【国内】美味しんぼ原作者の雁屋哲さん「『在特会』に自分の人権を主張する権利はない」「悪質なデモは妨害するのがまともな市民の義務」



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:32:16.86 ID:CAP_USER.net
 他人に厳しく自分に甘い。これこそが、すべての「サヨク」的な人々に共通する特性である。人気漫画『美味しんぼ』の原作者として知られる雁屋哲氏(愛称・カリー)もその例外ではない。

山岡の鼻血に批判

 当初はクレームとは無縁のグルメ漫画だと思われていた『美味しんぼ』だったが、雁屋氏の左派色が濃くなるとともに読者の批判を招くようになる。

 有名な例は、東日本大震災における原発事故を反原発の視点で描いた「第604話 福島の真実その22」である。

 山岡らご一行は福島第一原発を訪れるのだが、そこで山岡は「原因不明」の鼻血を出して周囲を驚かせる。雁屋氏は一応、山岡を診断した医者に「福島の放射線とこの鼻血とは関連づける医学的知見がありません」と言わせてはいる。

 しかし、「放射線を浴びると鼻血が出る」「鼻血が出ている人間がいたら、それは放射線の影響である」というような偏ったイメージを読者に拡散した事実は否定できず、現にそのように受け止めた人々から多くの批判に晒された。

 そうした反応に対し、雁屋氏は自身のブログにおいて「私は自分が福島を2年かけて取材をして、しっかりとすくい取った真実をありのままに書くことがどうして批判されなければならないのか分からない」と反論している。

 このように社会問題に関心が高い雁屋氏は、頻繁に持論を開陳している。2013年5月4日には自身のブログで在日韓国人・朝鮮人を糾弾する「在日特権を許さない市民の会(在特会)」を激しく批判し、話題を呼んだ。

 『「在特会」に自分の人権を主張する権利はない』と題した投稿に目を通すと、「幼児が大人の口まねをしてトンチンカンなことを言って大人を笑わせることってありますよね」

 「『許可を得たデモ』であれば、他の人間の人権を害しても、他の人間に精神的、経済的損失を与えていいというのかい。そう言う悪質なデモは妨害するのがまともな市民の義務なんですよ」と、実に手厳しい。

 さらに雁屋氏はブログでこうも指摘している。長いが紹介する。

 「一方向しか見えず、しかも見る物が全てゆがんで見える眼鏡をかけているので、物事の真実が見えず、目の前の現実が全て自分の妄想に合わせてゆがんだ形に見える。

 『在特会』の方々には早く真人間に戻って、そのような妄想の世界から抜け出して貰いたいのだが、今はまだ妄想の世界にどっぷりとつかって狂騒状態にある。そのような状態にある方々の言葉は、いくら幼児の言うことのように滑稽だからと笑って見過ごしてはいけない。

 早く、『在特会』の方々に妄想からさめて真人間に立ち戻って頂くためにも、その『申し立て』の滑稽さを指摘して差し上げなければなるまい」 

 ご立派な物言いだ。確かにヘイトスピーチは認め難い。

 しかし、雁屋氏自らも“風評被害”を広めながら「他の人間の人権を害しても、他の人間に精神的、経済的損失を与えていいのか」と説教する態度には疑問を覚える。これが「他人に厳しく自分に甘い」と評さざるをえない所以である。

http://www.sankei.com/premium/news/170702/prm1707020007-n1.html
http://www.sankei.com/premium/news/170702/prm1707020007-n2.html
http://www.sankei.com/premium/news/170702/prm1707020007-n3.html
http://www.sankei.com/premium/news/170702/prm1707020007-n4.html
http://www.sankei.com/premium/news/170702/prm1707020007-n5.html
http://www.sankei.com/premium/news/170702/prm1707020007-n6.html
http://www.sankei.com/premium/news/170702/prm1707020007-n7.html

>>2以降に続く)

no title

「美味しんぼ」に描かれた原因不明の鼻血のシーン=小学館の漫画雑誌「週刊ビッグコミックスピリッツ」2014年の5月12、19日合併号
no title

被ばくについて描いた漫画「美味しんぼ」=2014年5月12日発売の「週刊ビッグコミックスピリッツ」(宮崎瑞穂撮影)
no title

漫画家の雁屋哲さん


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1498998736/


2: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:32:39.49 ID:CAP_USER.net
>>1の続き)

