FC2ブログ

文在寅、大学に大統領を批判する壁新聞を貼った学生を 大統領侮辱罪 でガチ逮捕



1: ペルシャ(大阪府) [US] 2020/01/16(木) 20:41:22.94 ID:BRxf7ojr0 BE:784885787-PLT(15000)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
<韓国で大学の掲示板に文在寅大統領を批判する内容の壁新聞を貼り出したところ、
「建造物侵入罪」で起訴され問題となっている ......>

最近、韓国である大学生が起訴された、起訴容疑は「建造物侵入罪」。学生は大学内に入り
掲示板に文在寅大統領を批判、風刺する内容の壁新聞を貼り出したのだが警察がこれを私的な空間への
無断侵入として送検、検察もこれを認め起訴に至ったのである。

この事件は韓国内でも話題となった。表現の自由を弾圧するものではないかという批判、
そして普段大学のキャンパスは近隣住民にも開放されている空間で、学生が壁新聞を貼った日も
誰もが自由に出入りできる状況だったのにそれを起訴するのはやり過ぎだという声が上がったからだ。

これに対し警察は「大学からの捜査依頼があったためだ。大学側の意志に反し入ったのであれば
侵入罪が成立する」と反論したが、程なくこの警察の説明が嘘であったことが判明した。
大学側が「捜査を依頼したり、告訴したりした事実はない」と明確に否定したためだ。

政権への「忖度」が働いていたのかどうかは分からないが、警察は何としてもこの学生を起訴したかったのだろう。
だからこそ、壁新聞を直接問題視して捕まえれば「表現の自由」を抑圧するという批判が起こることを見越して
「建造物侵入」という別件捜査によって送検したのだ。だが結果として、大学側の否定により、
強引な捜査だったということが明るみにで、恥をかくことになった。

軍事政権でさえ弾圧しなかった大学の掲示板

壁新聞は韓国語で「大字報(デジャボ)」という。自身の意見や、伝えたい情報を、自らの手で書き、
壁に貼り付けるのが「大字報」だ。韓国社会において「大字報」は特別な意味を持つ。70年代から80年代まで、
韓国の軍事政権はマスコミの報道を検閲し、ときには弾圧してきた。政権、国家に対し批判的、
否定的な報道は認められず、記者やジャーナリストたちは監視下に置かれた。
酷いときには記者が暴行されることもあった。その時代の韓国に表現の自由はなかったのだ。


https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579174882/


2: ペルシャ(大阪府) [US] 2020/01/16(木) 20:41:34.84 ID:BRxf7ojr0 BE:784885787-PLT(15000)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
そんな韓国において唯一表現の自由が保障されていた空間が大学キャンパス内の掲示板であり、
ここに掲示する「大字報」だった。テレビや新聞が伝えることのできない政府への批判意見や
異論を学生たちは大字報を通じて自由に表明し、ときに多くの人々の溜飲が下がるような名文が生まれることもあった。

中には検証されていないような情報やデマが出回るというマイナス面があったことも事実であるが、
それでも大字報が韓国の民主化運動において重要な役割を果たしたことは疑いようがない。
政府へ批判的な報道や意見は厳しく弾圧していた軍事政権だが、
大学構内という限定された空間で発表される大字報にまでは干渉しなかった。

軍事独裁政権を倒したと自負する現政権の主流が ......

軍事政権でさえ弾圧しなかった大字報に関する今回の起訴は、その意味においても
韓国社会にとって衝撃的だった。ことに今、文在寅政権の主軸を担っているのは他でもない
、軍事政権下に於いて大字報を書き、貼り出すなど、広く活用してきた人々だ。
文在寅大統領自身も学生時代民主化を要求するデモに参加し逮捕された経験があり、
大統領秘書室の人員や長官等の多くが、学生時代には大字報という土台の上で民主化運動を行ってきたのだ。

現政権の主流勢力は言論の自由を誰よりも渇望し、それを弾圧する政権、
そして軍警を「民衆の敵」と定め、彼らに対し怯むことなく石や火炎瓶を投げつけていた世代だ。
そんな彼らが実際に政権の座についてみると、今度は自分たちを批判する人たちを逮捕、
言論を弾圧し始めたのだ。それも、軍事政権ですら触れなかった大字報弾圧という形で。
彼らが青春の全てをささげ渇望していた「民主主義」の結果がこれだというのだろうか?
彼らは「政権奪取」という私的な欲望を「民主化運動」と呼んでいたのではないだろうか。

