FC2ブログ

徴用工「日本も解決策を」 文大統領、安倍政権に要求



1: エジプシャン・マウ(ベトナム) [BE] 2020/01/15(水) 12:58:59.11 ID:5FWDNe4J0● BE:565421181-PLT(13000)
sssp://img.5ch.net/ico/monakai.gif
徴用工「日本も解決策を」 文大統領、安倍政権に要求


韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は14日、年頭の記者会見に臨み、元徴用工問題について韓国側は既に
解決案を示しているとの立場を示し「日本も解決策を提示し、膝をつき合わせて話し合うべきだ」と安倍晋三政権に要求した。
ただ日本側は元徴用工への賠償問題は1965年の日韓請求権協定で解決済みとの立場を示しており、呼びかけに応じるかは不透明だ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200115-00010006-nishinpc-int



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579060739/続きを読む

自称徴用工被害者の朝鮮乞食「日本よ、過去を反省しないままでは韓日友好は困難ニダ」



1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2020/01/14(火) 23:21:46.47 ID:Ev4MrddL0● BE:844481327-PLT(13345)
sssp://img.5ch.net/ico/monatya.gif
【ソウル=桜井紀雄】韓国で、日本企業に強制労働させられたと主張するいわゆる元徴用工らの訴訟を支援する弁護士団体と市民団体は14日、
南西部、光州(クァンジュ)で記者会見し、元徴用工や遺族計33人が三菱マテリアルなど日本企業6社を相手取って損害賠償を求める訴訟を光州地裁に起こしたと明らかにした。

被告企業は他に、三菱重工業と川崎重工業、西松建設、日本コークス工業、北海道炭礦(たんこう)汽船。
同地裁では昨年4月にも元徴用工ら54人が日本企業9社に同様の訴訟を起こしたが、聯合ニュースによると、日本側が訴状の受け取りを拒否し、裁判は開かれていない。

団体側は、日本政府や日本企業に向けて「過去を反省しないままでは、韓日友好や関係改善は困難だ」と主張。
徴用工訴訟の原告側弁護士らが提案している、韓日の学者や政財界関係者による協議会を速やかに設立するよう求めた。

https://www.sankei.com/world/news/200114/wor2001140023-n1.html
no title



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579011706/続きを読む

菅官房長官へ聞く! 元徴用工問題への対応



【徴用工】弁護団などが提案した日韓合同の協議体創設について菅官房長官「まったく興味はない」



1: シャチ ★ 2020/01/06(月) 23:02:07.04 ID:CAP_USER
菅義偉官房長官は6日のBSフジのテレビ番組で、韓国の元徴用工を巡る訴訟の弁護団などが提案した日韓合同の協議体創設について「まったく興味はない」と述べた。また、元徴用工問題について「1965年の(日韓請求権)協定ですべて解決するとうたわれている。『(韓国の)国内問題でやってください』というのが日本の立場だ」と強調。日本側から解決案を提案するか聞かれると、「ありません」と否定した。

 菅氏は、日韓関係では慰安婦などを巡る歴史問題が起きるたびに日本側が解決策を提案してきたとの認識を示した上で、「その繰り返しの歴史に終止符を打とうとしているのか」と問われると「基本的にそうだ」と応じた。一方、昨年末の日韓首脳会談について「首脳同士が会談するのは良いことだ。韓国にはぜひ、建設的に考えてほしい」と述べた。【秋山信一】

毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200106-00000062-mai-int
元スレ
【韓国】強制徴用被害者側(韓日の弁護士や支援を続けてきた市民団体) 韓日合同協議体設置を提案[1/6]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1578313135/-100



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1578319327/続きを読む

安倍『1円でも現金化してみろ潰すぞ』 文『し、司法の判断が』 安倍『わかったな?』 文『ハイ…』



1: エッジワース・カイパーベルト天体(大阪府) [SA] 2019/12/25(水) 03:07:47.86 ID:I5EzvXEN0 BE:784885787-PLT(15000)
sssp://img.5ch.net/ico/1fu.gif
安倍「日本企業の資産現金化してはいけない」文大統領の面前で釘を刺す

