【話題】望月衣塑子 マスコミ界のジャンヌ・ダルクか、「嫌な女」か



1: 動物園φ ★ 2017/11/26(日) 09:20:35.56 ID:CAP_USER.net
マスコミ界のジャンヌ・ダルクか、「嫌な女」か

 今年いちばん有名になった新聞記者は、まちがいなく東京新聞社会部の望月衣塑子さんだ。官房長官会見などで矢継ぎ早にストレートな質問を繰り返して注目され、テレビや週刊誌に登場する機会も増えた。

 はたして、マスコミ界のジャンヌ・ダルクなのか、それとも、場をわきまえない「嫌な女」か――。その望月さんがなぜ記者になったか、なぜ会見で積極的に質問を続けるか、などを綴ったのが本書『新聞記者』(角川新書)だ。

「事件が好きで、事件に強い記者」

 「森友」「加計」の記者会見で政権首脳に食い下がり、追及の手を緩めない。その姿からは、筋金入りの「主義者」「闘士」のようなイメージが思い浮かぶ。ところが、本書を読むと、その思い込みがやや裏切られる。

 大学時代のゼミは、「核抑止論ありき」。ある程度の武力や軍事力があることで国家間の均衡が保たれる、という考え方を基本としていた。防衛庁の軍事訓練に参加するセミ生もいた。すでにフェミニズムに関心があったというのに、そうしたゼミに属したというのは、当時さほど明確な「主義」を持っていなかったということだろう。

 記者になり、千葉支局に配属されてからは、もっぱら事件記者。警察関係者への夜討ち朝駆け取材に明け暮れ、何度か特ダネをものにする。県警幹部が午前5時の早朝マラソンを日課としていることを知って毎朝伴走して食い込んだというから、根性と粘っこさはハンパではない。このくだりを読むだけで、同業の新聞記者の大半は「参った」と思うのではないか。

 「事件が好きで、事件に強い記者」として知られるようになり、読売新聞から「ウチに来ないか」と誘いをうけた。「全国紙で書きたい」と言う思いが強く、「畏敬の念」を抱いていた読売からの誘いだっただけに、大いに心を動かされたが、ちょうど東京新聞の支局から社会部への異動と重なり、立ち消えになった。

https://www.j-cast.com/bookwatch/2017/11/11006497.html



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1511655635/続きを読む

【悲報】スッキリが元SMAPの3人をVTRから完全に排除し司会の加藤がブチギレ「なんだよそれ」【動画】



1: 名無しさん@涙目です。 2017/11/25(土) 10:03:32.31 ID:g0rz/QXq0.net BE:214658696-2BP(1500)

『スッキリ』加藤浩次も「なんだよ、それ」とブチ切れ!? 民放が元SMAP退所組を“徹底排除”
http://news.livedoor.com/article/detail/13936032/
2017年11月24日 16時0分

 23日放送の情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)が、ジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾を“排除”するような不自然な映像を放送。
このとき、司会の極楽とんぼ・加藤浩次が「なんだよ、それ」とブチ切れていたと話題だ。

 この日、日本テレビ、フジテレビ、テレビ朝日のワイドショーは、前日に行われた「GQ MEN OF THE YEAR 2017」授賞式のVTRを放送。
“今年最も輝いた男性著名人”に送られる毎年恒例の賞で、今年は稲垣、草なぎ、香取をはじめ、レーシングドライバーの佐藤琢磨、俳優の長谷川博己、ロバートの秋山竜次、
将棋の佐藤天彦名人、ミュージシャンの野田洋次郎、俳優の斉藤工の計9名が受賞した。

「授賞式での立ち位置は、元SMAPの3人が真ん中。主催する雑誌『GQ JAPAN』(コンデナスト・ジャパン)最新号の表紙も元SMAPの3人が飾っており、明らかにこの3人の受賞がメインだった。
にもかかわらず、日本テレビとフジテレビは、3人がその場に“居なかった”かのような編集を施して放送。
こんなヘンテコな映像を流すなら、最初から取材に行かなければいいのに、と呆れてしまいます」(芸能記者)


