FC2ブログ

【GSOMIA】日米韓協力の「重要性」共有=文大統領、米長官と会談-韓国国防相は日本批判 日本の輸出規制が悪影響をもたらしている



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2019/08/09(金) 20:15:35.83 ID:CAP_USER
【ソウル時事】韓国の文在寅大統領は9日、エスパー米国防長官とソウルで会談し、日韓の対立が深まる中、日米韓協力の重要性について認識を共有した。大統領府関係者が明らかにした。日本政府の輸出管理強化を受け、韓国が見直しを検討する日韓の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)についても話し合い、米側は協定延長を求めたとみられる。
 エスパー氏の訪韓は就任後初めて。韓国側の発表によると、会談は大統領府で30分間行われ、文氏が長官就任を祝福し、「韓米同盟が強固なだけに、米朝間の非核化交渉が成功するよう後押ししなければならない」と強調。エスパー氏は「米朝対話の早期再開を期待する」と語った。

エスパー氏はこれまで、悪化が続く日韓関係をめぐり、双方に早期の問題解決を求め、北朝鮮や中国の問題に連携して対応するよう促す考えを示していた。訪韓前に訪れた日本では岩屋毅防衛相と会談し、GSOMIAを継続すべきだとの見解を共有した。
 だが、文氏との会談に先立つ鄭景斗国防相との会談では鄭氏が冒頭、日本の輸出規制が「韓日関係と韓米日の安保協力に悪影響をもたらしている」と日本批判を展開。韓国メディアによると、エスパー氏は国防相会談で、GSOMIAは日米韓の安保協力で重要だと強調したのに対し、鄭氏は国内世論の一部で延長に否定的な意見があると指摘し「延長するかは有効性などを考慮して決める」と話した。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080900879&g=int
時事ドットコム 2019年08月09日19時59分

no title

9日、ソウルの韓国大統領府で、文在寅大統領(右)と会談するエスパー米国防長官(左)(EPA時事)

no title

9日、ソウルの韓国国防省で、鄭景斗国防相(右)と握手するエスパー米国防長官(EPA時事)

関連
【今月24日更新期限】日韓の軍事情報協定、進展せず 米国防長官、文大統領と会談[8/9]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1565348627/



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1565349335/続きを読む

【悲報】 韓国、米の意向でGSOMIA破棄には慎重か 



1: テチス(岐阜県) [US] 2019/08/06(火) 16:08:25.65 ID:6yCv78qP0 BE:723460949-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
「GSOMIA」 韓国は米の意向で破棄には慎重か

(略)日韓両国の安全保障上の機密情報を共有・保護するための協定=「GSOMIA」は、
2016年に締結されて以降、1年ごとに延長されていますが、どちらかが毎年8月24日
までに通告すれば破棄できることになっています。
韓国では日本との関係悪化を受けて破棄を求める意見も出ていて、ムン・ジェイン
大統領の最側近で大統領府を統括するノ・ヨンミン秘書室長は6日、国会で開かれた
運営委員会で与党議員から破棄する考えがあるのか問われました。
これに対し、ノ秘書室長は「日本と敏感な軍事情報の交流を継続することが妥当なのか、
疑問があるのは事実だ」としながらも「現在まで何も決定されたことはない。何が
国益なのかを深く検討している」と述べました。
さらに「アメリカの立場では日米韓3か国が軍事安保の協力体制を続けることに強い
希望がある」と述べて、アメリカの意向を踏まえると協定の破棄には慎重にならざるを
えないとの立場をにじませ、対応に苦慮していることをうかがわせました。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190806/k10012024431000.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1565075305/続きを読む

【吉報】韓国軍、空母の建造を決定



1: 断崖式ニードロップ(悠久の苑) [ニダ] 2019/07/24(水) 08:09:02.59 ID:5W/LBvXv0 BE:711292139-PLT(13121)
sssp://img.5ch.net/ico/chibi_c.gif
F35Bステルス戦闘機10機を搭載、3万トン級

