【韓国】韓国の親が望むわが子の職業は? 子どもの夢は「芸能人」



1: たんぽぽ ★ 2018/02/20(火) 06:39:23.92 ID:CAP_USER.net
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2018/02/19/0800000000AJP20180219004300882.HTML

 同研究所の報告書によると、昨年、2~5歳の子どもを持つソウル在住の親、316人を対象に調査した結果、回答者の58.7%が子どもに希望する職業として「専門職」を挙げた。このほか「芸術家・アスリート・芸能人」(10.9%)、「教職」(9.9%)、「事務職・技術職」(8.0%)と続いた。

 日本、台湾、米国、フィンランドで同様の調査を行った結果、全ての地域で「専門職」が1位だった。2位は国により異なり、日本と台湾は「事務職・技術職」、米国とフィンランドは「経営管理職」だった。

 子どもに対する精神的な支援をいつまでするべきかについて、韓国の親の48.4%が「一生」と答え、「結婚するまで」(18.4%)、「大学卒業まで」(12.0%)と続いた。

 精神的な支援を一生するべきと答えたのは、フィンランドが95.8%、米国が90.9%、台湾が90.7%、日本が63.8%と韓国よりも多かった。 

 子どもに対する経済的支援をいつまでするべきかについて、韓国の親は「大学卒業まで」(47.5%)が最も多く、「就職するまで」(19.3%)、「大学入学まで」(12.3%)、「結婚するまで」(11.7%)などが続いた。

 日本(54.8%)、台湾(44.9%)、米国(34.6%)でも「大学卒業まで」が最も多く、フィンランドは「就職するまで」が53.8%で最も多かった。

 報告書は、すべての地域で子どもに対する期待は似通っているが、韓国は子どもに対する支援を「一生する」と考えない傾向があったと説明した。

 一方、子どもたちの多くは親の希望と異なり、芸能関係を将来就きたい職業に選んだ。

 学生服メーカー「スマート学生服」が小・中・高の児童・生徒4994人を対象に行ったアンケート調査によると、24.5%が将来「エンターテインメント分野」に就職したいと回答し、公務員(13.4%)、芸術業界(12.0%)、医療業界(9.6%)と続いた。



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1519076363/続きを読む

韓国国防相「自衛隊が北朝鮮に派遣される場合でも韓国の許可が不可欠」



1: 名無しさん@涙目です。 2018/02/20(火) 17:47:24.06 ID:6AT86Xfq0.net BE:329591784-PLT(12100)
http://img.2ch.net/ico/anime_syobon03.gif
韓国の宋永武(ソンヨンム)国防相は20日の国会答弁で、韓国が憲法で自国領土と定める北朝鮮や日韓が
領有権を争う竹島(韓国名・独島)への自衛隊派遣には、韓国の許可が不可欠との考えを強調した。
宋氏は「絶対に譲歩できない憲法上の価値基準」と述べた。

宋氏は昨年10月にフィリピンであった日米韓防衛相会談で日本にこうした考えを伝え、日本側から遺憾表明を
受けたと説明した。国防省は20日に国会に提出した報告書でも日本との防衛協力を進める一方、「歴史歪曲
(わいきょく)と独島領有権の主張には断固対応する」とした。

また平昌パラリンピック(3月18日閉幕)後に延期した米韓合同軍事演習の開催時期について、パラリンピック
閉幕までは明言しないという方針で米韓両国が一致しているとした。宋氏は韓国側の要請だったとした上で、
「韓米間には1ミリの誤差もない」と強調した。

https://www.asahi.com/articles/ASL2N551JL2NUHBI01X.html?iref=comtop_8_07


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519116444/続きを読む

【韓国の食文化】新鮮で多彩なマッコリの魅力



1: たんぽぽ ★ 2018/02/19(月) 16:12:12.84 ID:CAP_USER.net
http://www.sankei.com/smp/life/news/180219/lif1802190029-s1.html