続きはソースで


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511571812/続きを読む

嫌中・嫌韓をカネに、「愛国ビジネス」はなぜ盛り上がったのか



1: ダーさん@がんばらない ★ 2017/11/24(金) 10:33:20.30 ID:CAP_USER.net
嫌中・嫌韓をカネに、「愛国ビジネス」はなぜ盛り上がったのか

近年、“愛国”を商材としたビジネスが流行している。書店の棚にはセンセーショナルなタイトルの“嫌韓・嫌中”本が並び、少し前に話題となった森友学園(塚本幼稚園)は、園児たちに熱心な愛国教育をしていた。一体どういう背景があって、愛国に日本人の需要が集まるようになったのか。専門家に話を聞きながらその歴史をたどってみた。(岡田光雄/清談社)

嫌韓本や中国脅威本の売上げをみれば
愛国市場の盛り上がりが分かる

今やテレビには愛国番組が溢れ、”ヘイト本”がベストセラーとなる時代に。リベラルの失墜や、中国・韓国の反日運動激化などが、愛国ビジネスを加速させた。(写真はイメージです)
no title


愛国ビジネスとは、その名の通り国民のナショナリズムをあおり、消費行動につなげていくビジネスモデルのこと。

この言葉を聞いて、まず思い浮かべるのがお隣・韓国の状況だろう。今年はそれほど激しくはないようだが、過去には太平洋戦争が終結し、日本統治から解放された1945年8月15日を祝して、韓国産コーラ「815コーラ」が販売されたり、1919年の独立運動記念日である3月1日(三一節)には、デパートやスーパーで安売りイベントを開催していたこともある。

中国でも昨年、運営内のトラブルでAKBグループから離脱した「SNH48」が、今や中国の愛国歌をカバーするなど、プロパガンダ・グループに成り下がってしまったと嘆く日本人のファンもいる。

では、日本における愛国ビジネスの実情はどうだろうか。マーケティング・コンサルタントの大西宏氏(ビジネスラボ代表取締役)がこう解説する。

「今や日本でも嫌韓・嫌中サイトで広告収入を得たり、保守系番組『そこまで言って委員会NP』が高視聴率を獲得するなど、“愛国”をビジネスとする市場が広がってきました。森友学園も保守派の父兄を対象にした子育てビジネスといえるでしょう。愛国ビジネスに明確な定義はありませんが、近年の嫌韓本や中国脅威本の書籍売上げをみれば、その市場規模の大きさは分かると思います」

ソース:ダイヤモンド・オンライン 2017年11月20日 06時00分
http://ascii.jp/elem/000/001/589/1589777/

続きます



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1511487200/続きを読む

【マスコミ】朝日新聞がバッシングへの抗議開始も「まず慰安婦捏造を謝罪しろ」の大合唱



1: 荒波φ ★ 2017/11/23(木) 15:01:17.06 ID:CAP_USER.net
朝日新聞社は21日、同社の社説記事を「捏造」だとTwitter上でつぶやいた日本維新の会・足立康史衆議院議員(52)に抗議して、発言を撤回するよう求める申入書を発表した。「朝日新聞が沈黙を破り、今週から一挙に反撃を始めたようです」と説明するのはある新聞記者だ。

「同社は同21日に、『徹底検証『森友・加計事件』 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者・小川榮太郎氏(50)にも名誉・信用を傷つけられたと、謝罪と該当部分の訂正、損害賠償を求めています。他にも同日に『月刊正論』(産經新聞社)12月号の高山正之氏(75)の連載コラムの「安倍叩きは社是」の記述についても、訂正を求める申入書を送りました」

同記者によれば背景にあるのは「この1年で31万部減と、目に見えて部数を減らしている現実」に焦りを感じ始めているからだという。ネットメディアの発達とともに強まり続ける「朝日新聞バッシング」を、もはや見過ごせないと決断に踏み切ったのだろう。

■自民党・山田宏議員「その前に日本国民に謝罪すべきでは?」

だが、逆襲に出た朝日新聞に各方面から思いがけないカウンターパンチが飛びまくっている。

「朝日は小川榮太郎に抗議を出したその日の内に、自民党・山田宏参議院議員(59)から『朝日新聞は、まず日本国民に対し、自らの慰安婦報道で世界にばら撒いた嘘に謝罪し、賠償するのが先決じゃないの?』と痛すぎるツッコミを入れられ、2500リツイートと3800もの『いいね』を受けるなど共感を呼んでます。

