【韓国】 「今日は長崎に原爆が投下され、日王が『無条件降伏』を叫んだ日です。これによって私たち民族は解放を迎えました」



1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2017/08/09(水) 22:52:25.61 ID:CAP_USER.net
no title

▲「ファットマン」

第二次世界大戦末期の1945年8月6日、米国は戦争を終わらせるため、当時、日本の軍事基地も同然だった日本の広島市に原子爆弾「リトルボーイ」を投下した。この投下で当時、広島市の人口約34万人中、約14万人が最初の爆発および放射能被害などで死亡した。

しかし、日本軍部は米国の期待と異なり降参しなかった。かえって戦争の狂気に捕われて最後の必死のあがきだけするだけだった。これに米国は日本に第二の原子爆弾を投下することを決定、「リトルボーイ」投下3日後の8月9日、「ファットマン」を長崎市に投下した。

500メートル上空で爆発した「ファットマン」は先の「リトルボーイ」と同じように多くの死傷者を出した。当時、長崎市の人口約24万人中、約8万人が死亡し建物の半分近くが灰燼に帰した。

強制徴用で引きずられて行った朝鮮人たちも途方もない被害をこうむった。広島市では被害者5万人中、3万人以上死亡し、長崎市では2万人中1万人が死亡した。

no title


朝鮮人の死亡率が日本人に比べてはるかに高かった理由は日本人たちの差別によってちゃんとした治療を受けられなかったためだ。しかし、日本政府は原子爆弾が投下され70年以上たっても、ただの一度も被爆朝鮮人に対する実態調査をせず、かえって日本が「唯一の被爆国」と宣伝している。

日本は「ファットマン」投下の6日後、8月15日に米国を中心にした聨合国に「無条件降伏」を宣言した。日本の無条件降伏宣言で第二次世界大戦は終止符を打ち、私たち民族は解放を迎えた。

一方、日帝強制支配期に大挙強制連行され三菱重工業長崎造船所で酷使された朝鮮人強制徴用者名簿が日本の長崎市によって廃棄された事実が一歩遅れて分かった。去る8日、日本の毎日新聞によれば三菱重工業は1948年6月、長崎地方法務局に朝鮮人3,418人の名簿を提出し、未支給賃金85万9,779円を供託した。

no title

▲朝鮮人原爆犠牲者の跡/聯合ニュース

当時、名簿に記されていた朝鮮人たちは原子爆弾投下時に被爆したと見られる人々だったが、メディアは朝鮮人に対するこの様な供託金は日本全体で17万5,221人分、1億2,756万円だと伝えた。日本政府は被爆者に「被爆者健康手帳」を発行して医療費、看病費を支給しており、名簿はこの被爆者健康手帳を発行するのに重要な証拠資料だ。しかし、法務局は1970年、この名簿が保存期限が終了したとして廃棄したことが明らかになった。日本法務省が1958年、供託関連書類を保管するよう指示したのにこれを破って誰かが名簿をなくしたのだ。

この事実は日本市民団体「強制動員真相究明ネットワーク」が朝鮮人強制徴用者3人に対する被爆者健康手帳発給申請をする過程で明らかになり、手帳発給が拒否されるや法務局に問い合わせたところ、法務局は名簿廃棄の事実を認めたと伝えられた。

これについて毎日新聞は「被爆者として受ける権利を日本が奪ったこと」というこの団体の批判を紹介し、手帳発給を申請したキム・ソンス(91)氏、ペ・ハンソプ(94)氏、イ・グァンモ(94)氏がこれと関連して今後法的闘争を行う予定と伝えた。

キム・ジヒョン記者

ソース:インサイト(韓国語) 「今日は長崎に原爆投下されて日王が「無条件降伏」を叫んだ日です」
http://www.insight.co.kr/news/115663



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502286745/続きを読む

【東京】軍属の朝鮮人 「戦犯」の苦しみ 遺骨75年ぶり「帰郷」



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/07(月) 15:58:52.28 ID:CAP_USER.net
 先の大戦中に日本軍の軍属として東南アジアで捕虜監視員となりBC級戦犯とされた後、日本で死亡した朝鮮人男性、李永吉(イヨンギル)さんの遺骨が今秋、朝鮮半島に戻ることになった。六日、東京都東村山市の国平寺(こくへいじ)で奉還供養が営まれた。

