民進党・前原氏「共産党との連携破棄 消費増税推進 安倍政権下での改憲議論OK 小池新党と協力」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:135853815-PLT(12000).net

【まとめ】
・民進党離れの原因は、共産党との連携。今後の選挙協力は難しい。
・社会保障制度は若い世代への再分配が必要で、財源は消費税増税で賄う。
・小池新党とは政策・理念が共有できれば、協力する。

8月21日に告示され、9月1日に投開票される民進党代表選への立候補を正式に表明した民進党衆議院議員の前原誠司氏を迎え、
自身の掲げる政策や、野党として目指すあり方に対する考え方について、政治ジャーナリストの細川珠生氏が話を聞いた。

まず細川氏が、国民の民進党離れを招いた要因は、蓮舫氏の二重国籍問題よりもむしろ共産党との連携ではないかと指摘した。
これに対して、前原氏は「何のために政治家をやっているのか、何のために政党を作っているのかというと、
何らかの政策・社会を実現したり、問題を解決したりするためだ。他党との協力ありきになると、まず自分が当選することが大事だと国民に捉えられてしまう。」と述べた。

さらに民進党と共産党の日米安保や消費税増税における基本的な政策の違いに言及して、共産党との協力は難しいとの考えを示した。
また、「民進党が主体性を取り戻さない限り、安倍さんから民共のレッテルを張られ、中間層、無党派層、穏健な中道保守、穏健なリベラルの票が逃げていく。」と危機感を示した。

また消費税については、「5パーセントから2段階で10%にするという社会保障と税の一体改革の考え方自体は大事で踏襲していきたいと思っている。」と述べた。
また、増税を求めるに当たっては、負担が増えた分で教育や社会保障の充実がどれだけ図られるのかというパッケージを国民に見せて納得してもらうことが必要だという考えを示した。

細川氏が代表選に出るにあたって、どのように憲法改正のことを訴えていくか問うと、
前原氏は「共産党との関係を気にして、憲法改正の議論は安倍政権の下では行わないという姿勢は国民には理解されない。
野党第一党として堂々と憲法改正の議論には応ずる。」と述べ、憲法改正のための議論を進める考えを示した。

最後に都民ファーストの会・日本ファーストの会との連携については、
「もともと私も小池さんも日本新党出身で、考え方は全く異なるとは思っていない。

(適当に略)

http://blogos.com/article/240814/



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502883855/続きを読む

【山口】米軍岩国基地、非戦闘員が退避訓練 北朝鮮と緊張高まる 住民団体「北朝鮮から攻撃されれば米軍逃げるのでは」



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/16(水) 21:18:21.14 ID:CAP_USER.net
米国と北朝鮮の威嚇の応酬で緊張が高まるなか米軍岩国基地(岩国市)で非戦闘員の退避訓練があり、岩国市や周防大島町の住民団体「瀬戸内海の静かな環境を守る住民ネットワーク」は15日、「北朝鮮から攻撃されれば米軍は岩国基地から逃げてしまうのではないか」との見方を示した。

桑原清・共同代表と久米慶典・顧問が岩国市役所で記者会見した。

基地のホームページによると8、9の両日に軍属や非戦闘員らを対象に、基地から避難場所に出発するNEO…

https://mainichi.jp/articles/20170816/ddl/k35/040/361000c



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502885901/続きを読む

【琉球新報】ミサイルを迎撃したりすれば、戦争の道。国民の命を危険にさらす。



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 20:32:55.04 ID:CAP_USER.net
感情的で先鋭化した威嚇の応酬は直ちにやめた方がいい。北朝鮮と米国のトップが理性を欠いた言葉で、世界に緊張をもたらしている。

国際社会は冷静に対処し、両国を対話に導く方策を探るべきだ。日本も、不安をあおる言動を続ける米朝に働き掛けて、軍事的緊張を解く役割が求められる。

今回の事の発端は、北朝鮮が小型核弾頭の開発に成功し既に60発を保有しているとの米情報当局の分析だった。

トランプ米大統領は「北朝鮮は世界が見たこともない炎と怒りに見舞われることになる」と挑発した。

これを受け北朝鮮は新型中距離弾道ミサイル「火星12」4発をグアム沖30~40キロの海上に同時に撃ち込む案を検討していると表明。発射すれば島根、広島、高知3県の上空を通過すると予告した。

トランプ氏は「グアムや米領土、同盟国に何かすれば、すぐに後悔することになる」と激しく警告した。

そもそもは北朝鮮の金正恩政権が国連の安保理決議を無視して核・ミサイル開発を続けていることが元凶だ。7月には大陸間弾道ミサイル(ICBM)2発を続けざまに撃った。

米国を対話に引き出すために脅しを掛ける瀬戸際外交だろうが、許されない。21日から始まる米韓合同演習へのけん制との見方もある。

一方のトランプ氏にも、挑発に乗らず、米大統領として理性ある慎重な言動を強く求めたい。戦争も辞さないとの攻撃的な発言は慎むべきだ。

日本は中四国に航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を展開した。小野寺五典防衛相は、グアムが攻撃された場合、安全保障関連法に基づき、集団的自衛権が行使可能な存立危機事態の認定もあり得ると言及した。