さらに朝日新聞が騒いだことで小川氏の著作は逆に注目を集め、22日にはAmazon政治本カテゴリで1位になりました。さらに足立議員も20万視聴の人気ネット番組『報道特注』に出演するなど、むしろ反論がSNSで拡散してしまってます」(週刊誌編集者)

たしかにすべての「ディスカウントジャパン」は朝日から始まっているといっても過言ではない。その訂正も中途半端な一部訂正を軽く認めただけで、謝罪がウヤムヤになったのが現実だ。社会の木鐸として人に謝罪を求める前にまず己の襟を正すべきだろう。

そして「安倍叩き」についても、8月26日の産經新聞「産経抄」で「いま、(朝日新聞)社内は安倍(晋三首相)を叩(たた)くためなら、どんなことでもするという空気になっている」と新聞業界の不都合な真実をバラされたのが大きかった。TBSやテレビ朝日同様、しつこくモリカケ問題を特集する怪しさに、ネット利用者はすでに勘づいている。

完全にヤブ蛇をつついた形になった朝日新聞の一連の抗議。朝日は再び昇ることなく、沈んでしまうのか。朝焼けのようなさらなる炎上で真実がより多くの人に届くことを期待したい。


2017.11.23 11:55
http://dailynewsonline.jp/article/1378733/



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1511416877/続きを読む

【黒い三連星】佐賀新聞「立憲!希望!民進!ジェットストリームアタックを仕掛けろ!」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:754019341-PLT(12345).net

黒い三連星
http://www.saga-s.co.jp/articles/-/151323
SFアニメの金字塔「機動戦士ガンダム」に、「黒い三連星」と呼ばれる3人組のパイロットチームが登場する。
黒く塗装した人型ロボットに乗り込み、主人公アムロ・レイを苦しめるという役どころで、敵役ながら大変な人気があった◆
こちらの3人は息の合った連携とはいかなかったようだ。国会の代表質問である。
安倍晋三首相の所信表明演説に対して、衆院選で分裂した民進党の流れをくむ3党のトップが論戦デビューした◆
野党第1党となった立憲民主党の枝野幸男氏は、政府の改憲方針に「今の憲法を守ってから言え」とけんか腰。
希望の党の玉木雄一郎氏は、中心が二つある楕円(だえん)を持ち出して「一方の中心になる」と1強に挑む。民進党の大塚耕平氏は日銀出身の「政策通」らしく、アベノミクス批判を展開した◆
まさに三者三様。そこには巨大与党に立ち向かうために力を合わせるという発想はないようだ。
かつて同じ釜の飯を食った間柄とはいえ、たもとを分かった経緯がある。今さら共闘でもないのかもしれないが、このままでは圧倒的な「数の力」に押しつぶされはしないか◆
黒い三連星は、3人の個性が融合して初めて威力を発揮する。三位一体の戦法は忍者の分身さながら。
個々ではかなわなくてもチームならという、いわば弱者の兵法である。さて、野党の面々は。



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511345052/続きを読む

安倍昭恵「韓流芸能人はカッコイイ」⇒メラニア夫人「あなたは日本人なのに、なぜ韓国の話ばかりするの



1: 名無しさん@涙目です。 2017/11/13(月) 18:05:00.41 ID:lhil+6ve0●.net BE:264168779-2BP(2000)

◆メラニア氏 昭恵氏に「なぜ韓国の話ばかりするの?」と疑問

就任後初のアジア歴訪のため、11月5~7日に来日したドナルド・トランプ米大統領(71才)。
長旅の疲れも見せず、来日初日に霞ヶ関カンツリー倶楽部(埼玉・川越市)で安倍晋三首相(63才)とのゴルフを楽しんだ。

その間、安倍首相夫人の昭恵さん(55才)もメラニア米大統領夫人(47才)のホスト役を務めていた。
そもそも昭恵さんとメラニア夫人は、ファーストレディーとしては対照的な存在だ。

昭恵さんは“家庭内野党”を自称し、しばしば夫を批判するぐらい政治的な活動をすることが好き。
「首相夫人」としてどこにでも顔を突っ込みたがることが災いし、森友学園騒動を招いてしまった。