 李さんは服役中に心の病を患い、療養所で終生暮らした。知人らは「彼の中で戦争は死ぬまで続いた。故郷の妻子とも別れたきり。不条理を超えた酷な人生だった」と悼んだ。 (辻渕智之、写真も)

 李さんは現在の韓国に近い北朝鮮の出身で、遺骨は国平寺が預かっていた。七十五年ぶりとなる「帰郷」は韓国の団体が協力し、南北軍事境界線に近い韓国側の墓地に安置される。

 供養に参列した在日韓国、朝鮮人の元BC級戦犯らでつくる「同進会」の李鶴来(イハンネ)会長(92)=板橋区=によると、李永吉さんは一九四二年、植民地下の朝鮮からスマトラ島に送られた。

 軍命令の下、捕虜収容所で監視に当たったが、戦後に現地で連合軍に捕まり、捕虜虐待の罪に問われて懲役十年の判決を受けた。

 ジャカルタの刑務所で服役しているとき、統合失調症を発症した。五〇年に東京の巣鴨プリズンへ移され、翌年には千葉県にある国立の療養所に入った。そこで四十年を過ごし、九一年夏に七十八歳で亡くなった。

 同進会は韓国で新聞広告を出すなど肉親捜しを続けてきたが、故郷に残した妻子の消息は今もつかめない。一方で李永吉さんの死は、李鶴来さんらにとって、「日本政府に、在日韓国、朝鮮人の元BC級戦犯らへの謝罪と補償を求めて九一年秋に提訴する決断を促した」という。

 李永吉さんは療養所で夏に花火の音が聞こえるたび「艦砲射撃だ」とおびえた。「戦争が頭にこびりつき、終わったとの自覚が最期までなかった。日本のために尽くし、戦犯とされたショックで発症したと思う」。

 遺骨を胸にし、李鶴来さんは「生まれた国に帰れるだけでも、ほっとしています」と感無量の表情をみせた。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017080702000234.html

no title

奉還供養を終え、李永吉さんの遺骨を抱く李鶴来さん=6日、東京都東村山市の国平寺で



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502089132/続きを読む

【朝鮮日報】映画『軍艦島』に日本人俳優が一人も出ていないワケ



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/06(日) 23:21:31.61 ID:CAP_USER.net
 映画『軍艦島』のリュ・スンワン監督が、今回の映画に日本人俳優が一人もキャスティングされなかった理由を明かした。

 日本による植民地支配下にあった1945年を描いた映画であるため、映画をより事実に近づけるため日本人俳優を起用することも考えられたが、『軍艦島』には日本人は一人も出ていない。

 リュ監督によると、当初は日本人俳優を起用しようとしたが、現実的な困難にぶつかったという。軍艦島に対する日本政府の立場と韓国側の立場が鋭く対立している状況で、出演を快諾してくれる日本人俳優を探すのが難しかったのだ。

 リュ監督は「日本のエージェントを通じて何か月か頑張ってみたが、日本人俳優をキャスティングすることはできなかった」と明かした。

 『軍艦島』では在日韓国人3世の俳優キム・インウが日本人の鉱業所所長シマザキ・ダイスケ役に起用された。キム・インウは流ちょうな日本語を駆使し、ストーリーの真実味を高めたと評価されている。

 『軍艦島』は、1945年の植民地時代に日本の軍艦島(長崎県端島)に強制徴用された朝鮮人たちの脱出劇を描いた映画だ。今年の映画の中では最短期間で観客動員500万人を突破し、記録的なヒットとなっている。

デジタル・イシュー・チーム

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/06/2017080601609.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502029291/続きを読む

【1945年の光復後】 海難事故で、朝鮮人と知って見捨てた日本の軍艦→全員死亡  ???