 韓国料理好きでマッコリを知らない人はまずいないだろう。ほんのり甘く、微炭酸ですっきりとした味わいで、人気は高い。韓国農林畜産食品部韓国伝統酒ギャラリー副館長の明●(ミョン・ウク)氏に古今のマッコリ事情を聴いた。

 「貧乏だった学生時代、また農村でボランティアをしていた頃、そして兵役中とよく飲みました。多くの人々にとって思い出と結びつく酒だと思います。穀物粉を含んでいて、『元気が出る』とされているんですよ」

 「粗く濾(こ)した」という言葉が語源で、「新鮮」「搾り立て」といった意味もある。米や麦に麹(こうじ)を加え、発酵させて製造。アルコール度数は6~8度と比較的飲みやすい。発酵期間が2週間前後なので、韓国では生で飲むのが基本だが、日本に輸出されているものは大半が加熱処理されているという。

 「1960年代から80年代の高度成長期に一番売れていた酒です。その頃は、酒蔵にやかんを持っていって直接買うのが風習でした」と、明氏。最近は、女性や若い人にも人気があり、美容や健康効果も注目されている。

 「多彩な味わいも特徴です。米や麦のほか、豆類、果物など多様な原料を使い、韓国では約1500種類もあります。地域によって原料も味も違うので、飲み比べてほしいですね」

 文献でしか知られていなかった「梨花酒」という幻のマッコリが商品化されたり、レモンとヨーグルトを混ぜて飲むカクテルが登場したりと、今もマッコリは進化を続けている。 (取材協力 韓国観光公社)

●=火へんに日の下に立



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1519024332/続きを読む

【気付けよ…】韓国「アイゴー! 日本は米の制裁を回避してずるいニダ!…同盟国でウリだけ制裁?」



1: 名無しさん@涙目です。 2018/02/19(月) 20:32:03.23 ID:tdNfl9Vw0.net BE:754019341-PLT(12345)
http://img.5ch.net/ico/nida.gif
韓国と同じ同盟国なのに…米国の制裁を回避する日本
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/19/2018021900977.html

 韓国に対する輸入規制を強化している米国が今度は1962年の冷戦期に制定され、死文化していたに等しい「通商拡大法232条」のカードまで切った。
韓国製鉄鋼製品に最大53%の高率関税をかけることを提案する内容だ。米国は現在、韓国に対し、40件の輸入規制を実施中または実施を視野に調査を進めている。

 米国は韓国に対し、例がない強硬な通商圧力をかけているが、日本に対しては好対照だ。昨年の対米貿易黒字が688億ドルで韓国(228億ドル)の3倍を超える日本は、今回の米国による通商圧力を回避している。
専門家は韓国の対米通商外交戦略の全面的な見直しが避けられないと助言する。
許允(ホ・ユン)西江大教授は「米国の矛先が半導体、自動車など韓国の主力輸出製品の喉元を狙っている。韓国に残された時間は少ない」と述べた。
(略)


関連 同盟国で韓国だけ標的にする米鉄鋼制裁
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/02/19/2018021900976.html
 「米国の主な友好国で韓国だけが含まれた。いったい何を基準にして選んだのか」(韓国鉄鋼メーカー幹部)


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1519039923/続きを読む

【韓国】安倍首相の慰安婦合意履行の主張に怒って日本大使館を爆破すると脅迫電話をかけたチョン某氏(55)を逮捕



1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/19(月) 14:02:46.70 ID:CAP_USER.net
安倍の「慰安婦」発言に怒り、日本大使館を爆破すると脅迫した50代を立件

安倍晋三首相の韓日慰安婦合意履行の主張に腹を立て、日本大使館を爆破すると脅迫電話をかけた50代の男性が警察に捕まった。

ソウル鍾路警察署は12日、日本大使館に電話をかけ、「ダイナマイトで爆破する」と脅した疑い(脅迫)でチョン某氏(55)を書類送検したと18日に明らかにした。

警察によるとチョン氏は去る12日、泥酔した状態でTVを見て慰安婦合意に関連した安倍首相の発言を報道した国内のある放送を見て怒り、日本大使館に脅迫電話をかけた。警察は携帯電話の発信地を追跡して、仁川の自宅にいたチョン氏を逮捕した。