 2015年、私が住む愛知県名古屋市に雁屋氏がやってきたのである。「アジア・太平洋戦争開戦74年 2015・12・8 不戦のつどい」と称する、「いかにも左系」のイベントに出席するためであった。

 当時は「美味しんぼ鼻血事件」の余韻冷めやらぬ時期である。少しは雁屋氏も反省の色を見せるのではないかという期待もあり、いそいそと出かけてみたのだが、そこでの彼の発言は以下のようなものであった。

 「『強い国』を作ってどうするんですか! 安倍総理の作りたいのは戦争する国!」

 「福沢諭吉は『圧制もまた愉快』と支那人を…。福沢諭吉は『支那人』と言っているので仕方なく私も使いますが、『支那人』を蔑視していた!」

 「福沢諭吉の『独立自尊』なんてとんでもない物だ! 皆さんもっと福沢諭吉の本を読んで実像を掴んで! 週刊誌やマスコミに出ているような小奇麗な人物ではない!」

 「日本の軍隊が第二次世界大戦まで侵略してきた原因は福沢諭吉。日本を滅亡させたのは福沢諭吉」 

 雁屋氏はなんだか福沢諭吉に対して凄まじい思い入れがあるようで、「不戦のつどい」はすっかり「福沢諭吉糾弾集会」になってしまい、サヨクな方々の表情にも戸惑いの色が浮かんでいたのを思い出す。

 余談だが、彼の福沢嫌いは徹底しており、その後も週刊朝日(2017年1月27日号)の「福澤諭吉は民主主義者ではなく軍国主義者だった」と題する記事で、

 「いま日本は、駆けつけ警護という訳のわからぬ言葉で、自衛隊が海外で敵と思った相手を銃撃できる国になりました。人を殺す戦争のできる強い国を目指すのは、まさに福澤の思想です」と主張、福沢諭吉をダシに安倍政権をボロクソに貶めている。

 雁屋氏の“暴走”を示す別の例は、米アップルコンピュータのパソコン「マッキントッシュ」へのこだわりである。雁屋氏は熱狂的なマッキントッシュユーザーとしても有名で、先述したイベントに出席した際も私物のマッキントッシュを持ち込み、福沢諭吉批判の道具として大いに活用していた。  

 そんな雁屋氏は、『美味しんぼ』第59巻収録の「マルチメディアと食文化」の回で、マッキントッシュへの狂信的な愛情と、米マイクロソフト社の「ウィンドウズマシン」に対する驚くべき憎悪を見せつけるのである。

 「月賦」でマッキントッシュを買った山岡が、社内のコンピュータ事業部にあるパソコンを見て「ふん。ウィンドウズマシンか…」と軽蔑の表情を浮かべる。そればかりか、担当者の藤村にこう因縁をつける。

 「その画面のダサくてみっともないこと、まともな美的感覚があったら使えたもんじゃない!」

 「そんなもの使う奴はマゾヒストだね、だからあれはMS-DOSじゃなくて、SM-DOSってんだ!」

 念のため繰り返すが、これは「グルメ漫画」である。食べ物と少しも関係のないこのような醜悪なヘイトを撒き散らすことが、雁屋氏にとってどのような利益になるというのだろうか。

 ウィンドウズユーザーを「マゾヒスト」などと軽蔑するのは内心の自由なので勝手にすればよいが、そうしたヘイトを『ビッグコミックスピリッツ』の看板漫画で展開する必要性が一体どこにあるというのだろうか。 

 不思議なことに、雁屋氏に限らずサヨク諸氏にはマッキントッシュのユーザーが多いらしく、しかも、ウィンドウズユーザーに対する差別意識や優越感を持つ者が極めて多い。

 3万円も出せばそれなりのものが購入できるウィンドウズマシンに対し、マッキントッシュの値段はなんと十数万。ましてや、このエピソードが描かれた1996年当時の価格差はさらに大きく、マッキントッシュは「金持ちやプロの道楽」であった。

 逆に言えばウィンドウズマシンは「貧者の味方」なのだが、雁屋氏はそんな庶民でも使えるリーズナブルなウィンドウズマシンを「まともな美的感覚があったら使えたもんじゃない!」と一刀両断にするのだ。