しかし、日本が攻撃されてもいないのに集団的自衛権を行使したり、ミサイルを迎撃したりすれば、日本にも矛先が向く。米国の戦争に付き合わされるのは言語道断だ。国民の命を危険にさらす集団的自衛権は憲法違反でもある。

イージス艦とPAC3という二段構えの迎撃でミサイルを撃ち落とすのは不可能との指摘が専門家からあり、命中精度が疑問視されている。

日本がやるべきは、米朝の接触を促すなど対話外交を模索することだ。決して戦争の道を選んではいけない。

米朝の不毛な神経戦が続き制御不能な事態になれば、偶発的衝突の恐れも出てくる。米軍基地が集中する沖縄にとって影響は深刻だ。

フランスやドイツ、ロシア、中国などは軍事衝突を避けるよう求めている。米政権でもティラーソン国務長官が外交解決を目指す方針を強調し、軍事一辺倒でない点はわずかに希望が見える。

今後は国際社会を挙げた取り組みが不可欠だ。日本や韓国、中国、ロシアなど関係国が連携し、対話につなげる外交努力を重ねたい。

https://ryukyushimpo.jp/editorial/entry-554969.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502710375/続きを読む

【聖人】前川喜平氏、朝鮮学校無償化に尽力するも安倍政権に除外されるという結果に…「救済して」



1: 名無しさん@涙目です。 NG NG BE:882533725-PLT(14141).net

2017年8月14日

 加計(かけ)学園の獣医学部新設問題で「行政がゆがめられた」と告発して注目を浴びた前川喜平・前文部科学次官(62)は、高校の授業料無償化制度の担当官だった。
前川氏らは朝鮮学校にも適用する方向で動いたが、第二次安倍政権は拉致問題などを理由に除外した。
朝鮮学校を外した国の処分の是非が争われている訴訟では最近、広島、大阪両地裁で正反対の判断が示された。前川氏は「今更どの面下げてという話だが、せめて司法で救済してほしい」と訴える。 (佐藤大)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2017081402000115.html


http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1502708427/続きを読む

【沖縄タイムス】北朝鮮は在日米軍が攻撃対象であることを明言しており、沖縄も自動的に戦争に巻き込まれる恐れがある



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/13(日) 16:28:00.66 ID:CAP_USER.net
北朝鮮の核・ミサイル開発を巡り、トランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の威嚇の応酬がエスカレートする一方だ。

北朝鮮が国際社会の意向を無視して大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験を繰り返し、ICBMに搭載可能な小型核弾頭の開発に成功したとの米情報当局の分析が報じられたことから挑発がさらに激しくなった。

トランプ大統領は「世界が見たこともないような炎と怒りに直面することになる」などとの表現で威嚇する。「炎と怒り」は1945年に広島への原爆投下を発表したトルーマン大統領の言葉を想起させるものだ。

これに対し、朝鮮人民軍の戦略軍司令官は「火星12」4発をグアムの沖合30~40キロの海上に同時に打ち込む具体的な攻撃計画案を明らかにした。北朝鮮は8月中旬までに計画を完成させ、「発射待機態勢で(金委員長の)命令を待つ」という。

火星12号は、島根、広島、高知の上空を通過すると言っている。防衛省はこれら地域に愛媛を加え、地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を急きょ展開させた。

懸念されるのは、トランプ大統領、金委員長による「言葉の戦争」が双方のちょっとした行き違いから不測の事態に発展しかねないことである。朝鮮半島有事となれば、日本、韓国、中国が巻き込まれる恐れが現実のものとなる可能性がある。トランプ大統領と金委員長は挑発の応酬を直ちに辞めるべきだ。

■    ■

1950年の朝鮮戦争勃発の際、沖縄の米軍基地は出撃基地として機能した。

当時と違うのは安保関連法が成立していることだ。小野寺五典防衛相は10日の衆院安全保障委員会で、グアムが攻撃された場合、集団的自衛権を行使できる「存立危機事態」にあたり得るとの考えを示した。海上自衛隊のイージス艦から弾道ミサイルを迎撃する可能性に言及したものだ。

北朝鮮は在日米軍が攻撃対象であることを明言しており、沖縄も自動的に戦争に巻き込まれる恐れがある。

朝鮮半島の緊張は沖縄経済を下支えする観光にも影響を与えかねない。

2001年9月11日の米同時多発テロ後、沖縄の観光が急激に落ち込んだことは記憶に新しい。観光は平和であることが大前提だ。

周辺国にとっても沖縄にとっても平和的解決の道を探る以外の方法はないのである。

■    ■

奥武山陸上競技場で12日に開かれた県民大会でも、米朝の対立激化を危惧する声が上がった。翁長雄志知事は北朝鮮によるグアム周辺へのミサイル発射計画に触れ、「沖縄に基地を集中させることのリスクが軍事面からも出てきた。辺野古を唯一とする合理的な理由がいままさに問われている」と指摘した。