1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ 2017/08/05(土) 21:58:59.09 ID:CAP_USER.net
1945年の光復後、船に乗って故郷へ帰った強制動員朝鮮人数百人は突然の火災で海に飛び込んだ。しかし、当時、事故現場に到着した日本軍艦は助けてくれと叫ぶ朝鮮人らを無視し、118人の朝鮮人はそのまま冷たい海中に沈んだ。

4日、YTNは無念にも強制動員されたばかりか、命まで失ったのに、なんの賠償や補償も受けられずにいる「国内強制徴用者」について報道した。報道によれば日帝強制支配期、全南(チョンナム)、海南郡(ヘナムグン)玉埋山にアルミニウム原材料の「明礬石(ミョウバンセキ)」を掘った玉埋山鉱山があった。

no title


日本軍は軍用機製作に必要な明礬石を掘るために千人余りを越える朝鮮人をそこに強制動員した。そのうちの一部は済州島に引きずられて行って戦争のための人工洞窟と防御陣地を積んで地獄のような人生を耐えなければならなかった。

強制徴用朝鮮人の子孫であり海南玉埋山鉱山遺族会会長パク・チョルヒ氏は「(亡くなったおじいさんが)テントもなく、木の葉で遮られたところに寝てパンツにランニングシャツだけ着て土窟作業をしたと言っていた」と話した。

幸いなことに光復後、済州島に引きずられて行った朝鮮人たちはまた故郷に戻る船に乗ることができたが、予期せぬ不幸が近づいた。済州島を出発して海南に向かった船で突然、原因不明の火災が起きたのだ。

no title


朝鮮人たちは生きるために冷たい海に飛び込んだ。まもなく事故の知らせを聞いて日本の軍艦が出動した。ところが、彼らは海でおぼれた人々が大部分朝鮮人という事実を知り、日本人と朝鮮人と知らずに軍艦にのせた何人かだけ救助した後、離れてしまった。

no title


当時、沈没した船から奇蹟のように生き返って帰った生存者キム・ペグン(90)おじいさんは「生きた人間を乗せることができたが、そのまま行ってしまった」として「どうしたと訊ねたところ、自分たちは木浦(モクポ)から鎮海(チンヘ)に行かなければならないのに時間がとても遅れた、ということだった」と証言した。

結局、朝鮮人という理由で海に捨てられた強制徴用者118人は冷たい水の中に沈んでしまった。しかし、彼らはいまだに「国内(済州島、海南)」に動員されたという理由一つで、韓国政府からどんな支援や補償も受けられずにいる。

no title


補償関連特別法が支援対象を国外被害者だけに限定しているからだ。くやしい強制徴用に空しく命まで失った強制徴用者などの怨みの霊をなだめるのは遺族たちが毎年、慈悲で行っている慰霊祭が全てだ。自由韓国党イ・ミョンス議員は「苦労の程度を国外と国内で区分するのは意味がない」と指摘し、「当事者が生存しておられる時この問題を解決しなければならない」と声を高めた。

一方、現在の我が国の「強制動員被害者」は延べ人数で775万人を越え、そのうち国内被害者は650万人に達すると集計されている。

ファン・ギュジョン記者

ソース:インサイト(韓国語) 海におぼれた強制徴用朝鮮人118人捨てて行った日軍艦
http://www.insight.co.kr/newsRead.php?ArtNo=115137

関連スレ:【韓国】 民族精気絶とうと打ち込まれた玉埋山の日帝「鉄杭」、抜こうにもびくともせず手作業断念[08/12]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1344766139/l50


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1501937939/続きを読む

【中央日報】大韓帝国は無気力に滅びたのではない 日本軍に戦いらしい戦いをした軍隊は米軍を除いて大韓帝国の国民軍しかない★2



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/04(金) 19:57:31.98 ID:CAP_USER.net
大韓帝国に対する新たな研究は2000年ごろに始まった。以前はさげすむばかりだった。亡国の責任をすべて押し付けられた高宗(コジョン)と彼の時代は嫌悪の対象だった。恥ずかしく頭の痛い過去だと思い込み、振り返ってみようとさえ思わなかった。

2000年、李泰鎮(イ・テジン)ソウル大名誉教授が出した『高宗時代の再照明』が新たな突破口を開いた。その後、韓永愚(ハン・ヨンウ)ソウル大名誉教授、徐栄姫(ソ・ヨンヒ)韓国産業技術大教授などが相次いで大韓帝国関連の新しい研究の流れを継承していった。

黄台淵(ファン・テヨン)東国(トングク)大教授(62)の新刊『百姓の国 大韓帝国』『甲辰倭乱と国民戦争』は、そのような流れに乗ってはいるが、研究の量と質で従来の作業を圧倒している。