 選挙で自分たちの支持する陣営が負け、自民党が勝利するたびに「民主主義は終わった」「日本人は愚民」だのと平気で口走るサヨクな方々である。雁屋氏もまた、サヨク人士らしい選民意識の本音が漫画に漏れでてしまったのだろうか。

 グルメそっちのけで雁屋氏のこだわりが全開となったことで有名になった別のエピソードがある。第76巻に収録された「中華と中国」である。

(続く)

3: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:32:45.47 ID:CAP_USER.net
(続き) 

 この話は、山岡の上司である小泉局長が中国の要人を「支那そば屋」に連れて行ってしまったことから発生したトラブルを描いている。

 中国の要人は「支那」という言葉を見て無礼であると怒りまくり、東西新聞社自体が未曾有の危機に見舞われる。この時、山岡は支那という言葉について局長に滔々と解説し、こう結論付ける。 

 「最近、支那は蔑称ではないと主張して、中国を支那と公の場で呼ぶ政治家や物書きが増えてきた。幼稚で未成熟でみっともないね」

 そればかりか、山岡は中松警部という警察権力まで介入させ、なんとその「支那そば」の看板を「ラーメン」の看板に替えさせるのだ。雁屋氏が激しく批判してやまない朝鮮人の「創氏改名」もビックリの横暴である。  

 それはさておき、このエピソードの中で支那そば、いや、ラーメンの解説がどれほど描かれているのかと言えば、全21ページ中、なんとたったの4ページ。

 しかも、その内容たるや、「カンスイを使わないところやダシの取り方などが本場の中国とは違うのだ」という、なんともおざなりでとってつけたようなものである。むしろ、雁屋氏自らが信奉する中国の主張を漫画で代弁するためにラーメンをダシに使っていると見るのが妥当であろう。

 雁屋氏のこだわりがマッキントッシュ程度にとどまるならばまだ実害は少ないが、単行本に収録が見送られた深刻なエピソードも存在する。それが、2000年10月2日に『ビッグコミックスピリッツ』に掲載された第469話「はじめての卵」の回である。

 この時は、アレルギーや乳児ボツリヌス症などの観点から幼児にとって半熟卵や蜂蜜の吸収が危険な場合があるにもかかわらず、作品内で離乳食として扱ったことが批判の的となった。

 この際、雁屋氏はブログで「20年前に問題のなかったものが今は危ないものになっていることを見逃したのは私の失策でした」と、「自分は悪くない、環境が変わったせいだ」との言い逃れに終始している。

 そればかりか、よほど批判が強かったのか「げんなりしている」とまで漏らす始末。赤ん坊の親からすれば、「何がげんなりだ!」と憤りたくもなろう。

たまに反省することも…

 反省とは無縁に見えるそんな雁屋氏だが、自らの考えを改めるだけの度量(?)は持ち合わせている。  

 作品を読む限り日本を「愚民がはびこるろくでもない国」と考えていそうな彼の目に、豪州が「地上の楽園」に見えた時期があった。差別のない「世界でも一番進んだ思想であるオーストラリアの多文化主義」(第33巻収録「魅惑の大陸〈後編〉」)に憧れるだけにとどまらず、移住までした。

 しかし、雁屋氏が憧れた「地上の楽園」は、原住民アボリジニに対する態度を見ても分かるように、日本とは異質の差別がはびこる国であった。

 アジアの有色人種である自分が白人たちから差別される現実に直面したのか、第65巻収録の「オーストラリアの危機〈中編〉」ではそれまでの主張を一転させ、オーストラリアの差別主義を痛烈に批判している。  

 さらに、このエピソードでは登場人物の口を借りて、オーストラリアで差別主義が台頭しつつあるという論を紹介。この登場人物には「とにかく今はあまり行かないほうがいいと思いますが…」とまで言わせ、日本人がオーストラリアを観光で訪れることさえも危険であると主張している。  

