784257633



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1599291971/続きを読む

【中央日報】韓国軍、「F35」40機を追加購入へ…20機は垂直離着陸軽空母用



1: 新種のホケモン ★ 2020/08/25(火) 08:32:03.35 ID:CAP_USER
韓国軍が次世代戦闘機(FX)第2次導入規模を当初の計画の倍に増やし、軽空母に搭載する垂直離着陸型ステルス戦闘機も導入することにした。事業の規模だけで8兆ウォン(約7120億円)水準になると推算される。

複数の軍消息筋によると、軍当局はF35を追加で40機導入することにした。当初の20機から倍に増やしたのだ。うち「韓国型軽空母」から出撃できるF35B(垂直離着陸型)機種20機を先に導入する。その後、F35A(滑走路型)20機を追加を導入する計画だ。

軍当局は最近、こうした計画を出し、10月の合同参謀会議で最終承認する方針だ。軍情報筋は「当初、次世代戦闘機(FX)第2次事業の規模は20機だったが、軽空母の導入に合わせて倍に増やし、F35Bの導入日程も操り上げることにした」と説明した。

F35Bを早期に導入するのは韓国軍が推進する軽空母の設計のためだ。海軍は2030年ごろ軽空母の建造を完了する計画だが、今年末までに概念設計を終え、来年から基本設計に着手する予定だ。軍関係者は「甲板など艦体の主要部位の設計のためにはF-35Bの詳細情報が必要」とし「しかしロッキードマーチン側はセキュリティーを理由に契約前には情報を与えないという立場」と話した。韓国の軽空母は米海軍のアメリカ級強襲揚陸艦と規模がほぼ同じになる見込みだ。

軍は購買契約のために来年上半期までに事業の妥当性の検討などを終える計画だ。軍関係者は「総事業費は約8兆ウォンと推算される」とし「2021-22年に契約が終われば、2020年代半ばから引き渡されることになるだろう」と伝えた。

ただ、F-35Bは軽空母に搭載しても海軍でなく空軍が運用する。空軍が全体導入計画を主管し、その後の教育と運用を担当するということだ。空母塔載機の飛行を空軍が担当するのは英国軍など海外にも似た事例がある。

F35の導入をめぐり空軍と海軍の水面下の神経戦も激しいという。当初、空軍は60機のF35Aを確保する計画だったが、予算不足のためFX第1次事業でまず40機だけを導入することにした。

昨年3月から導入が始まったが、現在16機が国内に入っている。空軍は来年末までに40機をすべて導入すれば、直ちに第2次事業に入るという構想だった。

しかし軽空母事業が浮上し、第2次事業の議論は垂直離着陸型F35Bの購買に方向が急旋回した。その代わり韓国型次期戦闘機(KF-X)の数量を増やすことが検討されたが、空軍の強い反発にぶつかった。

空軍は周辺国の脅威を考えると、F35A水準の高性能(HIGH級)戦闘機が少なくとも60機ほど必要という立場だ。結局、軍当局は空軍の主張のようにF35Aを追加で20機導入するものの、F-35Bを先に20機導入するという方向を定めた。一種の折衷案を出したということだ。

中央日報日本語版 8/25(火) 7:48
https://news.yahoo.co.jp/articles/630a56d32917f5353c22ea530e1ec54ff8a3003d

強襲揚陸艦「アメリカ」からはF35B戦闘機が垂直離着陸できる。[写真 米海軍]
https://i.imgur.com/TuPjTU6.jpg



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1598311923/続きを読む

【悲報】韓国、手首を切断しない公算大



1: シネルギステス(愛媛県) [US] 2020/08/23(日) 10:05:26.97 ID:H9g6x6qy0● BE:135853815-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/premium/1372836.gif
日韓GSOMIA、当面維持の公算大 破棄通告1年、米の意向覆すのは困難

 韓国が日本に対し、軍事情報包括保護協定(GSOMIA=ジーソミア)の破棄を通告してから23日で1年になった。
協定維持を求める米国の強い働きかけで、韓国政府は昨年11月に通告の効力を停止し、破棄は土壇場で回避された。
韓国は「GSOMIAはいつでも破棄できる」との姿勢を示すが、破棄すれば米国の反発は必至で、当面維持される公算が大きい。

 協定の条文では効力は1年。毎年8月24日までにどちらかが終了の意思を書面で事前通告しなければ、11月23日に自動的に延長されることになっている。

https://mainichi.jp/articles/20200823/ddm/007/030/058000c


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1598144726/続きを読む

【韓国軍】自衛隊の実力差は空母1、2隻どころではない―中国メディア 韓国が空母建造計画を発表「造らない方がよい」



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 転載あかん 2020/08/19(水) 23:24:05.69 ID:CAP_USER
2020年8月18日、環球網は、韓国が空母建造計画を発表したことについて、「造らない方がよい」と忠告する記事を掲載した。

記事は、韓国の国防部が10日に発表した2021~25年の国防中期計画の中で、空母建造計画の情報を明らかにしたことを挙げ、「数十億ドルを投じて3万トン級の軽空母を建造し、F-35Bを配備して2020年代末までに進水する計画だ」と紹介した。

これについて「韓国は本当にさまざまな戦略を想定しているのだろうか?」と疑問を提起。「系統的なサポートがない危険な環境では、軽空母の実際の戦力と生存能力は非常に心配な点であり、容易に『浮かぶ高価な標的』になってしまう」と指摘したほか、「対北朝鮮という角度からは、空母建造は北朝鮮の対空母ミサイルの研究開発を刺激することになる」としている。