登壇した各団体の代表も「戦争政策をやめさせよう」「沖縄を世界に平和を発信する島にしよう」など緊迫する現状に懸念を表明した。

日本をはじめとする関係国は米朝に対話を促す外交努力を強めてほしい。

http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/127004



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502609280/続きを読む

「靖国反対、戦争反対、安倍はやめろ」戦端が開けば韓国・北朝鮮に甚大な被害が起きる



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/13(日) 20:56:23.48 ID:CAP_USER.net
「戦争の危機、何があっても対話で問題解決を!」~2017ヤスクニキャンドル行動

8月12日、第12回「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」が東京・YMCAホールで開催された。今回のテーマは「東アジアの視点から『明治維新150年』とヤスクニを問い直す」だったが、緊迫した国際情勢の中、戦争をめぐる発言が目立った。

東大教授の高橋哲哉氏(写真上)は「戦争の危機が高まっている。戦端が開けば韓国・北朝鮮に甚大な被害が起きる。安倍はいち早くアメリカに賛同・追随し、米B1爆撃機と空自で共同演習をしているが、これは憲法が禁じる“武力による威嚇”そのものだ。座視するわけにはいかない。戦端を開くことに断固反対の声を上げよう」と呼びかけた。

キャンドル行動共同代表のソスンさん(写真上)もデモ終了集会で「問題の根底には、日本のアジア侵略戦争とヤスクニ神社につながる歴史が存在している。当面の戦争に反対し何があっても対話で問題解決することを、各方面に全力で訴える必要がある」と強く訴えた。

キャンドル行動の集会は午後1時半から始まり、最初に原武史・南相九・高橋哲哉の三氏によるシンポジウム「東アジアの視点から『明治維新150年』とヤスクニを問い直す」が行われた。

来年2018年は明治維新150年で天皇の代替わりとも重なってくる。そして安倍がめざす2020年の憲法改正。天皇問題をからめて危険な動きが一気にやってくる。シンポジウムでは、さまざまな角度から問題点が提出された。

その後集会は、靖国合祀とたたかう遺族のアピール、寿・ソンビョンフィ・イジョンヨルのコンサートと続いた。参加者は約300人。コンサートでは、素晴らしい歌声に手拍子がとんだ。

午後7時からは恒例のキャンドルデモ。右翼の妨害行為があったが、機動隊の厳重な警備の中、「靖国反対、戦争反対、安倍はやめろ」と元気にコールを上げて靖国神社近くの公園までデモ行進を行った。(M)

http://www.labornetjp.org/news/2017/0812yasukuni

前スレ
【レイバーネット】「靖国反対、戦争反対、安倍はやめろ」~2017ヤスクニキャンドル行動 戦端が開けば韓国・北朝鮮に甚大な被害が起きる [無断転載禁止]©2ch.net
http://lavender.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1502611931/
2017/08/13(日) 17:12:11.58


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502625383/続きを読む

【今日頭条】神妙な顔で私のほうを指さす日本の鉄道員、「何かしてしまったのか」と思ったが…―訪日中国人



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/13(日) 17:59:33.44 ID:CAP_USER.net
2017年8月10日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本の鉄道員の不思議な動作について紹介する記事が掲載された。

記事は、初めて日本で電車に乗った時に作者が目にした不思議な光景について紹介。電車の運転席で運転手が、「神妙な面持ちで私のほうを指さした」のだという。

作者は、「何か法に触れることでもしてしまったのだろうか」と驚いたそうだが、電車はそのまま何事もなかったかのように走り去ったという。

その後、作者は日本で何度もガラス越しに運転席で同様の動作をする運転手を見かけたという。

「前方を見ていた運転手が突然、人差し指を前方に向け、何かを唱えている」様子で、まるで「何かに憑りつかれたかのよう」だと描写。数分ごとにメーターや前方に人差し指を向け、1人で何かを口走る様子は「道術を行う道士のようだ」と表現した。

後になって作者は、これが「指差喚呼」、一般には「指差し確認」と呼ばれる確認作業であることを理解したという。そして、この指差し確認が日本の安全な列車運行に大いに役立っていると紹介。特に人為的なミスを防ぐことに貢献しているという。

日本で始まった指差喚呼は、後にアジアのみならず世界中に広まり、鉄道のほか製造業や建築業、さらには旅行業でも使用されるようなり、人為的なミスの防止に役立っていると紹介。

しかし、日本の鉄道員だけが「最も徹底的に」実行しており、「どうりで長期にわたって新幹線では大事故が発生しないわけだ」と感想を述べた。(翻訳・編集/山中)

http://www.recordchina.co.jp/b187166-s0-c60.html

no title

資料写真。



http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1502614773/続きを読む



アクセスランキング