日本の軽空母保有の動きに対応

 韓国軍が、垂直離着陸(VTOL)型のF35Bステルス戦闘機およそ10機を搭載できる3万トン級の軽空母の建造を推進する。
今回の決定は、このところ韓日関係が最悪へと向かう中、日本の軽空母保有の動きに対応しており、注目される。

 今月12日、韓国軍の朴漢基(パク・ハンギ)合同参謀本部議長および陸海空軍の参謀総長、海兵隊司令官などが出席した合同参謀会議で、「大型輸送艦II」事業を長期需要として推進すると決定した。
この事業は、VTOLl戦闘機を搭載できる事実上の軽空母推進事業だという。韓国政府の消息筋が22日に明らかにした。今回決定された「大型輸送艦II」事業は、排水量3万トン級以上の艦艇といわれている。
これは、従来の「独島」および「馬羅島」(1万9000トン級)の1.5倍近い大きさだ。この消息筋は「国防中期計画に反映された後、およそ10年経てば艦が建造されるだろう」と伝えた。

 韓国海軍の既存の「独島」および「馬羅島」は、ヘリは離着艦できるもののVTOL戦闘機の運用には難がある。
逆に「独島」級3番艦(別名『ペンニョン島』艦)となる「大型輸送艦II」事業の艦は、サイズもはるかに大きく、F35BのようなVTOL戦闘機を搭載する方向で計画されている。
F35Bステルス戦闘機16機と海兵隊の兵力およそ3000人、上陸用装甲車20台を搭載できるように設計するという。

 また、新しい大型輸送艦の全長はおよそ250メートルで、日本が軽空母に改造しようとしている「いずも」型ヘリ空母よりやや大きい。日本は、ヘリ搭載護衛艦(DDH)の「いずも」型2隻を、2023年までにF35Bステルス戦闘機およそ10機を搭載する軽空母へ転換する計画だ。
日本は、韓国に先駆けて軽空母を保有することになる。これまで韓国軍は、国防部の宋永武(ソン・ヨンム)前長官がまだ在職していた2017年末にF35B搭載大型輸送艦の建造研究に入り、
昨年8月に防衛事業庁が「LPH(大型輸送艦)未来航空機(F35B)搭載運用のための改造・改装研究」という題目の外部委託研究の入札公告を出した。
なお韓国軍の一角からは「大洋海軍を志向するのでないなら、軽空母をなぜ導入するのか分からない」という声が上がっている。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/07/23/2019072380048.html


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1563923342/続きを読む

韓国が空母www 4万トンww 一度も空母なんてもったことのない国が空母ww 20年建造開始ww 腹痛てぇw



1: イス攻撃(ジパング) [US] 2019/07/23(火) 08:10:29.20 ID:ESb/v93w0● BE:842343564-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
いずも空母化に対抗? 韓国、F-35B搭載「4万トン級韓国型空母」建造計画を承認
https://grandfleet.info/military-news/is-korea-40000t-class-aircraft-carrier-construction/


韓国メディアの中央日報が、韓国型空母の建造を遅くとも2020年代後半までには開始すると報じている。



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1563837029/続きを読む

【動画】 韓国軍の戦闘服は火に弱い? 黒煙上げ燃える実験映像に韓国ネットショック 「めちゃくちゃよく燃えてるじゃないか」[06/18]



1: 荒波φ ★ 2019/06/18(火) 14:07:01.27 ID:CAP_USER
※YTNのニュース動画
https://www.youtube.com/watch?v=df-tqG_Fq_U



