FC2ブログ

【韓経/社説】日本主導のTPPでも参加するのが国益に合致=韓国



1: ろこもこ ★ 2017/11/14(火) 22:32:44.45 ID:CAP_USER.net
http://japanese.joins.com/article/393/235393.html

日本、ニュージーランド、ベトナムなど米国を除いた既存の環太平洋経済連携協定(TPP)締結11カ国がベトナム・ダナンで「TPPの主要核心要素に大筋で合意した」と発表した。「包括的及び先進的なTPP(CPTPP)」と命名された今回の合意で、この年頭に米国の離脱宣言で座礁の危機に面していたTPPは回復の機会をつかんだ。米国は抜けたが、CPTPPは世界国内総生産(GDP)の12.9%、交易量の14.9%を占めるもう一つの多国間貿易体制という点で、韓国としても関心を持たざるをえない。

アジア太平洋地域をカバーする大型自由貿易協定の基礎が作られるや、CPTPPを主導した日本は恩恵の期待を隠さないなどこれを歓迎する雰囲気だ。反面、中国は自国が主導する東アジア包括的経済連携(RCEP)の妥結が不発に終わる中、CPTPPには関心がないとし、何とかその影響を無視しようと懸命だ。ここにTPP離脱を宣言した米国のトランプ大統領は多国間貿易協定の代わりに二国間貿易協定を通した問題解決を叫んでいる。

重要なのは韓国の選択だ。米国がTPPを積極的に主導したオバマ政権の時だけでも韓国は遅まきに関心を示したが、米国の離脱宣言以降はこれ以上の進展がない。だが、日本が主導するCPTPPでも、通商の大きな構図を念頭に置くなら、韓国の参加はさまざまな面で絶妙のカードとなりえる。

目前には韓米自由貿易協定(FTA)改正が懸案として登場したが、だからこそ韓国は多国間協定への参加で身動きの幅を広げる必要性がある。中国が自国主導のRCEPの盛り返しを望む状況を考慮しても同様だ。韓中FTAを結んだのにTHAAD(高高度ミサイル防衛)報復を敢行する中国である以上、韓国のCPTPP参加は多目的カードになりうる。それだけでなく、CPTPPへの参加は足踏み状態に陥った韓日FTA問題を別の方向からアプローチしていくきっかけにもなる。東南アジア諸国連合(ASEAN)における韓国の影響力の増大も期待することができる。

TPPが米国が抜けたままスタートする今こそ、韓国が参加するべき絶好のチャンスだ。ちょうどCPTPP参加国は新規加入に備えた協議規定も設けているという。勢力拡大に積極的に取り組むという意向を示している今、タイミングを逃さずに参加国とうまく加入協議に入らなければならない。


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1510666364/続きを読む

中国「日本がTPPまとめるのは無理。経済規模は小さく外交能力が低いため努力しても無駄」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:228348493-PLT(16000).net

日本はTPPを強硬に推し進めれば恥をかくことに―中国専門家
http://www.recordchina.co.jp/b184395-s0-c10.html

2017年7月13日、環球時報は、日本には米国が離脱した環太平洋連携協定(TPP)を
単独で主導する力はないとする、上海国際問題研究院アジア太平洋研究センターの蔡亮
(ツァイ・リアン)副研究員による評論文章を掲載した。

しかし蔡氏は、TPPを積極的に推し進めても、日本が望む成果が得られるとは限らないとし、
「日本の客観的な能力と、主観的な願望の落差は極めて大きい。
経済規模が米国の30%に満たない日本主導は魅力が少なく、だからこそTPP参加国は
日中共同でのTPP推進や、中国のTPP参加を公に歓迎しているのだ」と論じた。
蔡氏は最後に「日本が自分の力だけでTPPを推し進めるのは難しい。
努力をしないのではなく、能力がないのである」と結んだ。

http://www.recordchina.co.jp/b195163-s0-c20.html
安倍首相が提起した11月にコンセンサスを得るというスケジュールについて「非現実的だ」と指摘。
「メンバー国の政治経済、利益追求の方向性はそれぞれ異なっており、
短期間のうちにコンセンサスを得るのは難しい。米国の振る舞いによって
各国はTPPへの信用を失っているうえ、日本の指導力や信用力にも疑問がある」と論じた。

また、「東南アジア諸国連合(ASEAN)主導で中国が後押ししている東アジア地域包括的経済連携
(RCEP)や、中国が進めるアジア太平洋自由貿易圏(FTAAP)構想など、
地域の多国間貿易体制にはさまざまな選択肢があり、TPPにこだわる必要性がない」とした。
記事は、「オーストラリアやニュージーランドは中国と自由貿易協定を結び、
マレーシアは中国から手厚い支援を受け、ベトナムは米国との2国間協議を進め、
ペルーが米国の代わりに中国をTPPに呼び込もうとしている」とし、
こうしたなかで日本が各国のコンセンサスを得るのは難しいと指摘している。


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510377420/続きを読む



アクセスランキング