 ちなみに、外務省の海外安全情報でそうした危険性は告知されていないが、カリーの脳内では渡航を差し控えるほどの危険性が差し迫っているように映ったようだ。  

 雁屋氏は転向の背景について、オーストラリアがかつての多文化主義から現在の差別主義に変わってしまったからであると、あくまでも原因は自分にはないと主張したいようだ。

 しかし、かつて「白豪主義」を掲げ、原住民を虐殺して土地を奪ってきたこの国の歴史を考えれば、差別と無縁な理想郷ではない事は移住するまでもなく分かるはずである。  

求められるのは読者の「叱咤」

 とまれ、雁屋氏のような頑固者でも現実に直面すれば盲信を改めてくれることは分かった。自らを「まともな市民」であると思い込んでいるカリーに真人間に立ち戻ってもらうためには、何よりも彼の「申し立て」の滑稽さを指摘することが求められている。

中宮 崇(なかみや・たかし)氏 昭和45(1970)年生まれ。豊橋技術科学大学卒。名古屋大学大学院経済学研究科除籍。サヨクやインターネットの事情に詳しいフリーライター。著書に『天晴れ!筑紫哲也NEWS23』(文春新書)。

(おわり)

10: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:35:39.75 ID:koTpcLL8.net
憲法違反がまともな市民の義務ってなんぞや
そして国民じゃなくて市民なのな

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:37:17.01 ID:Z4twAu6t.net
在特会ニュースwwwwww

13: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:37:56.18 ID:A8EfftPW.net
いろいろ言われている方だがこれは正論。

18: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:40:08.83 ID:NKX9jJ69.net
>>13
つまりパヨクのデモも妨害していいんだよな?

16: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:39:00.43 ID:6fsSiHf2.net
気に入らないものを「悪質」と定義するだけで、やりたい放題できるな!

21: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:41:01.00 ID:x7ji1Y/M.net
在特会意識しすぎだろ。
なんか接点あったか?

22: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:41:20.34 ID:HQXh3j4N.net
この手の人は国民と言わないからわかりやすいね

27: @\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:42:14.72 .net
完全なるヘイトスピーチです。

49: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:45:13.59 ID:etCrDbiJ.net
鼻血デマで気付いてたが、ここまで露骨に来るとは

53: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:45:46.04 ID:JBYKUQPB.net
自分の意見と違う者の人権は認めないとは、流石レイシストは違うわ

55: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:45:57.89 ID:cGvmOTnA.net
アンキモ! アンキモ! アンキモ!

60: 氷水のプロ ◆.rmQHiMIZU @\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:46:28.53 ID:DVl7bux+.net
>>55
このネタ何人がわかるんだw

58: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:46:04.62 ID:5WIfknKD.net
カリーは昔からそうだったのか。あの頃は美味しんぼにチジミやチゲが出て来る意味
知らなかったしなぁ…orz

59: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:46:13.29 ID:D4oqQE+H.net
雁屋が土下座すれば?
「日本人も悪かった」んでしょ?
言うだけにするんじゃねえぞ

64: ナウリー様 ◆3xg5jJCwx9uK @\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:47:05.92 ID:kuYbbT2W.net
でも、日本人が悪いんですよ

70: ◆65537PNPSA @\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:47:45.35 ID:CMzAvT0l.net
福島の人は毎日鼻血流してるけど政府の陰謀によって隠されてるから漫画で書いたと?

73: 氷水のプロ ◆.rmQHiMIZU @\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:48:49.57 ID:DVl7bux+.net
>>70
鼻血止まらんのは福島から逃げてからというオチつきw

106: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:51:29.50 ID:lM9Ix8KD.net
鼻くそほじりすぎ

118: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/ 2017/07/02(日) 21:52:33.16 ID:HXOLMqcJ.net
一漫画家に、誰に人権が有るかを決める権利は無い

関連記事

コメント

歪んだ意識すな…
革新側も保守側もヘイト酷いのはいるじゃないですか、自分の応援する側は特別なんですか、なんていう選民意識ですか。

自分も冷静にみれてない証拠じゃないですか。ネトウヨが、韓国が悪態つくから韓国を叩くってのを責められますか?自分が許せないものを全て別物として見てるのは同じじゃないですか。

コメントの投稿

非公開コメント

【注意事項】
以下の表現が含まれる書き込みを禁止致します。
もし含まれているのを確認した場合、管理人がコメントの修正・削除をさせていただきます。
ワードフィルターをかけてます。書き込めないときはお察しください。
・アダルト、卑猥
・暴力的
・人種差別
・誹謗中傷





アクセスランキング