また、「韓国は日本が護衛艦いずもを改造してF-35Bを搭載できるようにすることに対抗して空母を建造するとの見方がある」とも言及。「空母があれば韓国は海軍力において日本と対等になれるのだろうか?韓国軍と自衛隊の実力差は空母の1、2隻の差どころではない」と指摘した。日本に対抗するなら、「まずはF-35Aの数を増やすべきだ」としている。

さらに、韓国による空母建造計画は「どんな目的であれ、米韓同盟を強化することになる」と分析。韓国の学者は「韓国が空母に資金を投じるのは必要だからではなく、米国の武器を購入することで米国から早く戦時作戦統制権を返してもらいたいという思惑があるから」と見ているという。

記事は、「総合的に考えると韓国による空母建造のコストパフォーマンスは決して高くはない」と主張。「しかも、設計図を現実へと変えることができるかどうかは多くの変数で満ちている」と、その実現性に疑問を呈した。

このほか、米国はもうすぐ大統領選挙となり、それが終わると韓国も次回の大統領選挙のための宣伝期間になるため、そのころには話し合いの内容に変化が生じている可能性があると指摘。空母建造の合理性について韓国国内で議論になるとの見方を示し、「韓国初の空母の運命は、次の青瓦台(大統領府)の主人次第になるだろう」と結んだ。(翻訳・編集/山中)

Record China 22:20
https://www.recordchina.co.jp/b829317-s0-c10-d0062.html



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1597847045/続きを読む

【軍事】 日本が空母保有に動いたから・・・「韓国も日本に対抗して軽空母を建造か」



1: 影のたけし軍団ρ ★ 2020/08/11(火) 08:07:51.12 ID:CAP_USER
日本はいずも型護衛艦を改修し、事実上の空母として運用を行う計画だ。
米国から購入する最新鋭のステルス戦闘機であるF-35Bが艦載機となると見られている。

中国メディアの百家号はこのほど、韓国も「米国からF-35Bを購入する計画」だと伝え、
これは日本に追従、対抗する意図があることを示唆する一方で、アジアの国々は今後「空母」で競争する時代を迎える可能性があると伝えた。

記事は、日本が米国からF-35を大量に購入する計画だと指摘し、将来的には日本は米国以外としては世界で最も多くのF-35を配備する国になるであろうと指摘。
さらに、韓国も米国から垂直離着陸が可能なF-35Bを20機購入し、韓国が建造を計画している軽空母で運用する可能性が浮上していると伝えた。

続けて、韓国では2033年ごろに軽空母を就役させる計画があると紹介し、
おそらくは排水量4万トンほどの軽空母になるのではないかと分析したほか、既存の独島級揚陸艦などを改修して、
F-35Bも運用できるようにすれば韓国海軍の戦闘能力は大幅に向上するだろうと主張した。

一方、韓国海軍の増強を日本が黙って見ているはずがなく、海上自衛隊にとっては一定の圧力になるはずだと主張。
中国はすでに2隻の空母を運用しているほか、別の空母も建造中だと言われているが、将来的には日中韓のそれぞれが規模は違えど空母を保有し、
最新鋭戦闘機を配備することになると伝え、アジアは空母の時代を迎え、軍拡競争が起きる可能性を示唆した。
http://news.searchina.net/id/1691753?page=1



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1597100871/続きを読む

【中央日報】集中豪雨に軍もお手上げ、最前線の鉄柵も7㎞消え...雨に流された地雷事故のリスクもあり軍は緊迫



1: 新種のホケモン ★ 2020/08/09(日) 16:06:57.73 ID:CAP_USER
[部分引用 Google翻訳]

9日、軍当局によると、大雨最前線鉄柵100カ所が失われる被害を被った。全体の損傷区間は約7㎞に達している。


被害額は数百億ウォンと推算されて回復にも相当の時間がかかると思われる。前方地域な軍団関係者は「過去7日の被害を回復するために必要な費用が200億ウォンという状況報告が上がってきた」とし「鉄柵だけでなく、配給であちこちが水に浸って優先順位を決めて可能なことから回復を進行中」と述べた。


前方部隊は復旧作業のために意図されて屋外の訓練を延期またはキャンセルしている。軍関係者は、「気象事情で通常の訓練が不可能な状況である上、回復と対民間支援のための軍の兵力投入も避けられない」とし「9月までにこのような状況が続くものと見られる」と述べた。


雨に流されてきた地雷に事故が起こるリスクがあり、軍当局は神経を尖らせている。現在までに、非武装地帯(DMZ)で浮遊して回収された地雷は3つすべての味方対人地雷であると把握された。軍当局者は「水路が続くところを中心に地雷探知作戦を展開している」とし「疑いのある物を発見時の即時住民申告が必要だ」と述べた。

[詳しくはソースにて]
李根坪記者lee.keunpyung @ joongang.co.kr
中央日報 入力2020.08.09。午後3:40
https://n.news.naver.com/mnews/article/025/0003024591?sid=100

集中豪雨が降った6日、兵士たちは漢江下流付帯施設を点検している。[ニュース1]
https://i.imgur.com/ywSrPuB.jpg

最高200㎜を超える豪雨が降った3日午前、江原道鉄原郡ユクダンリの浸水道路と隣接する軍部隊塀崩れている。[聯合ニュース]
no title



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1596956817/続きを読む