【日中】中国政府、産経新聞の記者を李克強首相会見から追放…「会見場の座席には限りがある」



1: ニライカナイφ ★@\(^o^)/ 2017/03/15(水) 16:08:00.29 ID:CAP_USER.net
中国全国人民代表大会(全人代=国会)が閉幕した15日午前、李克強首相の記者会見が北京の人民大会堂で開かれたが、産経新聞の記者は出席を拒否された。
中国首相の内外記者会見は全人代閉幕後の恒例行事で、今回、北京常駐の日本メディアで出席を拒否されたのは産経新聞だけだった。
会見には内外メディアの記者ら数百人が出席した。

この会見への出席には、中国側が発行する「招待状」が必要になるが、産経新聞には交付されなかった。
産経新聞中国総局は14日、招待状を出さない理由を全人代の広報窓口に問い合わせたところ、「会見場の座席に限りがあるので、出席できないメディアもある」と回答した。
選別方法については答えなかった。

写真:全人代が閉幕し、記者会見する中国の李克強首相=15日、北京の人民大会堂
no title


http://www.sankei.com/world/news/170315/wor1703150016-n1.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1489561680/続きを読む

【国際】「同盟関係を盲信、道誤った」「まるで朝貢外交」、中国、日米首脳会談後も安倍首相への批判強める



1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/02/17(金) 18:51:11.07 ID:CAP_USER.net
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20170217/Recordchina_20170217039.html

2017年2月17日、日米首脳会談をめぐり、その後も中国が安倍晋三首相への批判を強めている。背景にあるのは「日米同盟」への警戒感。安倍政権がトランプ政権との関係を深めることを通じて中国に対抗しようとしているとみて、国営メディアには「同盟関係を盲信、道を誤った」「まるで朝貢外交」などの言葉が並んだ。

中国共産党中央委員会機関紙「人民日報」の電子版・人民網は「同盟関係を盲信、日本は道を誤った」との記事を掲載。「日米同盟は日本が周辺国との関係を処理し、地域の平和安定を維持する上で障害になる。日本は正しい方向を選ぶべきだ」と非難した。

記事は「安倍首相の訪米には3つの目的があることは容易に見てとれる」と前置き。「第1の目的は、新しい米大統領が安全保障をめぐって日本と合意し、日米の同盟関係を強固なものにすること。第2の目的は、いわゆる『中国の脅威』を誇張し、米日が共同で中国の台頭を阻止する状況を作り出すこと。第3の目的は、経済面での『プレゼント』を渡して、米日経済関係の安定発展を推進することだ」と列挙した。

その上で「日米の同盟関係には未解決の難題が横たわっている」として、日米共同声明に盛り込まれた「核および通常戦力の双方による、あらゆる種類の米国の軍事力を使った日本の防衛に対する米国のコミットメント」に言及。「こうした約束は無償で行われるものではなく、日本は相応の代償を支払わなければならない」「トランプ大統領は日本に負担増を求めることを示唆しており、日本を含め同盟国が負担を求められることは確実だ」などと述べ、「安倍首相の訪米にみられるさまざまな不都合は、同盟関係を盲信していることを体現している」と批判した。

さらに、人民網は「まるで朝貢外交?安倍首相の訪米、経済面で譲歩」との記事で、「(日米)両国は大きな方向性では一致するものの、一連の議論の余地のある問題では真の解決に至っておらず、これから矛盾や摩擦が噴出することが予想される」と指摘した。

この中ではアナリストの見方を紹介。「首脳会談の結果、安倍首相は米日同盟が変化するのではないかとの外部の懸念をある程度払拭(ふっしょく)することができた。だが実際の得失を考えると、トランプ大統領は米国の日本に対する安全保障面での従来の合意を繰り返し述べただけで、一方の日本は経済面でさまざまな譲歩をした。安倍首相の今回の訪米で採用したまるで『朝貢』のような外交政策は、日本国内からの批判にさらされてもいる」としている。

