FC2ブログ

【中国メディア】 日本と韓国の軍事力、どちらが強いのか



1: 荒波φ ★ 2020/07/31(金) 14:17:35.54 ID:CAP_USER
中国のポータルサイト・百度に29日、日本と韓国の軍事的な実力を比較し、日本のほうが総じて優れているとする認識を示した記事が掲載された。

記事は「韓国の軍事力は日本より強い」という人がいるが、これは明らかに間違いであり、日本の方が強いのは明らかだとした。

そして、国の軍事的な実力を表す3大要素として「人口、科学技術レベル、戦闘力」を挙げたうえで「韓国はいずれの要素においても優位に立っていないのだ」と説明した。

また、武器の自給率を比較した場合も日本では68%に達する一方、韓国の装備の国産率は30%に満たないと指摘。

さらに、総合的な国力として経済規模を比較しても日本は米国、中国に次ぐ世界第3位であるのに対して、韓国は11位止まりであると伝えている。

記事は「日韓両国の軍事力について、ハード面のパワーだけを比較するのは決して適切ではない。

経済力、技術力に加え、兵士のレベルや将校の指揮能力といった面でも比較する必要がある」とし、バード面での装備に関しては日韓両国でそこまで大きな差はないとの認識を示す一方、軍事的な指揮能力を比較した場合に日本の方が分があると論じた。

さらに、国民の意思、歴史文化といった点でも韓国は日本に及ばず、仮に日韓間で大規模な軍事衝突が発生した場合「韓国は3カ月ももてばいい方だろう」と予測。

一方で、勝利するであろう日本についても「損害が大きく、割に合わない勝利」で終わるとの見解を示している。


2020-07-31 13:12
http://news.searchina.net/id/1691496



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1596172655/続きを読む

【中国】手抜き工事多発で世界にリスクをばらまく一帯一路



1: 昆虫図鑑 ★ 2020/07/31(金) 08:19:04.78 ID:CAP_USER
■ 世界にリスクをばらまく中国の一帯一路

 近年、中国は、「一帯一路」の柱として、東南アジアやアフリカなどで、ビル、鉄道、橋梁、道路、ダムなどの建設工事を多数請け負っているが、それらの建設工事においても、早期の倒壊事故、手抜き工事の多発、環境破壊、汚職・腐敗など様々な問題が生じている。

 2017年7月、ケニア西部で総工費1200万ドル(約14億円)をかけて中国企業が建設していたシギリ橋が、完成を目前にして崩落した。これまで政府の開発プロジェクトから置き去りにされてきた地域であり、2014年には川を渡ろうとしたボートが転覆して十数人が死亡する事故も起きていた。ケニアのインフラ開発プロジェクトは、中国企業と中国からの出資に大きく依存している。

 2020年1月、カンボジア南部のケップ州で、中国企業が建設中の7階建てのビルが倒壊し、36人が死亡、23人が負傷した。カンボジアでは2019年6月にも、シアヌークビルで建設中のビルが倒壊し、28人が死亡する事故が起きたばかりだった。原因は低品質の建築資材を使ったことなどが関係しているとみられている。

 ラオスでは、中国の援助を受けて、2020年までに75カ所、総発電量は1万MW規模の発電所建設が進んでいる。しかし、急激な開発によって、メコン川一帯で環境破壊が引き起こされ、塩害や水質汚濁で農業や漁業に大きな被害が出ている。ラオスは、世界有数の最貧国であり、中国から高速鉄道や水力発電ダムの建設資金として、数十億ドル規模の多額の資金援助を受けているが、2020年には中国へのローン返済で2億5000万ドルを支払わなければならず、デフォルトの危機が迫っていると指摘されている。

 「一帯一路」の目玉の1つである「中国パキスタン経済回廊」(CPEC)計画では、620億ドル(約6兆6400億円)規模で、港湾や道路の整備、パイプライン、生産施設、パキスタン国内最大規模の空港などを建設する予定だが、2020年6月、建設を請け負った華能山東如意電力会社(HSR)などが建設費用を水増しして、過大請求していた問題が発覚した。この問題は、パキスタン政府を巻き込んだ大汚職事件となるおそれがある。

 中国は、改革開放以降、急激な経済発展を遂げ、その資金力と安い労働力を武器として全世界に経済進出を試みてきた。その背景となったのが中国の巨大経済圏構想である「一帯一路」である。本稿で取り上げた土木建設事業は、「一帯一路」の核心事業だが、その腐敗体質、安全性軽視の姿勢、未熟な建設技術、低い遵法精神などにより、今後、全世界的に倒壊事故や環境破壊などを引き起こす可能性が高い。