一方で、メラニア夫人は政治的なことにはほとんどタッチしない。
息子・バロンくん(11才)の母親として日々の生活を送ることに集中していて、学校の送り迎えはもちろん、教育のために、多忙な夫とは別居生活を送っているほどだ。

「メラニア夫人が各国の首脳夫人と会って話す話題といえば、もっぱら“子育て”についてだそうです。
でも、昭恵さんはお子さんがいませんし、もっと女性の活躍について話したいというタイプ。
オバマ前大統領のミシェル夫人に傾倒していたということもありますし、そもそも話が合わない2人なんです」(官邸筋)

前に出たがる昭恵さんと、意外にもトランプ氏から二歩も三歩も下がるメラニア夫人にはこんなすれ違いもあった。

「今年2月の安倍夫妻の訪米の際、大統領夫妻と会食する機会がありました。
トランプ大統領は、“酒は身を滅ぼす”という主義で、口にしません。メラニア夫人も一滴も飲まない。
安倍首相も潰瘍性大腸炎を患った過去もありほとんど飲めません。
そんな3人を尻目に、昭恵さんだけが白ワイン、赤ワインとどんどん杯を重ねていったんです。
その様子をトランプ夫妻はいぶかしげに眺めていましたが、メラニア夫人はたまらず“こういう大切な場で、しかも主役である夫が飲んでいないのに酔っぱらうのはいかがかしら”と呟いたそうです」(前出・官邸筋)

晩餐会でもてなしを受けたらお酒を嗜むのも社交界のマナーの1つ。
トランプ氏特有の“偏屈さ”でもあって、昭恵さんが“上から目線”を感じてムッとしたのもわからないではない。
しかし、これにはさすがにシュンとしたという。

「昭恵さんはメラニア夫人を前に、自分の好きなK-POPアーティストのことを“カッコイイ”と饒舌に話したんだそうです。
すると、メラニア夫人は、“あなたは日本人なのになぜ韓国の話ばかりするんですか?”と返したそうです。
それには昭恵さんも苦笑いするしかなかったようです」(別の全国紙政治部記者)

写真:https://parts.news-postseven.com/picture/2017/11/1743_melania_trump.jpg

※女性セブン2017年11月23日号

NEWSポストセブン 2017/1/13(月) 16:00
http://www.news-postseven.com/archives/20171113_628453.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510563900/続きを読む

【ワイドナショー】古市憲寿氏の日韓関係をめぐる発言にスタジオ騒然 松本人志も炎上を予告



1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★ 2017/11/13(月) 16:42:11.27 ID:CAP_USER.net
ざっくり言うと

12日のワイドナショーで、古市憲寿氏が日韓関係をめぐるコメントをした
ペ・ヨンジュンのことを「ただの茶髪で眼鏡」と発言し、スタジオは騒然
「また灯油かぶってライター持ってるで」と、松本人志は炎上を予告した

古市憲寿氏の発言に松本人志がドン引き「灯油かぶってライター持ってる」

12日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、社会学者・古市憲寿氏の発言に、ダウンタウン・松本人志ら共演者がドン引きした。

番組では、ドナルド・トランプ米大統領がアジアを歴訪し、韓国が晩さん会に元慰安婦の女性を招き、竹島(島根県)の韓国名を冠した「独島(ドクト)エビ」を料理に出したことを話題にした。

あらためて日韓関係を出演者たちが討論する中、古市氏は「心配はしていない」と述べたのだ。過去の韓流ブームを例にあげ、時代によって関係が変化する可能性を指摘する。

ここで、古市氏は「一時期、ただの茶髪でメガネのペ・ヨンジュン。あのおじさんひとりで、あのときはまだ若かったですけど…」「ガラッと韓国のイメージが変わったワケですよ」と発言したのだ。

すると、共演者たちはどよめき、松本は「また灯油かぶって、ライター持ってるで!」と苦笑いでツッコミ。女優・佐藤仁美も「信じられない!」と漏らし、西川貴教は「銃口くわえて歩いてる…すごい!」と驚きを隠せない様子だった。


2017年11月12日 12時53分
http://news.livedoor.com/article/detail/13880136/

https://i.imgur.com/RyRvj9O.jpg
古市憲寿氏


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1510558931/続きを読む



アクセスランキング