FC2ブログ

【悲報】サムスン「プロセスルール7nmを達成した」→実は7nmなんてチップ上どこにも存在していなかった



1: ターキッシュバン(長野県) [CN] 2019/09/07(土) 19:25:34.93 ID:79oKwS0a0 BE:323057825-PLT(12000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
最先端の半導体メーカーはどこか?
 現在、微細化の最先端を競っているのは、PCやサーバー用プロセッサのチャンピオンである米インテル、
自社のスマホ「GALAXY」用にプロセッサを製造しているメモリのチャンピオンの韓国サムスン電子、
製造専門のファウンドリのチャンピオン、台湾TSMCの3社である。

 この3社のどこが微細化で先行しているのだろうか?
 筆者も寄稿している半導体業界誌の「EE Times Japan」の記事をいくつか挙げてみよう。

上記の3つの記事を読んで分かるのは、TSMCとサムスン電子は既に7nm(ナノメートル=10億分の1メートル)の半導体を量産しており、
次世代の5nmや3nmの開発で最先端を競っている一方、インテルがやっと10nmの量産に漕ぎ着けたということである。

したがって、この3社については、インテルが最も遅れており、TSMCとサムスン電子がデッドヒートしていて、
3nmではサムスン電子がTSMCに追いつき、追い越すかもしれないということになる。

 ところが、これら10nm、7nm、5nm、3nmという、一見半導体の微細性を示しているように見える数字(プロセスルールと呼ぶ)は、ほとんど意味がないのである。
実際に、TSMCとサムスン電子が量産している7nmの半導体には、7nmサイズの場所がどこにもない。

「多くの人は、プロセスルールとは、トランジスタの電極のサイズ(ゲート長という)であると勘違いしている。
ゲート長は、図の通りプロセスルールとは基本的に無関係である。
7ナノメートルプロセスではゲート長は18ナノメートル程度あり、まだ原子レベルが問題となるサイズではない。
 業界では有名な話だが、実は7ナノメートルプロセスのチップ上に7ナノメートルサイズの箇所はどこにもない。
プロセスルールはむしろ配線ピッチ(間隔)に比例しており、トランジスタ集積密度を間接的に示す指標であった。」(原文ママ)

となると、プロセスルールとは、その半導体メーカーが勝手に決めた“商品名”としか言いようがないのである。

そして、有識者たちの見解では、インテルの10nmは、TSMCとサムスン電子の7nmとほぼ同等か、それ以下であるという。

全文はソース先に
「7nmの半導体」に7nmの箇所はどこにもなかった
https://jbpress.ismedia.jp/articles/-/57517



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1567851934/続きを読む

【日経新聞】 韓国で外車人気、日本には韓国車なく



1: 荒波φ ★ 2019/07/20(土) 15:54:25.26 ID:CAP_USER
「日本車レビューする韓国人」というユーチューブ動画がおもしろい。エリン・キムさんという、日本語堪能な若い韓国人のチャンネルだ。ふだんは韓国で日本車や韓国車の試乗リポートやっているのだが、日本にも乗りに来る。

ホンダN-VANの回は、起き抜けのベッドで目をこすりながら「今日は朝イチの飛行機で日本に行こうと思います」と始まる。訪日韓国人が年間700万人というと、全韓国民の7人にひとりが来日している計算だが、そんなはずはなく、要は1年に何度も来る彼のようなリピーターが多いのだろう。

なぜかあまり報道されないが、韓国で日本車は人気だ。エリンさんもホンダ好きらしく、軽のスポーツカー、S660を愛用している。

人口が日本の半分以下であることを考えると、韓国の輸入車マーケットは大きく、日本の年間31万台に対して28万台くらいある。ドイツ車ラブは日本と同じで、メルセデスとBMWが圧倒的な二強状態だが、3位グループにはトヨタとレクサスが入り、2018年の日本車シェアは15%ほどである。

一方、日本の輸入車市場に韓国車は存在しない。20年近く前、「冬のソナタ」が大ヒットして、オバサマたちが「ヨンさまァ~」と言っていたころ、トップメーカーのヒュンダイが本格的な日本進出を図った。

古い付き合いの三菱自動車と協業して国内にディーラーをつくり、済州島に日本の報道関係者を呼び、試乗会も開いた。振り返ると、韓流ブームのこのときが最大の勝機だったと思うが、販売は伸びず、08年のリーマン・ショックがとどめを刺した。

しかし、その後の韓国車は世界市場で破竹の勢いである。海外メーカーからエンジニアやデザイナーを積極的にリクルートして、製品の偏差値も急速に向上させた。欧州市場では、ヒュンダイはもとより、2位のキア(起亜)も日本車ナンバー2の日産を販売台数で追い抜いている。