2019年6月17日、韓国・YTNは「韓国軍の戦闘服は火に弱く、米国とは明らかな違いがある」と報じた。

韓国では先月30日、陸軍兵士が戦闘服のズボンのポケットに入れていた電子たばこが爆発する事故が発生した。戦闘服にも火が付き、兵士は重度の火傷を負ったという。

これを受け、記事は「韓国軍の戦闘服がいかに火に弱いか確認する」として、米軍の戦闘服との比較実験を映像とともに伝えている。

映像には、装置を使い両軍の戦闘服の生地に火を付ける実験が収められている。韓国軍の戦闘服はたちまち黒煙を上げて燃え、40~50秒ほどで合成繊維が溶けて落ち、原形がなくなっている。

一方、米軍戦闘服は火が移るのが遅く、装置の火が消えると生地の方も火が収まっている。

このような対照的な結果となった理由は、米軍の戦闘服は「合成繊維であるナイロンと天然繊維の綿を半分ずつ混ぜているため」だとし、「特殊作戦用の難燃性の戦闘服もあるが、一般軍服も燃えにくく、溶けた繊維が皮膚にくっつくことで『2次火傷』を引き起こすことがない設計になっている」と説明している。

これに対し、韓国軍の最新戦闘服は「化学繊維100%で、ポリエステルとレーヨンを最大8対2の割合で混ぜている」という。

さらに、記事は「2017年にK9自走砲爆発事故が起きた後、むしろ燃えやすい素材の比率が上がっている」と指摘している。

これについて軍関係者は「全ての条件を満たすものを普及させるべきだが、燃えにくくすることで強度が落ち、通気性が悪くなり、偽装度も落ちるのでは、その方が問題ではないか」と話している。また軍当局は「難燃性の戦闘服を別途作り、K9をはじめとする戦車運用部隊に普及している」と説明しているというが、記事は「圧倒的多数の一般兵士たちは、今日も火に弱い戦闘服を着て訓練や作戦に従事している」と訴えている。

この記事に、韓国のネットユーザーからは

「めちゃくちゃよく燃えてるじゃないか」
「戦時に火花が飛んだだけで火傷しそうだな」
「こんなのが『戦闘服』だなんて、どうかしてる」

など、衝撃を受けた様子の声が殺到している。 また

「軍の偉い人たちを3分の1に減らして、防衛産業不正にかかわった人たちを罰するべき」
「いい装備が十分に作れるだけの予算が投じられているのに、それを担当する国会議員から、関係する人間たちに少しずつカネが流れていくから、結局はこんなヘボ戦闘服に化けるんだ。つまり、国に泥棒がいるせい」
「防衛産業不正の捜査をすべき」
「いっそ米軍の納品業者と契約して、韓国の業者との取り引きを廃絶したらいい」など、防衛産業の不正を疑う声や、
「敵は北朝鮮ではなく軍幹部だ、という言葉もあったよな」
「じゃあ米軍は無知だからそういう素材を使ってるのか?。笑わせる言い訳だな」
「こんな後進軍が、米軍から戦時作戦統制権を返してもらえるわけがない」
「武装解除をしていう文在寅(ムン・ジェイン)政権が、こんなことを気に掛けると思うか?」
「兵士たちへの投資を惜しむな。最高の待遇をしてあげるべきだ!」

などのコメントが寄せられている。


2019年6月18日(火) 10時50分
https://www.recordchina.co.jp/b721635-s0-c10-d0144.html


https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1560834421/続きを読む

お笑い韓国軍と海洋警察、北朝鮮船に境界を130㎞侵入されるも気が付かず



1: ◆mZB81pkM/el0 (光) [FR] 2019/06/17(月) 11:29:41.81 ID:TqITNh480 BE:844481327-PLT(12345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
乗組員4人の小型北朝鮮漁船1隻が15日、東海(日本海)の北方限界線(NLL)から130キロ以上南の江原道三陟市沖合まで侵入し、韓国の漁業関係者によって発見された。
この漁船は発見されるまで韓国海軍などによる三重の監視網に全く捕捉されなかった。
予備役将校などからは「9・19南北軍事合意により、結果的に韓国軍による海上での警備体制に穴があいた」などの指摘が相次いでいる。