国営新華社通信は米国メディアの「安倍首相はトランプ大統領の歓心を買うため、日本の大企業に対し米国投資の圧力をかけただけでなく、トランプ大統領がツイッターで誇れるような投資と雇用の数値を出すようこれらの企業に要求した」との報道を引用。「経済で安全を買う?日本は引き続きいいカモ」と皮肉った。


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1487325071/続きを読む

【中国】アパホテルの利用中止要求 中国政府、国内旅行業者に



1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/01/24(火) 18:27:35.01 ID:CAP_USER.net
 アパホテルの客室内に南京事件などを否定する本が置かれ、中国で反発が強まっている問題で、中国の国家旅遊局は24日、国内の旅行業者や宿泊予約サイトに対し、同ホテルの利用中止や広告の撤去を要求したことを明らかにした。国営新華社通信のニュースサイトなどが伝えた。大手予約サイトでは、すでに同ホテルの予約ができなくなっていた。

 同局は「日本事務所を通じて、日本側に厳正な申し入れをした」としており、観光客にも同ホテルを利用しないよう呼びかけている。広報担当者は「中国の観光客に対する公然の挑戦であり、旅行業界の基本道徳に反する」と話した。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.asahi.com/articles/ASK1S5FTNK1SUHBI01G.html?iref=comtop_8_03


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1485250055/続きを読む

【中国】日本がわが国の資源を買い尽くしてしまう!レアアース枯渇に危機感=中国報道



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/11/29(火) 07:41:47.16 ID:CAP_USER.net
中国人が日本製品を大量に購入する現象は「爆買い」と呼ばれるが、それとは正反対の現象が日本で見られるという。

中国メディアの東南新聞網はこのほど、中国人の爆買いの正反対の現象は「日本が中国の希土類(レアアース)を大量に購入していること」だと指摘し、「日本はもうすぐ中国にとって最も貴重な資源を買い尽くしてしまう」と主張する記事を掲載した。

記事は、日本は「中国のレアアースを枯渇させようとしている」と主張したうえで、過去数十年にわたって中国から大量のレアアースを輸入し、国内に蓄積し続けていると主張。

一方、中国ではレアアースの違法採掘が行われており、「このままのペースで乱採掘が続けば、そう遠くない将来に本当にレアアースは枯渇してしまう」と指摘した。

一方、日本は中国からレアアースを大量に輸入すると同時に、自国での資源探査も積極的に行っており、すでに日本の排他的経済水域(EEZ)内の海底で莫大な規模のレアアース資源が相次いで発見されていることを指摘。

海底に存在する莫大なレアアースは、日本がレアアースの中国依存から脱却することを後押しする可能性があると警戒感を示した。

さらに記事は、日本は中国から輸入したレアアースを加工し、高い付加価値をつけて第三者に輸出していると指摘。レアアースを産出できないはずの日本がレアアース産業におけるリーダーであると主張し、「中国はもはやレアアース大国でも何でもない」と主張した。

天然資源が豊富な中国に対し、日本は天然資源に乏しいのは事実だ。だが日本は資源がないからこそ、輸入した資源を加工し、付加価値を高めて輸出できる技術を開発してきたと言えよう。

中国側はレアアース産業における価格決定権がないと嘆くが、製品化に対する技術開発を疎かにしてきたことの結果ではないだろうか。(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.net/id/1623985?page=1


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1480372907/続きを読む

中国が「韓国禁止令」全面適用



1: ダイビングヘッドバット(東京都)@\(^o^)/ [US] 2016/11/21(月) 13:08:38.07 ID:7ZNn65If0●.net BE:583472408-PLT(14015) ポイント特典
sssp://img.2ch.sc/ico/anime_onini01.gif
中国、「限韓令」を全面適用…チョン・ジヒョンのドラマ、ソン・ジュンギ広告も「禁止」(1)