●日本側「会談時間の3分の1、徴用議論」
●安倍「両国政府、交流の重要性共に発信」
●「韓国が責任を持って徴用解決案を提示すべき」
●福島原発への攻勢も自制要求
●日本側「緊張感流れたがトゲはない」
24日、45分間の韓日首脳会談を終えた後、安倍晋三首相は内外信記者会見で、会談の成果について「対話による問題解決の重要性を確認した」と話した。
この日の会談に同席した岡田直樹官房副長官も定例会見で、「首相と大統領が直接会い、率直に意見を交わし、
今後も対話を続けることで意見が一致したことが最大の意義だ」と述べた。
しかし、両国のブリーフィングの傍点は微妙に食い違った。
徴用問題に対する言及が少なかった韓国側の会見とは異なり、日本側は自分たちの関心事である徴用問題に重きを置いた。

岡田副長官は、「会談時間の45分のうち、3分の1程度が広い意味で徴用関連内容だった」と紹介した。
日本側が公開した安倍首相の関連発言もかなり強かった。 会談後、安倍首相が直接「日本がすべき主張は(すべて)した」と述べるほどだった。
会談で安倍首相は、「両国関係は引き続き非常に厳しい状況だが、このような状況になった根本的な原因は、
旧朝鮮半島出身労働者問題(徴用問題)にかかわる韓国大法院の判決だ」と述べた。
さらに、「国交正常化の基礎であり、両国関係の法的基盤、根本に関する問題であるだけに、
韓国が国家として両国関係を健全な関係に戻す契機づくりを求める」「韓国側の責任で解決策を提示してほしい」と述べた。
その上で、「我々としても問題解決に向け、外交当局間の意思疎通を続ける用意がある」と強調した。

文大統領は安倍首相の主張に対し、「この件に対する韓国側の立場を繰り返さないが、
この問題解決の重要性について認識しており、早期に問題解決をしたい」という趣旨で答えたと、日本側は伝えた。
これに対して安倍首相は特に、「差し押さえられた日本企業の資産が現金化される事態は避けなければならない」と釘を刺したという。



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1577210867/続きを読む

【現地取材】元徴用工の韓国人「日本人から差別とか奴隷のように働かされたという記憶はないですね」



1: 鴉 ★ 2019/12/13(金) 20:47:38.76 ID:CAP_USER
 12月下旬、1年3か月ぶりの日韓首脳会談が実現しようとしている。そこで焦点となるのが徴用工問題だ。昨年末の韓国最高裁の判決によってくすぶり続けている問題は、実際に「元徴用工」たちの肉声を聞くことによって、違う核心が見えてくる。ジャーナリストの赤石晋一郎氏が現地取材で得た証言とは──。

 * * *
 ソウル市の郊外、城南市で待ち合わせした老人は、独りで暮らす自宅で取材に応じてくれた。

「日本人のほうが韓国人より、いい人が多かったと私は考えています。私が炭鉱で働いていた時代、日本人にはとても親切にされた思い出があります」

 こう語る崔漢永氏(91)は、徴用工として日本で働いた経験を振り返り、「私は日本人が好きでした」と語った──。

 11月22日に韓国政府が下したGSOMIA継続の決断以降、日韓関係の焦点として再浮上しているのが「徴用工問題」だ。

 昨年末に元徴用工が日本企業を訴えた裁判で、韓国大法院(最高裁)は日本製鉄(元・新日鉄住金)、三菱重工に対して、相次いで賠償を命じる判決を下した。同判決を契機に韓国内では徴用工問題は“奴隷労働”の歴史だったという議論が沸騰し、ソウル龍山駅前などの各地に徴用工像が相次いで建設される事態となった。

 そうした状況の解決を目指し、11月末に文喜相・国会議長が「記憶・和解・未来財団」の設立を提唱した。


「この文議長案は日韓企業と個人による自発的寄付金をベースとして財団を設立するというものでしたが、元徴用工に高額な慰謝料を支払うという方針をめぐっては、異論の声も出ている」(ソウル特派員)

 韓国大法院判決では日本企業が元徴用工に対して1億ウォン(約910万円)の慰謝料を支払う判決が出た。さらに文議長案では元徴用工を対象に1億~2億ウォン(約910万~1820万円)を支払う予定といわれ、慰謝料は高騰の一途を辿っている。

 しかし、果たして当事者である元徴用工たちは、本当に金による解決を望んでいるのだろうか。

◆「日本人も同じ賃金だった」

 冒頭の崔漢永氏が日本に渡ったのは15歳の時だったという。

「私は自分の意志で日本に行きました。当時、父親が傷害事件を起こして逮捕され、罰として日本での強制労働を命じられた。しかし父を失うと9人の大家族なので困る。そこで私が代理として『日本に行く』と手を上げました。年齢も18歳と偽りました。