安倍首相は9日、平昌冬季オリンピックの開会式に先立ってムン・ジェイン大統領との韓日首脳会談で「慰安婦の合意は国家対国家の合意であり、政権が変わっても守らなければならないというのが国際原則」と述べた。

警察の調査でチョン氏は、「正確にどの放送を見たのかは覚えていないが、酒を飲んで怒って電話をかけた」と供述したと伝えられている。

警察関係者は、「偶発的犯行と見られ、同種の前科がないので拘束令状は申請しなかった」、「チョン容疑者の追加調査を終え、起訴意見で検察に送致する予定」と話した。

ソース:アジアトゥデイ 2018. 02. 18. 16:22(韓国語)
http://www.asiatoday.co.kr/view.php?key=20180218010009872
関連
【平昌五輪】 ソウルで男を一時拘束、日本大使館に爆破予告電話…米NBC放送解説に憤怒し[02/19]
https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1518968791/



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1519016566/続きを読む

【話題】平昌五輪、日本選手帰国ラッシュ



1: ダーさん@がんばらない ★ 2018/02/19(月) 19:17:08.68 ID:CAP_USER.net
羽生と小平の金メダルと、日本選手の帰国ラッシュ

ピョンチャン大会も後半に突入した。羽生結弦と小平奈緒の連日の金メダルに現地の士気も高まっているに違いない。一方で日本では戦い終えた選手の帰国ラッシュが続いている。ジャンプの高梨沙羅も伊藤有希も、スノーボードの平野歩夢も試合の2日後には日本にいた。もう平昌にはいないだ。そう思うと何とももったいない気分になる。

五輪は4年に1度、競技の枠を超えて世界中の選手が集う祭典だ。競技力だけを競う世界選手権と違い、スポーツを通じた若者の交流が目的とされている。選手村で他競技の選手と交友を深めたり、試合を応援に行くことで、まったく違った刺激を受け、自分に足りなかった何かに気づいたりもする。競技や国籍の壁を超えた得難い体験ができる貴重な機会なのだ。

フィギュアスケーターの安藤美姫さんが、4年前の日刊スポーツにこう証言している。「初出場のトリノは楽しむ余裕がなかった。でも次のバンクーバー大会は選手村での交流など楽しみが増えました。違うスポーツ文化に触れると、自分の中に新鮮なものが入ってくる。そうしたら満足な演技もできたのです」。

一方でメダリストが選手団にいるだけで、チームに力がみなぎる。88年ソウル五輪で競泳100メートル背泳ぎで金メダルを獲得した鈴木大地さん(現スポーツ庁長官)は、選手村で前回大会の柔道金メダリストでもあった斉藤仁さんから、「お互いに頑張ろう」と声をかけられたことで、同士として認められたような気持ちになり、肩の力が抜けたという。

ふだん出会うことのない人と語り会い、異なった生きざまを胸に刻むことは、競技を終えた人生の糧にもなる。リオ大会で金2、銅4と日本男子柔道を復活に導いた井上康生監督は、連覇を目指した04年アテネ五輪で惨敗した後、志願して現地に残り、大会後半の野球やシンクロ、ホッケーなどを会場で応援した。ふだん触れるとのないチーム競技を見た、あの貴重な時間も今に生きているとは言えないだろうか。

競技人生の集大成の舞台。選手が自分の競技に集中するのは仕方のないことだ。経費の問題もある。1日も早く帰国したい選手もいるだろう。だが、勝敗やメダルの色を超えたところに、真のオリンピックがあるのだ。指導者や選手団の幹部は、ぜひそれを選手たちにも伝えてほしい。【首藤正徳】

ソース:日刊スポーツ 2018年2月19日11時35分
https://www.nikkansports.com/olympic/pyeongchang2018/column/hyakkei/news/201802190000385.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1519035428/続きを読む