著者はこれに先立ち、昨年『大韓民国国号の由来と民国の意味』を、ことし1月には『甲午倭乱と俄館亡命』を出した。ともに大韓帝国関連の本だ。執筆中の『韓国近代化と政治思想』も来年出版する予定だ。

これらの本を通じて、大韓帝国に対する誤解とさげすみはこれ以上幅を利かせることはできなくなると著者は自信を持つ。

これまで、私たちが大韓帝国時代を振り返ることさえ忌み嫌っていた理由は何か。全く同感できず、前後がかみあわない事件だけが羅列してあったからだ。韓国の近代的な歴史叙述は、日本の学者の手で始まったという点が悲しい。

どうしたらこのように無気力に滅びえたのか、このような感情を誰もが一度は持ったことだろう。黄教授はその点に執拗に掘り下げている。日帝植民史学者が脱落させ、解放以降の韓国学者が気づけなかった2つの事件を復元させた。

1894年の甲午倭乱(東学党の乱)と1904年の甲辰倭乱(日露戦争)だ。漢文・英語・ドイツ語・フランス語・ロシア語など外国語に精通している長所を活かした。

「朝鮮は1894年の甲午倭乱で滅亡し、大韓帝国は1904年の甲辰倭乱で滅亡しました。この2つの倭乱がこれまでの歴史から跡形もなく消えてしまいました。その間、2回の滅亡だけが目に映るだけで、義兵戦争と光復(解放)戦争を通して激しく抵抗して勝利した2回の復活は目に入ってきませんでした」

1894年6月、甲午倭乱の時に侵入してきたが、明成(ミョンソン)皇后殺害に怒った百姓(ペクソン)の武装蜂起と、高宗(コジョン)の俄館亡命で一時退却した日本軍は、1904年(甲辰年)2月に再び侵入して韓半島(朝鮮半島)全域を占領した。

日帝の全面侵攻に国軍と民軍(義兵)が力を合わせ、全国各地で6年間にわたってすさまじい「国民戦争」を繰り広げて抵抗した。その時敗北したからと言って、大韓帝国国軍をただの烏合の衆だと下に見るべきではない、と著者は言う。

1901年、すでに韓国軍は日帝以外のアジアのどの国も持てなかった3万大軍の「新式軍隊」であり、乙巳勒約(第二次日韓協約、1905年)以降、3万国軍と民軍が合わさって組織された国民軍は14万1815人に達した。

清軍とロシア軍に勝った日本軍に戦いを挑み、戦いらしい戦いをした軍隊は、その後米軍を除いては大韓帝国の国民軍しかなかったが、このような事実を私たちは知らずにいる。

黄教授の本は知的な喜びと道徳的意味とともに、私たちの近代史の隠蔽された世界へ読者を誘う。大韓帝国は無気力などころか、かえって当代アジア2位の経済強国として急浮上していたことを国内外の記録と統計資料を基に立証する。

http://japanese.joins.com/article/035/232035.html
http://japanese.joins.com/article/036/232036.html

>>2以降に続く)

no title

黄台淵・東国大学校教授(写真=中央フォト)

前スレ
【中央日報】大韓帝国は無気力に滅びたのではない 日本軍に戦いらしい戦いをした軍隊は米軍を除いて大韓帝国の国民軍しかない[8/04] [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1501824075/
2017/08/04(金) 14:21:15.19



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1501844251/続きを読む

【韓国】「『軍艦島』に被害者はいない」韓国の教授が映画を分析し批判=韓国ネットは反発



1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/08/01(火) 15:14:42.56 ID:CAP_USER.net
http://sp.recordchina.co.jp/news.php?id=186146

2017年8月1日、韓国・ノーカットニュースによると、著書「帝国の慰安婦」で元慰安婦に対する名誉毀損(きそん)の罪に問われ、1審で無罪判決が言い渡された韓国・世宗大の朴裕河(パク・ユハ)教授が、映画「軍艦島」について「1度ぐらいは日本と敵対したかった朝鮮人男性の欲望を具体化した映画」とし、「多くの人が死傷するが被害者はいない」との感想を述べた。

「軍艦島」は第2次世界大戦中に長崎・端島(軍艦島)に徴用された朝鮮半島出身者らの決死の脱出劇を描いた韓国映画。韓国で公開初日(7月26日)に97万516人の観客を動員し韓国のオープニング興行記録を塗り替えるなど注目を集めている。