でも、日本では売っていない。韓国車レビューする日本人もいない。


2019年7月20日 15:30
https://r.nikkei.com/article/DGKKZO4753519019072019KNTP00?unlock=1&s=1



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1563605665/続きを読む

【韓国】 手にとった製品が韓国製とわかると戻す~在日韓国企業、韓日関係悪化で苦衷「日本では『韓国産』表示抜く」[05/26]



1: 蚯蚓φ ★ 2019/05/26(日) 12:27:07.96 ID:CAP_USER
韓日関係冷却で日本で事業をする韓国企業が困難を経験していることが明らかになった。

韓国製品を日本に販売する日本法人A社は韓国製を強調した単語を抜いて広報時に韓国製であることを知らせない。消費者が韓国製品であることを確認し、つかんだ物をまた下ろすのを見て日本で「コリア・ディスカウント」を実感した。

物流業のB社は通関に必要な書類を追加要求されたり手続きが遅れる場合がどんどん増えて困っている。日本販売法人C社は最近、入札競争で度々落とされている。公開入札でも同じ価格なら他の国の製品が選択される印象を受ける。

全国経済人聨合会は日本に進出した韓国企業53.1%が最近、韓日関係悪化でこのように否定的な影響を受けていると答えた、と26日伝えた。
(中略)

全経連は駐日韓国企業聨合会会員202社を対象に4月17~5月14日にアンケート調査をした後、64企業の回答を得て分析した。

調査に応じた企業の31.2%が売り上げが減少したと答えた。売り上げ減少率20%以内が85.0%で最も多かった。企業は韓日関係冷却期は相当長く続くと見通した。回答企業の26.6%は韓日関係が悪化すると予想した。改善されると答えた予想は20.3%であった。また、両国関係が改善されるには2年以上かかるだろう、という返事が46.0%で半分に近かった。1~2年は42.9%だ。

これに伴い、回答企業3分の2は両国政府の積極的な努力が必要だと答えた。全経連国際協力室オム・チソン室長は「韓日関係悪化にともなう被害の憂慮が現実化している。このような時ほど経済界次元でも積極的に交流を拡大していかなければならない」と話した。

[聯合ニュース]

ソース:毎日経済(韓国語) 「日本で韓国産表示抜く」…韓企業53%、韓日関係悪化で苦衷
https://www.mk.co.kr/news/politics/view/2019/05/350359/

関連スレ:【聯合ニュース】 在日韓国企業の53% 韓日関係冷え込みで経営環境「悪化」 [05/26]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1558837345/



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1558841227/続きを読む

【ケンチャナヨ】韓国で市販されている水産物の35%が虚偽表記



1: 動物園φ ★ 2019/05/06(月) 18:16:28.61 ID:CAP_USER
ニューシス 原文 記事転送2019-05-06 14:08

市販されている水産物の3つのうち1つが、魚名や原産地などが虚偽表記されたまま流通していることが分かった。
環境定義財団が昨年1年間、ソウル市内のレストラン、魚市場、マートなど各種水産物販売店で300以上の試料を購入し、
DNAを分析した結果、分析対象水産物の約34.8%が虚偽表記されていた。

https://translate.googleusercontent.com/translate_c?depth=1&hl=ja&ie=UTF8&prev=_t&rurl=translate.google.co.jp&sl=ko&sp=nmt4&tl=ja&u=https://news.nate.com/view/20190506n10168%3Fmid%3Dn1006&xid=17259,15700021,15700043,15700186,15700190,15700253,15700256,15700259&usg=ALkJrhgjq_wFnSrA9xyOl2AQxZYR8R3Rlw



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1557134188/続きを読む

【日韓】 8Kテレビにかけるサムスンが代表市場の「日本」を捨てた理由



1: 荒波φ ★ 2019/03/31(日) 08:48:27.24 ID:CAP_USER
2019年3月28日、韓国メディア・韓国経済は「超高解像度8Kテレビを新たな成長エンジンとして育成しているサムスン電子が、8Kの代表市場である日本では力を発揮できずにいる」と報じた。日本は来年の東京五輪に合わせて8K放送の商用化を進めており、世界の8Kテレビ販売量の30%以上を占めている。

記事によると、サムスンは低迷するテレビ市場を回復させる突破口として75インチ以上の超高解像度8Kテレビを押し出している。成長の勢いが止まったテレビ市場と異なり、超大型・超高解像度テレビは毎年30%を超える成長を記録している。サムスンが昨年に60カ国で75インチのQLED8Kテレビを発売したのもそのためだという。