ある韓国政府筋が16日に明らかにしたところによると、4人の乗組員が乗ったこの北朝鮮漁船は15日午前6時50分ごろ、江原道三陟市の三陟港沖合で操業中だった韓国漁船によって発見され、当局に通報された。
この北朝鮮漁船は操業中にエンジンが故障し、NLLを越えて南側にまで漂流したという。
韓国軍と海洋警察、国家情報院などで構成された合同調査チームは三陟港にえい航された漁船を調査し、乗組員から漂流の経緯などについて事情を聴いている。

漁船が発見された位置は東海上のNLLから最短距離で130キロ離れた海上だという。
問題はこの漁船が韓国の漁業関係者によって発見されるまで、韓国海軍や海洋警察の警戒監視網、さらに陸軍の海岸監視網などに捕捉されなかった点だ。

NLL警戒の第1次的な責任は海軍にある。
海洋警察はNLLより南側で韓国漁船など民間の船舶が北朝鮮に向かわないよう監視する役割を担当する。

海洋警察と海軍はレーダーで船舶を探知した場合、船舶自動識別装置(AIS)によって韓国の民間の船か、あるいは北朝鮮漁船を含む未確認船舶かを直ちに識別できる。
海岸から数十キロ以内であれば陸軍の海岸監視レーダーによっても監視されている。
北朝鮮漁船が韓国の東海岸近くまで海岸線に沿って南下したとすれば、これは上記の3段階の監視網が全て機能しなかったことを意味する。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/06/17/2019061780023.html
no title


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1560738581/続きを読む

【韓国】 「事実無根」から数時間で立場を変えた韓国国防部 「レーダー照射方針、日本に説明した」



1: 荒波φ ★ 2019/04/23(火) 12:02:48.85 ID:CAP_USER
2019年4月22日、韓国・アジア経済は「立場を変えた国防部『哨戒機の接近時、軍事的措置を日本に説明した』」と題する記事を掲載した。

読売新聞は同日、「韓国政府が日本政府に対し、日本の軍用機が韓国の艦艇から3カイリ(約5.5キロ)以内に接近した場合、射撃用火器管制レーダーを照射すると伝えた」と報道した。

日本側は今月10日に開かれた韓国国防部との非公式協議で「国際法上の根拠がない」と主張し撤回を要請したというが、韓国側は「指針には問題がない」と拒否したという。

記事によると、この報道に対し韓国国防部は22日午前、定例会見で「事実無根」と正面から反論。合同参謀本部関係者も「韓国軍に確認した結果、現在まで関連内容を日本に伝えたことはないことが確認された」と話した。

しかし、同日午後の記者会見では「国防部は日韓の海上での偶発的な衝突防止のため、韓国軍の軍事的措置と基調について日本側に説明した事実がある」と述べた。わずか数時間のうちに立場を変えた形だ。

これを受け、韓国のネット上では1000件近いコメントが寄せられている。

「日本の哨戒機は『北朝鮮の石炭密輸、不法精油の積み替えなど北朝鮮の制裁と監視』が目的なのに、韓国の政権は『親日売国フレーム』で国民を欺いてる」
「今回、北朝鮮の船舶と海上で積み替えをして日本に引っかかったでしょ?文大統領のやってることは大体北朝鮮と関わりがあると思ったら説明がつく」
「そもそも韓国の軍艦が海上で北朝鮮の漁船と何をしてたか明らかにすべき。日本の哨戒機に見つかってレーダーを照射して、事態を大ごとにしたからしどろもどろになったんだろう」

など、韓国の対応に対する怒りの声が上がり、あるユーザーからは

「正直言って、今や日本側の方が信じられる」との発言まで飛び出している。


2019年4月23日(火) 10時20分
https://www.recordchina.co.jp/b704819-s0-c10-d0127.html



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1555988568/続きを読む



アクセスランキング