全文はソースでご確認を
https://news.yahoo.co.jp/articles/81cc6af8cb9deb181e4c9d6588ee399f7d609c5e?page=1



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1596151144/続きを読む

「日本のワクチン開発情報を盗め」 中国・韓国が“コロナ機密情報”を狙っている



1: ウンピョウ(東京都) [ニダ] 2020/07/29(水) 16:18:05.71 ID:nCvF6lOo0 BE:306759112-BRZ(11000)
sssp://img.5ch.net/ico/kita1.gif
 新型コロナウイルスの発生源である中国は、初動を誤って世界中にウイルスを拡散させたみずからの責任には一切触れず、
感染拡大地域にマスク援助などを行い、あたかも世界の救世主であるかのように振舞っている。

 そして、コロナ後の世界で主導権を取るために、中国は次の行動に出た。
アメリカに伸びる中国の魔手

 今年5月13日、アメリカ国土安全保障省と連邦捜査局(FBI)は、新型コロナウイルスのワクチン開発に関連して、こんな警告を発表した。

「中国政府が支援すると思われるハッカーグループが、
新型コロナウイルスのワクチンと治療薬剤ならびに医療機材の開発と臨床治験に関連する貴重な情報を、
それらにかかわる職員を特定した上で盗もうとしているのを確認した」

 FBIは新型コロナウイルスのワクチンや治療法、検査に関する知的財産や公衆衛生のデータを中国が盗もうとしていると指摘し、
「中国の試みは、アメリカの新型ウイルス対策に深刻な脅威をもたらしている」と非難した。

 だが、これは他所事ではない。

 日本においても中国はワクチン開発の最先端情報を盗もうとしているのだ。




「日本のワクチン開発情報を盗め」中国・韓国が“コロナ機密情報”を狙っている
https://bunshun.jp/articles/-/39345



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1596007085/続きを読む

【悲報】 中国、アメリカの過激派暴動デモにアサルトライフル1万丁を提供、内戦を起こそうとしていた



1: ブリティッシュショートヘア(静岡県) [KR] 2020/07/27(月) 17:20:37.80 ID:3cT5wx3u0● BE:789862737-2BP(2000)
sssp://img.5ch.net/ico/u_okotowari.gif
中国共産党がアメリカのAntifa、Black Lives Matterに自動小銃を提供していた

・中国共産党は、アメリカのBlack Lives Matter過激派にアサルトライフル全自動小銃AR-15カスタムを供給しており、最近、顧客および国境保護(CBP)により出荷が阻止された。
・中国がフロリダ州メルボルンに10,800の全自動ライフル改造を送っていた
・中国がケンタッキー州ルイビルに「10,800の突撃兵器部品」を密輸しようとしたと2020年6月26日に米国税関国境警備局(CBP)によって発表された。
・これはセミオートAR-15をフルオートAR-15に変える非常に違法なパーツで、民間人は所有禁止となっている。

画像
no title


Communist China providing automatic weapons to Antifa, Black Lives Matter… some stored in democrat-run government buildings including East End Complex Capitol building in Sacramento – Block 174
NaturalNews ソース英語 "中国共産党がアメリカのAntifa、Black Lives Matterに自動小銃を提供" 2020/7/3
https://www.naturalnews.com/2020-07-03-communist-china-providing-automatic-weapons-to-antifa-black-lives-matter.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1595838037/続きを読む

中国「三峡ダムの父」と呼ばれた総エンジニアが死去



1: シャルトリュー(大阪府) [AU] 2020/07/26(日) 20:21:33.84 ID:OMmntGw20● BE:329591784-PLT(13100)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_syobon03.gif
2020年7月25日、仏RFIの中国語版サイトは、中国紙・光明日報の報道を引用し、「三峡ダムの父」と呼ばれた総エ
ンジニアの鄭守仁(ジョン・ショウレン)氏が死去したと伝えた。

記事によると、鄭氏は1994年から2017年まで長江水利委員会の総エンジニア兼三峡ダムプロジェクト設計局局長
を務めた。1994年から三峡ダムプロジェクトの設計を担当し、長期にわたって現場に駐在し、設計に関する多くの技
術的な難題を解決してきた。

https://www.recordchina.co.jp/b823657-s0-c30-d0062.html



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1595762493/続きを読む

【中国政府】 「でたらめな抗日ドラマ」の放送禁止



1: 荒波φ ★ 2020/07/26(日) 10:18:18.42 ID:CAP_USER
中国では各メディアが23日ごろから次々に、抗日戦争の歴史を歪曲したり過度に娯楽化したテレビドラマの放送が禁止されたと紹介する記事を発表した。中国ではこれまでにも、史実をねじ曲げたドラマが横行しているとの批判があった。