軍事独裁政権というモンスターを倒し、韓国社会と民衆を救ったと強く自負している勇士たちが
現政権の主流を占めている人々だ。文在寅政権の任期が半分ほど過ぎた今、
勇士たちは鏡の前で見つめている自分の姿がいつの間にか
モンスターに似てきていることに気付いているのだろうか。
https://www.newsweekjapan.jp/amp/che/2020/01/post-1.php?page=1

5: デボンレックス(西日本) [JP] 2020/01/16(木) 20:42:26.42 ID:pUr7CZsF0
これぞ独裁者

7: コーニッシュレック(北海道) [US] 2020/01/16(木) 20:42:45.63 ID:iw5KhEhs0
いつの時代の国だよ、ここは

8: アフリカゴールデンキャット(福島県) [US] 2020/01/16(木) 20:42:46.77 ID:uWD0ccxB0
人間のニュースを取り上げろ

13: リビアヤマネコ(東京都) [BR] 2020/01/16(木) 20:44:00.83 ID:1udoP74O0
パヨクの縮図やん
自分が執政側に立ったら言論弾圧
馬鹿らしい

20: アメリカンショートヘア(東京都) [VE] 2020/01/16(木) 20:44:47.78 ID:zsGT7XP60
独裁政権

21: 黒(埼玉県) [BR] 2020/01/16(木) 20:45:03.03 ID:K7aj6h510
いいよいいよ

24: パンパスネコ(東京都) [JP] 2020/01/16(木) 20:45:17.94 ID:qM09tUGV0
表現の自由よりムン様の自由の方が優先されるニダよ

25: ラ・パーマ(SB-iPhone) [ヌコ] 2020/01/16(木) 20:45:40.21 ID:DmPM4krJ0
親北だからなw

35: クロアシネコ(兵庫県) [US] 2020/01/16(木) 20:48:18.71 ID:bVHHMoAk0
恐ろしい国だな

36: マヌルネコ(茸) [SI] 2020/01/16(木) 20:48:19.13 ID:L76hx7FQ0
中国かな

37: ウンピョウ(福岡県) [ニダ] 2020/01/16(木) 20:48:28.13 ID:t+Ujzfxq0
なんで今更 中国に憧れてんだ?

38: キジ白(福岡県) [US] 2020/01/16(木) 20:48:34.27 ID:vKp6snuD0
マイルド北朝鮮

43: オセロット(浮動国境) [ニダ] 2020/01/16(木) 20:48:46.86 ID:Z0ZoBjYz0
生温いな。逆らう奴は処刑しちまえよw

45: 猫又(東京都) [US] 2020/01/16(木) 20:49:06.73 ID:rk4Jk85+0
此れから大量粛清。

47: ジャガー(公衆電話) [AT] 2020/01/16(木) 20:49:46.06 ID:4bynXWKG0
ムンちゃんの悪口言うとか許されないぞ
命あるだけ有り難いと思え

49: ジャガランディ(大阪府) [US] 2020/01/16(木) 20:50:20.99 ID:GqaHD32D0
高射砲で処刑かな

50: ラ・パーマ(茸) [DE] 2020/01/16(木) 20:50:26.15 ID:6nS2eokZ0
左翼ダンマリ

56: アメリカンワイヤーヘア(光) [BG] 2020/01/16(木) 20:51:27.94 ID:qslHOnjn0
ひえっ

59: アフリカゴールデンキャット(鳥取県) [US] 2020/01/16(木) 20:52:31.11 ID:7uJAVd/p0
チョンモメンまた負けたのかw

60: マンクス(茸) [CN] 2020/01/16(木) 20:52:35.54 ID:EwWY1Rfq0
これが本物の独裁者だw

61: アメリカンショートヘア(東京都) [VE] 2020/01/16(木) 20:52:58.46 ID:zsGT7XP60
まあ独房で変死するんじゃないの?

67: アメリカンボブテイル(東京都) [ニダ] 2020/01/16(木) 20:55:46.05 ID:rbuHE+vs0
北朝鮮かよ🇰🇵

81: サビイロネコ(愛知県) [US] 2020/01/16(木) 20:58:49.79 ID:OKnjeEqf0
さすが民主主義が進んだ国
もっとやれ

関連記事



コメント

No title
これにはパヨクも頬っ被りw

コメントの投稿

非公開コメント

【注意事項】
以下の表現が含まれる書き込みを禁止致します。
もし含まれているのを確認した場合、管理人がコメントの修正・削除をさせていただきます。
ワードフィルターをかけてます。書き込めないときはお察しください。
・アダルト、卑猥
・暴力的
・人種差別
・誹謗中傷





アクセスランキング