今回の限韓令は、
▼韓国の団体の中国内の演出禁止
▼新規韓国芸能企画会社に対する投資禁止
▼1万人以上を動員する韓国アイドルの公演禁止
▼韓国ドラマ・芸能協力プロジェクトの締結禁止
▼韓国芸能人が出演するドラマの中国内での放送禁止--等を含む。

伝媒圏は中国当局がこの措置を9月1日付で遡及適用するよう求めていると報じた。
また、「韓国企業・ブランド・広告モデルなど、韓国を表すあらゆる要素についても放送を禁止する条項が含まれている」と付け加えた。

http://s.japanese.joins.com/article/752/222752.html?servcode=A00§code=A30



http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479701318/続きを読む

【米中】中国共産党機関紙 米大統領選を「汚、乱、劣、病」と酷評



1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2016/11/16(水) 07:13:29.59 ID:CAP_USER.net
 中国共産党機関紙「人民日報」は中国現代国際関係研究院の袁鵬・副院長の論文を掲載し、ドナルド・トランプ氏が当選した今回の米大統領選について、「汚、乱、劣、病」の4文字で表現し、厳しく批判した。

 識者の論文の寄稿とはいえ、党機関紙がこれほど激しく米大統領選を批判するのは極めて異例。それほど、次期大統領に当選したトランプ氏について、中国共産党指導部が警戒していることの現れと受け取れよう。

 論文は「『汚』は、両候補者が公開討論で互いに多くの米国人にとって耐えられない、汚い言葉を浴びせたことだけではなく、いわゆる米国式民主の背後にある『汚い一面』にも現われた」と前置き。

 そのうえで、「民主党はヒラリー・クリントン氏の党内勝利を確保するため、バーニー・サンダース氏の排除を『内部決定』した」と党内の裏取引を批判。

 さらに、論文は「ほぼ全ての主流メディアがクリントン氏側『一辺倒』で、トランプ氏らが『米国の民主主義はすでに死んだ』と主張した」ことを挙げている。

「乱」については「大統領選では、クリントン氏とトランプ氏の間で、『メール疑惑』『健康スキャンダル』『セクハラ疑惑』が次々に取り沙汰されるなど、乱れに乱れた」と指摘した。

「劣」は、「選挙の格調が劣っているだけでなく、それ以上に選挙状況全体が感情的で過激な発言と遠慮のない個人攻撃に走り、候補者が政策論争に力を集中できず、選挙が本来の趣旨を失い、茶番と化したことだ」と批判している。

「病」については、3つ挙げており、第1は貧富の格差拡大などの「経済の病」、第2は人種差別の激化などの「社会の病」、第3が民主・共和両党の激しい対立などの「政治の病」。論文は、これらの3つの病が発生したことについて、「『米国の病』の根本的原因は冷戦後に米国が本来行うべきだった体制的変革が行われず、構造的矛盾が積み重なり、『小病』が『大病』になったことにある」と分析している。

http://www.news-postseven.com/archives/20161116_465809.html


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1479248009/続きを読む

【中国】<南シナ海問題>中国「日本は時勢が読めていない」―中国メディア



1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2016/10/22(土) 10:46:25.21 ID:CAP_USER.net
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=153255&ph=0

2016年10月21日、新浪網によると、日本がフィリピンに対して南シナ海における中国の権益主張を退けた7月の仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)の判決を尊重するよう求めたことに対し、中国外交部の華春瑩(ホア・チュンイン)報道官は同日の定例記者会見で「日本は時勢が読めていない。国同士の対立をあおる行為はすぐにやめるべきだ」と警告した。

華報道官は会見で「私の頭には『時勢が読めていない』との言葉が浮かんだ。中国とフィリピンの関係は全面的に改善し、発展する方向へ向かっている。南シナ海問題についての2国間協議も正常な軌道に戻った。両国人民の根本的で共通の利益に合致するものだ。日本の一部に地域の安定に口をはさむ者がいる。恐らく彼らは焦っているのだろう。日本は国同士の対立をあおる行為はすぐにやめるべきだ」と述べた。


http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1477100785/続きを読む



アクセスランキング