中国メディアが情報の「根拠」としたのは、国家広播電視総局が2020年7月16日付で発表した「抗戦75周年を記念するテレビドラマの放送手配を行うための通知」だ。「抗戦」とは一般に、1945年まで続いた日中戦争を指す。

日本では8月15日が「終戦の日」とみなされているが、中国では9月3日が「勝利記念日」とされ、各種の催しが開催される。

国家広播電視総局の通知は、「勝利記念日」などに放送する番組について、思想上の内容や政治的意義、さらに、習近平政権が今年中に完了すると表明している「貧困の撲滅」を題材とする番組との連携も考慮するよう求めるなど、多岐にわたった内容だ。

しかし中国メディアが22日ごろから盛んに発表した記事は、通達中のごく一部である「常識や社会通念に反する、歴史を勝手に解釈したドラマ化、抗戦を過度に娯楽化したテレビドラマ」の放送を禁じる部分に焦点を当てた。

中国では、あまりにも荒唐無稽な「抗日ドラマ」があるとの根強い批判があった。いわゆる「八路軍」など、共産軍に属する部隊の兵士などがあまりにも「超人的」な活躍をしたり、当時の武器装備の実情を無視しているなどの指摘だ。

また、登場する中国人に「オレが日本軍を恨むのは、日本兵がオレの“祖父”を殺したからだ」というセリフがあったなどとして、個別の作品について「あまりにもでたらめ」との批判も発表された。「神劇」などと皮肉る言い方が広まったほどだ。

批判の声が強かったからこそ、メディアも通達中の該当部分に特に注目したと考えてよいだろう。

なお、国際社会では多くの国が、日本側代表が東京湾に停泊した米国の戦艦「ミズーリ」上で、連合国側に対する降伏文書に署名した9月2日(1945年)をもって、第二次世界大戦終結の記念日としている。

ただし、旧ソ連は戦勝祝賀イベントを開催した翌9月3日を戦勝記念日とした。中国も旧ソ連が定めた戦勝記念日を踏襲したとされる。


2020年7月25日(土) 20時40分
https://www.recordchina.co.jp/b823400-s0-c30-d0142.html


※本文中の 「オレが日本軍を恨むのは、日本兵がオレの“祖父”を殺したからだ」 は、正しくは

抗日ドラマに中国でも批判炸裂・・・まさかのセリフ「オレのじいさんは日本人に殺された時、9歳だった」
>「オレのじいさんは、9歳にして日本人に残虐に殺された。オレは日本兵を恨む」
http://news.searchina.net/id/1567478?page=1

だと思われます。



https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1595726298/続きを読む

【311の悪夢が大陸で】中国の三峡ダムが崩壊すれば「原発9基が浸水? 」…放射能流出の危機も



1: ベンガルヤマネコ(宮崎県) [ニダ] 2020/07/25(土) 10:28:45.04 ID:U1PuWV9X0● BE:512899213-PLT(27000)
sssp://img.5ch.net/ico/anime_karake.gif
中国では6月から続いている豪雨により、南部の揚子江中下流一帯が大氾濫の危機に瀕している。この地域に建設された世界最大規模の三峡ダムの水位が限界点に到達したことで、
水圧による崩壊の可能性が叫ばれている中、川の下流の上海地域の大洪水はもちろん、この地域に密接している9基の原子力発電所まで影響を受け、その被害がそのまま朝鮮半島へと向かうかもしれないという恐れもある。

今日(24日)外信と中国当局の発表などによると、中国南部地域での豪雨と洪水により江西省・安徽省・湖北省など27の地域において、22日基準で被災者4552万人、死者および行方不明者142人、家屋破損3万5000軒に達する被害が出ている。

特に、今回の豪雨による中国南部の揚子江中下流にある世界最大規模の水力発電用の三峡ダムでは、最高水位まで達し水圧による崩壊危機まで危惧されている。
もしこのダムが限界水位を越え、氾濫したり水圧に耐えられず崩壊することになれば、揚子江下流の上海地域の大洪水は避けられず、この地域に建設された9基の原発まで悪影響が及ぼされる。

韓国の専門家は「三峡ダムが氾濫しこの地域が浸水すれば、大型原発事故が憂慮される」とし「日本の福島原発が浸水による原子炉冷却機能喪失が原因で事故が起こったことと同じような事態が再現される可能性がある」と語った。

しかしソースはWow!Korea
https://news.yahoo.co.jp/articles/12c1250c76f4f0a50faba54f7cc224b9c48c9512



https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1595640525/続きを読む