【慰安婦/福島原発】 朝日新聞前社長が初めて綴った 「W吉田誤報」の内幕



1: 荒波φ ★ 2018/02/19(月) 13:11:18.64 ID:CAP_USER.net
平成26年8月、朝日新聞は過去の慰安婦報道を検証し「吉田清治証言」を取り消した。だが謝罪がないことが批判を呼び、また翌月には元福島第一原発所長・吉田昌郎氏の「吉田調書」についても誤報が判明。責任を取って社長を辞した木村伊量氏(64)が当時を振り返って綴る。

◆ ◆ ◆

朝日新聞社の社長を平成26年末に辞して以来、わたしは沈黙を守ってきました。未曾有の混乱を招いた最終責任を取って社を去った者が、何を語ろうと弁解がましくなるのがおちで、胸の奥にすべて封印しようと考えたからです。

一方で、当時の経緯やトップとしての判断を、できるだけ正確に書き残すことは、やや大げさなもの言いをするなら、歴史に対する責任ではないか、という思いが去来してもおりました。社を退いて3年。それなりの時間が経過したこともあり、今回、編集部の求めに応じたしだいです。

慰安婦報道をめぐる経緯はおおむね、平成26年12月に出された「第三者委員会」の報告書にある通りです。社内では平成9年に一度、慰安婦報道を検証したのですが、いわゆる「吉田清治証言」の信ぴょう性には各方面から疑問が相次いでいたにもかかわらず、訂正や取り消しはせず、中途半端な対応にとどまった印象でした。

平成24年6月に社長に就任してまもなくのことです。編集担当の役員から、前年に韓国の日本大使館前に慰安婦像が設置されるなど、慰安婦問題はさらに深刻化すると見られ、朝日としても内々に再調査する意向が伝えられ、同意しました。

社のOBから「慰安婦問題を歴代の朝日トップはほおかむりしてきた。君の時代に決着させろ」という私信が届き、販売店ASAや若い記者諸君からも会合などで「いつまで誤報を放置するのですか」とたびたび詰問されるようにもなりました。

平成26年になると、安倍政権が慰安婦をめぐる「河野官房長官談話」の検証に踏み出すという話も伝わってきました。そうした動きもにらみつつ、3月、後任の編集担当のもとに検証チームを立ち上げました。

わたしは社内のある席でこう訴えました。「日本だけでなく、アメリカもドイツも中国も韓国も、触れられたくない『負の歴史』を背負っている。逃げずに過去を直視してこそ品格ある道義国家だ。来年2015年は日韓基本条約締結から50年。未来志向の日韓関係を訴えていくためにも、誤報はただし、後世の評価にたえる検証にしよう」

社長室の机の片隅に「The buck stops here.(最終責任は自分が取る)」と書いた紙片を貼りつけていました。たとえ火の粉を浴びようとも不退転で臨む覚悟でした。

その年の8月の検証記事掲載にあたっては危機管理の観点から、編集幹部もまじえた役員の会合で何度も議論しました。当初の紙面案には「おわび」がありましたが、それまでの朝日の慰安婦報道への全面的な謝罪だと読者に受け取られかねない、という意見が数人から表明され、ある役員は「謝り過ぎだ。これでは店(販売店)がもたない」と強く異論を唱えました。

最終的にそのトーンで紙面化することが固まりましたが、社長のわたしが一貫して議論を主導したことは間違いありません。

ただ、いまもって「安倍首相と何度も会い、彼の軍門にくだって、慰安婦報道を取り消したそうじゃないか」などと、いわれのない批判を受けるのには暗然とします。首相や政権の要路と慰安婦問題で話をかわしたことは一度たりともありません。

(各社政治部長OBの会合を除くと)わたしが社長として首相に会ったのは平成25年2月7日、朝日の編集幹部2人とともに、ホテルの中華料理店にお招きした折だけです。


文藝春秋 2018年2月号
http://bunshun.jp/articles/-/6111
http://bunshun.jp/articles/-/6111?page=2



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1519013478/続きを読む



アクセスランキング