 日本での働き先は、福岡県飯塚市にある三菱炭鉱でした。炭鉱には私以外にも何百人もの動員された朝鮮人がいました」(崔氏)

 徴用工として日本で働いた崔氏。しかし、日本人からの差別を感じることはなかったと振り返る。

「私は坑道を作る仕事を主にしていました。現場では日本人と朝鮮人が一緒に働いていた。休みは月に1日か2日でしたが、日本人も朝鮮人も同じ労働条件で、同じ賃金をもらっていました。朝鮮人だからと差別や暴行を受けるということもなかった。

 特に私は15歳と若かったこともあり、上司のサキヤマさん(日本人)に大変可愛がられた。『私の娘と結婚しないか?』と言われたこともありました」(同前)

◆「賠償裁判では何も得られない」

 崔氏は日本人に悪感情はないという。私が「徴用工に慰謝料は必要だと思うか?」と問うと、崔氏はこう語った。

「(元徴用工が)裁判を起こしても何も得られるものはないよ。この高齢でお金を手にしてもしょうがないだろう。私はお金もいらないし、補償をして欲しいとも思わない」

 そのハッキリとした物言いは、慰謝料ありきで徴用工問題を語る文在寅政権に、静かに異を唱えているようにも思えた。

 同じように差別はなかったと語るのは金炳鐵氏(96)だ。金氏は20歳のときに地元・麗水郡庁からの徴用命令を受けた(※注)。行き先は佐賀県だった。

【※注/戦中の労働力不足を解消するために1939年に制定された国民徴用令によって、日韓から多くの人間が動員された】

「私が派遣されたのは佐賀県西松浦郡のウラサキ造船所でした。私は資材課に属し、工場内で出る屑鉄を集める仕事をしていました。集めた屑鉄は、鉄工場に輸送され再び製鉄されるのです。造船所で働く2000人のうち、700人が朝鮮人でした。朝9時から4~5時頃まで働き、日曜日ごとに休みはありました」

 ウラサキ造船所とは、当時、佐賀県に存在した川南工業の浦崎造船所だと思われる。軍需工場だった浦崎造船所では二等輸送艦や人間魚雷「海龍」などが大量建造されていた。

 戦争末期ということもあり、食料事情は日本全体で厳しかったと語る。
https://www.news-postseven.com/archives/20191213_1505139.html/4



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1576237658/続きを読む

【おかわり】徴用工に1855万円与えるムンヒサン案、支払い対象に慰安婦も含める



1: 動物園φ ★ 2019/11/28(木) 11:27:11.24 ID:CAP_USER
【ソウル聯合ニュース】韓国の文喜相(ムン・ヒサン)国会議長が、強制徴用問題の解決策として韓日両国の企業、政府、国民が参与する「記憶人権財団」を設立し、被害者1500人に総額3000億ウォン(約277億円)の慰謝料を支払うことを骨子とする法案を準備していることで注目を集めている。(中略)
 
 だが、文議長の案も根本的な解決策になるのは難しいとの指摘もある。

 大法院判決の原告が最後まで日本企業から賠償金を受け取ることにこだわれば、財団が慰謝料の受け取りを強制することはできない。財団が発足しても、こうした被害者が1人でもいれば問題が再燃しかねない。

 被害者団体の反応も否定的だ。一部の被害者団体は27日午後に記者会見を開き、「文議長案」に対する立場を表明する予定だ。事前に配布された資料では文議長の案が「基本的に日本政府と企業の責任を免除し、強制動員に関する大法院判決の趣旨を否定している」との立場を示している。

 慰謝料の支払い対象に慰安婦被害者も含めたことで、被害者の同意を得ることがさらに難しくなったとの指摘もある。

 市民団体「日本軍性奴隷制問題解決のための正義記憶連帯」の理事を務めるイ・ナヨン中央大教授は「国際法的に不法であり、市民の力で30年間正当性を積み重ねてきた慰安婦問題を強制動員と同一線上に扱うことはできない」と主張した。文議長の案についても「被害者であるわれわれが法を作り、加害者の日本に永遠の免罪符を与えるものだ」と批判した。

 文議長側は1500人に1人当たり約2億ウォンの慰謝料を支払うために計3000億ウォンが必要だと予想しているが、強制徴用被害者の規模が最大20万人に上るとの推計もあることから、財源が不足するとの見方もある。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2019/11/27/2019112780161.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1574908031/続きを読む