朴教授は30日、自身のフェイスブックに掲載した「軍艦島の感想」と題する文章で上記のように明らかにし、「220億ウォン(約21億7000万円)を投じたという映画をこのようにしか言えないのは、悲しみを超えてほとんど災難に近い」と批判した。また、普段は映画を公開直後に見ることはほとんどないという朴教授は、公開から間もない時期に軍艦島を見た理由について「初日に約100万人が見たという話に危機意識を抱いたため」と説明した。

続けて、朴教授は「歴史家のシム・ヨンファン氏が『軍艦島』を擁護するために『鬼郷』(実話を基に韓国の従軍慰安婦を描いたとされる韓国映画)を批判して問題になっているようだが、『軍艦島』に比べれば『鬼郷』の方が100倍いい」とし、その理由について「『鬼郷』にも問題点はあるが、少なくとも被害者に対する制作者の哀れみの心が感じられ、共感できる基本的な情緒が存在する」と説明した。

一方、軍艦島からは「過去の人間が起こしたことに対するつらさ」しか感じられないため「日本人を感動させられる力すら持たない」と指摘。その上で「過去の傷への顧慮はなく、すぐに“今日の誇り”として21世紀の大韓民国を描き、満足感を補っている。制作者や出演者の意図とは関係なく、映画の中の『被害者』とはただの観念であり、そのように形式化された被害者は“消耗品”でしかない」と主張した。

さらに、「企業の慰安婦所が実は遊郭であった事実や私たちの中の親日派を描いた部分は、一歩前進しようという試みとして評価する」としながらも、「私たちの中の親日派をただ描き、懲らしめたからといってそれが自省になるわけではない」と批判。「『軍艦島』は日本と朝鮮の対立構造を描いているという点でこれまでの映画と変わらない」と強調した。

この報道に、韓国のネットユーザーからコメントが寄せられているが、その多くが朴教授に批判的なもの。コメントには「日本の侵略を美化する発言を長々とつづる理由は何?」「『被害者がいない』なんて言えるのは映画を目でしか見ていないから。軍艦島に閉じ込められた朝鮮人全員が被害者だよ」「衝撃だ。実は日本人なのでは?」「死傷した人が被害者。教授の言葉とは思えない」などの意見がみられた。

一方で「客観的で正しい意見」と擁護する声や、「『軍艦島』はお金を稼ぐための映画。分析する価値すらない」「事実が究明されていない過去の歴史を恣意(しい)的に解釈することはとても無責任。この映画は中国市場を狙って作られたものだ」と主張する声もみられた。


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1501568082/続きを読む

【朝鮮日報】「朝鮮人強制労働」の佐渡鉱山、世界遺産推薦候補から外れる



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/07/31(月) 22:03:35.24 ID:CAP_USER.net
 日本政府は、韓半島(朝鮮半島)植民地時代に約1000人の朝鮮人を強制労働に従事させた新潟県佐渡鉱山の国連教育科学文化機関(ユネスコ)世界遺産登録を推進していたが、今回は推薦を見送ることを決めた。朝日新聞が31日に報じた。

 日本の文化審議会は31日、大阪府の「百舌鳥(もず)・古市古墳群」を、ユネスコ世界遺産への2019年の登録を目指す候補に決めた。ユネスコ世界文化遺産の審査を受けられるのは毎年1か国につき1件に限られている。

 文化審議会は15年から今年まで、3年連続で佐渡鉱山を世界遺産への登録候補に挙げていたが、最終候補には選ばれなかった。

 今年は佐渡鉱山の他にも北海道・東北地方を中心とした新石器時代の縄文遺跡群も候補に選ばれていたが、最終選考で落選した。

 文化審議会は古墳群を選んだ理由について「(世界遺産登録において重要な)『顕著な普遍的価値』が理解されやすい」と説明した。佐渡鉱山と縄文遺跡群については「世界的な価値をもっと理解してもらえるよう易しく説明するのが課題」と述べた。

 これに先立ち日本政府は15年、朝鮮人を強制労働に従事させた長崎県軍艦島をユネスコ世界遺産に登録している。

キム・ヘギョン記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/07/31/2017073102649.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1501506215/続きを読む



アクセスランキング