しかし、サムスンは「8Kテレビ先進国」である日本を60カ国から除外した。サムスンが日本市場を「自ら放棄」した理由について、記事は「収益性のため」と説明している。サムスンは1980年に日本法人を設立し家電事業を開始したが、ソニーやパナソニックなど日本企業との競争に勝てず収益をあげられない状況が続いた。

結局2007年にテレビを含む家電事業をたたみ、日本では現在、部品とスマートフォン事業の一部のみが維持されている。

サムスンは「当分は日本に進出しない」との立場を示している。収益性の低い日本より規模の大きい北米、中国、欧州を攻略し、8Kテレビ市場をけん引したい考えという。

これを見た韓国のネットユーザーからは

「日本人はよっぽどのものでない限り外国製品を買わない」
「日本は電子産業や自動車産業に相当な自信を持っているからサムスンの入り込む隙はない。ガラパゴス思考が強いからなるべく自国のものを使おうとする」
「LGがOLEDパネルをソニーなどに供給しているから競争力が落ちたんだ。日本の内需市場ではまだ日本メーカーを超えられない」

などと指摘する声が寄せられている。また、

「日本人は韓国製品を使ってくれない。それなら韓国人も日本旅行を自制するべきでは?」
「韓国製品の日本輸出は極めて低調。日本の消費財に25%の関税を課そう。報復されても打撃はないから」

と主張する声も。 一方で

「日本でもいいものなら売れる。LGは日本で健闘しているよ。ただのサムスンの実力不足だ」

との声も上がっている。


2019年3月31日(日) 6時30分
https://www.recordchina.co.jp/b698548-s0-c20-d0058.html



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1553989707/続きを読む

韓国の本格激辛即席麺が日本に参入



1: 名無しさん@涙目です。(秋田県) [MA] 2019/03/19(火) 15:52:33.20 ID:CnTwuc7I0 BE:194767121-PLT(12001)
sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
【ソウル共同】韓国の食品大手「三養食品」が19日までに、日本の即席麺市場への本格参入に向け日本法人を設立した。
主力商品の激辛即席麺「プルダック(火の鶏)ポックンミョン(炒め麺)」の日本向け輸出が好調で、過去3年間の
売上額は毎年2倍以上のペースで成長。若い世代を中心に人気が広まっている。
 「辛ラーメン」で有名な韓国の同業「農心」は即席麺の元祖とされる日本市場にいち早く注目し2002年に日本法人を設立。
「カップヌードル」の日清食品や「マルちゃん正麺」の東洋水産などが市場の大半を占める中、本場の辛さとうま味を売りとして、
着実に知名度を上げてきた。

https://www.daily.co.jp/society/economics/2019/03/19/0012160943.shtml



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1552978353/続きを読む

【韓国】第3世代の辛ラーメン、『乾麺』で勝負!



1: ハニィみるく(17歳) ★ 2019/02/07(木) 11:41:31.39 ID:CAP_USER
(写真)
no title


辛ラーメン(シンラミョン)が、揚げずに乾燥した『乾麺(カンミョン)』製品で発売された。農心(ノンシム)は今回、『第3世代の辛ラーメン』として辛ラーメンを一層進化させ、不振のラーメン市場に活気を吹き込むという計画である。

農心は7日、「辛ラーメン固有の味をそのまま活かしながら、揚げてない乾麺を使ってさっぱりとした味が特徴である」とし、『辛ラーメン乾麺』の販売を来る9日から始めると明らかにした。味と健康を重視する消費者の趣向を考慮し、カロリーは下げて品質は高めたという説明である。

辛ラーメン乾麺は麺を変えながらも、辛ラーメンの味はそのまま活かす事に尽力した。農心側は、「辛ラーメン本来の汁(スープ)の味を出すため、スープを新しく調整した」とし、「麺の属性が変われば汁の味も変わるため」と説明した。辛ラーメンのコクの中心となるシイタケを補強して、味の調和を高めた。

既存の油揚げ麺から乾麺に変わり、一層コシが強くなった麺は油で揚げてないのでスッキリと軽いのだが、カロリーは一般のラーメンの約70%である350㌔カロリーと農心側は説明した。価格は1袋1000ウォンである。

1986年発売された辛ラーメンは現在、ラーメン市場で浮動の1位の製品である。2011年に麺とスープの品質を強化して、濃厚な味を活かした『辛ラーメンブラック』を発売した。

ソース:NAVER/京郷新聞(韓国語)
https://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=101&oid=032&aid=0002921126



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1549507291/続きを読む